2003/12/06

Mac OS Rumors ......... Mac & Pal より
これからのG5のロードマップ──90nmプロセスのものは2.4GHzだけ
◆最高2.6GHzのPowerMac G5が来年早々に発売されるという楽観的な予測がいくつかある。◆IBMは90nmのPowerPC 970(2.8GHzのものも少量含まれる)を既にサンプリングしているが、複数のアップル関係筋が繰り返し強調するところによると、次のPowerMacに使われるほとんどの970チップは130nm版になるという。◆彼らの伝えるところでは、次のPowerMac G5は2.0GHzのシングルプロセッサーモデル、Dual2.2Ghzのミッドレンジモデル、Dual2.4GHzのハイエンドモデルという構成になり、90nmプロセスのものは2.4GHzだけになると見られる。◆また、来年中頃のアップデートでは2.6GHzと2.8GHzの90nm-970チップが採用され、それと同じチップを採用したPowerBookG5(1.6GHz、1.8GHz、2.0GHz)はそれから間もなく現れる。◆彼らの予測では、PowerPC 980プロセッサを搭載した3GHz超のシステムが来年の9月には出るという。◆IBM社員などによる当サイトへの説明を鑑みるに、Steve Jobsが一年以内に3GHzに達すると公言したのは970チップではなく、980チップのことだと思われる。

こういうプロセッサーの記事を見るとワクワクドキドキしてしまうのはなんででしょうか。
それともオレだけ?

0 コメント: