2007/03/16

エストレヤで筑波ツーリストトロフィー@予選

車検終了後...たぶん8:20くらいだったと思う。
アンダーカウル付けたり、車検で指摘を受けたところを改善したりしている間にあっというまに予選開始の9:05に。

8:45。
普段着のままなことに気付き、慌ててツナギに着替え装備を整える。
初装着のヘルメットリムーバーの結び方がパッケージの裏面に記載されていたけど、読む暇もなくヘルメットに詰め込み A パドックに向かいます....途中走ったりして...。
途中ガソリンがたぶん100ccくらいしか残っていないので3ℓ補給。
(3ℓで500円くらい...高えー)

暖気場でちょこっと暖気して...準備運動して...
ヘルメットリムーバーを適当に結んで...
ピットロードに出たらほぼ最後列に....ある意味この時点で予選結果通りの並びだったのかも...。

意識を集中したりモチベーションを上げたりする暇もなくコースイン。

とりあえず気をつけたのは転倒しないようにと。

フルグリッドは32台で参加者が28台だったので台数的な予選落ちは無い。
あとはトップのタイムの120%以内に入らないと予選落ちなのですが、この予選の時までタイムを計ったことが無かったのでなんとなく1'25くらいかなーと思ってたんです。
まさかこの時は自分が120%以内に入らないとは思っていなかった...もちろん相当遅いのは認識していたんだけども。

で、まあそんな必死では走らず...それなりには必死ですけど決勝を前に転倒してもしょうがないし。
.....というより、なぜか攻める走りが出来ず。
前日の特スポの時もそうだったけど、なんか乗れてないというのか...全然攻められないんです。
ほとんどリーンウィズみたいな感じで...(^_^;)
全然腰もズラせられないし体重移動が出来ない感じで街乗りとかツーリングか?というような感じ。
まあこの時も前日に転倒してもつまらないし...もし修理不可になったら最悪だし...という気持ちが働いてたんですが。

サーキットが久しぶりだからなのか(去年の11/8のモトブレイク以来)それとも初めてのサーキットだからなのか。確かに思い返せばモトブレイクの時も最初はそんなに攻められなかったっけ。

.....走りながらこんなこと考えて....そりゃタイムでないっすよね。
とにかく攻める気持ちになれないんです...。

一体どうしちまったのか。
オレのレーシング DNA 。

そんなこんなで15分間の予選が終了。
チェッカーフラッグを見た時は「えっもう?もっと走らせてくれっ!」という気持ちでいっぱいでした。

走り終わって友達にタイムを聞くと(携帯で計ってもらってた)「28秒くらい」と。
「えっ?そんな遅いの、オレ」と、このとき初めて現実を知らされます。

しかも速い人は「13秒くらい」と言われ...
「ちょっとヤバいじゃん...ギリギリかも」と、初めて焦りが。

まあ、あとは結果を待つしかないので...と結果が張り出される掲示板の前で時間を潰します。

とりあえず、予選での勇姿。



つづく

0 コメント: