2007/12/30

筑波ファミリー走行@12/8(その後編)

まぁ、そんな感じで....この日ばかりはかなり凹みました。

これでオレの今シーズンは終わりか....的な感じで。
リベンジと言いながら、まともに1周することもできず....前回より更に悪い結果に終わりました。

しかし、マジ凹んだなー。
帰りの車内でもすっと凹んでましたよ...。



この悔しさを忘れないため....ブラックです。
無糖です。

で、その後ろにあるのが「THE GLUGLU(レザースーツ用汚れ落とし・保護・艶出し剤)」です。
ツーリストトロフィーの最終戦とこの前のNS2耐久で2度もずぶ濡れになったので(転倒もしたし)この1年の労をねぎらいツナギとブーツの掃除をしました。
(家にいるとなかなかこういうことはやらないすからね)
(つか、なんか、すぐ帰りたくなかったんですよね)

これはいいです☆
かなり汚れが落ちます....さすがダートトラッカーの必需品。
謳い文句通り、艶も出ますよ☆

たぶん一人じゃ一生かかってもとても使い切らないと思うので、使いたい人は声をかけて下さい。
容量半分くらいでいいんじゃねーか....と思う。



事件です。
ブーツ清掃中にオレの激しいライディング&ステップワークでネジが外れていることに気付きました...。
たまにはブーツも増締めが必要ですね...(^_^;
帰宅してからブーツの備品にネジの予備が無いかと探したけども、そもそも備品自体が見つかりませんでした。

で、エストレヤをちょっと掃除して記念撮影(何の?)



お気に入りビューです。
やっぱ普通に見るとリヤが小さいから大きく見せるといいですね♪
か、かっこいい。

しかしキャブは何が悪いんだろうなー。



ファンネルからガソリンが漏れて来てます....何でこうなるんだろうか。
なんかもうOHしても変わらなそうなんでそのままで。
とりあえず、フロートとフロートバルブを交換してみよう。


そういや、コースインする時に「ゼッケンが付いたままでは走行不可」と「リヤストップランプが付いていないと走行不可」ってことを来年から厳しくチェックするので気を付けて下さい....って言われたので普段スポーツの人は気を付けて下さい。
ファミリーを走るたびにコースインゲートでゼッケンカウルを叩き割ってちゃコストがバカにならないですからね..^_^;

ちなみに。
ゼッケンシールが付いているとダメだけど、とりあえずゼッケンカウルだけなら良いそうです。
(なので、ゼッケンシールの上からガムテープを張って隠そうかと)
(といっても、人によってこの辺は変わるだろうから始めから取っておいたほうが無難だけど)
ストップランプはちゃんと連動して点灯しなきゃいけないそうです。
(まあ、当たり前と言えば当たり前だけど)

しかしなんでゼッケンが付いてちゃいけないんだろうか。
たかがシールですよ....何の影響も無いと思うけどなー。

.....と、思って車両規定のページをチェックしたら、
ゼッケンナンバーの貼付は競技(レーサー)車両と間違いやすいのでご遠慮ください。
と書いてあって....「何で間違っちゃいけないんだよー」と思いながら更にチェックしてたら、
レース参戦目的の方は、スポーツ走行クラスをご利用ください。
レース用に改造されていると思われる車両は走行できません。
と書いてあって....早い話がファミリー走行はレーサー(市販車をベースにしたレーサーも含む)は走っちゃいけないってことだったんですね....し,知らなかった...。
つか、誰かに話は聞いたことがあったかもしれないけど特に気にしてなかった。

まあ、レースに出る人(レースといってもいろいろあるし)、参戦目的の人はスポーツ走行を....というのは分からなくもないけども。
ただ、週末だけ月2くらいでサーキット走れればいいんだ☆....なんてお年寄りのゲートボール....みたいな人はそんなにいないと思うけどなー。

絶対走ってればタイムが気になるし....速くなってくればレースにも出たくなるだろう。
そもそもサーキット走行する人は、人と争うこと....じゃなくて、競うことが好きな人たちだと思うから、レース参戦目的かどうかで線引きするのは難しいんじゃないかと思うけどなー。

せめてツーリストトロフィー....つか、せめてFTとグラトラくらいは大目に見て欲しい..^_^;
レース....つってもホント底辺の底辺じゃないですか。

まあ、いろんな人がいろんな速さでいろんなマシンで走るんだから全員が満足するようなクラス分けはできないだろうけど、せめて自分が好きなようにカスタムしたマシンで走らせて欲しい。
そりゃ安全上問題があるようなのは論外だけども、シールくらいいいだろう。
Read More

筑波ファミリー走行@12/8(走行編)

行ってきました。
今更ですけど、12/8のファミリー走行。

前回のリベンジです。


L4(11:30)一本に賭けます。
気合いを入れて前泊しようか悩んだけども、11:30から一本だし(9:00とかなら...また考えるけど)、ピットとっても意味ないし、それにやっぱ車の中で寝るとあまり熟睡できないし....130%の力を出すため万全の体調で望もう....ということで、当日8:00頃に筑波着。

いつもの1ヘアに停めようとと思ったけども、ちょっと一人で集中しようと周りをシャットアウトするため更に奥の芝生広場くらいに停車..(^_^;
この辺は静かでいいですね♪

とりあえず、マシン整備はそれほどやることはないけども、耐久レース後2週間で死んでしまったバッテリーを交換してもらったので再装着。



これで1kgの軽量化。

そんでいまいち信用できない(使用している期間が短いという意味で)TRエンジンに何かあるとヤバいのでアンダーカウルも装着。



最近のお気に入りポイント。
手動ラップショット。
決してストップウォッチじゃありません....ただ単に手動なだけです。
ちなみにラップポイントはバックストレート右手にあるポストです。
(ホームストレートだと余裕が無くて)

で、いつも(レースの時も練習の時も)走行直前まで余裕は無いけども、この日は1時間前から準備運動を開始。ちょこっとジョギングもして体のアップは万全です。

そんで走行前に少しでもタイヤを暖めようと10分くらい暖気場をくるくる回って....いざっ走行開始。

で、2周目の最終コーナー直前で急にボコ付きガス欠の症状が....ピットロードに入るには間に合わなくて、そのままインを回ってホームストレートでエンジンストップ....惰性で1コーナー手前のピットロード出口からピットイン..(^_^;

見たらまたキャブにガソリンが流れてなくて...。

「なんだよー」
「何も今出ることはねーだろー」

.....とか思いながらも、ホースの繋ぎ目とかチェックするけど問題なくて。
原因は分からないけど(つか、キャブの中であることは間違い無いはず)耐久の特スポの時もしばらく吹かしたりしたら治まったので、今回もひたすら吹かしてたら直ったんで再スタート。

そしたらまたすぐ同じ症状が...。
今度はちゃんとピットロード入口からピットイン。

で、しばらく吹かして様子見たら直ったんで再スタート。

で、また何周か走って同じ症状が出て....今度はピットロード入口手前でストップ。
コース脇で吹かして直ってそのままピットイン。
大丈夫そうなんで(大丈夫じゃないけど、どうしても走りたかった)再スタート。

で、しばらくしてチェッカー。

.....ということで、まともに走ること無く終了。
.....(´_`。)

タイムは1周も計ってません。
Read More

2007/12/21

2007 FT1 年間チャンピオン

今、筑波のサイトを見て気付いたんですけど。

トップページに写真がいろいろ切り替わる箇所がありますよね。
そこの写真がなんかいつもと違うなーと思って見てたら、な、なんと、

ハッシーさんを見つけましたっ..(^_^;

さすが、2007 FT1 年間チャンピオン。
トップページを飾るなんて。

思ったんすけど、年間チャンピオンになったら「翌年のエントリー費無料!」とかあったら良くねーっすか。
かなり盛り上がるんだろうなー、つか、盛り上がり過ぎて怖そうだなー。
3戦全部じゃなくてもせめて1戦だけでもいいですよね。
もしくは、タイヤ1シーズン無料(上限5セットまで)とか。

まあ、オレには縁のない話ですけど。
つか、年間戦でもないんだけど。

「優勝してもろくな商品がもらえねー」と、確か夢の無いことを聞いた覚えがあるので、現実的にはこの辺からなんとかして欲しいです。
せめてタイヤ1セットとか練習走行無料券5枚とか。

まあ、これもオレには縁のない話ですけど。

 

かなり完成度高いです☆
とても素人DIYとは思えない仕上がり。
やっぱ、速いバイクは美しいー。
Read More

2007/12/19

2007/12/07

筑波ファミリー走行@12/8(予約編)

どーにもこーにも納得いかねーんで...。

明日(12/8)1本(L4)走ってきます。


ホントは12/1が最後の予定だったけども急遽予定変更。

無料キャンセル期間が過ぎてからはL1~L4まで全て空きありになっていたので、2本くらい走れんじゃねーかと朝から仕事そっちのけで6日の当月予約(13:00から)に望んだところ....最初にL4をゲット....次にL2を取ろうとしたら空きなしで、L1しか空いてねーんでどうしようか悩んでたら13:01になる前に完売になりました...。

12月のファミリー走行はあと14,19,26日とあるけれど、オレのいる部署の唯一の繁忙期ということで12月は有給取得が禁じられているのでこれが本当に最後です。
周りが忙しいだけでオレ(ともう一人)は忙しくないんだけども。
正確にいうと、忙しい人の仕事がまわってきて....少し忙しい。

まあ、そういうことで。
心を解き放てればいいなー。
Read More

2007/12/06

2007/12/04

筑波ファミリー走行@12/1(7人の悪魔超人編)

えー、まあ....そんな感じで....

オレの中では「17秒台を出すか死か」....的な感じで望んだけども。

よくよく考えたら、死んだら最終目標である16秒台が出せないじゃんっ....という考えに至り....でも、17秒台が出せるなら....代償としてちょっとくらい怪我しても....骨の1本や2本くらい....と思っていて。

そんな感じで....
ここまで追い込んで...走ったのに....

1'22"67....ですよ..(´_`。)

しかも、ほとんどが初参加の3月の決勝レースと同じくらいのタイム....なんてことがありえるのか。

おかげで「コース外では大口を叩く男度」が更に上がり....つか、上がりっ放し。

そういや、コバケンさんと今後の筑波走行クラスについて真剣に話し合った結果、スポーツ走行・ファミリー走行に次ぐ走行クラスとして「ビックマウス走行(クラス)」を新設するのがいいんじゃないか....という結論に達しました。

このクラスのターゲットは「言うことはいっちょまえだけど大した走りはできない」ライダーです...(^_^;
(要は大口を叩くけど、へなちょこ走りをするやつです)
スポーツかファミリーライセンスを持っていればライセンスは不要。
基準タイムは1分20秒前後。
走行中に速過ぎると判断されたライダーはその場で黒旗を出され走行中止になります。
卒業基準タイムは1'19"300です。
1周でもこのタイムを超えた場合はファミリー走行をご利用ください。
走行可能車両は一般市販車両ベースの競技用車両 500ccまでと登録車両です。
ビックマウス....なだけに音量規制はありません。
走行クラスコードはBigMouthから「BM」です。

そしてこのクラスのもっとも特徴的なところは「走行予約時にいっちょまえのことを記入しなくてはならない」ということです。
通常の予約では日時と走行クラス(L1など)を入れるだけですが、プラス「ぜってー17秒台を出すぜっ」とか、「かかって来いやー雑魚どもっ」とか....何かしらいっちょまえのことを入れないと予約が出来ません。
JASCにいっちょまえじゃないと判断された場合は自動的に予約が取り消されます。
(例えば「精一杯頑張ります」などのありきたりな言葉は即刻取り消されます)

.....まあ、走行クラスはいいとして。

百歩譲ってタイムもいいとしよう。
混雑してたから....ということもあるし。
(言い訳は無限にあります..(^_^;)

ただ、ここまで追い込んで望んだのに....心を解き放つことが出来なかったことに納得いかねーというかくやしくて。

走行中に「ヤバいかも...」とビビっちまった...。
こんなんじゃ、いざレースになっても解き放てないだろー。

まあ、でもしょうがねー。
これがオレの今の実力だ....間違い無く。

7/1、2戦目の筑波TTで当初の目標だった20秒は切っちゃうし、予選で8位にもなっちゃって....こんな程度か...といい気になってた...。
バカじゃねーか、オレ。

そう簡単に差は埋まらねーし、追いつけねーぞ。
マジで。
速い人たちはホント速ぇーよ。
圧倒的な差がある。

これからはもっと真剣に取り組もう。

......といっても、大したことは出来ないけど。

まずはこの2ヶ月間何もしていなかったトレーニングを再開しよう。

たかが2本走っただけで上腕と肩というか背中が筋肉痛に...。
しかも2本目の途中からは体力も無くなって集中力も切れ...。
なぜかよだれとちょっと鼻水たらしながら走ってました...。

情けねー。
アホか、オレ。

ぜってー速くなってやる。
速い人たちとガチンコバトルができるくらい。

悪魔に魂....じゃなかった。
悪魔に血を売ってでも速くなってやる。

ちなみに。
愛読書はキン肉マン 7人の悪魔超人編です。
好きな超人はバッファローマンです。
尊敬する人はミノワマンです。

何もなければ、来シーズンの筑波TTは「チーム名:エストレヤマン」で出よう☆
マンを付ければ超人のように速く走れるはずだ。
Read More

2007/12/01

筑波ファミリー走行@12/1

珍しく当日アップ...(^_^;


久々に筑波ファミリー走行。

NS2耐久とか、9/30のツーリストトロフィーのレースではなく、純粋なファミリー走行は9/16以来....と、かなり久々。(もっと走れよっオレ)
で、この2つのレースはウェットだったから、ドライで走るのも9/16以来....いや、正確にはNS2耐久の特スポがドライだったけども、この時は様子見でタラッーと走っただけだったので。

いやー、やっぱドライっていいっすよっ。
適当でもそれなりに(オレなりに)走れるし♪....つか、ドライのときからもっと一つ一つの動作に神経を使って普段からスムーズな走りができるように練習しないからウェットでえらい目に合うんだよ...っていうようなことを誰かが言ってた....ホントそう思う。

まあ、とにかく。
ロードレースは(ロードレースじゃなくても)やっぱドライっすよー。
参加する人にとっても、観戦する人にとっても....みんなにとって。
「オレ、ウェットでもいいけど」なんていうやつアホじゃねーか....と思う。

で、今日は今シーズン最後の走りになるので、2週間くらい前から「ぜってー17秒台を出すっ!」と行き込んでいて。
今のところ7/1のツーリストトロフィーの予選で出した1'19"500がベストだけど、自分の走り次第で2~3秒は縮められると思っていて....なんとしても今シーズン中に17秒台を出しておきたかった。
(なんでかっていうと、「エストレヤで17秒」を手みやげに、来シーズンは有名チームに移籍するためです...。)

3月までレースは無いし....転倒してもいいからとにかく全開で走ろうと決めてた。

今までは、
自走だから転倒したらヤバい...。
特スポで転倒したらレースが台無しだ...。
予選で転倒したら決勝走れないじゃん...。
レースはチェッカーを受けなきゃ...。
.....と、言い訳と言うか、自分に言い聞かせて、どこかセーブしたところがあってぶっちゃけ全開で走ったことがなかった....つか、走れないのかもしれないけれど。

そんなこんなで、今回のテーマは、

「心を解き放って17秒台を出す」

.....です。

まあ、とにかく。
ぐだぐだ言わずに速えータイムを出す....ってことです。

19秒とか20秒くらいだと、そこそこって感じだけども、エストレヤとかボルティクラスで17秒台ともなれば筑波の草レース界ではきっと「すげーじゃんっ」と思われるはずだし....いや、分からないけど。
つか、速い人たちはこういうマシンを乗らないからイマイチどのタイムがどのレベルで...ってことがよく分からなくて....もし速い人が乗ったらもっとすげータイムが出るんだろうけども。

なので、一度tetsutaroさんに乗って欲しい。
しかし、この人は黄土色の作業着を着てると、金正日...風なおっさんなんだけども、ツナギを着てSRに跨がっているときはなぜかカッコいいんだよなー(^_^;
hit-airもそこら辺の人が付けてたら「なんじゃそりゃ?」的に思えるかもしれないけど、この人が付けてるとなんかカッコいいもんなー。
不思議だ...。
これが王者の風格....ってやつですかね。
(決してお世辞じゃありません)

まあ、そんな感じで今までで一番(レースも含めて)気合いを入れてた。
で、ぜってー出せると思ってた。
(相変わらず根拠の無い自信だけど)

マシン的には転倒後なのでちょっと不安もあるけども(公道でチェック済みだけど....やっぱ速度が全然違うし)あとはタイヤ交換をしてからずっと出ているフロントのチャタリングが出ないことを祈るのみ。
(耐久のときにオグラくんが締め直してくれたけども、様子を見る前に転倒してしまい....転倒後はそんなスピードも出せず終わってしまっていて)

つか、ロッシのようにタイヤのせいにしてダンロップからブリヂストンに換えようと思ってBT-39SSをチェックしてみたけども、フロントに合うサイズが無くて。

そんでエンジンは前のよりイイ感じだし、気温も低くてパワーももっと出るはずだし....路面温度が低いのは気になるけど。

で、前のエンジンではダメだったけど、パイロットジェットをノーマル35→40に変更。
(これは正解でした☆)
エンジンオイルをAMSに交換。
保安部品も取って必勝態勢で望みました。

1本目は「とりあえず自己ベストくらい出しとくか♪」くらい思ってたけども、走行前になったら何気に時間がなくて....ストップウォッチを取付ける余裕がなく...。

で、それなりに頑張って走行したけどもタイムは全く分からず。
まあ、でも乗った感じ全体的にそんなに悪くはないけども、最終コーナーが最悪。
今までは最終コーナーは好きなコーナーで調子がいいときは進入でちょっとだけオフにしてまた全開で走れてたけども、ウェットでへなちょこ走りばかりしていたせいか...ちょっとどころか半分くらいまでオフ(というか、パーシャル)じゃなきゃ走れなくて。
もしくはエンジンを換えたことによってバックストレートの速度が上がってるからなのか。
(事実、コーナー立上がりはぜってー速くなってる....あくまで、気がする程度だけど)

それとインを開け過ぎ。
クリッピングでも縁せきとは1mくらい空きがあるくらい。
(どのコーナーでも)
すげー無駄な走りしてた。
意識してもなかなかインに付けなくて...なんでだろう。
突っ込み過ぎなのか....それかもっと出口(遠く)に目線を置いてないからか。

あとはあまりバンクできない。
まあ、これはなるべくバンクさせないように心がけているのでいいと言えばいいんだけど。
抑えているというよりは怖くて出来ない感じ。

まあ、こんな感じで。
全体的に悪いじゃん....ってな感じですが。
でも、なんか乗ってる感じはそんなに悪くないんですよね。
何かが進化しているというか。

で、2本目の走行前に、心を解き放つためにステッカーチューンをしました。



おなじみパインレーシング・ジャパンのステッカーです。
ちょうど丸型ということで。
あのイラストは松の木でしょうか。
「SHONAN-CHIGASAKI」がイイですね....海って感じで。

ちなみに、エストレヤレーシングがやると。
「SOYA-ICHIKAWA」となります....どこだよっそれっ....ってな感じです。



で、もう一枚。
転倒も辞さない覚悟だったので、お守りの意味を込めてヤモリです。
ちなみに、英文の意味は「ウソも方便」....です。
特に意味はありません...(^_^;

で、気合いを入れるために、最近レンタルしてお気に入りのThe Prodigy(プロディジー)のTheir LawのLiveバージョンを音量を最大・リピートにiPodを設定してノリノリ♪で走りました。

.....そんな感じで。

えー、本日の驚愕のベストタイム。

1'22"67....です..(´_`。)

えっ、マジ?....的な感じですが...。

つか、ストップウォッチなので多少の誤差はあるだろうけども、22秒台と23秒台が1周ずつで、あとはだいたい25秒前後で....改めて「マジかっ!」ってな感じです...。

まあ、こんな感じで。
Read More

2007/11/26

エストレヤの整備日誌@転倒修理

ついに転倒修理開始です。

まずは現状把握から。



な、なんと、フロントゼッケンカウルのドライカーボンがちょっと剥がれました。
こ、これは痛い...。



レバーとハンドルの先端が削れました。
軽量化です...。



これも軽量化です...。



これも軽量化です...。
いやーでも危なかった。
あと少し削れてフルードが漏れちゃったら....もうアウトでしたよ。



ステップとペダルが....でも、この程度で済んで良かった。
これも折れたり曲がったりしちゃったら、アウトだった。
まあ、軽量化です...。



BEETのナサートがどんどん傷物に。
つか、これは元からなので今回でどれだけ傷付いたかはよく分かりません。

以上です。

かなり軽症です。
つか、ぶっちゃけこの中で修理するところはありません..(^_^;

といっても、そろそろステップは左右ともにヤバくなって来たのでどうにかしようかと思い....バラして構造を確認したところ、この辺がピッタリ来そうなことが分かりました。
ネジピッチはたぶん1.5。
つか、ボルト換えれば1.25でも何でもイイ感じ。

これは雨の日でも滑らなそうでいいんじゃないでしょうか。
今付けてるWMのバックッステップは先端が出っ張っててその部分だけちょうどスベスベで(ギザギザになってない)....雨の日滑りまくりです。
今までに雨の日に足を滑らせてコースアウトしたことが2回、コースアウトしないまでも滑らせたことは数回あり....そろそろ限界です。

そして、2本(左右)で3990円安いなー。
これならレース前の万が一の時のために予備を持てますね....とはいっても、いまだにブレーキレバー1本さえ予備は持ってませんけど。
(昔、伊豆にツーリングに行った時に立ち転けでクラッチレバーが折れてえらい目にあったなー)
来シーズンはこういうところにも気を配ろう。

ペダルもこの辺が使えんじゃないかと。

プレートはとりあえずWMのを使用するとしても....いずれはアルミとかステンレスでワンオフ制作したいなー。
それかCOERCE(コワース)のプレートだけ使用するか....という案もあり。

BATTLE FACTORYの商品ってナップスとかでも注文できるんすかねー。
いや、ポイントが付くからってだけで、D’sでいいじゃんって話なんですけど。

話それましたが。

で、とりあえずエンジンかけてみっかと思ったら....またセルがうんともすんとも言わなくて..(^_^;

えぇー、また?....って感じですが。
耐久の特スポでバッテリー新調したばっかなのに。

もしかして洗車した時にどっかまずいところに水かけちゃった?
それか保安部品付けた時にどっかショートさせちゃった?

自作ニュートラルランプも点灯しないので「おかしいなー」と思いながら、ヒューズとか配線をパラッとチェックするけど問題無し。
とりあえずバッテリーの電圧チェックしてみたら3Vしかなくて...。

またまた、えぇー?....って感じです。
ちゃんと使用前に充電したのに2週間放置しただけでこれかよっと思いながら充電しようとしたら充電も出来なくて。
充電器の説明書を見ると電圧が低過ぎると充電できないって記載されてましたよ。

しょうがねーんで以前使ってたバッテリーに付け替えたら問題なくエンジンかかり...。

で、いつものテストコース(ライコランドまでの道のり)に出てマシンチェック。
耐久の時は再スタート後はブレーキの効きが甘くなってる感じがしたけど、市街地では(というか、今となっては)「こんなもんじゃね?」と全く分からず。
走った感じ全く問題は感じません。

そんでいつもより足を伸ばして移転したDIABLOに行ってエンジンオイルを買って帰ってきました。

帰ってから今度のファミリー走行のために保安部品を外そうと思ってたけども、もう暗かったんで当日やればいいやと思って辞めました。

ということで、転倒修理は洗車だけで終了です。
Read More

2007/11/25

エストレヤの整備日誌@洗車

12/1の筑波ファミリー走行に向け、この前のNS2耐久で転倒したエストレヤの修理をしようと思ったけども。

転倒後に筑波のガソリンスタンドの水道を借りてジャンジャン丸洗いをしたつもりだったけども、晴れた日の日中に見るとまだまだけっこう汚れてて。



こんな感じで全体的に乾いたドロが付着してて....カバーを取ってビビりました...。
転倒したとき用のために、車のホイールとかを洗う大きめのブラシを用意しとこう。
ちなみにエストレヤを洗ってる時はまだ良かったんですけど、ツナギとブーツもドロだらけだったんで自分自身にホースで水をかけてる時が一番悲しかったです..(´_`。)

で、とても整備できるような感じじゃなかったので、洗車に半日を費やしました...。
昨日ですけど。

開始したのが昼過ぎだったのでチェーン掃除が終わるころには辺りも暗く....ホントはちょっと整備して保安部品付けてテストコース(ライコランドまでの道のり)に出る予定だったのに。
まだ3割くらいしか終わってない感じです。

関係ないけど。



ついにお披露目。
お気に入りのサイドゼッケン....ドライカーボンです。
来年のツーリストトロフィーはゼッケンNo.23で出よう。
確か誰も使ってなかったはず。
Read More

2007/11/24

オフィシャル@Honda Racing THANKS DAY



Honda Racing THANKS DAY に行ってきた。
昨日ですけど。

MotoGPマシンに乗るライダーとして参加して欲しいとHONDAからは要請があったけども、12/1にエストレヤで筑波最速タイムを出しにいく予定なので「リズムが狂うから」という理由で断って、ミニバイクレースのオフィシャルをやりました。

そんで運良くオーバルコースの中に配置されて(ミニバイクレースは東コースなので配置される場所によってはF1とがが走ってるところを見ることが出来ない)F1とかGTカーの走りを見れました☆
(写真はロードコースを走ってるF1マシンです....と言わなきゃ分からない)
(デジカメを忘れたことを激しく後悔しました)

オーバルコースのイン側ギリギリで。

「エンジンはもうどんだけまわってんだよっ」
「ギヤはもうどうなってんだよっ」

.....って、思うくらいの音を聞きながら、どうにかエストレヤもこれと同じくらいに出来ねーかと考えたところ、

「もう、トランスフォームするしかねー」

.....という結論に達しました。


まあ、それはいいとして。

オーバルでF1とMotoGPマシンが一緒に走った時があったんですけど、立上がり加速はほぼ一緒くらいな感じでしたよ....加速はMotoGPマシンのほうが速いだろーと思ってたんですけど...。
(いや、どっちがどんだけ開けてるかは分からないけど)

しかし、なんでF1はあんなに走る時間が少ないのだろう(たぶん10周もしてないはず)....他にどんなイベントがあるとかチケットがいくらとか知らないけど、1日コース上にいて思ったのは「純粋に何か(F1とかMotoGP)の走りを見に来た」という人にはチンケなイベントだなーと..(^_^;

せっかくの年に一度のサンクスデーなのに。
大多数の人はF1が走るのを楽しみに来てるんじゃないのかなー。
あんな出し惜しみしなくても...。

つか、やっぱ公式なとき以外(公式な練習日...とか)は、何時間とか、何kmしか走行しちゃいけないとか....という規定(があるかどうかは知らないけど)の問題なのだろうか。
こんなイベントくらい大目に見てくれてもいいのに。
Read More

2007/11/22

エストレヤでNS2耐久@耐久茶屋(その後)

NS2 2時間耐久のリザルト

つーことで、OGURA R&Dは61周して29位なわけですけど。

もし、オレが転倒してなかったら....
もし、無駄な給油なんてしてなかったら....

+5周くらいできてたかもしれないので....そうすると66周で15位-18位くらいになっていたかもしれなくて。
つか、給油しなければ重量増も無く転倒もなかったかも....いや、ジョーダンですけど。

実はうまく行っても30位くらいがいいとこじゃないかと思ってて....そう考えると、もっと上位を狙って走れば良かったかも....的な思いもあり。
そんで二人はすげー頑張ってたのに、オレが転倒したことや無駄な給油をしたことで順位を落としてしまったことに対して申し訳なく....思う気持ちもあり。

.....と、いっても。

そんな気持ちは2%くらいで..(^_^;

98%はこの筋書きの無いドラマを演出&脚本&主演したことで達成感でいっぱいで...。
今はただもう、ドラマ化とか映画化の話を待っているところです。
一応、来年初頭には文庫本が出ることはほぼ決定です。

つか、もし..とか、たら..とか、れば..とか、そんなこと、どのチームも一緒だし....レースはリザルトこそすべてだし。

いや、まあ、満足かといえばそんなことは全然なくて。

ホントいうと今回はぶっちゃけ順位とかタイムとかどうでも良くて。
40分間ただもう速い人たちの走りを間近で見て思いっきり練習したかった。
こんなチャンスはこの年1回しかないし。

なのに雨振りやがって...台無しに。

いや、雨でも練習できんじゃん....と思うでしょうが、・・・ダメなんですよ....雨だと。
なんつーか、こう....攻めて走るイメージが頭の中に全然出来なくて....へなちょこ走りになっちゃって。
持ち味である攻めの走りが出来ないんです..(^_^;

なので、非常に残念です。
オレの走り的には。

特スポも含めて全ての周回数を足しても全部でツーリストトロフィーのレースの時くらいしか周回もできなかったし..(^_^;
Read More

2007/11/20

エストレヤでNS2耐久@耐久茶屋(決勝)



朝からパッとしない天気だけど。
天気予報は雨のち曇りで、午後からは降らないつーことだったので、
「降らなきゃいいや」
「路面もフルウェットじゃなきゃどうでもいいや」
.....的な感じで、7:30頃筑波着。

タイムスケジュールは余裕があるけど、マシンが完成しないことには落ち着かないんで早速整備。
といっても、やることはゼッケンカウルをカーボン化してLAPSHOT取付けて....くらいだったんだけど、何気にすげー時間食って。
時間的に余裕あるから...的な気持ちがいけなかったんだと思います。

で、なんだかんだ、今年3戦参加したツーリストトロフィーの時よりバタバタで。


パインレーシング・ジャパンがたこ焼きで盛り上がる中....ちょっとつまみながらも一緒に盛り上がる余裕も無く。

そんな中作り上げた渾身の力作です。



いや、ホントはこの日作ったのはサイドカウルだけだったんだけど。
出来上がったのが練習走行直前で....オレとしたことが写真を撮ってる余裕もなかったようでフロントの写真しか無くて。
やっぱ、レーサーにはドライカーボンだなー☆
なんつーかこう、08プロトタイプ...みたいな。

で、30分の練習走行。
(といっても、ルマン式スタートとフルコースコーションの練習あり)
確か午後からは曇りだったはずなのに、雨脚が強くなってきて...。
「もう、なんだよー」
.....とか思いながらフツーに終了。

で、スタート。



この1コーナーの混雑ぶりを見て
「あー、オレ3番手で良かった♪」
と心から思いました...。
オグラくん無事帰ってきてね....的な感じで。

グリッドはくじで24番(46台中)なんだけど、この辺を見ると一気に44位くらいまで落ちてます..(^_^;
けっこう慎重に走んのね....知らなかった。
つか、マシン差?

で、ここから激走。



つま先乗りタイプですね。
なかなか決まってんじゃないでしょうか。
(ま、オレほどじゃないけども)
ミラーシールドがカッコいいなー。
つか、ゼッケンがカッコいいなー。



40分走行してピットイン。
緊張のライダー交代....といっても、たんにライダーが入れ替わるだけだけど。

オレとしては「耐久=給油・点滴・ビニールプール」だと思ってるので、ライダー交代のたびに給油をしたかったけども、二人が乗り気じゃないので、とりあえず満タンでスタートして最後のオレの走行前だけ給油する作戦にしました。

公道ではリッター30リットルを超えるエストレヤの燃費の良さを封印し(満タンなら無給油で走りきれるはず)、マシンではなくあえて走りで勝負しようじゃねーか....という気持ちの現れです..(^_^;

ちなみにこの時点で、な、なんと、18位!
ま、マジ?....ってな感じです。
つか、すげーよ、このチーム監督(オレ)でさえも想像もしなかった順位がっ。
しかも、今回のベストタイム1'30.437を叩きだしてます。
なかなかやるじゃねーか。
(ま、オレほどじゃないけども)



で、ウラちゃんGO!
当初はこのカリカリにチューンされたエストレヤを乗りこなせるか心配したけども、なんとか大丈夫そうです。
つか、タイムもオレとあまり変わりはありません...。

そういや、朝からたこ焼きしか食ってなかったので「これじゃパワー出ねーだろー」と思ってパンを1個食いました。
決してそこまで貧乏なわけじゃありません。
(時間的余裕が無かっただけです)



半分(20分)を走った1時間経過時点でも順位は18位のままなので、かなりの善戦じゃないでしょうか。
(ま、オレほどじゃないけども)
ミラーシールドがカッコいいなー。

今まではAraiしか付けたことは無かったけどSHOEIもけっこういいかも☆....とか言いながら、次はPROFILEVECTORにしようと思ってます。
(ちなみに、一番最初に買ったのはスペンサーレプリカです)

で、そんな感じで。
パインレーシング・ジャパンもライダー交代。



どことなく、茅ヶ崎の香りがします。
次ウェットだった時はオレも雨合羽を着よう。

で、我らがOGURA R&Dはウラちゃん走行中にフルコースコーションがあり....この間に間違いでピットインがあったけどオレはまだ準備ができてなくて....そのまま走ってもらって、とりあえず列の一番後ろに付くことは出来て一安心。
でも、もったいなかったねー。
(確か隊列が過ぎてから10秒間しかピットアウトできなかったはず)



で、ピットイン。
今回は忙しいです。
まず、正シフトから逆シフトにチェンジ。
そんで給油....ついに念願かないました☆
でも、確か何枚か写真を撮ったはずだったけど、給油中の写真が無くて....ガックリ。

ついにエース(オレ)の出番です。
いつもと違ってタイヤを暖める必要もありません。
始めの1周はちょい路面の様子を見ながら慎重に。

で、2周目。
1コーナー。

な、なんと、あろうことかエースが痛恨の転倒...。
まぁ、ウェットでよくある握りゴケです...。
つか、握りゴケって初めてで...転倒しながら
「こ、これが握りゴケかー」
「何もする間もないなー」
「つか、ブレーキそんな強くかけてないのに」
「これでダメなんだ」
「ウェットって滑るなー」
.....とか、思いながらズザザザァーというより、シャーーという感じで路面を滑ってました。

つか、握りゴケって原因はなんすかね。
タイヤがロックしちゃった訳じゃないっすよね....そんな強くかけてないし。
それとも濡れていることによって(ローターとパッドが)いつもよりロックしやすくなっちゃうんだろうか。
いや、たぶん路面とタイヤの接地力よりも制動力が勝ってグリップが破綻しちゃった....ってことですよね。

で、1コーナー進入なので後ろからつっこまれんじゃないかとビビりながらも「頼むステップ折れてないでくれっ」と思いながらエストレヤを起こして....見た感じ大丈夫そうで。

で、このとき助けてくれたオフィシャルが偶然モテギで一緒にオフィシャルをやってるタカハシくんで。
「あ、どうも....ありがとう♪」的な感じで。

セルでエンジンもかかって一安心。
跨がったらハンドルが曲がってることに気付いたけども、ステップは全然問題無さそうでそのままコースに復帰して(ドロだらけだったのでこのまま復帰するのは気が引けたけども、そうも言ってられないので)ピットイン。
ピットロードに入るまで
「そんな強くかけてないのに、これでダメなのか・・」
.....と、繰り返し思ってました。

ピットロードに入ったら、みんなちゃんとオレが入ってきたことを分かっていて「あ、もしかして、転倒シーンをバッチシ見られちゃった♪」的な感じで。

とりあえず、セパハンが曲がっている(というか、フォークに留めてあるところからクルッとずれちゃっただけだけど)のを直して、車体の右側面がドロだらけなんで水ぶっかけて....とかしてたら、赤旗が出てレース中断に。

ラッキー♪

再スタートするまでに修理できれば遅れが最低限で済むじゃん....とか思いながら、とりあえず修理終了....なんとかグリッドに。

で、ルマン式で24番グリッドから再スタートつーことで。
「えっ、オレ、チェッカーも受けてスタートもやっちゃっていいの」
「お得じゃん☆」
「ま、エースだからいいか♪」
.....的な感じで、マシンに駆け寄る途中でちょっと足がもつれたりしながら...。

バンバン抜かれるけど、転倒直後つーことでマシンを信頼できず....しかもウェットだし、へなちょこ走りを続けチェッカー。





かなり極小ですけど。
黄色いゼッケン19の後ろです。
ちなみに今回の走行写真はこれだけです。
(なぜって、それは走り出して2周目で転倒したから...)

最終コーナー立ち上がってチェッカー振られてるのを見て
「えぇー、もうっ?」
.....的な感じで。

今思えば再スタートの時に残り時間確認しとけば良かった。
アホだな。

とりあえす、チェッカーを受けた時に(小さく)ガッツポーズしときました..(^_^;

まぁ....こんな感じで終了。
Read More

2007/11/14

エストレヤでNS2耐久@耐久茶屋(決勝)(レース後に思ったこと)

どうも。
「サーキットのコース外では大口を叩く男」sumiです。

いやー、これほどオレをうまく言い表してる言葉はないですねー(^_^;
こんなこと言われながらも「うまいこと言うなー♪」と感心しちゃった自分が悲しいです...。

だが、いつか見てろよ....
この言葉の借りはコース上で返すぜっ....必ず。
(あっやべー、また大口叩いちゃった...)

いや、自分でも凄い生意気なことを言っているのは分かっているんだけども。
大口を叩くことによって、自分自身を鼓舞しているところがあって。
なんつーか、こう「やってやるぜっ」的な...感じ。
それに今のFT1にはオレのようなスターというか(エストレヤだけに)、歯に衣着せぬ物言いの悪(ワル)の存在が必要不可欠じゃないですか。
これからもFT1界の亀田家を目指して、レースを盛り上がるように頑張ります。
※エストレヤ(Estrella)はスペイン語で星の意味です。

いや、でも、マジなところ。
(ジョーダンで)生意気なことは言ってるけども、オレはみんなのことマジで尊敬してますよ。
.....まぁ、尊敬と言ったら言い過ぎかもしれないけれど。

自分が参加して初めて分かったこと....例えば、お金と時間がない中DIY魂でメンテをしたり、練習したり、職場によっては有給を取るのも難しいところもあるだろうし、転倒したら更にお金もかかるし、休日はバイク関連ばかりになっちゃうし(奥さんとか彼女がいる人は大変だろうなぁ....いや、オレもいるけど)....端から見ればそんなこと当たり前じゃんと思うかもしれないけれど、1戦だけなら勢いで出てそれで終了だけど、これが年3戦とはいえ続くとなにげにこういうことがけっこう大変で...。

レースにのめり込めば込むほど、速くなりたいと思えば思うほど....みんな犠牲にしていることも多いんじゃないかと。

オレなんかたかが1シーズンやっただけでこんなこと言うのもなんだけども。
だから何年も継続している人はそれだけで凄いと思うし、それにやっぱ速い人は、速くなるためどうすればいいかを考えていろんな努力をしてるはず。

.....ということがよく分かって。

だから、みんなのことをすげーと思ってるんです、マジで。
いや、FT1の中でも親しい人は数人だけども、きっと他の人(軽いジョーダンくらいは言い合える仲...だと思ってる)も似たり寄ったりなんじゃないかと。

だからこそ、この中で勝ちたいんです。

思い起こせばちょうど1年前。
FTにするかNS2にするか悩んだけども、FTにしてホント良かったっすよ☆
もしNS2を選んでいたら、もしかすると全く歯が立たないことに嫌気をさして(いや、今のところFTでも歯は立っていないけど)1・2戦で辞めていたかもしれないし....こんなに速くなりたいと思うことも無かったかもしれないし。

FTにはオレにはちょうどいいユルさがありますよね....それになんといっても変態(いい意味でね)が多いし..(^_^;
ホント(シングルに乗ってるなら排気量に関係なく)初レースにはこれ以上お勧めのクラスは無いんじゃねーって感じです。
シングルバイクに乗ってて(ちょっとでも)飛ばすのが好きなら....人と競うことが好きなら、一度はレースに参加してみるべし....ぜってー楽しいから♪
ライセンスも要らないし、保安部品外して18000円だけ用意すればいいんですよっ。
(あ、でも、ツナギとか要るか)

もともとレースを見るのは好きで(WGPね)エストレヤの前はRGV250ガンマに乗っていたけども、峠はほとんど行ったことなかったし、町中で飛ばしても直線だけだったし、正直スピードを出すと怖くて....乗ることに関しては全くセンスがないと思ってた。
いや、今でもセンスはないかもしれないけれど....でも、すげー楽しいんですよ....練習をしてタイムが上がっていくことが。
参加する前はまさかこんな風になるとは思わなかった。

ちなみに、今一番楽しいことは筑波の1コーナーにオーバースピードでつっこむことです..(^_^;

オレもだんだんドゥーハンの域に達してきた☆
バイクと自分の限界に挑んでさらなる速度を求めることが楽しくて仕方が無かった。
勝てば当然うれしいがそれはおまけだ。
バイクと自分を追求することに意味があった。
ドゥーハン
ま、オレの場合、一度も勝ってないけど...。

つか、レースレポートを書く予定だったけども、あらぬ方向に進んでしまったのでこの辺で..(^_^;
Read More

2007/11/09

エストレヤでNS2耐久@耐久茶屋

行ってきましたよ...特スポ。

10/10にTC-miniの6時間、10/11にTC-mini3時間、NS2の2時間....なので、「きっと、すげー混むんだろうなー」「ピットは取れねーだろうなー」と思って諦めていたけども。
よくよく考えると、1本目が8時からなので6時くらいには着いていたい....そしたら4時頃には出なくちゃならないので、朝起きて行くのもめんどくせーし、遅刻したら最悪だし。
それに1走行40分で3人のライダーが交代するので、他人のピットの前で交代するのもなんか落ち着かないかと思って。

そんで風邪気味なのにAM2:30に筑波着。
寒さが体にしみます...。
「この時間でも厳しいかなー」くらいに思ってたんですけど....拍子抜けするくらい空いてました...。
どのくらいかっつーと6時過ぎに来てもまだ十分ピットが取れるくらい。
「なんだよー」
「まあいいか、みんなで一緒にピット取れたし」

例によって走行前はなんだかんだ忙しくて....しかも、ゼッケンカウルとかアンダーカウルとか....が、付いてなくて...。
「特スポはゼッケンカウルなしでも走らせてくれるだろー」と思っていたけども、協議の結果走らせてくれない可能性が高いつーことでばたばたしながらも急遽付けることにしました。
つっても、3人いると早いっすね。

ちなみに、昨日途中で放り出したゼッケンカウルはこんな感じです。

 

MFJのレギュレーションに従ってゴシック体です..(^_^;

で、エンジンが黒くなったのでゼッケンも黒くしようとドライカーボン化の最中です。
ちなみにこの状態で車検を受けたら「こりゃダメでしょう...再車検ねー」と言われました..(^_^;
でも、「そこをなんとか・・」とお願いしたら、「じゃあ、明後日のスタート前チェックでチェックするから」ということになりました。(いや、もちろんオレもこのまま決勝を走るつもりはないんだけども)

といっても、実は違う部分で今日すでに再車検を受けていて...汗
この前セルがうんともすんとも言わなくなったのはバッテリーが死んでたということで(海外製の値段の安いシール型なら急に死んでしまうことがあるんだとか)とりあえず充電したやつを使っているんだけども、ちょっと不安なので小さめなバッテリーに新調したんです。

ちなみに、バイク屋が言うにはもしかするとレギュレーターが原因かもしれないということで、メインハーネスと電装品一式で3150円というお買い得品をtetsutaroさんにパーツオフで買ってきてもらってそこから付け替えました。

で、小さいバッテリーなので今まで留めてたゴムバンドがゆるゆるで3cmくらいガタガタ動く状態で....とりあえず大丈夫だろうと思ってたけどやっぱ指摘されました。

もう一つはアンダーカウルを外して持っていったんですけど、走行中に落とす人が多いので...ということで、急に付けた状態もチェックしますとか言われ...。
工具を持っていないオレは当然そこで付けられるはずもなく....再車検に。
やっぱ、クイックファスナーが必要だなー。
つか、「装着した状態もチェックします」って書いとけよ。

今回の車検はいつもの車検場じゃなくてサーキット事務局の辺りで、オレのピットが一番奥(最終コーナー側)で...泣

しかも、実は最初に車検を受ける順番待ちをしてる時にドレンボルトにワイヤリングしていないことに気付き...しかもドレンボルトは穴さえ空いてなくて....何度往復したことか..(^_^;

一応ワイヤリングの穴が空いたドレンボルトは買ってきたんだけども、エンジンオイルの予備が無いのでオイルは抜けないし..(^_^;
純正のドレンボルトに穴を空けようかと思ったけどもちょうどいいサイズの刃が無くて....結局、エストレヤを寝かしてオイルが抜けないようにドレンボルトだけ交換しました..(^_^;

まぁ、こんな感じで....車検とライダー受付は済んだので当日はちょっとゆっくりできそうです。

で、肝心の走行...1本目。
(ちなみに車検と受付は走行後の話です)

まずは様子見を兼ねてエースライダー(オレ)が走ります。
とりあえず、6〜7周して問題ないことを確認しウラちゃん(女の子)に交代。
ニューエンジンはどうかというと、劇的な違いは感じないけどやっぱ速い気がする....程度で。
いや、まぁ、とりあえず走っただけなので。

で、ウラちゃんがしばらくして最終コーナー内側のピットロードをエストレヤを押して走って帰ってきました..(^_^;
聞くとガス欠の症状で止まってしまったんだとか...。
ガソリンはもちろん入ってるんだけど、どうもキャブまでガソリンの流れが渋くて....キャップを開けても改善されないから負圧は問題じゃない。PRIにしてもガソリンが流れないからフィルターの付いていない新品のホースにしても変わらず。
こんな時にコックか?と焦ったけども、キャブに繋げなてない状態ならPRIで流れることを発見しコックも問題無し。
残るはキャブだ...。
どっかが詰まってんのか....あの鉛筆の先の尖ってるところのようなパーツ辺りが問題の可能性大。
でも、しばらく(といっても、10分くらい無駄にした)したら問題なく流れ始めたんで、とりあえずこのまま走ってもらって無事チェッカー。

2本目は12:15からなので時間はたっぷり。
まずはキャブ全バラにしてキャブクリーナーで2時間ほど漬け置き。

で、普段はモタード乗りの二人はセパハンが辛れーというので垂れ角を上げてみました。



かなりバーハンドルっぽくなってきました...。
スタンド大活躍です。

そういや、一番懸念しているチェンジは二人が走る時は正シフトでオレの時だけ逆シフトに戻すことにしました。
付け替えるだけなら1分くらいだし。
2本目の走行前に暖気場で正シフトで走ったけども....もう正シフトでは走れない体になってたので。

ちなみに走行順位は、1番オグラくん、2番ウラちゃん、3番オレ。
とりあえず、1番、2番は無事に走りきってオレに繋ぎ、最後にエースが追い上げる....という作戦です..(^_^;

で、2本目。
とりあえずキャブは問題ないと思うけど....ちなみに組み付ける時にメインジェットホルダの奥に入れる小さいパーツが無いことに気付き焦りまくり。
もう終わったと思ったけど、懸命の捜索で10分後にピット前の路上で発見。
あー良かった。
バッテリーとレギュレーターを交換してスタート。(今度はしっかり使用前に充電しときました)

キャブは問題無し。
シフトペダルが下過ぎてシフトダウンが辛い。
ギヤの入りがかなり渋い。
ギヤ抜けする。

5周してピットイン。
正シフトにしてウラちゃんに交代。
問題なく5周して、オグラくんに交代。
とりあえず問題なさそう....だったけど、正真正銘のガス欠でRESでピットイン。
結構入れたつもりだったんだけどなー。
給油してしばらくしてチェッカー。



無事(?)走行終了。

垂れ角を上げたセパハンで二人はかなりポジションが良くなったと好感触。
オレ的にはかなり微妙だけど、問題ないレベル。
ギヤはウラちゃんもオレと同じ症状があったと言っていたけど、オグラくんは「え、そう?スコンスコン入るよ♪」とかで...。
AMSとワコーズを混ぜたのがどうもオレの感性には合わないようです。

まあ、こんな感じで。
ライダー受付やって、車検受けて、8番ガレージを借りてエストレヤも全ての荷物を置いてきました。
当日はサイドゼッケンカウルをカーボン化してちゃんとしたゼッケンシール貼って、最終でフロントがチャタるんで(これはタイヤ交換してからなので、たぶんオレの組付けが悪かったんじゃないかと)組付け直す予定。

あとは何だろう...たこ焼き食ったりするくらいかな...。

Read More

2007/11/08

雨っぽいですよ。。

今んとこ日曜日は60%ですよ、降水確率。

もう勘弁して欲しいっす、マジで。
すげー萎える...。

今(だに)ゼッケンプレートを作ってんですけど、もうどうでも良くなってきたんで....途中で放り出してそろそろ筑波に向かおうと思います。

頼むよ....筑波の神様。
Read More

2007/11/06

2007 筑波ツーリスト・トロフィー 年間ポイントランキング@Frontier1

どうも。
2007 筑波TT FT1 年間ポイントランキング 堂々8位のsumiです。

つーことで、勝手にFT1クラスの年間ポイントランキングを作成しました..(^_^;

JSB1000のポイントシステムを採用しています。
トータルポイントが同じ場合は上位入賞が多いほうが順位が上になっています。

年3戦のポイントなど詳細はこちらで。


2007 筑波ツーリスト・トロフィー 年間ポイントランキング (Frontier1)
PositionRiderTeamPoints
1橋爪 竜太 63
2清水 保宏WABM & ハチとクマ53
3戸張 裕教WABM & ブッチャー53
4小池 修一AAA CLUB43
5小林 健司パインレーシング・ジャパン38
6木下 仁S&Sレーシングチーム32
7鈴木 康介チームFWS31
8住 真佐人エストレヤ レーシング31
9tetsutaroTAMA・SPEED&自業自得25
10前田 健太郎タマスピ&渡辺企画&自業自得22
11小林 貴TAMA SPEED&自業自得21
12増田 浩志RCエレファンツ&タマスピード20
13渋谷 英雄チームAAA18
14西尾 尚之AAA club17
15増田 充弘RCエレファンツ&タマスピード16
16高田 智由ライダースクラブRT15
17村岡 大輔SR FAMILIA14
18齊藤 友彦TICKLE RACECLUB13
19林 省平バードケージRT12
20藤田 勝行TICKLE RACECLUB11
21稲毛 輝政バードケージRT7


ハッシーさん、おめでとうございます。
2007 年間チャンピオンです☆

そして、コバケンさん5位ですよ。

で、オレは....フフフフッ♪
8位ですよっ。
MotoGP的に言うと、ニッキー・ヘイデンですよ。

これで12/22は胸を張って堂々2007年MFJランキング表彰式に参加したいと思います。

来シーズンはオレたちニュージェネレーションズがFT1をかき回すぜっ。
まずは来年3月のTTでオレが世代交代の狼煙を上げます!

あれ?
一つ下によく見る名前の人がいるけど..(^_^;

まぁ、オレから言えるアドバイスとしては、
「年3戦という短期決戦では一発の速さより、安定した速さ」
が必要...ということかな...フッ
Read More

2007/11/05

ニューエストレヤ試走@南千葉サーキット

土曜日に行ってきましたよ。

洗車場をぐるぐる数周回って問題ないことは確認済みだったけど、実はこの時にエンジンオイルがほとんど入ってなかった....ということに途中で気付き...汗

到着してエンジンマウントの増締めとか、シフトペダルの角度を平行四辺形にしたりとか、とりあえず繋げてあったハーネスを整理したり....実はエンジンかけるまでけっこう冷や汗もんで..(^_^;

で、エンジンかけて....問題ない(たぶん)ことを確認。
つか、明らかに以前より全然イイ感じ♪
メンテしてても早く自分で乗りたくてたまらない感じ。
つか、今までが酷かっただけで、これが普通なんだろうけど。

で、走行....といっても、オレじゃなくてNS2耐久で一緒のチームで走るオグラくん。
そうです、OGURA R&Dはこの名前からとったんです。
1本15分。
まず、走行前に逆シフトになっていることを知り....すげービビってました。
つか、テンション下がってました...。
もう一人のライダーの女の子も逆シフトは嫌がるだろうし....本番はどうするか考えものだなー。
オレ的にはレーサー=逆シフトだから当然なんだけど。
やっぱ、加速しいていく時にこうカチッっと踏み下げる感覚が気分を盛り上げてくれるんすよー。
ここはオレも譲れない部分だから(笑)ライダー交代するたびにチェンジを付け替えようかな....と思ってます。
時間はロスするけど、順位より三人が気持ち良く走れるほうが重要だと思うから。
表彰台を期待している皆さんすいません。

で、無事1本目終了。
機関的には全然問題なさそうとのことで一安心☆
マシン....というより、普段はDトラとかKTMのモタードに乗っているオグラくんはセパハンのポジションがキツイらしく....つか、首を上げてなきゃいけないのが辛いんだとか...。
という、ヒューマン的な問題が発覚..(^_^;

つーことで、トップブリッジいっぱいまで上げときました。
つっても、6mmくらいだけど。

2本目走行後に薄そう(プラグの中心電極が白くなってるんで)なんでメインジェットを145→150に変更。
エアスクリューを1 3/4に。
ホントはもうちょっと開けたほうが良さそうだけど、セッティングは濃いところから....という基本に忠実に。
つか、エアスクリューでちゃんと回転数が変化するってうれしいっすねー☆
今までは何の変化も感じられなかったもんなー。
これからはガンガン走っていろいろなセットを試す楽しみが出てきた☆
つか、間違い無くタイムアップの予感♪
(どうかいつもの予感だけで終わらないように・・)

で、3本無事終了。
どうやらスペシャルエンジンは問題ないようです。
あとは筑波サーキットとは比べられないくらい低速なミニサーキットなので、もっと回したときにどうか....ってな感じです。



とにかく、特スポが楽しみだなー。
雨さえ降らなければ...。
Read More

2007/11/02

速報!移植手術成功しました☆

結局、OHはとりあえず止めときました。

ちょうどKawasakiに発注していた08仕様のスペシャルエンジンが組み上がったつーので、早速送ってもらってエンジンを乗せ換えることにしました。

今度の耐久レースは来シーズンに向けたデータ取りという意味もあります。
そうです、すでに来シーズンは始まっているのです。

ちなみにこのスペシャルエンジンはMotoGPマシンZX-RRの技術を惜しみなく投入、現状では世界に1基しかない正真正銘のスペシャルです。
排気量は350ccにボアアップ。エンジン単体を交換するだけで43PSを叩きだすことができます。
決してヤフオクで購入して1年半の間、放置していたエンジンじゃありません。
今度のレースは「パワー&トップスピード」を武器に戦います。


で、会社から帰って飯食って22時ころ小雨がパラつく洗車場で作業開始。
一人じゃ到底できそうも無いのでtetsutaroさんに手伝っていただきました☆
といっても、tetsutaroさんがメインでオレが手伝い....みたいな感じでしたけど。

しかし、tetsutaroさんは最高ですね☆
人間としてもライダーとしても。
他人のためにこんな夜中に小雨が降る中エンジン乗せ換えたりするなんてなかなかできないことですよ。
それに新潟出張から帰ってきて翌日も仕事だというのに。
ほんとライダーとしてはもちろん人間としてもこの人のようになりたいと心底思いました。
マジでありがとうございます。
この恩は一生忘れません。



作業風景。

カッコいいなー、エストレヤのストリップ写真。
サイドゼッケンカウルがちょっとダサイけど....デカ過ぎるからもうちょっと小さくしよう。

で、3時間くらいで作業終了。

いやーしかし、エンジンをかける時はちょっと緊張しました。
最初はセルは回るけどなかなかかからなくてちょっと焦ったけども、キャブのホースが繋がってないことに気付き....繋げたらすぐ始動。
エンジンも静かで、アイドリングも全然安定してて、排気も今までより力強い感じがしてイイ感じです。やっぱキャブじゃなかったんだ☆

試走してとりあえず問題ないことを確認。
いけそうだよーこれなら♪
あとはキャブ調整をちょっとしてみよう。

ほんとありがとうございました。
Read More

2007/10/31

えー、ヤバいです....重傷です。

いや、オレじゃなくてエストレヤが。

な、なんと圧縮が7しかないそうです...。

原因は開けてみないと分からないけど。
ピストンリングとかバルブとか....ですよね。
もう、OHしかないってな感じです。

アイドリングが安定しないのもこれが原因だとかで。
この2ヶ月くらい(3ヶ月くらいかな)ずっとキャブだとばかり思っていたら....実はエンジンが不調だったということで。

いやー、でもオレも怪しいなーとは思ってたんですよ。
この前ちょっと古いモトメンテナンスのキャブ特集を読み返していて、何か原因がないか考えていたんだけども....モトメンテナンスにもキャブと思っていたら実はエンジンだったということは良くある話と記載されていて....オレの場合もぜってー怪しいと思ってたんです。

だってキャブ自体はもう何回もフルOHしているのに症状は変わらないし....そんでもうキャブじゃねーんじゃねーかと。
あるとすれば何度も開けたりOHしてダイヤフラムが劣化しちゃったかスライドバルブ自体がへたってクリアランスが大きくなっちゃったんじゃねーかと思ってて....まずはこれを新品に換えてみようと思ってたところだったんです。

エンジンも相当ヤレてきている感があったので(オイル消費量も激しいし)とりあえず圧縮を計ってみようと先週末に足立のアストロプロダクツでコンプレッションゲージを購入しようとしたんだけどもあいにく売り切れで。
キャンペーンで安くなってたワイヤーツイスターガソリン携行缶メカニックグローブ(青)を買ってきました。

消火器はtetsutaroさんに借りようかと...(^_^;
これでピット作業は完璧です。

いやもうそんなことは今となってはどうでもいいんだけど。
レースまで2週間弱。
すぐにOHを始めれば2週間はまずかからないんだとか....部品の入荷状態にもよるけど。
で、金額が15万〜20万くらい....開けてみなけりゃ分からないけど、通常OHしたらこんくらいはかかるんだとか。

んー、悩みどころです。

最終的にはSRを買ってFT1を制するのが目標だけども、まだまだエストレヤでも速くなる余地は十分あって....限界に挑戦してみたいんです。エストレヤで何秒まで行けるか。

エストレヤはもういいや....ということなら当然OHはしないでSRを買うんだけど....とてもそうは思えなくて。

で、オレは今後もエストレヤに乗るので、じゃOHすりゃいいじゃんって感じなんですが....ちょっと前(といっても夏ころ)にOHに出すならここしかねーと決めてるとこがあって....でも、そこに出したらぜってーレースまでには終わらないだろうなーという感じで。
そもそもエストレヤのエンジンOHを受けてくれるのかさえ分からないけど、OHするならそこでやってもらいたいんですよ。

ちなみに、セルでかからなかったのはバッテリーが原因だったった聞いてビックリ。
だってこの前のレースの予選と時までは全然問題なくて(弱まってる感じが全くなかった)決勝で急にですよ....キュルともいわないんですよ....バッテリーってこんな急にいかれることがあるとは思ってなかったので、どこかが雨でショートしたとばかり思い込んでた。

で、現状いま預けてるバイク屋には保留にしてもらってて(といっても明日には返事をしなきゃならないけれど)、状態としてはセルでエンジンはかかるけどアイドリングは安定せず吹かしていないと止まってしまう....という今まで通りの感じ。

選択肢はいくつかあって、

1.現状のまま出場する。
ちょっと(というか、かなり)不安。今までは知らずに2・3ヶ月走ってきたけども、状態を知っちゃうとやっぱ不安です。
それに2時間続けて走行するとなると負担も大きいだろうし、被害が更に大きくなる可能性あり。
出場したはいいけど完走できない可能性あり。

2.預けてるバイク屋でOHする
期間的な問題は大丈夫そうなので特スポまでに一般道でナラシを終えて....という感じで、次のレースには一番安心して出場できる。
けど長い目で見るとOHはやっぱ別のところに依頼したい。

3.とりあえず家に放置してある(といっても程度はいいはず)TRのエンジンに乗せ換えて出場する。
レギュレーション的にOKなのかは分からないけど。
そんでレースが終わったら出したいところにOHを依頼する。

4.同じチームのライダーがDトラに乗ってるので急遽マシン変更して出場する。
現状はフロントがへたっててタイヤが終わってる。
マシン変更で5000円が必要。

5.出場を断念する。
OHはもちろんしなきゃならないけれど。
エントリー費は戻ってこないけどオレの責任なので、二人に16000円づつ返さなきゃいけない。
FT1の新人王が絶望的。

6.このまますべてを放り出して海外に逃亡する。

こんな感じです。
.....どうするか...。
Read More

2007/10/30

エストレヤでNS2耐久@エントリーリスト

エントリーリストが出ました。

ゼッケンNo23....マイケル・ジョーダンです☆
(つか、ゼッケン買わないとなー)

ちなみに今回のチーム名は一緒に走るチーム員の名前をとって
「OGURA R&D」にしました☆
勝手に決めたんだけども、本人は「なんだかオレが目立ちたがりやみたいじゃんかよー」とか言いながらまんざら嫌そうでもありません...たぶん...。
決してOZAWA R&Dのパクリじゃありません...。

それにしてもなんだかみんな速そうだなー。
まぁでも、速い奴らの走りを間近で見られるチャンス☆
何かを得て来シーズンに繋げたいと思います。

つか、早く練習してーなー。




エントラントじゃない人のためにピット割りをアップします。
大した意味は無いけど...。

当日はパインレーシング・ジャパンと一緒にたこ焼きとか、ホットプレートを持ち込んでお好み焼きとか豚汁とかチーズフォンデュとかチョコレートケーキとかで「sumi選手 2007 FT1 新人王獲得おめでとう祝勝会(仮)」を催す予定です。

※レース結果によって「sumi選手」が「コバケン選手」に変わる場合があります。あらかじめご了承ください。
Read More

2007/10/28

えー、本日緊急入院しました。

いや、オレじゃなくて....エストレヤが。

11/11のNS2耐久に向け、ついに整備を開始しました....前回のレースが終わってからカバーをかけて放置してました。
雨のレースだったのに心配していたサビはあんまりなくて一安心。

まずは前回のレースでかからなくなってしまったセルを試してみるけど、やっぱうんともすんとも言わず...。
(予選の時まではちゃんとかかってたんですけど、決勝グリッド上で急にかからなくなっちゃって。。汗)
(ちなみに、レースレポートはこれからちゃんとアップします....誰かさんの走りを見て、とりあえず完走しました....的な情けない内容で)

「どっかショートしてんだろー」
「まあ、とりあえず押しがけでかかりゃいいや」

.....的に思ってたので、とりあえず放置。
他のちょこまかとした整備を始めます。

で、途中で昼飯食って...昼寝して...起きたら日が暮れ始めていて。

「あ、やべー」
「エストレヤの整備以外にもステップワッゴンをトランポ仕様にしたり....いろいろしたかったのに」

もう整備はできねーんで、とりあえずキャブの中のガソリンをこれ以上放置するのが嫌だったんでエンジンかけるか....と、押しがけを開始したんです。

いつもなら3〜4回くらいですぐかかるのに....なかなか、かからなくて。
息切らせて汗だくになるまでやってもかからず...。
とりあえず、プラグ見てみっか....と、見てみたらちょっと湿ってて....なんじゃこりゃ的な感じでコンロであぶって再チャレンジ。
(やっぱ、前回のアクセル開けなさ過ぎの情けない走りのせいか)

で、とりあえず、数十回やりましたよ....押しがけを。
きんたま打ったり、膝ぶつけたりしながら...。
しかも最近....といっても、前回のレースの1週間前からだからほぼ1ヶ月ジョギングどころか何もしてなかったので、体力が無さ過ぎて。
急に動いたら気持ち悪くなっちゃって。

.....でも、かからねーんですよ。

NS2耐久まであと2週間。
最悪押しがけで参加すりゃいいやくらいに思ってたんですけど....そうもいかないみたいで。

押しがけでかからないのは気になるけれど、どこかしらショートしてるのは間違い無い(たぶん)と思ってるので、予備のメインハーネスに取っ替えてみっか....とか、他にも怪しいところがいくつかあるなーと、いろいろ考えたけども。

今日はもうメンテできないんで次は来週だろ....とりあえず来週は一緒に走るやつらと南千葉サーキットに走りにいく予定だしなー(オレは走らないけども、他の二人が事前にエストレヤのポジションとかをチェックしたいつーんで....オレと同じで言うことだけはいっちょまえです)

で、そこでメンテしたとしても直らなかったら翌週はレースだし...。
こんなことで走れなかったら最悪だし、スタートできたとしてもライダー交代でピットインした時にまたかからなかったら嫌だしなー。
それにこんなことでフロンティアクラスの新人王の座を逃すのだけは避けたいし...(^_^;

つーことで、バイク屋に預けてきました。

しかし、オレのメンテはトラブル多いな....悲しくなるくらい。
どうか、軽症ですぐ直りますように。
Read More

2007/10/24

レンタルサーバーの契約が切れました。

このブログはロリポップ!というナウでヤングなレンタルサーバーを使ってるんですが、10/22で契約が切れていることが今分かりました...。
(そういや2週間くらい前に更新のお知らせが来てたっけ...)

とりあえず、急ぎ更新しようと思いますが、もしかしたら消去されるかも....ってな状況です。
つか、今表示されてるだけでもありがたいけど。


(10/25追加)
ちょっと心配だったので、Bloggerにホストしました。
Read More

2007/10/19

明日の予定

筑波選手権に行こう....雨じゃなければ。
晴れて欲しいなー。つか、参加する人のためにも。
雨でレースは最悪ですからね...。

雨だったら....マイトランポのステップワゴンにETCを取付けよう。
そんでスーパーオートバックスをうろつく予定。
Read More

2007/10/05

2007 筑波ツーリストトロフィー@特スポ..1

9/28(金)の特別スポーツ走行です。

そうです。
レースにエントリーした者だけが走ることを許される特別な日です。

そして平凡なサラリーマンなオレにとって、月に3度目の有給を取得した日です。
全部で13人しかいない小さな部署で、一人は夏休み中、もう一人が既に有給取得済み(冠婚葬祭)....という、もう、一人も休むことは許されない状況の中、意を決して有給を申請しました..(^_^;

理由を「遊び」で申請したところ....案の定、即却下され...。

しかし、こんなことで引き下がるオレじゃありません。

・「遊び」だけど、真剣にやってるんです
・普段できないスタート練習ができるんです
・人生で男を見せなきゃならない時がありますよね....それが今なんです

.....と、上司に訴えかけたところ、

「夢を追いかける気持ちは分かるよ・・」と見事OKをもらいました。
(いやっ、べつに夢ってほどでもないんだけど...汗)

仕事はできないけど、自己主張だけは一人前です。

で、そんな感じで前日の夜からレンタカーを借りて、まだ仕上がっていないエストレヤを乗せてAM3:30に筑波着。
こんな時間だけど、既に10台くらいトランポがいたんじゃないでしょうか。

で、たぶん4:00くらいに寝て、5:00に起きて....たぶん6:00ころゲートオープン。
一番手前のピットをゲット。
マフラー付けたり、リヤスプロケガード付けたり、アンダーカウルのフィッティング(今更)をしたり....1本目(8:00)の走行までにやること山積みだけど、tetsutaroさんがコースチェックに行くつーんで付いていきました。
時間が惜しかったけども、身近なチャンピオンとコースを回れるなんてこんなチャンスはなかなかないっすからね。



まず、オレには想像もつかないほど目線が遠かった...。
よっぽどスピードが違うというか....よっぽど自分の走りが分かってねーと、あそこまで遠くは見れねーなーってな感じで。
これはちょっと次元が違うというか、今のオレの走りで同じところを見てもしょーがねーだろーってな感じです。
まあ、でもイメージ的なもんはなんとなく分かりましたよ....かなり、なんとなく。

それとクリッピングがすげー奥で。
いままでクリッピングなんてみんなそんなに変わらねーだろうと思ってたけども、けっこう違うもんすねー。
特に1コーナーと2ヘア。
オレが今まで理想と思っていたラインと比べると、立上がり重視で確かにこっちのほうが最速ラインだなーと納得。
今まではインに付くのが早過ぎた....ってことが分かりました。

そんでCXでシークレットラインをチェックしたら、縁せきは低くなってなくて路面とほぼ一緒でした。
たぶん路面と縁せきの切れ目が少し開いてるのでそこをタイヤが通った時に沈んだ感じがするんだと思います。

そんな感じで1周まるまるラインを教えてもらって、自分の理想と一致しているところとどこががどう違うのかってことがよく分かりました。
これからの練習で意識していきたいと思います。
そんでいつかレースで先にフィニッシュして、オレにラインを教えたことを後悔させてやりたいと思います..(^_^;

このあふれる才能を生かすため、あとは練習あるのみです。


.....予想外に長くなってきたので、とりあえずこの辺で。
Read More

2007/09/21

オフシャル@MotoGP

えー、2006年ですけど。。汗

いつかアップしようと思ってたら....1年も経ってしまった...。

http://sumimac.net/official/motegi/motogp_2006/index.html

普段なかなか見ることができない何気ないパドック風景とか、撤収風景をおもにアップしました。

ちなみにカウルを外してある状態のマシンを撮っていると、メカニックに「写真はだめだっ!」的なジェスチャーを何度もされました....ある意味命がけです...。
チームKRだけはノンカウル状態でドアップで撮っても何も言われませんでしたよ....さすが、アメリカン。

今年はもっといろいろな写真を撮ってこようと思います。
といっても、レースが終わった後しかパドックには行けないので、必然的に撤収風景になってしまうんだけども。

でも、ライダーもまだまだ多く残っていて普通にサインとかもらえます....ロッシ以外は。
トイレに行く時も取り巻きはいるし、常にファンに囲まれてサイン求められて....「もう、めんどくせーなー」的な感じで無表情のままロボットのようにひたすらサインしている姿を見て、サインをもらうのはやめました。

今年はこれからモテギに向かいます。
そんで、ノリノリ気分♪のまま翌週のレースに望みたいと思います。
Read More

2007/09/20

オレと秋吉にしか分からないシークレットライン公開

えー、かなりシークレットです...。

DUNLOPを超えてCXの一つ目(右コーナー)なんですけど。

コース幅も狭くなって、次が切り返しなのでラインも限られてくると思うんですけど、かつ人によって多少の誤差はあるだろうけど、通常一つ目のクリッピングでコースと縁せきギリギリのラインを通りますよね。

でも、秋吉だけ違ったんです。
完全に縁せきに乗り上げてたんです。
1周だけではなく、カメラがそのアングルで撮っている時はほぼ毎周そのラインを通っていたので、失敗ラインなんかじゃなく間違い無く勝負ラインだと思います。



なんか言葉だと分かり難いかもしれないので。

このラインを通るメリットは、もちろん縁せきギリギリを通るよりも最短ラインになるということと、次の切り返しての左コーナーに向けて普通のラインよりも奥から、そして早くスロットルを開けられることです。

通常ラインより30cmくらい内側を走ってるだけだけど、2ヘアまでの全開区間に向けての部分なのでタイムを縮める上でも、接戦の際に2ヘアのつっ込みでインをとるためにもけっこう重要だと思います....たぶん。

.....と、まあ、ここまでは理論上のことなんだけども。

実際に走ると更にメリットがあって....縁せきに乗り上げると書いたけども、筑波には珍しくこの部分の縁せきはコースよりも1cmくらい(たぶん...走った感覚で)低くなっているんです。
なので、DUNLOPから一定のRを描いてCX一つ目に来て、縁せきに乗るとフロントがまずちょっと沈んで(けっこうなバンク中なのでヒヤッとするかもしれないけれどグリップは全然問題ないと思います....今んところ、オレ、レベルでは)またコースに復帰する時にポンッとフロントが上がるんです。

で、このフロントが上がるのがちょうど左に切り返すきっかけにタイミングがドンピシャなんです。
また言葉では分かり難いかもしれないけれど....ポンッと上がった反動を利用して切り返しながらスロットルオン....ってな感じで。
きっと、コース上を走っていて何の反動も無いまま切り返すよりも、切り返すスピードが上がってる感が凄いします♪

まあ、あくまで感じであり....あくまでオレレベルの速度の話なので、速い人はまた違うかもしれないけれど。
でも、このラインを通るだけで、気分は8耐優勝ライダーになれることは間違い無しです。
Read More

2007/09/19

2007 筑波ツーリスト・トロフィー in SEPTEMBER エントリーリスト

エントリーリスト

今回のチーム名は「マエダレーシング&エストレヤ」にしました☆

このマエダレーシングというのは、以前一度だけ登場したことがある変態マエダさんのチーム名で....残念ながら今回は家庭の事情?で参加出来ないつーんで、チーム名だけでも参加気分を味わってもらおうと思い勝手に使用しました...。
きっと、著作権には触れていないと思います。

この変態マエダさんは確かタイムが14秒台(もしかすると、今はもっと速いかもしれないけれど)で、きっとオレがSRに乗り換えたらいいライバルになるんじゃなかと勝手に思っていて....もちろん、すぐ抜き去る予定ですけど..(^_^;

何年前か知らないけれど、まだレースを始めていない時に筑波TTのフロンティアのレースを見て、参加を決意したその帰り道にトランポ(ハイエース)を購入したという逸話を聞いてその変態ぶり気合いにリスペクトしています。
オレなんかレース始めてから半年もかかったのに。

それにマシンの作りも美しくて....お気に入りの1台です。

そういや「Maeda Racing」ステッカーは一番目立つフロントゼッケンカウルに貼ろうと思います。
大した結果は残せないけども....せめてこのチーム名に恥じない走りを....できないかもしれないけれど。

モデル名は「Estrella-R」で申込みしたんだけども....どうやら却下されたようです...。
次回NS2耐久ではめげずに「Estrella-RR」で申込みしてみようと思います。
Read More

筑波ファミリー走行@9/16(メンテナンス編)

とりあえず、ボォーッとしててもしょうがねーんで、フロントタイヤ交換をしようかと。
といっても、ホイールごと外してDUNLOPのタイヤサービスに持って行くだけだけども....でも、いまだかつてホイールを自分で外したことは無いので心配で。

フロントスタンドが無いので代わりにサニーのジャッキとフレームにかませる板を持ってきましたよ。
そんで前日に購入した六角レンチで、いざっ....と挑んだところ、サイズが違ってて....。



てっきり、14mmだと思ってたけど12mmでした...。
いやー、恐ろしいですね....思い込みって..(^_^;

ほんとは特スポを走り終えてから新品にしようと思っていたんだけども、予選でいきなりだと....ちょっと怖いなーと思って。
とりあえず、余裕を持って特スポ2本走ってならしを終わらせとくか....と、1時間もあるけれど。
しかし、今回の特スポはNS1とターミネーターと一緒なんですよねー、やだなー速くて....グラトラと一緒に走りたかったのに。

リヤタイヤはすげーでかいナット(27mm)を外さなければいけないけれど、そんなでかい工具は持っていないので、帰りに柏のファクトリーギヤによって購入して、交換は特スポ当日って予定だったけども、これで前後とも当日になってしまいました。

前後とも当日でいいじゃん....と思うでしょうが、初めてのことなのできっと手間取ると思うので、できればフロントだけは先にやっておきたかったんです。
しかも、特スポの時間を見ると1本目が8:00、2本目が11:30ですよ。
気合いを入れて朝早く行ったとしても、ぜってータイヤサービス自体が開いてなさそうな予感。
こうなったら1本目の走行後にやるしかないって感じです。
3時間か....大丈夫だろうか...。
まあ、最悪はきっと誰かが助けてくれるはず。

そんで、しょーがねーんで、チェーン掃除でもやるかと。
今まではホワイトチェーンルブを使っていたけれど、白くなるのが嫌で普通にオイルっぽいやつを使ってみたかったんでワコーズのチェーンガードを買ってみました....どこかのサイトに飛び散りにくいと書いてあったので。

で、チェーンに吹きかけてビックリ。
普通にホワイトチェーンルブで...。



こんなに白くなっちゃって....またしばらくはこれが無くなるまで付き合わなきゃいけないのか...。



前回の雨天走行後ってこともあり、徹底的に仕上げときました。
どのくらいかっつーと、スプロケの歯を一つ一つ拭きあげるくらい。
美しいっー。
でも、チェーン交換した初期に比べると、だいぶチェーン伸びたなー。

次はマフラーの焼けとり。
今回はナサート専用のガスケットを用意しているので安心してバラしました....排気漏れは無いけども、どうも液体ガスケッドだけでは精神衛生上良くないので....それにスポスポ動いちゃってるし。

そしてついにやってきました☆
米国で20年以上の大ヒット商品フリッツ メタルポリッシュ」を使う時がっ。

で、使ってみたところ、

えー、全く落ちません...。

つか、正確にいうと「ふざけんなコノヤロー、金返せっ」です。



まあ、ちょっと焼けの度合いが酷すぎるのかもしれないけれど....少なくとも焼けをとるということに関しては全く使いもんになりません。
やっぱ、ステンマジックが一番だなー。

とりあえず、10分くらい磨いてみたけども、全く役に立たないんで、ピカールと556を混ぜて磨いときました...こっちのほうがまだマシです。
そうはいってもなかなか落ちず、効率が悪いのでこのままお持ち帰りです....家に帰れば水研ぎサンドペーパーがあるので、これでガシガシ磨こうと思います。

で、帰りがけにファクトリーギヤで、でっけーメガネレンチ買って、ライコランドで廃油ポイとドレンボルトのえーと、なんだっけ...ワッシャみたいなやつ?買って、ディアブロでオイル買って....翌日のメンテナンスに備えるオレです。

それにしても工具屋さんにあんなにお客さんがいるなんて....次は足立にあるアストロプロダクツに行ってみたい。
Read More

2007/09/18

筑波ファミリー走行@9/16(走行編)

ヤバいです...。
全然乗れてません...。

まず、フォームが全然なってません。
なぜか体重移動ができなくて....意識しているのに。
バンクしようと思えばできるんだけど、バンク角が深くなるだけで理想とはほど遠く。

ツッコミも最大スピードどころか、なぜかいつもより減速し過ぎちゃって....なんでだろう、ブレーキングポイントはたぶんいつもと一緒だと思うんだけど。
この前交換したブレーキパッドとローターがやっとガッチリ合ってきた....ということだろうか。
それともブレーキパッドを交換したことによって無意識にポイントが前になっていて、それが普通になってしまっていたとか。
減速し過ぎた分クリッピング前にちょっとスロットルを開けたり....ともうメチャクチャで。

で、無理に突っ込んで行ってもうまく倒し込みができず、インに付けなかったり....と。
タイヤがちょっと不安で自信を持って行けませんでした。

最終コーナーも全開どころか、まともなラインで一度も走れず。

赤旗が1回出て、再開のあと数周して2ヘアを立ち上がろうとしたところで急にエンジンストップ。
そのまま右のグラベルに退避。
見たらまたキャブにガソリンが流れてなくて...。
PRIにしたら流れたんでコースインしたら....タイムアップ。

走行後はショックというか....なんというか、1時間近くボォーっとしてました。
こんな時こそもう1本走りたかった。

カピロッシ的にいうと「まるで悪夢のようなファミリー走行。全く異なる結果を期待していた。今日は思うようにバイクに乗れていない。セッティングに問題を抱えており、特にキャブセッティングが課題」
Read More

2007/09/16

筑波ファミリー走行@9/16(準備編)

定番の1ヘア土手後方(笑)に停車。
走行まで2時間以上。

まずはパイロットジェットを35→40に。
しばらく吹かしたところ....濃過ぎです。
ボコ付いたり、プラグは真っ黒でちょっと湿ってる感じ。
エアスクリューで調整してみたけど、ほとんど変わらない感じ。

で、35に戻しました...。

しかし、キャブはファンネルでマフラーはナサートでノーマルより抜けは良くなってるはずなのに....たかが5上げただけでこんなに濃いなんて。
一体どんな時にパイロットジェットは上げるのだろうか。

つか、このグラフを見ると80km/h以上じゃないとノーマルとは変わらないから、高回転(メインジェット)にしか影響は無いのだろうか。
そうはいっても、速度が遅い時も低いギアで高回転は使ってるので、そういう訳ではないだろうけども。

で、35に戻した後もなんか調子が悪くなっちゃって...。

エアスクリューは確か1回転半戻しだったはず...だけど、同じにしてもなんかイマイチで。プラグが真っ黒にかぶってしまったからだろうか。しょうがねーんで、以前使ってた焼け焼けのプラグがあったんでそれに変更しました。

で、レギュラー3リットル入れて走行開始。

そういえば、L3かL4くらいでチームFWSが走っていましたよ。
話してはいないけど、ゼッケン20を付けていて今回もエントリーは間違い無いと思います。
この人とはバトルをすること必至なので....つか、できれば(たぶんタイムはオレのほうが速いので)スタートから前に出ておきたいけども。

今回はスタートだけはロン・ハスラムで、その後はトニ・エリアスになって走ろうと思います☆
つか、ロン・ハスラムの時代って押しがけスタートじゃねーのか...。
まあ、とにかく、ロケットスタートですよ。
リスクを軽減するためにタイヤウォーマーが欲しい....いつかは。


予想外に長くなったので....このへんで...。
Read More

2007/09/15

エストレヤの整備日誌@負圧穴拡大



キャブレターの負圧穴を拡大しました。
(左下のちっこいほうです)
ノーマル2.5mm→2.6mmです。

いつもの試乗コース(ライコランド往復)とこの前の雨の日の筑波を2本走りましたけど、違いはイマイチよく分かりませんが、なんとなく良さそうな感じです。
といっても、同時にファンネルも換えてしまったので、一概に負圧穴拡大の効果とは言えないけど...。

今度2.7mmにしてみようかな...調子に乗って。
きっと、+0.2mmくらいなら許容範囲だろー。
Read More

2007/09/14

筑波ファミリー走行@9/16(当月予約失敗)

えー、本日9/16の当月予約ですが。

あろうことか、仕事に熱中してしまい....
気付いたら18:16でした...。

速攻チェックするも空きがあるはずも無く....。

しょうがない、1本(L6)だけに賭けよう。

やることいっぱいあんですよ。

・走行前にパイロットジェットを35→40にして、様子を見る
・1ヘアのツッコミをうまくカントを使って進入する
・秋吉とオレにしか分からないシークレットラインを自分のものにする
・最終コーナーをラインに気を付け、全開で駆け抜ける
・あまりバンクさせないライディングフォームで走行する

....こんな感じで。

それとですね....これは全てのコーナーで言えることなんだけども。

ツッコミから立ち上がりまで荷重をかけてまわる....というコーナーリングの大原則を発見しました。
といっても、tetsutaroさんから聞いただけだけども。

そんで、YRAのサーキットライディングガイドにも気になることが記載されていて、
コーナーリングで最も大切なのは、いわゆる”つっ込み”でも”フルバンク”でもありません。いかにスピードに乗ってコーナーを立ち上がれるかが重要なのです。
(略)
一般にコーナーリングの基本はスローイン・ファーストアウトと言われていますが、ここで言うスローインとは、ゆっくり進入するのではなく、そのコーナーを曲がれる最大スピードまでなるべく短い時間でブレーキングを実行することを指しています。
(略)
ブレーキングからコーナー進入時、仮にクリッピング・ポイントの手前からスロットルを開けると、開け始めの時点でマシンの旋回力が弱まるのです。遠心力、つまりコーナーリングで発生するエネルギーは速度に比例し高く、”スロットルを開ける→スピードが高まる→曲がりにくくなる”という状況となるわけです。
マシンの持つ旋回性を最大限に引き出すタイミングは”スロットルを開ける前の最大バンク角付近”なのです。

目指すのは、ブレーキングを限界まで遅らせて、そのコーナーを曲がれる最大スピードでつっ込み、そのスピードとブレーキングでタイヤに荷重をかける。
ブレーキングは奥まで引きずって、向きを変え、ブレーキをリリースしスロットル全開で荷重をかける。

進入から立上がりまで(といっても、直線ももちろんなのでサーキットでは)パーシャルは不要。
ビックバイクでは違うのかもしれないけれど。
きっと、この「コーナーを曲がれる最大スピード」でつっ込みができるかできないかで、速く走れるか走れないかの差が付くんだと思います....たぶん。

ということで、これからはこのコーナーリングを意識して走りたいと思います。
これができれば絶対16秒台は行けるはずだ...。
Read More

2007/09/13

筑波ファミリー走行@9/16(予定)

えー、先日(9/11)ついに筑波サーキットの予約金不足を解消するべく重い腰をあげました。

コンビニで支払おうと思ったのですが、よくよくスケジュールを確認したところ、現在1本しか予約が取れていない9/16(日)をどうしてもあと1本は予約をしたい...といった状況です。

ですが、コンビニ支払では当月予約ができる9/14に間に合わない可能性があるってんで、JASCに電話をしたところ、

指定の口座に振込み後に明細をFAXすれば、当月予約に間に合うように処理してくれる。

.....ということになり。

ATMで振込みしてコンビニ行ってFAXして....3分後くらいに会社に戻って、「まさか」と思いながらもチェックしてみたら、もう空き状況の確認ができるようになってました。

仕事速えーJASC。


ちなみに9/16(日)は、9/13現在L1〜L6まで全て空きありになっているので、なんとか予約できそうな予感♪
(ちなみに、9/11に確認した時は全て△になってましたよ)

休日なのにこんなに空いているなんて....何かあるのだろうか。
やっぱ、みんな雨っぽいからキャンセルしたんだろうか。

でも、今日改めて予報を見ると、曇りで降水確率は40%に落ちていたので大丈夫そうな感じ。

オレはレンタカーを再度予約しました。
きっと、これが最後になるはずです。

ちなみにマイトランポのステップワゴンの納車状況は、昨日筑波から帰ってきてから車庫証明を警察に取りに行ってきて、今朝車屋に郵送したとこです。

これから車検とって....ってことで1週間から10日ほどかかる予定。

なので、来週の土日はmotoGPなので、振替休日の9/24が納車になるんじゃないかと思ってます。

つか、それ以上延びたらレースに間に合わないよー。
まあ、最悪は特スポ終わったら早めに上がって、それから....ってのもありだけど。
でも、スタート練習はしたいなー。
Read More

2007/09/12

筑波ファミリー走行@9/12(L3編)

次のL3までは2時間あるので何をしようか考えながら(でも考えがまとまらない)とりあえず、濡れたエストレヤをキレイに。

木下さんに眼鏡渡さなきゃ....もうちょっと雨脚が弱まったら探してみよう....と思ってたら木下さんから来てくれて。
なんでも前回のレースで転倒した被害が結構大きかったらしく、今日がシェイクダウンなんだとか。
S&Sといえども、このへんは他のフロンティアライダーと変わらないんですね....マシンの出来は格段に違うけど。
それにしても美しい....やっぱり、速いマシンは美しい。
同じピットに佐野さんのマシンもあって、もうこの2台は完全に飛び抜けてるなって感じで....デジカメを忘れたことを相当後悔しました。

「ブログ見てますよ」とNZ250に乗ってる人(名前を伺うのを忘れました)も来てくれて♪
NZ250ってどんなバイクか知らなかったので見せてもらったら....ホントに見たことも無いマシンで...。
フロントフォークがスゲー細くてブレーキも貧弱そうで、いかにも昔のバイク(86年)といった感じでしたが、いろいろなところに自分で手を入れてレーサーに仕上げた感があって好感が持てるマシンでした。
NS2頑張って下さい。

そんなこんなで、何もしないまま走行15分前になっちゃって。
着替えながら、暖気しとこう....としたけど、エンジンがかからなくて...。
セルは回るけどエンジンがうんともすんともいわず、キャブかどっかに水が入っちゃったのかなーとか思いながらいろいろチェックするけど問題無し。
落ち着け、落ち着け....と思ったら、タイヤの空気圧を計っていないことに気付き...(^_^;
前後とも1.3くらいになってたんで、雨だから柔らかいほうが良いだろうという判断で前後とも1.5にしました。

で、再トライしてもセルが回るだけで....純正サイズのバッテリーってこんなにセル回せるんだ....と関心するくらい回しましたが変わらず。
押しがけしてみっかっ....と思ったところにちょうどNZ250の人が来てくれて....後ろから押していただきありがとうございました。

で、押しがけしたらすんなりエンジンかかって、コースインゲートでグローブのマジックテープを留め忘れていることに気付き、手を離したらエンストしちゃって...。
またまた押していただきありがとうございます。

雨脚は1本目と変わらず。
2本目はそれなりに走らなきゃダメでしょ....と思ったけども、状況(オレの気持ち)も1本目と変わらずビビりまくり。
ちょっとはマシになったかもしれないけれど、転倒しないないように....っていう一心で、もうライディングがどうのこうのってことは全くなく、これじゃ何の練習にもならねーなーとか思えて来て....こんなんで走ってもしょうがないんで早々に切り上げました。

雨の日に走ることについて、佐野さんに聞いてみたら「コースを憶える...という点では走る意味があるかもしれないけれど、それ以外は意味が無い」と言っていたし、ちょうどピット前を通りかかった柳沢選手にも聞いてみたら「練習にはならない」「次にドライで走った時にこのウェットで走った時の感覚が出てしまい良くない(体が硬くなってしまうのがどうしても出てしまうんだとか)」と言っていました。

「レース頑張って下さい」と言って別れた後にしばらくしてからまた戻って来てくれて、「雨の日のレースもあるけどね♪」と、その時はそのときってな感じでした。

しかし、柳沢選手は最高ですね☆
全日本ライダーなのに、エストレヤなんていうへんてこなマシンに乗っているオレにも真摯に応えてくれて。
みんなも応援しよう。

今日までは、雨でも走れば何かしら得るものがあるはず....と思っていたけども、今のオレでは得るものは限りなく少ない....ということが分かりました。
実際に走ってみて。
二人の言葉も大きいけど。
もちろん二人とは想像もつかないほどの差があるけども。
いつかもっと上のレベルになった時に何か目的を持って走ればまた違うのかもしれないけれど。

まあ、そういうことで、今後は雨の日は走らないようにしようと思います。
ちょっとウェットくらいならいいかもしれないけど、今日のように完全にウェットはやめときます。
結局、人間は大自然には勝てない....ということで。

でも、今日は実はちゃんと目的があって....といっても、マシンの調子を見るだけなんだけども。
新しくしたファンネルとキャブの負圧穴(サクションホール)を拡大したので、どう変化があるかチェックしたかったのと、この前壊れてしまったオイルキャッチタンクが問題ないかチェックするというくらいだけど。

立上がりでの加速はビビり過ぎで確認出来なかったけども、直線での加速はレスポンスが良くなってる感じ(気持ちの問題かもしれないけれど)ただ、ファンネルの効果か負圧穴拡大の効果かは分からないけれど...(^_^;

まあ、これが分かっただけでも良しとしよう。
2本目にパイロットジェットを変更出来なかったけど、次回(9/16)に持ち越しということで。
週間天気予報では降水確率70%だけど。
無料キャンセルは明日までか....うーむ、悩みどころだ...。

そういや、走行後にピットで吹かしてたらスゲー白煙を吐いていることに気付きました。
もうそろそろ限界なのかも。
せめてピストンリングだけでも換えたい。
Read More

筑波ファミリー走行@9/12(L1編)

5時ころに起きたら、土砂降り....ではないけども、ザァーザァー降っていて。

「えっ、オレ、この中で走んの・・・」
「もっと小雨を想像してたのに・・・」
「やっぱ、やめとこう....かな・・・」

.....と、一瞬ひるんだけども...。

筑波選手権を見てからは、すっかり気持ちがレースモードに入っていて、雨でも槍でもかかってこいや....的になっていて、「例え大自然でもオレの走りは止められねーぜっ」....と、ノリノリになっていたのを思い出し、覚悟を決めました。

レンタカーを借りに行ったら予約していたサンバーバンが事故って貸し出しできないってんで、急遽ボンゴバンになっていて....エストレヤ1台にはデカ過ぎだろ....とか思いながら帰宅途中に家の近くで、こんな朝早くなのに、こんなにザァーザァー降りなのに犬の散歩をしている人がいて...。

大変だなあ....とか思ってたら、その犬(たぶん柴犬)がすごいうれしそうにはしゃいでて...犬はこんな雨でも走り回るのが好きなんだなーと思ったところで、ふと「そうか、オレもあの犬のように走れば良いんだよ」「アニマルになれば良いんだよ」「そしたら雨なんて関係ねーよ」と閃きました☆

.....で、更にノリノリ...。

で、筑波に着いたのが8:10....8:30から1本目が始まるのに...。
エストレヤは全ての保安部品が付いたままなのに...。
ノリノリなのに焦りまくり...。
でも、とりあえず、ピット空いてて良かった...と一安心。
(雨でピットなしだったら最悪ですよね)

で、約10分遅れでコースイン。
雨脚はちょっと止んだり、降ったり、激しくなったり。
たぶんオレの他にアニマル気分なのは2台だけだったんじゃないかと....ほぼ貸し切り。
使いホーだいじゃんっと思ったけども、「最初の数周は慎重に行け」を座右の銘にしているオレは、とりあえずナラシラインを走っときました....様子見も兼ねて。

数周してそろそろ行くかって感じになったけども....ビビって全く攻められません。
いやだって、CXのところがすごい水が流れてて、フロントがちょっとススッーと滑った感じがしたんです....そしたらもうビビっちゃってビビっちゃって....。

全てのコーナーでほとんどバンクできず....街乗りで交差点を左折する時のほうがよっぽどバンクしてるよ...ってな感じで。
ツッコミも怖くて全くできないし、コーナーを完全に回りきってからアクセル全開ってな感じで。
しょうがねーからライン重視で走るか...と思ったけども、ツッコミも立上がりもまともにできないのにラインもクソもねーだろ...ってことに気付き。
秋吉とオレにしか分からないシークレットラインも怖くて一度も通れませんでした...。

そんで気持ちは柴犬どころか、台風に怯えるダックスフンドとかポメラニアンかっ....的になっていて、「何がアニマルだよっ」と自分にツッコミをいれながらチェッカー...。
とりあえず、1本目はいいんだよっ.... と、自分に言い聞かせながらピットに...。
Read More

2007/09/09

エストレヤの整備日誌@キャブレター

この前バラした時に無くしてしまったOリングとワッシャを付けようと思ったんですが、よくよく穴の中を見たら古いのがへばりついてました。



ワッシャが錆びてOリングと一体化してましたけど。



ちなみに、新品はこちら。
しかし、なんでこんなのが一つ150円もするんだろうか。
コーナンならきっと2円くらいなのに。

まあ、とにかく。
錆びて劣化してたとはいえ、そんなに悪影響は与えていないと思うので、これがまともにアイドリングしない原因ではなさそう...。
まさか、メインジェットが大き過ぎるとか....そんなんじゃないっすよねー。
中〜高回転域がメインジェットの範囲だからアイドリングには影響は無いと思うんだけどなー。
今度はパイロットジェットがノーマルなので、一つ(35→40)に上げてみよう。

それとは別に、開けた時のダルさがどうも気になってて....これを改善すべくファンネルを変更しました。
今まではRCエンジニアリングの(確か)57Φをエストレヤのキャブは55Φなのでシーリングテープを巻いて無理に付けていたんだけども....やっぱテープを巻いたところが5mmくらい段差ができてしまっていて...。

こりゃ、流れは乱れるし、流速は落ちるし....で、ぜってー良いこと無し。
ってことで、純正のエアクリーナーボックスとキャブを繋いでるやつに変更しました。



ちょっと見た目はへんてこですが。
比べたらRCエンジニアリングのと長さもそんなに変わらないんですよね....これは口が斜めになっているけど。



これなら純正だけあって段差もないので、整流されて流速もアップするはず....いや、間違い無く。
どうにか、もっと吸い込む空気を増やして流速をアップする方法はないだろうか。

ま、とりあえず次の練習はこれで走ってみようと思います。
(ちょっと試走しようかなと思ったけども、保安部品を付けるのが面倒なのでやめました)
Read More

2007/09/08

筑波選手権&体験走行@サニー

行ってきました選手権。

速い奴らの走りをチェックしてきましたよ。
ま、でも、実際に自分で走ってみないと、なんともわからないけど。

それにしても、自分がサーキットを走り始める前と今とじゃ、視点が全然違うことにふと気付きました。

まさか、エストレヤを買った頃はこんなことになるなんて思いもしなかった....当たり前だけど。
ちょっと街乗りができて、ちょっとツーリングができれば良かったのに....まさかサーキットを本気で走るようになるなんて..(^_^;

逆に今じゃツーリングどころか街乗りさえあまりしなくなってしまったけど...。
今はただもう筑波サーキットを速く走りたい一心で...。

だから今フツーに街乗りでエストレヤに乗っている人も分からないですよ....どこでどう何が変わるか。
ちょっとでもレースに興味があれば。

で、8/26以来、一度も走っていない走りの勘を取り戻すためレース後の体験走行に参加しました..(^_^;
ライセンスを持ってるのに体験走行に参加するなんてオレくらいのもんだろう...。



サニーで。
ホームストレート。
しかし、サニーじゃ鈍重過ぎてコーナーリングが全然楽しくない...。



記念撮影。
確か5年くらい乗ったと思うけど、きっと今月中にはステップワゴンに乗り換えてしまうので....とりあえず、記念ということで。
良く走ってくれたよ....致命的なトラブルも無く...小さなトラブルはいくつかあるけど。

例えば。
リヤウィンドウが勝手に5cmくらい下がって来ちゃうとか。
下がって来たら手で上げなければいけないとか。
Pからギヤを入れるとき毎回ロックを解除しないといけないとか。
朝一はいつもエンジンがかかり難いとか。

でも、ありがとう。
Read More