2015/06/13

スピードにもっとも影響する要素は何か?→どうしたらもっと速く走れる?

■速度低下の原因
誰しも思い通りに走れないときがある。自転車や体が重ければ、そのぶんだけペダルが重くなることは本書を読むまでもなく分かることだろう。しかしじつは重さの増加によるタイムロスよりも、空気抵抗の影響によるタイムロスの方がはるかに大きい。

■練習するか、買うか?
最高のトレーニングを積み、最高の機材をそろえたら、はたしてどれほど速度を上げられるか?
ここでは体重70kgの25歳の男性が、エアロヘルメットをかぶり、エアロホイールの付いた10kgの自転車で、40kmタイムトライアルに挑む場合を例にしている。
お金のない初心者は当然練習に力を入れるべきだろう。
お金に余裕があるなら、エアロダイナミクスに投資すれば、上級者同様、恩恵を受けられる。初心者の平均時速は32.91km、タイムは1時間12分56秒、上級者の平均時速は46.12km、52分2秒と仮定されている。


【40kmタイムトライアルで生じうるタイムロス】
・エアロバーに肘を置く姿勢から、ブレーキフードに手を乗せる姿勢に変える
-6:49(初心者)
-5:05(上級者)

・エアロバーに肘を置く姿勢から、ドロップを握る姿勢に変える
-5:57
-2:19

・体重が70kgから73kgに増え、抗力を受ける面積が広がる
−0:25
-0:16

・エアロホイールから通常のホイールに変える
-0:05
-1:18


【40kmタイムトライアルで短縮しうるタイム】
・練習をしてなかった人が、最大限の練習をする
7:18
1:33

・練習をしてなかった人が、標準的な練習をする
5:27
1:02

・スチール製の真円フレームをエアロフレームに変え、最適なライディングフォームで走る
4:24
3:15

・練習をしてなかった人が、最低限の練習をする
3:35
0:32

・スチール製の真円フレームをエアロフレームに変える
1:44
1:17

・カフェインとともに、炭水化物を含んだ電解質溶液を摂取する
1:24
0:55

・炭水化物を含んだ電解質溶液を摂取する
0:42
0:32

・高地トレーニングを行う
0:34
0:23

・体重を70kgから67kgに減らす
0:25
0:19

・10kgの自転車を7kgの自転車に変える
0:13
0:05


ただしどのアドバイスも絶対ではない。もうおわかりのように、サイクリストごとに、コースごとに、日ごとに、走りは違う。
サイクリングは自然の法則に支配されている一方で、いろいろな要素が絡むので、あるインプットから必ず望みのアウトプットが出るとは限らない。タイヤがパンクするときを正確に予測できたことは、これまでにあっただろうか。

人生と同じで自転車にも運不運がある。しかし、ゴルフのチャンピオン、アーノルド・パーマーの次の言葉が正しいことは数々の研究で裏付けられている。
「練習を多く積むほど運は良くなる」
トレーニングをすれば最大限に体の力を引き出せ、ひいては自転車という理想的な乗り物で走ることがいっそう楽しくなるだろう。


サイクル・サイエンス ---自転車を科学する
P.178~P.179

サイクル・サイエンス ---自転車を科学する
マックス・グラスキン
河出書房新社
売り上げランキング: 104,929
Read More

2013/11/16

人は自分の死にどのように向かい合うのだろう。

 人は自分の死にどのように向かい合うのだろう。ときどき僕は、血液脳関門は肉体だけでなく、感情にもあるではないかと思うことがある。たぶん僕たちの心の中には、本当にそうせざるをえなくならない限り、死を受け入れることを妨げる、防御メカニズムがあるに違いない。
脳手術の前の晩、僕は死について考えた。僕は自分の一番重要な価値観とは何かを探り、自分に問うてみた。もし死ぬのであれば、徹底抗戦して死ぬのか、それとも静かに降伏するのか。自分のどんな面を人に見せて死にたいのか。自分に満足しているのか。これまで人生で何をしてきたのか。僕は本質的には良い人間だと思う。もちろんもっと良くもなれたが。でもそれと同時に、癌はそんなことまったく気にしないこともわかっていた。
僕は何を信じているのだろう。僕はあまり祈ったことはない。強く希望したり、強く願ったりしたことはあったけれど、祈りはしなかった。子供のころに、宗教に関しては疑問を抱くようになっていたが、いくつかはっきりとした信念を持っている。簡単に言えば、僕は、自分が良い人間になる責任があると信じているし、勇敢で正直で勤勉で高潔な人間になろうと努力もしてきた。その上、家族にやさしく、友人に誠実なら、そして社会にお返しをし、嘘をついたりだましたり盗んだりしていないなら、それで十分だと思った。もし世の終わりに裁かれるなら、僕が本物の人生を生きてきたかどうかで判断してほしい。ある書物を信じているかどうかや、洗礼を受けているかどうかではなく。もし本当に「神」がいるなら、僕の人生の終わりに、「でもお前はクリスチャンではなっかったではないか。だから地獄へ行くのだ」なんていうことは言ってほしくない。もしそう言われたら、僕は答える。「どうぞご勝手に」
僕は医師と薬を信じる。アインホーン医師のような人は、信じるに値する人だ。二十年前に志をもって実験的治療法を開発し、それが今、僕の命を救ってくれる。彼の知性と研究に対する、世間の評価を信じる。
僕は信念と科学の間の、どこに線を引けばいいのかわからない。でもこれくらいはわかっている。僕は信じることを信じる。そのすばらしさゆえに。どこを見渡しても希望のかけらも見えないとき、あらゆる証拠が僕に不利なときに、信じること、明らかな悲劇的結末を無視することーーーそれ以外にどんな選択があるというのか。僕たちは毎日信じることで生きている。僕たちは自分で考えているよりずっと強いのだ。そして信じることこそ、もっとも雄々しい、人類が太古からもっていた、人としての特質なのだ。人間は、この人生の短さを救う良薬はないし、死ぬべき運命に対する根本的療法もないのを知っている。そんなとき、信じることは勇気の一つの形だ。
自分自身を信じ続けること、医師を信じること、治療を信じること、自分が信じると決めたことを信じること、これが一番大切なことなのだ。そうなのだ。
信じることがなければ、僕たちは毎日、圧倒されるような運命の中に、素手で置き去りにされるようなものだ。そうなれば運命は僕たちをうち砕くだろう。世にはびこる負の力に対し、僕たちはどうやって戦うのか、じわじわと忍び寄る冷笑的態度(シニシズム)に、毎日どうやって立ち向かうのか。癌になるまで、僕はわからなかった。人生の真の危機を招くのは、突然の病や天変地異や最後の審判ではない。落胆と失望こそが人を危機に陥れるのだ。僕にはなぜ人々が癌を恐れるのかがわかる。癌はゆっくりと避けられない死であり、これこそがシニシズムと失意そのものなのだ。
だから、僕は信じる。

It's Not About the Bike
Lance Armsorng with Sally Jenkins

ただマイヨ・ジョーヌのためでなく
安次嶺佳子=訳
Read More

2013/10/30

【すいません、ちょっと、お支払いについて補足させてください】sumiBLOG: 2013 筑波ロードレース選手権シリーズ第4戦@2013/10/19

sumiBLOG: 2013 筑波ロードレース選手権シリーズ第4戦@2013/10/19

お支払いいただいた方々、本当に...本当に...ありがとうございます。
個別に御礼はしていませんが、ちゃんとチェックしてます。


【すいません、ちょっと、お支払いについて補足させてください】

これはあくまで今年1年の活動に対しての対価として、お支払いをお願いしています。
今年既にお支払いいただいている場合は改めてお支払いいただく必要はありません。

説明に不足があり、すいません。
2回お支払いいただいている場合、本来ならそのままお返しするべきだと思うのですが、その分を来年の写真でお返ししようと考えています。

Read More