2004/12/30

福島ツーリング、その後・・・

あの感動的なツーリングから2週間ほど経ったある日、近所のバイク用品店でオイルを購入しさぁ帰ろうとしたらエンジンがかからなくなってしまった・・・ww
正確には押しがけではエンジンはかかるがセルでかからないという状態だ。

自分ではまったく原因が分からないので ESTRELLA FAN というエスト乗りが集まるサイトの Q&A で教えてもらったところニュートラルスイッチが原因と判明。

そのニュートラルスイッチというのがこれ
estrella

スイッチと言っても「ただ単にボルトじゃねーのかっ」て感じですが。
新旧を比べてみるとどうやら突起部分が凹んでしまったため接触不良になってしまったようだ。

estrella estrella
突起が凹んでいますが写真の写りの悪さにも凹んでいます・・・

早速新しいものに交換しドキドキしながらセルを押すと・・・見事エンジンはかかるようになった。
ちょうどトラブルから1ヶ月もう嬉しくて嬉しくて。さらに自分で直したということで愛しさ倍増です。

ちなみにこの画像かなりきれいですが(汚いっちゃー汚いんですけど)初めはエンジン横のカバーを開けた時点であまりの汚さにビックリします。ニュートラルスイッチやケーブルを保護している金具なんか泥と油でそりゃもうまるでう○こがもりもり状態。おそらくバイクの中で一番汚い場所なんじゃないかな。パーツクリーナー必須です。

estrella estrella
新品装着時(輝いてます)

ちなみにチェーンが白いのは決してカビが生えてるわけではありません。
駆動部分には潤滑のためオイルや556等の潤滑剤を付けますがチェーンは高速で回転するためオイルがタイヤカバー等に飛び散ってしまいます。(まぁ付け過ぎってわけですが)これを防ぐためにホワイトチェーンルブというものがありこれは白い粉状になっていて飛び散り難いものを付けているからです。
ただ写真の状態では乾燥した粉が付いているだけで潤滑効果があるのか?って感じですが(あまりに白すぎて見た目もどうかという感じなので)この後にウエスで拭き取り(塗りのばすと言った方が近いか)しばらく走っているといい感じになってきます。




よくわかるバイク語講座
※押しがけ:バイクを押して無理矢理エンジンをかけること(下り坂だとやりやすい)
※ESTRELLA FAN:エスト乗り定番のサイト
※エスト:エストレヤのこと(Macintosh を Mac と呼ぶように愛着を込めエストと呼ぶのだ)
※ニュートラルスイッチ:よくわからないけどニュートラル(ギヤが入っていない)になっているかどうかのセンサーのようなものだと・・・今回の原因はこの部分が壊れたためニュートラルになっているにもかかわらずバイクはニュートラルになっていないと認識しエンジンがかからない状態だ
※セル:ボタンを押すだけでエンジンをかけられる装置のこと
※パーツクリーナー:油汚れを急速に脱脂、洗浄できる魔法のケミカル
※ホワイトチェーンルブ:通常オイルといえばサラダ油のように液体ですがこれは白い粘着性のある粉状になっている(よくクリスマス装飾でガラスなどに雪の模様を付けるスプレーに近い)
※ウエス:タオルとかぞうきんとか・・・使い古したTシャツやパンツの場合もある

0 コメント: