2006/07/09

ついでにアクセルケーブルも・・・

estrella

このデロデロになったアクセルケーブルも同時に交換しようと思ったんですが、訳あって現在もこのままです。
(これも純正を購入済み)

ま、訳と言っても・・面倒くさいだけなんですけど。
┐(´ー`)┌


つか、いっそキャブを交換したい..。
ヨシムラから FCR の MJN が出たのが気になります...。
シングル 33Φ 出ないかなあー
Read More

2006/07/08

クラッチケーブルも交換 ♪

ま、ついでってことで。

前から交換したかったし。
ステンメッシュに・・・とか思ってたけど結局エストレヤ純正をチョイスしました。

estrella

えー、とりあえず組付けてみたところ。
セパハンなので「やばい、純正じゃ長過ぎたっ」と思ったんですが、なんとか無事収まりました。
でもやっぱちょっと長いです。5〜10cm くらい短くてちょうどかと..。

組付け前に WAKO'S ラスペネを流し込むのを忘れてはいけません。
そしてタイコ部分にはWAKO'S シリコングリスで潤滑を。
こいつは透明というか白なので、付けても汚らしくならないのがナイス☆


で、ケーブルを付け終わったところでセンタースタンドのままエンジン ON !
(エンジンオイルを入れるのを忘れずに)

クラッチを握り(すごく軽くなった・・気がします)ギヤを1速へ。
もうドキドキです...。
そしてクラッチを繋ぐと・・リアタイヤが回転を始めます・・

「オオッー!」

回転を上げながら2速、3速へシフトアップ。
5速までシフトアップとダウンをしばらく繰り返し様子を見ます。

「どうやら問題ない様子♪」

ここで一安心。
肝心のクラッチ滑りも改善された様子です。

で、試乗したところ → バッチシ直ってます☆

近所をちょこっと走ったんですが・・エ、エストレヤってこんな加速したっけ !? ってくらい最初は体が付いていけませんでした..(^_^;)

あーこれでやっと長かった修理期間が終わり、これからがシーズンイン☆といった感じです。

しかしクラッチ(フリクションプレート)は新旧で見た目も厚さもほとんど変わらないのにこうも違うのか、機械って繊細だなーと思うと同時に、もしかしてエンジンオイルがヤバかっただけなんじゃ?という新たな疑惑が..(^_^;)
それはないよなーまさかねー。
まあここは繊細なんだ・・ということで。


それにしてもこの作業後もクラッチがどう動き、どう作用しているか理解できていないのは内緒です...。
Read More

2006/07/06

エストレヤのクラッチ板交換☆(後編)

とりあえず、組付け完了。

estrella

ここでちょっと気になるところが。
つか、最初から気になってたんですが..。

クラッチのすぐ右側にある巨大なナットというか、なんというか・・・
人為的に力を加えた為かどうかは分かりませんがグニャッと曲がってるというか、めくれてるというか・・・

estrella

その部分のアップ。
どう見てもデフォルトでこの形・・・という訳ではなさそう。

つか、このアップ写真を見て今思ったんですけど、たんにワッシャかな・・・
てっきり、ワッシャとナットが一体化してる部品かと思った。

で、パーツリストで調べたところ、どうもこれっぽい。
ツメツキザガネ(ウチ),16MM 部品番号420B1611 147円

ツメツキザガネって、一体?
まだまだ世の中には知らないことが多いです...。

しかしどうしてこの部品が曲がってしまったのか・・
ま、もうカバー閉じちゃったし♪
今更開けるなんて・・・それにこのナット緩めるのに力要りそうだし..。


それとクラッチの右下部分にこんな穴がありまして。
オイルポンプに続く通路でしょうか。

estrella

その中にこんな金網のフィルターが付いてるんですが、その中にこんなゴミがっ。
なんでしょう、ガスケットの切れ端でしょうか..。

estrella

たまに開けてみるのもいいかもしれません。何が出てくるかお楽しみです。

今回取り外した部品たちがこちら。

estrella

そういやこのバネも交換したんだ。

estrella

右4つが新で左が旧です。
見た感じ違いは感じられず。


終わってみての感想は、なにげにプレートの交換自体は楽♪...でした。
大変だったのはクラッチケーブルの取り外しと、このエンジンカバーのネジに付いてるネジロック剤(?)の除去でした....。
なぜかクラッチケーブルがなかなか外れず、なんだかんだでレバー部分が傷だらけに(汗)

まあ、でも今回は大きなエラーもなく良かったんじゃないかと...。
Read More

2006/07/03

エストレヤのクラッチ板交換☆(前編)

というか、
正確にはフリクションプレート交換☆しました。

恥ずかしながらこの作業をするまでフリクションプレートという言葉さえ知らず...。
こんな人間が作業しても何とかなっちゃうのがエストレヤのいいところ♪
250シングル、バンザーイ!

必要なのはヤル気と工具と少しのお金。
後はやっぱ愛情かな・・これ大切。


さて、これもちょうどもてぎに行った時には症状出てたから・・・3月頃の話です(汗)
ま、作業自体は5/1ですけど...。

最初はクラッチが滑るって症状が分からなかったので、マジでエンジン逝かれたかと思いました..(^_^;)
いやだって、ちょうどもてぎに向かう高速でずっと全開にしてた時に症状が出て来たんで・・・もう終わったかと。

症状的には前の車を抜こうと追い越し車線に出てアクセルを開けてもエンジン回転だけが上がり車速が全然上がらないという感じ。
ただでさえ高速の追い越しは厳しいのに..。
(スパッと抜けないっすよね、じわじわ抜くというか・・こういうところで一番排気量の差を感じる)


で、いろいろ調査した結果、クラッチが滑ってるんじゃねーかということに行き着きまして。
とりあえず交換してみようかと。
(それでダメならそのときまた考えりゃいいじゃん♪というまさにオレの人生そのもの)


とりあえず開けてみた。

estrella estrella

ノーマルは分かりませんがナサートはそのままではエンジンカバーのネジが1つだけ外せず、惜しい。ま、エンジンカバー開けるときなんてあんまないし。
開けた時はもう、何が出てくるのかドキドキワクワク♪です。もし手に負えなかったらどうやってバイク屋に持ち込もう?という緊張感と共に(汗)

estrella estrella

ちょっとアップです。
この黒ピカ、ヌルヌルがたまりません、格好良すぎです。
金属フェチです..。

estrella

さあクラッチに着手します。
青空ガレージでは「日があるうちに」が鉄則です..。

まずネジを外すとスプリングが出てきます。
迷わず引っこ抜きましょう。
合い言葉は、繊細にかつ大胆に..です。

estrella

こんなん出てきました。
しかしサービスマニュアルでチェック済みなのでビビりません。

estrella

この歯車というかハブにも傷が無くて一安心♪

estrella

外したのがこちら。
クラッチ版といっても3種類のプレートがあるんですねー。
プレートの並び順が分からなくなるので外したまま並べておくことをお勧めします。
ちなみにこの斜めに切れ目が入っているのがフリクションプレート。

estrella

新旧比較。
オイルで濡れてる方が旧です。
もっとブレーキパッドみたいにすり減ってるのかと思ってたんですが・・見た目ほとんど変わらず。
試しにノギスで計ってみたんですが・・・やっぱ、ほとんど変わらず。
ちなみにサービスマニュアルには、

標準値:2.7〜2.9mm
使用限度:2.5mm


......と、記載されてるんですが、なぜか3.1mmありました(汗)
(100均で買ったプラスチックのノギスなんで、「元々合ってない」という気もしないでもないですが)

えーこの時点で「あれ?もしかしてクラッチが原因じゃないの?」とかなり怪しげに...。

estrella

まあまあ、とりあえず浅漬けの刑。

estrella

で、組み付け。

今回はフリクションプレートのみの交換です。
他の2種類のプレートは鉄かステンレスか良くわかりませんが、これをアルミとかチタンにしたら軽量化できるなーと思ったオレはもう立派なレーサーです。(^_^;)


というより、
エストレヤ用のスリッパークラッチが欲しい☆
Read More