2004/11/11

ESTRELLAなBLOG 第三弾!

えーそろそろ記憶も薄れつつありますが・・・

えーと、そう、高速ね。途中3回の休憩を入れ、いわきJCTから磐越道に入り猪苗代湖手前の磐梯熱海ICで高速を下りる。そう目指すはまずは猪苗代湖だ。福島といえば猪苗代湖なのだ。
しばらく湖岸沿いの道を走りヤロー3人で砂浜で休憩をとる。う〜んなんともいえないシチュエーションだ
そのまま北上し今度は五色沼に向かう。この頃になると日も暮れ始めオレとエリミネーター乗りは晴天ということもあり結構薄着で来てしまったので寒さが応えるようになって来た。BM乗りはさすがツーリング上級者、装備万全ノープロブレムだ。

五色沼は観光客で賑わっていたがそれほど見るようなとこも無くしばらく散策し次へと向かう。事前にWEBで紅葉情報を調べたところこの辺りはちょうど最盛期と出ていたがどうやら少し遅れているようだ。期待していた分ちょっとショック。

そして今度は有料道路の磐梯吾妻レークラインに入る。この頃になると辺りも暗くなり始めなんだか急に視界が悪くなって来た。(後で気付いたのだがこのとき既にコンタクトレンズが片方だけ外れていた)そんなこんなで景色を楽しむ余裕も無く、日が暮れたことによって一層寒さが増し時折歯がガチガチ震えるほどになってきた。これではせっかくの有料道路も台無しだ。改めて防寒対策の大切さを知る。

estrella

途中通りがかったスーパーで夜食の材料を買い(こんなときBMのパニアケースは最高だ)今晩の宿ライダーハウスレディバードに向かう。慣れない地理、真っ暗な道、凍えそうな寒さで遭難しかけながらもやっとのことでレディバードに辿り着いたのは確か22時頃だった。こんな時間にも関わらず予約時に「何時でもいいよ。ライダーは自由だから」と言っていたオーナーは暖かく迎えてくれた。
施設の説明を受け(と言っても暗くて良く分からないが)早速夜食の鍋の作成にかかる。こんなときの鍋は最高だ。その後シャワーを浴び3人とも疲労のせいか1時過ぎには眠ってしまった。


とりあえず今日も寝ます。




よくわかるバイク語講座
※ツーリング:バイクに乗って(おもに遠くへ)出かけること。
※ツーリング上級者:旅慣れたバイク乗りのこと。
※パニアケース:おもにバイクの後ろ部分の左右に付ける入れ物。BMは純正ででかい箱が付いている。
※ライダーハウス:おもにライダー向けの安い素泊まりの宿。北海道に多く、オーナーがバイク乗りの場合が多い。
※「何時でもいいよ。ライダーは自由だから」:レディバードのオーナーの名言。

0 コメント: