2007/07/26

筑波ファミリー走行@7/25(走行前編)

行ってきました。
11:30頃に家を出て....ホントはもう1時間くらい早く行こうと思ってたけども、保安部品を付けるのがなにげに大変で。
(こんな時にトランポがあれば、積んだままで速攻出発できるのに)

よくよく見ると、レースが終わってからは確か雨ざらしにはしていないはずなのに、なぜかアンダーカウルの中に100ccくらい水が入ってて....おかげで漏れが無いことが確認出来ました。

最後にオイルを入れようとしたけどもふたがなかなか開かなくて....誰だよこんなにキツく締めたのは(オレだけども)とブータレながら、あーだこーだ5分ほど経ったところで逆に回している(締めている)ことに気付きました...。

で、筑波着。
誰か居ないかとトコトコ進むとオレのお気に入りポイントの最終コーナー内側でフロンティアレーサーらしきSRを発見。
見たこと無いなぁと思って近寄ったらタンクに「Maeda Racing」と書いてあって....マエダレーシングってマエダさんか?....と思いながらしばらく観察したけど誰もいないので受付行って戻って来たら、やっぱマエダさんでした。
やっぱ知り合いがいると楽しくていいですね..♪
まあ、一人の時も走りに没頭出来ていいのは良いんだけど。

聞くと、オレと一緒でL1 (3:30)、L2(4:30)を取ってて....でも、6:45に筑波に着いた....って言ってました。
なんでも走行が始まる前にコースを歩いたりすることが出来るらしく、歩き&ジョギングで2周したんだとか....気合い入ってます。
いやーしかし、3:30から走行なのに6:45に来るなんて....相当な変態です。
しかも、まだタイムが22秒だった頃にノーマルSRでバトルオブザツインに出たり....という話を聞いて、エストレヤで走ってるオレも少し変態チックなところがあるかもしれないけれど、この人は正真正銘の変態だと思いました...。

いや、でもオレもコースを歩いてみたいな....自転車で良いけど。
今度早い時間に予約があった時に試してみようかと。
結構いるらしいです....変態がやる気な人達が。

そんでいつの間にかエストレヤのタンクの上に「Maeda Racing」のステッカーが置いてあって...。
これを貼ったらオレも変態の仲間入りになってしまうようで貼るのを躊躇してます...(^_^;)



さすが変態だけあってマシンもカッコイイです。
ホントお世辞ではなく、細かいところまで整備が行き届いていて、かつ自作パーツもオレ好みでかなりイイ感じでした☆



そしてやっぱりこのマフラーが付いていて。
この太く逞しいエキパイが格好良過ぎです。
ちなみにこのマフラーにしてから14秒台に突入したって言ってました。



一番のおしゃれポイント...。
(いや、オレが勝手に決めただけだけど)
ゼッケンを付けたらほとんど見えない箇所なのに、この気の気張りよう。

ちなみに最近のエストレヤは見えるところにもサビが蔓延して来てます....特にボルトの頭とか。
次のレースまでにはボルトというボルトを全てチタンに換えたいと思っています。
思ってるだけで、実際はステンレスですけど。



二番目のおしゃれポイント...。

で、じょーかーさんにも会って三角スタンドを持って来てくれたので試してみたら....凄い高さで....ほぼ直立みたいな感じで。
しかもステップが太くて少ししか差し込めなくて....残念だけどエストレヤにはとても使えないことが判明しました。
内径を計ったら29Φで、31Φくらいないと厳しい感じ。
で、帰ってから、D'sで買おうとしたBATTLE FACTORYのサイズを見たら27Φ以下と判明。
こうなったらステップも換えることを真剣に考えよう....やっぱ、いざという時の為に予備が無いとねえ....不安で不安で。
現状だともし何かあったらステップ1本の為にレースを棒に振ることもありえるし。
まずは今付いてるやつをバラして構造を確認しよう....もう忘れちゃったので。

ストップウォッチも買って来てくれたのでタンクかトップブリッジに付けようと思ったけども、付けたら絶対タイムを意識しちゃうな....と思って今回は辞めときました。
今回はフォームということで。
残り2ヶ月間でどれだけライディングを向上出来るかが課題です。

0 コメント: