2005/08/19

純正マフラー、その後・・・

えー、Mac ユーザの皆様、本日8月19日は何の日かご存知でしょうか?
そうです、文字通り「バイクの日」です・・・w


・・・さて、
初めてエストレヤ純正マフラーを味わったわけですが、正直かなりショボイ・・です。

まず音がショボイ。
「ヴィィ〜ン」て感じです。「ビィィ〜〜ン」て。(泣)
今までは「バリッバリッ」というけっこう歯切れのいいサウンドで、まぁ重低音があるという訳ではなく、あくまで250cc 単気筒らしい感じ、かな。
というよりもいままでは音に対してこだわりなんて全然なくて、よく高速の PA でハーレーとかが「ドッドッボォオオン」とかいってるのを見ると「うるせーなー、周りに迷惑なんだよっ!音なんかちっちゃくていいじゃんっ」て思ってたんすけど。

いやー、やっぱ音って大切。

アイドリングの時はちっちゃくてもいいけど(それなりには欲しい)走っている時に「ヴィィ〜ン」だとスクーターっぽくてちょっと萎えます。
それにやっぱバイクは「人馬一体」とか「自分が操っている感」を楽しむところが大きいので、アクセルの ON・OFF とかギヤチェンジとか行った操作に対してある程度の音がないとイマイチ楽しめない。

それに音が小さくなったせいかパワーも落ちてる感じがします。
てか、間違いなく落ちてるよ(泣)

夏休みの最終日、奥多摩に行ったんですけど明らかに中低速のパワー落ちてます。
周遊道路は結構アップダウンがあるんですが、上りコーナーなんかちょっと失敗して減速しちゃうとなかなか登ってくれません。
まぁこれがエストレヤなんですが・・・テク(腕)の問題ともいいます(泣)
ハヤブサなんかすげー速ぇーっかったす。

それと車(シルビア)もすげー速かった。
オレが全開で飛ばしているときにバックミラーに1台の車が映ったと思ったらもうすぐ後ろまで。「速ぇー」とか思いながらも負けじとフルスロットル「ヴィィ〜ン」。気持ちカン高い音で頑張りますが相手になりません。
直線になったところでハザードを出し左に寄ると相手もハザードを出しながらシュパッと抜いて行ったと思うとあっという間に見えなくなりました。バイクとはまた違った速さが。

で、5分も走った頃でしょうか。
下りの左ブラインドコーナー、出口が見え始めるかというところでさっきのシルビアが事故ってました(汗)
スピンをしてフロントが逆を向いちゃって・・・けっこう大破、部品が辺りに散らかってます。
どうやらオレが第一発見者のようです、運転手が力なく寄って来て、
「すいません、警察呼びたいんだけど圏外で・・・」
と携帯を握りしめながら。
「大丈夫っすか」と言いながらオレの携帯を取り出す。

「・・・・オレも圏外です・・・orz」

「怪我大丈夫っすか。救急車呼びましょうか?」
「いやっオレは大丈夫・・・」
と言いながら車にあった発煙筒を焚きコーナー入口で後続車に危険を知らせる後ろ姿に走り屋魂を感じます。

「下まで行って警察呼んで来てもらっていいですか?」
当然ここで「いやっ」とは言えません。
「分かりましたっ」
さぁエストレヤここぞとばかりにフルスロットルです。

「ヴィィ〜ン・・・・orz」

で、警察ってどこにあんだっけ?
周遊道路に初めて来た習志野ナンバーが知る由もありません(汗)
そうだ!途中にある駐車場に警備員の人がいたっけ!と思いとりあえず駐車場を目指します。

「ヴィィ〜ン」

オレ「すいません、上で事故っちゃってるんで警察呼んでもらえます?」
警備「二輪?」
オレ「いや四輪!」

えー、この二輪か四輪かで何が違うのか良く分かりませんが。
とりあえず駐車場で待機します。
で、2~30分したところで消防車が・・「えっ消防車?警察じゃないの?」そっか山の中だからまずは火事の心配なのか・・・と勝手に納得。
で、1時間ぐらい経ったころでしょうか、やっとパトカーが・・・「遅ぇーぞ」
(そういえばどこかの看板に警察や救急車が来るまで時間がかかりますとか書いてあったけ)

事故が落ち着いたのを見計らって走り再開です。
もう走りが楽しくてしょうがありません。
あ〜これで純正マフラーじゃなかったら・・・と思うと悔やまれますw

しばらく往復を重ねますが事故現場は片側通行なので速度を落とさなくてはなりません。そして通る度に肩を落としその場に座り込んでいるあの運転手が目に入ります。しかも相手の視線をミラーシールド越しに感じますw
「いやっ別に事故を楽しんでる訳ではなくただ純粋に初めて来た奥多摩で走りを楽しんでるだけなんだよー」
とはいえさすがに気が引けたんで帰ることに。まだまだ走りたかったんですが事故を目の当たりにしたことでちょっとビビリが入りました。

いや〜、奥多摩面白いよっ!まじ楽しいっ。
一人で自分のスピードで走れたのが良かったのかも。
かなり満足な1日・・・帰り道夕立に降られなければ・・・
全身ずぶ濡れになりましたが千葉に着く頃にはほとんど乾いてましたw

で、この雨が原因かどうか不明ですが帰り道なぜか信号待ちでエンストするようになってしまった。
しかもエンジンがかかりにくい。
(エストレヤはエンストしやすいって良く聞くけどオレのは今までこんなこと無かったのに)
なんか調子悪い。
いきなりどうしたんだ。
とりあえずアイドリングを調節するツマミを上げてだましだまし帰宅。
しかしその後もエンジンのかかり難さは変わらず。この暑さなのにチョーク引かなきゃかかりませんっ。しかもかかってもなかなか安定せず(泣)

これもマフラーを変えたことが原因なのかっ?
あ〜もう、一難さってまた一難とは・・・

0 コメント: