2007/12/01

筑波ファミリー走行@12/1

珍しく当日アップ...(^_^;


久々に筑波ファミリー走行。

NS2耐久とか、9/30のツーリストトロフィーのレースではなく、純粋なファミリー走行は9/16以来....と、かなり久々。(もっと走れよっオレ)
で、この2つのレースはウェットだったから、ドライで走るのも9/16以来....いや、正確にはNS2耐久の特スポがドライだったけども、この時は様子見でタラッーと走っただけだったので。

いやー、やっぱドライっていいっすよっ。
適当でもそれなりに(オレなりに)走れるし♪....つか、ドライのときからもっと一つ一つの動作に神経を使って普段からスムーズな走りができるように練習しないからウェットでえらい目に合うんだよ...っていうようなことを誰かが言ってた....ホントそう思う。

まあ、とにかく。
ロードレースは(ロードレースじゃなくても)やっぱドライっすよー。
参加する人にとっても、観戦する人にとっても....みんなにとって。
「オレ、ウェットでもいいけど」なんていうやつアホじゃねーか....と思う。

で、今日は今シーズン最後の走りになるので、2週間くらい前から「ぜってー17秒台を出すっ!」と行き込んでいて。
今のところ7/1のツーリストトロフィーの予選で出した1'19"500がベストだけど、自分の走り次第で2~3秒は縮められると思っていて....なんとしても今シーズン中に17秒台を出しておきたかった。
(なんでかっていうと、「エストレヤで17秒」を手みやげに、来シーズンは有名チームに移籍するためです...。)

3月までレースは無いし....転倒してもいいからとにかく全開で走ろうと決めてた。

今までは、
自走だから転倒したらヤバい...。
特スポで転倒したらレースが台無しだ...。
予選で転倒したら決勝走れないじゃん...。
レースはチェッカーを受けなきゃ...。
.....と、言い訳と言うか、自分に言い聞かせて、どこかセーブしたところがあってぶっちゃけ全開で走ったことがなかった....つか、走れないのかもしれないけれど。

そんなこんなで、今回のテーマは、

「心を解き放って17秒台を出す」

.....です。

まあ、とにかく。
ぐだぐだ言わずに速えータイムを出す....ってことです。

19秒とか20秒くらいだと、そこそこって感じだけども、エストレヤとかボルティクラスで17秒台ともなれば筑波の草レース界ではきっと「すげーじゃんっ」と思われるはずだし....いや、分からないけど。
つか、速い人たちはこういうマシンを乗らないからイマイチどのタイムがどのレベルで...ってことがよく分からなくて....もし速い人が乗ったらもっとすげータイムが出るんだろうけども。

なので、一度tetsutaroさんに乗って欲しい。
しかし、この人は黄土色の作業着を着てると、金正日...風なおっさんなんだけども、ツナギを着てSRに跨がっているときはなぜかカッコいいんだよなー(^_^;
hit-airもそこら辺の人が付けてたら「なんじゃそりゃ?」的に思えるかもしれないけど、この人が付けてるとなんかカッコいいもんなー。
不思議だ...。
これが王者の風格....ってやつですかね。
(決してお世辞じゃありません)

まあ、そんな感じで今までで一番(レースも含めて)気合いを入れてた。
で、ぜってー出せると思ってた。
(相変わらず根拠の無い自信だけど)

マシン的には転倒後なのでちょっと不安もあるけども(公道でチェック済みだけど....やっぱ速度が全然違うし)あとはタイヤ交換をしてからずっと出ているフロントのチャタリングが出ないことを祈るのみ。
(耐久のときにオグラくんが締め直してくれたけども、様子を見る前に転倒してしまい....転倒後はそんなスピードも出せず終わってしまっていて)

つか、ロッシのようにタイヤのせいにしてダンロップからブリヂストンに換えようと思ってBT-39SSをチェックしてみたけども、フロントに合うサイズが無くて。

そんでエンジンは前のよりイイ感じだし、気温も低くてパワーももっと出るはずだし....路面温度が低いのは気になるけど。

で、前のエンジンではダメだったけど、パイロットジェットをノーマル35→40に変更。
(これは正解でした☆)
エンジンオイルをAMSに交換。
保安部品も取って必勝態勢で望みました。

1本目は「とりあえず自己ベストくらい出しとくか♪」くらい思ってたけども、走行前になったら何気に時間がなくて....ストップウォッチを取付ける余裕がなく...。

で、それなりに頑張って走行したけどもタイムは全く分からず。
まあ、でも乗った感じ全体的にそんなに悪くはないけども、最終コーナーが最悪。
今までは最終コーナーは好きなコーナーで調子がいいときは進入でちょっとだけオフにしてまた全開で走れてたけども、ウェットでへなちょこ走りばかりしていたせいか...ちょっとどころか半分くらいまでオフ(というか、パーシャル)じゃなきゃ走れなくて。
もしくはエンジンを換えたことによってバックストレートの速度が上がってるからなのか。
(事実、コーナー立上がりはぜってー速くなってる....あくまで、気がする程度だけど)

それとインを開け過ぎ。
クリッピングでも縁せきとは1mくらい空きがあるくらい。
(どのコーナーでも)
すげー無駄な走りしてた。
意識してもなかなかインに付けなくて...なんでだろう。
突っ込み過ぎなのか....それかもっと出口(遠く)に目線を置いてないからか。

あとはあまりバンクできない。
まあ、これはなるべくバンクさせないように心がけているのでいいと言えばいいんだけど。
抑えているというよりは怖くて出来ない感じ。

まあ、こんな感じで。
全体的に悪いじゃん....ってな感じですが。
でも、なんか乗ってる感じはそんなに悪くないんですよね。
何かが進化しているというか。

で、2本目の走行前に、心を解き放つためにステッカーチューンをしました。



おなじみパインレーシング・ジャパンのステッカーです。
ちょうど丸型ということで。
あのイラストは松の木でしょうか。
「SHONAN-CHIGASAKI」がイイですね....海って感じで。

ちなみに、エストレヤレーシングがやると。
「SOYA-ICHIKAWA」となります....どこだよっそれっ....ってな感じです。



で、もう一枚。
転倒も辞さない覚悟だったので、お守りの意味を込めてヤモリです。
ちなみに、英文の意味は「ウソも方便」....です。
特に意味はありません...(^_^;

で、気合いを入れるために、最近レンタルしてお気に入りのThe Prodigy(プロディジー)のTheir LawのLiveバージョンを音量を最大・リピートにiPodを設定してノリノリ♪で走りました。

.....そんな感じで。

えー、本日の驚愕のベストタイム。

1'22"67....です..(´_`。)

えっ、マジ?....的な感じですが...。

つか、ストップウォッチなので多少の誤差はあるだろうけども、22秒台と23秒台が1周ずつで、あとはだいたい25秒前後で....改めて「マジかっ!」ってな感じです...。

まあ、こんな感じで。

2 コメント:

GB500 さんのコメント...

お疲れ様でした~
エストレアどんどんかっこよくなるね~

sumi さんのコメント...

どうも。
お疲れ様です。
やっぱ、レーサーはカッコ良くなくちゃいけないすからねー。

偶然あんなにFTメンバーが集まるなんて珍しいっすよね。
特スポみたいだったなー。