2005/05/17

愚痴聞いてやってください・・・

(後編です)

バックアップが終わり一安心はしたが内心では非常にヤバイ状況であることは薄々気付いていた。なぜならこの症状はソフト的なフリーズではなく、ハード的な問題であることを直感的に察していたからだ。
直感的と言っても経験則から判断したものでそれは過去4回ロジックボードリペアエクステンションプログラムの症状が出た時にこのフリーズのような症状が出たことがあったのだ。

そして悲劇はやって来た。

logicboardrepairextensionprogram
まずは画面にちらちらとノイズのような横線が入る。
(初期の状態で再起動すればだましだまし使用可能な状態)


第2段階
logicboardrepairextensionprogram
部分的に白い霧のような状態になり、最終的に画面全体を覆いホワイトアウトしてしまう。
そしてさらに放置すると黒というか濃い紺色が広まり出し画面を覆い今度はブラックアウトしてしまう。
(ここまで来ると再起動しても画面には何も表示されない場合が多い)


logicboardrepairextensionprogram
場合によってはこんなときもあり
(もう笑うしかありません)


こうなったら素人に成す術はありません。
やることといえばクイックガレージに駆け込むか、アップルコールセンターに電話するか。(もしくは買い替えるか)

このMacユーザの場合、購入から1年以上経ちメーカー保証は切れ、AppleCare も購入していないためクイックガレージに持ち込んでも有償になってしまうのでコールセンターに電話しピックアップ&デリバリーを利用するか(プログラムが適用されれば無償)、販売店の3年間延長保証を利用して販売店から修理を依頼するか(修理代金が10万を超えないくらいなら無償)になる。

恐らく今回もこのプログラムの症状と思われる。
購入して2年半。
LANポート不良も合わせれば既に5回ロジックボードを交換している。
純粋にこのプログラムの症状だけで計算しても(今回も含む)半年に1回はロジックボードを交換している状態だ。
さすがに普段温厚な Mac ユーザも怒りがメラメラと燃え上がってくる。

(愚痴本番編へ続く)

0 コメント: