2007/08/07

エストレヤの整備日誌@NASSERT TRAD-II



この前カバーで焦がしちまったエキパイ。
やっぱ、焦ってる時はろくなことが無いな...。

とりあえず、アイドリングして暖めて....柔らかくなったところで割り箸で削り取ったけど、らちがあかないのでバラしてみました。

ピカールにラスペネ混ぜて、スポンジ状のやすり(木材用?)とか布切れで磨くこと数時間...たぶん...。
ちなみにフツーの焼けもピカールで取れることをこれで発見しました。



やっとマシになってきたけども、まだまだ酷いところが落ちなくて。

倍倶人のモニター読者プレゼントで頂いたこのNASSERT TRAD-IIをこんな中途半端はまま装着する訳にはいかねーぜ....ってことで、流しで耐水ペーパーで磨いたところかなりきれいになりました☆
傷が心配だったけども(ピカールで磨いてる時点でダメだろって感じですが)そんな気になるほどではなかったです....よく見りゃ細かい傷は入ってるけども。
オレの場合はマフラー部分が擦れて傷だらけなので、それに比べりゃ何でもねーや...くらいな感じです。


で、きれいになったところでそのまま装着すれば良かったものを、特スポ当日に付けようとしたのが大きな間違いでした...。
これからは事前に出来ることはなんでもやっておこうと思います。

つか、サーキットに来たら...もうそのまま走れるくらいにしとかなきゃダメってことです....マシンのことは事前に完璧にしといて当日は走りのことだけ考える...ってのがベストだと思います。
いや、間違い無く。

そうはいってもフツーに生活してたらそれは難しくて...。
たとえばキャブのセッティングなんて住宅街でバンバン吹かしたりできないし....アイドリングでさえ気が引けるのに。
今度(17日)は筑波で思いっきりバンバンやってこようと思います。


そういやエキパイとマフラーを繋げる部分のガスケットがエストレヤ純正だとサイズが合わなくて。
BEETに聞いてみようと思ってたけど忘れてた...確認しよう。

0 コメント: