2017/05/01

2017/02/19

2015/07/21

ほかの自転車を風よけにする効果はあるか? → 前走車の後ろに張りつくべき?

【ドラフティングの効果】(前走車の消費エネルギーに対する比率)
55km/h : 65.8%
50km/h : 69.0%
45km/h : 72.0%
40km/h : 75.2%
35km/h : 78.3%
30km/h : 81.4%
25km/h : 84.5%
20km/h : 87.6%
15km/h : 90.7%


■根比べ
プロ選手でなくても先を走るより後ろにつく方がはるかに楽に走れる。
後ろのライダーの消費エネルギーは時速1.6kmにつき1%少ない。
したがって時速40kmで走ったら前の選手より25%も力を節約できる。これはレース終盤に使える脚力がそれだけ温存されることを意味する。

■後ろにつこう
アメリカのナショナルチームが1996年のオリンピックに向けた準備の一環として2種類のトラックと風洞とパワーメーターを使って列の後ろを走ることでどれほど力を節約できるかを調べた。
先頭のライダーと比べると、列の2番目のライダーは61〜66%、3番目のライダーは57〜62%のパワーで走ることができた。4番目と3番目に差はほとんどなかった。


ドラフティングのためにはできるだけ前の自転車に近づくのがいいが3mほど離れてもある程度の効果は得られる。ただし時速16km以下では意味がない。また、前の自転車の空気抵抗が少ないほど効果は薄れる。


サイクル・サイエンス ---自転車を科学する
P.148~P.149


サイクル・サイエンス ---自転車を科学する
マックス・グラスキン
河出書房新社
売り上げランキング: 104,929
Read More

2015/07/18

世界一速いライディングフォームは? → どうすれば流れるように走れる?

【ライディングフォームの効果】(1時間で走れる距離)
・ハンドルバーの上に手を掛け、上体を起こした姿勢
14.893km

・レバーフードに手を掛け、やや前傾した姿勢
31.981km

・ドロップ部分に手を掛け、肘を折りたたんだ姿勢
33.752km

・エクステンションバーに手を掛け、肘を折りたたんだ姿勢
35.558km

・オブリー・ポジション
47.971km

・スーパーマン・ポジション
56.375km


■自転車の中に身を隠せ
空気抵抗の65〜80%はライダーの体で発生する。
エアロヘルメットを被らなくても腕や胴や頭を水平に近づけたり、肘を折りたたんだりすることでエアロダイナミクスの改善は可能だ。そのぶんペダルを漕ぐ力は弱まるが空気抵抗の減少がそれを相殺してくれる。

サイクル・サイエンス ---自転車を科学する
P.136~P.137

サイクル・サイエンス ---自転車を科学する
マックス・グラスキン
河出書房新社
売り上げランキング: 104,929
Read More