2005/01/13

EXPOネタで盛り上がりたいところですが
流れ上バイクネタで


(後編です)

さて高速を下りてからしばらく国道を走り今回はあらかじめツーリングマップルを見て「舗装された林道」と記載された道を通ることにしていたので予定通りその道を通ることに。
道幅が狭く時折対向車があるので無理はできないがなかなかいい感じだ。

estrella
こんな感じの道。
ちなみにこのとき130km出てます・・・・ウソです

estrella
この先で道が二手に分かれていてどちらに行くか迷ってます

最初の目的地の亀山湖に着きこれもツーリングマップルに載っていた数量限定の蕎麦屋に行ってみると12時ちょい過ぎにも関わらず既に売切れで閉まっていた。しばらく店の前で呆然としているオレたちを哀れに思ったのか通りすがりのおばちゃん達が向こうにお店がいっぱいあるよと教えてくれた方向に向かうとそこには観光地にありがちなレストランと露店がいくつかあった。
「いっぱいって、これのことか・・・」
誰もが心の中でそう思ったはずですが決してみんな口には出しません。こういった地元の人達とのふれあいもツーリングの醍醐味の一つだからです。

特に自然を満喫することなく早々と次の目的地であるキャンプ場を目指します。そう今回は日帰りツーリングです。
迷いながらもなんとか到着し早速焼き芋の準備を始めようとまずは芋掘りから開始だ。芋掘りなんて小学生以来で楽しかったが一人二本も食べれば十分なので十本も掘れば十分だったが、なぜかキャンプ場の管理人さんがそれじゃ足らないからと結局二十本以上も掘ってしまった。
(この「それじゃ足らないから」は後に驚愕の事実とともに理解できるとはこの時は知る由もありません)

食べきれないよと言いながらも結局掘った芋は全て焼くことに。
しかしなんでツーリングに焚き火ってこんなに合うんだろう?そしてこんな時の仲間との談笑は楽しい一時でありまたツーリングの醍醐味でもある。

20~30分ほど経ったところで焼け具合をみてみることに。
触った感触では十分焼けているようだ。
半分に割ってみる。
「ん?」なんだか期待していた甘い香りとはちょっと違うぞ。
火に照らして色をみてみる。
「ん?」ちょっと白っぽい?しかも外周に沿ってちょっと茶色くなってる?
隣にいるBM乗りに「これ大丈夫?」と聞いてみる。
「・・・いやっダメでしょ」
「・・・だよね」
次々と取り出してみるがほとんどが「ダメ」な状態だ。
冷静に考えると普通のさつまいもよりもかなり小さく細いものばかりで、成熟しきっていないというのか腐りかけているのかよくわからないが・・・
結局厳選した結果食べれるのは一人一本となってしまったw
今思えば管理人の「それじゃ足らないから」はこうなることを知った上での言葉だったのかと一同妙に納得。
こんなことになるならスーパーで用意してくるんだったとリベンジを誓う4人であった。

0 コメント: