2007/08/17

筑波ファミリー走行@8/17(整備編)

早めに行ったけども(といっても8:30頃着)やっぱり空きはなくて....しょうがなく1本走ってきました。
結構混んでました、トランポがいっぱいで....平日だからと淡い期待を抱いていたんですが。

日陰が無いのでどうしようかと思ったけど、どこに停めても同じなので定番の1ヘア外側にマイトランポ(レンタカー)を停車。
トランポで日陰ができたけども、きっと自走だったら死んでいたと思います...。

で、走行前にキャブ清掃。
そしてメインジェットを145→150に....もうこれ以上大きなサイズは持ってませんよ。
スプリングをまたちょこっと切断。
パイロットスクリューを調整。

実は前回(7/25)の帰りの途中(自走)から急にアイドリングが不安定になって....吹かしていないと止まっちゃうようになってたんです。
アイドリングを高く設定すると、スロットルをオフにしても回転がなかなか落ちてこない状態になって....仕方なく止まるたびにちょっと吹かした状態にしてたんです。
走り出しちゃえば問題ないんですけど。

サーキットでは問題なかったので、セッティングが街乗りには合ってないんだなーとか思ってたんですけど....今思えばアイドリングにサーキットも街乗りも関係ないだろって感じですが...。

で、きっとパイロットスクリューを調整すれば改善されると思ってたんですが....全く改善されません...。
サービスデータの戻し回数は2 1/4なので全閉から3回転くらいのところでいろいろ試したけども、特に回転数の違いが分からなくて....どこが一番高くなるのかが見つけられず...。

とりあえず、アイドリングの設定もオフにした時の回転の落ちに違和感がないくらいの一番高いところに設定してだましながら走っときました。

で、走った感じメインジェットの違いは全く感じられず...(^_^;)
なんだろう、普通違いって分かるもんなんですか。
まあ、きっとキャブ設定自体がちゃんとなっていないので違いも分からないんだろうけど。



しかも走行後にチェックしたら、こんなに薄いんですよっ!
前から中心電極が白かったので高回転域が薄いと思っていて今回メインジェットを上げたんだけど....まだこんなに白いなんて....しかもヤバい感じに薄いですよね?...こんなものだろうか。

パイロットスクリューを調整するにしても、もうにっちもさっちもいかない感じだし...。
そんな感じでサービスマニュアルを見ていたら、今日バラした時には無かったパーツが記載されているのを発見しました☆

92055-1002 リング(0),パイロツト アジヤスト 158円
92022-1003 ワツシヤ,プレ-ン 158円

図を見るとパイロットスクリューに差す小さいOリングとワッシャだと思うんだけど、これなかったもんなー。
きっと、初めてバラしときに気付かずにどこかに落としてしまって、それ以降は無いものと思っていた状態です...(^_^;)
これは影響あるだろ....やっぱ、これが原因だろ....つか、そう願いたい。

これできっとパイロットスクリューの調整の違いも分かるはず。
アイドリングが安定しないのもこれが原因なんじゃねーか....わからないけど。
あと関係あるか分からないけど、バルブクリアランスを走行後に調整しようと思ってたけども、なんだかんだ時間がなくて次回に持ち越しです。
それとブレーキパッド交換&キャリパー清掃(気持ち)をしました。

0 コメント: