2007/11/09

エストレヤでNS2耐久@耐久茶屋

行ってきましたよ...特スポ。

10/10にTC-miniの6時間、10/11にTC-mini3時間、NS2の2時間....なので、「きっと、すげー混むんだろうなー」「ピットは取れねーだろうなー」と思って諦めていたけども。
よくよく考えると、1本目が8時からなので6時くらいには着いていたい....そしたら4時頃には出なくちゃならないので、朝起きて行くのもめんどくせーし、遅刻したら最悪だし。
それに1走行40分で3人のライダーが交代するので、他人のピットの前で交代するのもなんか落ち着かないかと思って。

そんで風邪気味なのにAM2:30に筑波着。
寒さが体にしみます...。
「この時間でも厳しいかなー」くらいに思ってたんですけど....拍子抜けするくらい空いてました...。
どのくらいかっつーと6時過ぎに来てもまだ十分ピットが取れるくらい。
「なんだよー」
「まあいいか、みんなで一緒にピット取れたし」

例によって走行前はなんだかんだ忙しくて....しかも、ゼッケンカウルとかアンダーカウルとか....が、付いてなくて...。
「特スポはゼッケンカウルなしでも走らせてくれるだろー」と思っていたけども、協議の結果走らせてくれない可能性が高いつーことでばたばたしながらも急遽付けることにしました。
つっても、3人いると早いっすね。

ちなみに、昨日途中で放り出したゼッケンカウルはこんな感じです。

 

MFJのレギュレーションに従ってゴシック体です..(^_^;

で、エンジンが黒くなったのでゼッケンも黒くしようとドライカーボン化の最中です。
ちなみにこの状態で車検を受けたら「こりゃダメでしょう...再車検ねー」と言われました..(^_^;
でも、「そこをなんとか・・」とお願いしたら、「じゃあ、明後日のスタート前チェックでチェックするから」ということになりました。(いや、もちろんオレもこのまま決勝を走るつもりはないんだけども)

といっても、実は違う部分で今日すでに再車検を受けていて...汗
この前セルがうんともすんとも言わなくなったのはバッテリーが死んでたということで(海外製の値段の安いシール型なら急に死んでしまうことがあるんだとか)とりあえず充電したやつを使っているんだけども、ちょっと不安なので小さめなバッテリーに新調したんです。

ちなみに、バイク屋が言うにはもしかするとレギュレーターが原因かもしれないということで、メインハーネスと電装品一式で3150円というお買い得品をtetsutaroさんにパーツオフで買ってきてもらってそこから付け替えました。

で、小さいバッテリーなので今まで留めてたゴムバンドがゆるゆるで3cmくらいガタガタ動く状態で....とりあえず大丈夫だろうと思ってたけどやっぱ指摘されました。

もう一つはアンダーカウルを外して持っていったんですけど、走行中に落とす人が多いので...ということで、急に付けた状態もチェックしますとか言われ...。
工具を持っていないオレは当然そこで付けられるはずもなく....再車検に。
やっぱ、クイックファスナーが必要だなー。
つか、「装着した状態もチェックします」って書いとけよ。

今回の車検はいつもの車検場じゃなくてサーキット事務局の辺りで、オレのピットが一番奥(最終コーナー側)で...泣

しかも、実は最初に車検を受ける順番待ちをしてる時にドレンボルトにワイヤリングしていないことに気付き...しかもドレンボルトは穴さえ空いてなくて....何度往復したことか..(^_^;

一応ワイヤリングの穴が空いたドレンボルトは買ってきたんだけども、エンジンオイルの予備が無いのでオイルは抜けないし..(^_^;
純正のドレンボルトに穴を空けようかと思ったけどもちょうどいいサイズの刃が無くて....結局、エストレヤを寝かしてオイルが抜けないようにドレンボルトだけ交換しました..(^_^;

まぁ、こんな感じで....車検とライダー受付は済んだので当日はちょっとゆっくりできそうです。

で、肝心の走行...1本目。
(ちなみに車検と受付は走行後の話です)

まずは様子見を兼ねてエースライダー(オレ)が走ります。
とりあえず、6〜7周して問題ないことを確認しウラちゃん(女の子)に交代。
ニューエンジンはどうかというと、劇的な違いは感じないけどやっぱ速い気がする....程度で。
いや、まぁ、とりあえず走っただけなので。

で、ウラちゃんがしばらくして最終コーナー内側のピットロードをエストレヤを押して走って帰ってきました..(^_^;
聞くとガス欠の症状で止まってしまったんだとか...。
ガソリンはもちろん入ってるんだけど、どうもキャブまでガソリンの流れが渋くて....キャップを開けても改善されないから負圧は問題じゃない。PRIにしてもガソリンが流れないからフィルターの付いていない新品のホースにしても変わらず。
こんな時にコックか?と焦ったけども、キャブに繋げなてない状態ならPRIで流れることを発見しコックも問題無し。
残るはキャブだ...。
どっかが詰まってんのか....あの鉛筆の先の尖ってるところのようなパーツ辺りが問題の可能性大。
でも、しばらく(といっても、10分くらい無駄にした)したら問題なく流れ始めたんで、とりあえずこのまま走ってもらって無事チェッカー。

2本目は12:15からなので時間はたっぷり。
まずはキャブ全バラにしてキャブクリーナーで2時間ほど漬け置き。

で、普段はモタード乗りの二人はセパハンが辛れーというので垂れ角を上げてみました。



かなりバーハンドルっぽくなってきました...。
スタンド大活躍です。

そういや、一番懸念しているチェンジは二人が走る時は正シフトでオレの時だけ逆シフトに戻すことにしました。
付け替えるだけなら1分くらいだし。
2本目の走行前に暖気場で正シフトで走ったけども....もう正シフトでは走れない体になってたので。

ちなみに走行順位は、1番オグラくん、2番ウラちゃん、3番オレ。
とりあえず、1番、2番は無事に走りきってオレに繋ぎ、最後にエースが追い上げる....という作戦です..(^_^;

で、2本目。
とりあえずキャブは問題ないと思うけど....ちなみに組み付ける時にメインジェットホルダの奥に入れる小さいパーツが無いことに気付き焦りまくり。
もう終わったと思ったけど、懸命の捜索で10分後にピット前の路上で発見。
あー良かった。
バッテリーとレギュレーターを交換してスタート。(今度はしっかり使用前に充電しときました)

キャブは問題無し。
シフトペダルが下過ぎてシフトダウンが辛い。
ギヤの入りがかなり渋い。
ギヤ抜けする。

5周してピットイン。
正シフトにしてウラちゃんに交代。
問題なく5周して、オグラくんに交代。
とりあえず問題なさそう....だったけど、正真正銘のガス欠でRESでピットイン。
結構入れたつもりだったんだけどなー。
給油してしばらくしてチェッカー。



無事(?)走行終了。

垂れ角を上げたセパハンで二人はかなりポジションが良くなったと好感触。
オレ的にはかなり微妙だけど、問題ないレベル。
ギヤはウラちゃんもオレと同じ症状があったと言っていたけど、オグラくんは「え、そう?スコンスコン入るよ♪」とかで...。
AMSとワコーズを混ぜたのがどうもオレの感性には合わないようです。

まあ、こんな感じで。
ライダー受付やって、車検受けて、8番ガレージを借りてエストレヤも全ての荷物を置いてきました。
当日はサイドゼッケンカウルをカーボン化してちゃんとしたゼッケンシール貼って、最終でフロントがチャタるんで(これはタイヤ交換してからなので、たぶんオレの組付けが悪かったんじゃないかと)組付け直す予定。

あとは何だろう...たこ焼き食ったりするくらいかな...。

0 コメント: