2007/09/12

筑波ファミリー走行@9/12(L1編)

5時ころに起きたら、土砂降り....ではないけども、ザァーザァー降っていて。

「えっ、オレ、この中で走んの・・・」
「もっと小雨を想像してたのに・・・」
「やっぱ、やめとこう....かな・・・」

.....と、一瞬ひるんだけども...。

筑波選手権を見てからは、すっかり気持ちがレースモードに入っていて、雨でも槍でもかかってこいや....的になっていて、「例え大自然でもオレの走りは止められねーぜっ」....と、ノリノリになっていたのを思い出し、覚悟を決めました。

レンタカーを借りに行ったら予約していたサンバーバンが事故って貸し出しできないってんで、急遽ボンゴバンになっていて....エストレヤ1台にはデカ過ぎだろ....とか思いながら帰宅途中に家の近くで、こんな朝早くなのに、こんなにザァーザァー降りなのに犬の散歩をしている人がいて...。

大変だなあ....とか思ってたら、その犬(たぶん柴犬)がすごいうれしそうにはしゃいでて...犬はこんな雨でも走り回るのが好きなんだなーと思ったところで、ふと「そうか、オレもあの犬のように走れば良いんだよ」「アニマルになれば良いんだよ」「そしたら雨なんて関係ねーよ」と閃きました☆

.....で、更にノリノリ...。

で、筑波に着いたのが8:10....8:30から1本目が始まるのに...。
エストレヤは全ての保安部品が付いたままなのに...。
ノリノリなのに焦りまくり...。
でも、とりあえず、ピット空いてて良かった...と一安心。
(雨でピットなしだったら最悪ですよね)

で、約10分遅れでコースイン。
雨脚はちょっと止んだり、降ったり、激しくなったり。
たぶんオレの他にアニマル気分なのは2台だけだったんじゃないかと....ほぼ貸し切り。
使いホーだいじゃんっと思ったけども、「最初の数周は慎重に行け」を座右の銘にしているオレは、とりあえずナラシラインを走っときました....様子見も兼ねて。

数周してそろそろ行くかって感じになったけども....ビビって全く攻められません。
いやだって、CXのところがすごい水が流れてて、フロントがちょっとススッーと滑った感じがしたんです....そしたらもうビビっちゃってビビっちゃって....。

全てのコーナーでほとんどバンクできず....街乗りで交差点を左折する時のほうがよっぽどバンクしてるよ...ってな感じで。
ツッコミも怖くて全くできないし、コーナーを完全に回りきってからアクセル全開ってな感じで。
しょうがねーからライン重視で走るか...と思ったけども、ツッコミも立上がりもまともにできないのにラインもクソもねーだろ...ってことに気付き。
秋吉とオレにしか分からないシークレットラインも怖くて一度も通れませんでした...。

そんで気持ちは柴犬どころか、台風に怯えるダックスフンドとかポメラニアンかっ....的になっていて、「何がアニマルだよっ」と自分にツッコミをいれながらチェッカー...。
とりあえず、1本目はいいんだよっ.... と、自分に言い聞かせながらピットに...。

0 コメント: