2007/06/11

えー、奇跡が起きました...。

Frontier(フロンティア)クラスは、エントリー多数につき、フロンティア1(FT1)とフロンティア2(FT2)クラスを別走といたします。
これで、見た目の順位のわかりやすさも、クラスとしての地位も上昇?これからのFrontierクラスに乞うご期待!


.....ということです☆


フロンティアって地位低いんだ...(^_^;)
まあ、ライセンスが不要だったりエントリー費が安かったり....という点から見ればそうなのかもしれないけれど。

地位の高いクラスって何なんだ。
Takumi....?
ハッキリ言って台数が少なくて全然つまらねー、乗ってる人たちは速いんだろうけど。

つか、オレの知る限り(...あまり知らないけれど)レースをする人はきっとどのクラスの人もその人なりにお金や時間や労力を注いでいて....購入してすぐレースに出れるSSとは違って、特にVTなんて古いマシンはきっとレースに出れるようにするまでも結構大変だろうし。(SRも古いけど....現行モデルもあるし、パーツもあるし)

エストレヤだってエストレヤなりに結構大変で...(^_^;)

で、何が言いたいかっていうと、走ってる当人は少しでもタイムを上げたり、「アイツ速えー」と言われ(思われ)たかったり、ライバル(という名の知人)に勝ちたかったり、追いつきたかったり....という一心で。
クラスの地位なんて関係ないしそんなこと思ってもいないんじゃないか....ということで....。


.....と、言いながらも。

筑波サーキットの人達はそんなことは当然分かっていて、だからオレのように予選落ち(ほぼ)確定の人のことを考えてくれてFT1とFT2を別走にしてくれたんだと思う。(きっとオレの為だけに..♪)
いや、ぜんぜん違う理由かもしれないけれど...。

正直ここまでFT2が増えると9月のツーリストトロフィーは別になればいいなー(今回は無理だろうけど)と思っていたんだけども、まさか今回から別になるとは思ってもみなかった。
柔軟な筑波サーキットの人達に感謝です。

中には打倒VT(SR)に燃えていて混走の方がいいと言う人もいるだろうけども。

いやーしかし、ホント良かった☆

実は今回のツーリストトロフィーの目標は「自力で決勝に進出する☆」だったんだけども、事前に情報筋から今回は台数が増えると聞いていたので、(言葉は悪いけども...)

「予選は死ぬ気で走ろう」
「予選で決勝に残るタイムを出せればその後に転倒して決勝走れなくなってもいいや」

.....くらいの気持ちというか決意でいたんだけども、
41台(さらに増える可能性あり)と分かってからは「こりゃ死ぬ気で行っても無理か・・・」と、ちょっと悲壮感が漂ったり....。

で、別走と分かってからは、

「FT1が15台だから予選落ちないんだ♪」
「タイム出す前に転倒とかしなければ決勝走れるんだ♪♪」
「もう死ぬ気にならなくてもいいんだ♪♪♪」

.....と、一安心してます。
このまま行くと予選は腑抜けた走りになるかも....。
新たな目標を見つけなくては。

もしかするとすげー速い人(1分5秒くらい)が出てきてまた120%落ち...という可能性もあるけど、きっとそんな人はいないだろう。
たぶんトップは11秒とか12秒くらいだと思うので今回は大丈夫だろう、タイム的にも。

この二日間はストップ安からストップ高...みたいに激しい感じでしたが、落ち着いた今となっては、

「15台か...少ねーなー」
「あと10台くらい増えねーかなー」

とか、生意気なこと考えちゃってます...。
フルグリッド(32台)までなら全然ウェルカムですよっ♪

0 コメント: