2007/06/30

2007 筑波ツーリスト・トロフィー in SUMMER@特スポ(準備編)

レース前日に特別スポーツ走行というのがありまして(オレの場合は日曜日がレースなので前々日だけども)有休を取って朝4:30に起きて行ってきましたよ。

ちなみに前夜になってタイムスケジュールを確認したら1本目が8:00からで....慌てて7:00から予約してあったレンタカーを5:00からに変更しました。
1本目は11時頃からと勝手に思い込んでいたのが原因です...。
どうも参戦慣れしてくると気が緩んじゃって、参加受理書の入った封筒を良く確認していませんでした....2戦目だけども..(^_^;)

今思うと前回は右も左も分からず...時間に流され...緊張する間もなく...気付いたら終わっちゃたという感じだったけども、今回はだいたいの流れも分かってるので、きっと当日は心の余裕と時間の余裕ができるはずです。

たぶん....分からないけども...。


で、7時頃着。
保安部品は前夜に取り外してあるので準備はマフラーとアンダーカウルとtetutaroさんにもらったRCエンジニアリングのファンネルを付けるだけだったんだけども...。

まずマフラー。
この前走行直後にカバーを掛けてしまいエキパイ部分にカバーがびっしり付着してしまったので、気合いを入れて磨くためエキパイごと外しちゃったんです....結構きれいになったのでこれはこれで良かったんですが。

こんなこともあろうかとマフラー部分のガスケットは購入済みだったのでエンジン側のガスケットをバイク屋に注文して...取りに行ったら1個しか注文してないのになぜか4個も入ってて...。
気付いたのが走り出した車の中だったのでとりあえずいいや...金額は1個分だし...という感じで。

そんな経緯で4つのうちの1つに液体ガスケットを塗ってエキパイ装着。徹底的に排気漏れを削除します。
そんでマフラーを取付けようと思ったら...なんかガスケットのサイズが合わなくて..汗
内径はちょうどいいんだけども外径というか厚みがあり過ぎてマフラーが入りません...。

マフラーはエストレヤ純正ではなくBEETのナサートなんだけども、もしかしてエストレヤ純正のガスケットじゃダメなのか...とか、逆にもしかしてボケてエストレヤ用以外のガスケットを買っちゃったのかも(注文したのではなくナップスで購入したので)...とか、思いが巡り、1本目は間に合わないんじゃないかと焦りが...。

ちなみにこのナサート「BEETのナサートなんです」と言うとだいたいの人が「えっそうなの?」と驚きます。
ま、普通ナサートと言えばカチ上がったマフラーのイメージなのでこんなキャブトンがあるとは思わないだろうけども...知ってるのはエストレヤとかTR乗りとかのシングル好きくらいでしょうか。
あるのですよ、歯切れの良い音とか...あまり性能アップとは関係ないところに重点を置いて作られたマフラーが..(^_^;)

NASSERT TRAD-II

いや、もちろん性能アップはしてるんだけども。
この前tetutaroさんの付けてるチタンのマフラーと重さを比較して愕然としました...。
感覚的にチタンは「ふわっ」と持ち上がるのにステンは「よいしょ」という感じです。

ここは一つエストレヤ用の「NASSERT-R」を作って欲しいところです。
こんな感じで後方排気で。
転けてもマフラーは壊れなそうだし。
エストレヤレーシングと共同開発してくれないかなー。

で、厚みを減らそうとバリバリと剥がしたりしてたら...ほとんど再利用不可に。
いや、まだ一度も使ってないんだけども。
薄くなった部分は液体ガスケットで埋めれば良いやと思っていたんだけども、それでもどうもうまく入らず。
結局ガスケットは使わずに液体ガスケットのみで行くことに。

この時点で「あーもう1本目は間に合わねーなー」「こんなこと事前にやってこいよ、バカヤロウ」という感じで。
いや、なんかサーキットに着いてから付けた方がカッコいいかな...とか思っちゃって。
なんつーか、直前に組み上がったマシンで走る快感...とでも言いますか..(^_^;)

.....こんな感じで...1本目終了。

「カッコ付けるなんて10年早いんだよ」
「お前のタイム何秒だよ」
「顔を洗って出直してこい、バカヤロウ」
ということがよく分かりました...もうしません。

で、液体ガスケット塗りたくってマフラー完成。
初期硬化15分、完全硬化24時間と書いてあるので2本目(11時から)は大丈夫でしょう。
排気漏れが心配だけども。

そのまま次の作業へ。
ちなみにここから先は一切写真がありません。
(ここまでも無いけど)
よっぽど余裕がなかったんでしょう。

次はRCエンジニアリングのファンネル装着。
これは口径57mmで少し大きかったのでキャブにテープを巻いて太くして取付け。
取付け部分に段差があるのでそこで流速が乱れそうですが、まあしょうがない。
今日はこれを試しにやって来たと言っても過言ではありません。
バッチリ決まれば密かに3秒は速くなるんじゃないかと大きな期待を寄せています...もちろん自分の走り次第なんだけども。

今度は交換後に上げてしまった小さいサイズのバッテリー。
バイク屋で充電してもらったので再度交換。
セルも掛かり問題無し。
これで1.5kg軽量化☆

ついでにヤフオクで見かける「バッテリーに付けるだけでトルクアップ」「謎の筒」....とかいう商品を取付け。
もうファンネルとの相乗効果で期待はMAXです...。
勝つ為の選択です。

最後にアンダーカウル。
先にドレンにワイヤリングをしようとタカさんにワイヤーツイスターを借りたけども、なんだかんだ時間が無いので後回しに。
前回のレースから一度も付けていなかったので取付け方を忘れ....どうしても付かないステーが1本あまり...汗
そして後から気付いたけども、エンジンカバーのボルトがアンダーカウルを留めるステーのボルトと兼用になっているんだけども、このボルトを数本締め忘れていてエンジンオイルがうっすら漏れていて...初めてアンダーカウルの重要性を認識しました。
走行中にボルトとが外れなくて良かった。

ガソリン2リットル入れて...暖気場でしばらく様子見て準備OK。

準備運動をあまりする間もなくツナギに着替えてたら脊椎パッドを持ってないことがバレて。
「お前バカじゃねーのか」
「走る資格ねーんだよ」
....とは言われないけども。
公道より安全とは言え年間数人は死んだり、脊椎をやって車イスになったりという人は確かにいて、そうなならないまでも大けがをしてる人はもっといて....という話を聞くと改めて危険なことをやってるんだと気が引き締まります...。
そんで何回も出てくるtetutaroさんに脊椎パッドを頂きました。
何回も出てくるのはそれだけお世話になってるということです。
ありがとうございます。
この恩はtetutaroさんと同じように新たにサーキットを走り始めた人に返したいと思います。
Read More

2007/06/28

バッテリー交換



軽量化の為。
9→4サイズへ....約1.5kgの軽量化達成☆

なんだかんだ大変でした。



バッテリーケースの右側をカット。
サンダーが奥まで入らなくて....結構苦戦。
しかもリヤフェンダーと一体になってるから...なかなか加工しずらいし動かしようが無くて。



ケースより大分小さくなったのでどう固定しようか悩んだけども....いつかの為にと買っておいたゴムバンドと針金で。
激しく転倒とかしたら飛び出すかも...。



軽量化とは別に、今まではこんなに右側に飛び出していて(ちなみにこれは一番奥まで入ってこんなに出てるんですよ)....これで転倒でもしたら+側の線がぶっちぎれちゃうんじゃないかと不安だったので。



交換後はちょうど良い感じ。

.....だったんだけど、
交換して練習走行2本走って2週間放置してたらバッテリー上がってました...。
新品の場合、液入れてまずは充電をした方が100%使えるんだとか....確かに聞いたことあるような...。
Read More

心の準備はOK

久々 Nike+iPod sports kit。



久々に10km走破!
前回走破したのが5/23なので1ヶ月ぶりくらい...。
いや、ジョギングは続けてるんですが、フツーだいたい6~7kmくらいなんです。
なんか分からないけども、今のところこのくらいの距離がちょうど良くて...時間的にも体力的にも。

今日も(といっても昨夜だけど)7/1が近いので「軽く流すか・・」という感じだったんですが、走りながらイメトレしてたらなんか「ココはもっとこうしたほうがいいんじゃねーか」というのが見えてきて...。

<見えてきたこと>
■その1...最終コーナー編
「最終コーナーはもっと奥まで突っ込んでパタンと思い切り良く曲がったほうがいいんじゃねーか」

今までは50m看板過ぎてからなんとなくジリジリとインによって行って、とりあえず2回クリップがあるようにというイメージで...なんとなく曲がっていたんだけども。
やっぱ色の変わってるスポンジバリア目指してドカーンと行ってバッと曲がる...メリハリがあったほうが良いんじゃねーかと。
突っ込みでインを差されてもコーナリング中~立ち上がりで挽回出来そうだし、ダメだったとしても立ち上がってからスリップストリームに入って1コーナーの突っ込みでインを差し返す....もしくはフィニッシュラインまでに前に出る....という、もう完璧なイメージで..(^_^;)

もちろん相手のタイムが同じくらいの場合ですけど。
それにタイムが同じくらいなら最終コーナーはオレのほうが速いと思うので....こんなこと言うのも生意気ですけど。
そうです、仮想SR対策です..フフッ。

ま、走ってみなきゃ分からんけども...。

■その2...ダンロップ~MCコーナー編
「ダンロップコーナーは控えめに、といってもあくまでスピードは殺さずに。MCコーナーは切り替えしてからの左を早めに全開で行ったほうがいいんじゃねーか」

何を隠そうこのダンロップ~MCはついこの前(といっても1ヶ月くらい前)まで一番得意な...というか一番スムーズに走れてるな☆と思っていた場所だったんだけども。
なんかここ2回の練習走行ではなんかイマイチで....リズムに乗れないというか....こんなことを言うのも生意気だけども..(^_^;)
ラインはそんなに変わってはいないと思うんだけど(たぶん)、切り替えしが遅いのか...タイミングが悪いというか...なんかこう抜けられないんですよね。
以前よりタイムが上がってここもスピードが上がったからかも。

なので、ダンロップはあくまでMCの切り替えまでの布石として。
具体的にはダンロップは今までより外から突っ込みブリッジの「DUNLOP」の「O」の真下を通り、MCの1つ目までを1つのコーナーのように回る。
そして早めに切り返し、あんま早過ぎてもダメだろうけど(イメージは1つ目(右)でバンクしながら体はもう左に、この時点で全開→フロントアップしながら車体を切り返す)2ヘアまでの全開区間(ここは抜かれポイントなので少しでも挽回したい)の車速を上げる....という感じで。

※「O」の真下を通るのはファミリーライセンス取得時に神谷さんに教わりました。
※もちろんフロントはアップしません(できません)。

ま、これも走ってみなきゃ分からんけども...。

後1ヶ月くらいあればな・・・きっと2日くらいは練習走行できたのに。
まあいいや、次々回(9/30)までには色々試せるだろう...既に先を見据えています...。

.....ということが見えてきました。

後はボーリングのピンの倒し方とか...バーンナウトの仕方を重点的にイメトレしてます。
もう、タイヤスモークが凄くて凄くて...。

.....こんな感じで6~7km。
普段ならココで止めるとこだけど、ふと「10km走ってみるか」と思い立ち...なんか10km走破すれば決勝も走破できるんじゃねーか...とか、不安を払拭する為に...というか、精神的に。

でもこれで人間的(ライディングとかは置いといて)...心の準備は整ったぜ!という感じです。

で、このプラス3kmは結構な違いでした。
走り終わってから15分くらいストレッチをするんだけども、いつもなら全然息は乱れないのにこの日だけはハァーハァー言いながらクールダウンしてました。
それに汗が凄くて綿100%のTシャツは全部びっしょりで...脱いだら重かったです...マジで。
下は膝下までの短パンなんですが冬用で...パンツもびっしょりです...いい加減夏用を買います。

そんなこんなで体重が69.8kgに。
前回(3月)はたぶん76kg台だったので6.5kgは軽量化☆
(もう何年も変わらなかったのに...60kg台なんて何年ぶりか分かりません)

そしてバッテリーもサイズを9→4に変更し1.5kg軽量化してあるので合計8kgも軽量化☆
まるでモデルチェンジしたCBR600RRのようです...。
こんだけ違えば結構違うんじゃないでしょうか♪

今回の裏目標は「デブには負けない」です。
いや、フロンティア1にデブがいるかどうか分からないけども。
Read More

2007/06/23

走りが甘い原因

最近どうも走りが甘いと思っていて...(^_^;)

自分なりに...。
甘いというか、丸いというか...。


で、整備してたら...ふとその原因が分かりました。



この前切ったフロントフェンダーの先端が丸くなっていることに気付き。
きっとこれが走りが丸くなっている原因じゃないかと...。
いや、間違い無く。



で、尖らせてみた...。

これからは尖った走りをするぜっ...という意気込みを表しています。
Read More

2007/06/22

筑波ファミリー走行@6/22(キャンセル)

結局キャンセルして今朝の天気予報によっては予約無しで行ってみようと思ったけども、雨っぽいので止めときました。

雨が降らないうちにと昨日届いたばかりのキタコのエアファンネルを装着。



「やっぱこれじゃ短いよなー」
「でも少しはダルさが改善されますように」

.....と思いながら。

この前バッテリーを小さいサイズに変えたらバッテリーが上がってしまったので....「走りゃ充電すんだろ」とファンネルの試走を兼ねナップスを目指します。

しかし何で押しがけってリヤにトラクションを掛けないとなかなかエンジンがかからないのだろう...。
それにしても押しがけをするには辛い季節になってきました...熱くて...。

で、試走したところやっぱ改善されてないっぽい....ちょっとは改善されたかな....という気持ちの問題くらいで。
しかも途中で雨がパラッと来たので引き返しました...。

なんか今日はツイテナイ気がする...。
せっかく有給取ったのに雨で走れないし、エストレヤも弄れないし。
つか、今思えば27日(本番前の最後のファミリー走行日)と交換してもらえば良かった...。

帰りの途中に信号待ちでエンストしたのでセルを回したら....全然回らなくて....もうかれこれ30分以上は走ってるのに全く充電されてないことに気付き...汗

もうこうなったら本番はバッテリーレスで行こうかな、軽量化にもなるし....と思いながらもサニーに乗り換えてバイク屋に充電をお願いしに行っときました。
ついでに純正パーツ注文...やっぱキタコのファンネルはダメっぽいので純正のキャブに付いてるゴムのダクトも試してみようと思います。
火曜日に入荷予定。

で、ナップス行ってゼッケン購入。
「7」か「07」にするか迷ったけども今回は「07」で行こうと思います。
いや、なんか二桁の方がカッコいいかな...と思って。
そんでワイヤーツイスターを探したけども見つからなくて....といっても、買えるだけのお金が財布の中に無いことは分かっていたんだけども。
代わりにSR用の良さそうなカールファンネルを発見!
ただ口径が50mmなのでしばらくショーケースの前でこれを55mmにする方法が無いか考えたけども良い案が浮かばないので止めときました。
いや、もちろん買えるだけのお金が財布に・・・


そういやエストレヤで自宅に戻った時に、雨で濡らしたくない一心で停めた直後にバイクカバーを掛けてしまい....なんか焦げ臭せーなーと思ったらエキパイにカバーがびっしり付いてました...(^_^;)

普段はすげー気を付けてるのに...。
余計な仕事を増やしちまった...。

やっぱ今日はツイテナイ....というか不注意だけども。
Read More

2007/06/20

筑波ツーリスト・トロフィー in SUMMER エントリーリスト出ました。

出ましたよ☆

やっぱFT1は15台なんすね。
そしてよくよく見ると4大メーカーが激突!
激しさを増すこと間違い無しっ。

よーし、相手に取って不足はないぜ....
つか、相手は不足ありありだろうけども...。


<今回の目標>
1.車検をスルーする。
2.決勝に自力で出場する。
3.(自己)最速ラップをたたき出す。
4.最下位にならない。
5.アベレージスピードで90km/h以上をマークする。
6.各コーナーで肘や膝が毎回あたるくらいのバトルをする。
7.ウィニングランでボーリングのピンを倒す。


ちなみにエストレヤ レーシングではボーリングのピンになってくれる人を募集しています。
Read More

2007/06/19

筑波ファミリー走行@6/22(予定)

えー、6/22有給を取ってL2.L4を予約済みなんですが、天気が微妙なので迷ってます。

ウェットの怖さはこの前よく分かったので、無理して転倒でもしたら....壊れた箇所によってはもう本番は参加出来なくなる....と思うと弱気になり...。

予約状況は天気のせいか空きが結構ありそうなので、とりあえずキャンセルして状況によっては当日予約無しで行ってみるか....という感じです。
とりあえず、無料キャンセルが今日の23時までなので、それまでが悩みどころです。
これが過ぎちゃえば後はもう開き直るというか覚悟を決めるしか無いんだけども。


オレA
「参戦2戦目で何弱気になってんだよ」
「ガンガン走り込めよ」
「本番が雨だった時の為にも」
「走らなきゃ速くなれないんだよ」

オレB
「無理して転倒して本番に参加出来なくなるより、ちょっと遅くても良いから参加できた方が良いじゃん」
「雨で走ったてメリットないよ」
「本番が雨だったとしても条件はみんな一緒なんだから」
Read More

筑波ツーリストトロフィーに向けて...11

今までにステップ...というかペダルを擦って折ったことが2回あるので、少しでもこの危険を回避しようと考えました。

ホントはステップ位置を上げたいんだけども...さすがにこれは難しそうで...。
でも、問題はベースだけなんだよなー。
ステップ自体はWMのより安くて、カッコ良くて、どこでも手に入るようなのはいっぱいあると思うで、どれか一つ決めてそれに合わせてベースを作ってしまえば....後は転倒しようが今よりも困ることは無いだろう。

Before



で、よくよく見てたらこのペダルの先端が長過ぎることに気付き...

After


 

0.5cmくらい切ってみた。

これで擦れる可能性も(ちょっとだけ)減って、しかも(ちょっとだけ)軽量化☆
操作性も問題無し....つか、前は長過ぎて引っ掛かっちゃうことがあったけどもそれが無くなりました。

.....と、こんなことまでしてたけども、
3月のTTは全然攻められなくて....ノーマルステップでも擦らねーんじゃねーかってな感じでしたけど...。
Read More

2007/06/18

筑波ツーリストトロフィーに向けて...10

筑波ツーリスト・トロフィー共通車両規定
(24)ワイヤーロック
1以下の場所には、必すワイヤーロックを施さなければならない。
尚、ワイヤーは0.3mm以上のものを使用すること。
a.エンジンおよびミッションのドレンボルト
b.オイルフィラーキャップ及びオイルレベルゲージ
2以下の場所には、ワイヤーロックまたは割りピン・ネジの緩み
防止剤等のゆるみ止めが施されていることが望ましい。
d.前後ホイールスピンドル・ナット
e.オイルエレメント、取り付けボルト・ナット
f.オイル圧力ラインの取り付け部
g.前後ブレーキキャリパーの取り付けボルト
h.フロントフォークオイルドレンボルト

 

ってことで、ワイヤリングしました。
正確にはバイク屋でお願いしたのでやってもらったんだけども。
いや、当時(3月頃)はワイヤリングってどうするのかよく分からなくて。
分かった今となっては自分でやろうと思います....つか、「レース出るんならワイヤリングくらい自分でやんなきゃダメだよ」とバイク屋にも言われました...汗

ってことで、どなたかワイヤーツイスターを貸して下さい..(^_^;)
なにげに結構高い...3000〜4000円くらいしますよね。
ペンチで巻けば良いじゃんって話なんですけど、やっぱこうピシッとなってた方がカッコいいじゃないですか....もうそれだけで「このマシン速いな」みたいな...。

「見られてますよ、あなたのワイヤリング」

なんかの標語みたいだけども。
オレは絶対見ちゃいます....そういうところ。

で、ちなみに穴くらいは自分であけて行こうと思って試みたけどもドリルの刃を2本折ったところで諦めました...力入れ過ぎなのか...。

この2カ所しかやってないんだけど他の人達のを見ると「望ましい」と書かれたところも結構やってあって....やっぱした方が良いのかとちょっと不安になります。
この前スプロケとかチェーン交換をしてもらった時に「リヤ周りのボルトが結構緩んでましたよ」と言われただけに...。
Read More

2007/06/17

筑波ツーリストトロフィーに向けて...9

で、液体ガスケットが固まったらキッチン用のアルミテープを貼って完成です。
長かったです...。

 

ステーは5カ所です。
なにげに取付け(取り外し)に時間が掛かります。
1カ所減らそうかな...。



そして最後に水抜き用の穴を。



サイドから。



フロントから。



リヤから。

今思うと全体的にちょっと大きかったかな...という感じで改良の余地はありますが。
まぁ十分2リットルを受け止める容量もあるし、掛かった金額も4000円くらいだし。
なんといってもアルミ版から自作した...というのがプライスレスです。
Read More

2007/06/16

筑波ツーリストトロフィーに向けて...8

かなり引きずってますがここからの続きです。

形になって来たところで仮装着。



だいたいは良いんですが、どうもこのサイドスタンドのとこのフィニッシュが美しくなくて。



フロント側。
切り込みを入れて重ねたところに液体ガスケットを注入。
固まったら上からキッチン用のアルミテープを貼れば結構丈夫に出来るよ...とバイク屋で教えてもらいました。
これできっと高温のオイルが溜まっても大丈夫....だと思います。



リヤ側はどうするか悩んだんだけども、同様に切り込みを入れて重ねて作戦で。
ほぼ完成です。
Read More

2007/06/15

エストレヤ レーシング

えー本日筑波のページでエントリーは発表されないかなと思いながら、過去のツーリストトロフィーのリザルトをチェックしていたら....な、なんと過去にエストレヤでNS2に参戦している人がいました!

しかも、チーム名が、

「エストレヤレーシング(仮)」

まじっすか....!
なんか、オレ、ぱくったみたいじゃん...。
いや、ホントに知らなかったんですよ。
すいません。
やっぱこの人もエストレヤでレースをするということを強調したかったのかな...(^_^;)

チーム名変えようかな....でも結構気に入ってるんですよね。

しかもこの人のタイムが1分20秒237。
オレより速いっす...「(自称)筑波でエストレヤ最速☆」のキャッチコピーがもう使えないじゃん...。

もしかしてもっと速いタイムを出してるんじゃないかと思って他のリザルトも探したんだけども、とりあえず2005年10月のツーリストトロフィーしか見当たりませんでした。
その人自体は他のマシンで参戦しているかもしれないけれど。
もしくは(仮)だからチーム名が変わったのかな..(^_^;)


ちなみに今回のツーリストトロフィーは、
「エストレヤレーシング・リベンジ」でチーム名を申込みしました。
この「リベンジ」がオレの全ての気持ちを表しています。
Read More

2007/06/14

筑波ファミリー走行@6/9(走行後編)

走行後の色々。

【その1】
タカさんが2へアでコースアウトしたのはコーナーリング中に後ろから突っ込まれたからだとかで。

「マジっすか」
「アブねー」

とか話してたら、ハッシーさんが、

「速度の違うバイクが走ってるんだから」
「良くあることだよ」

SRで激戦を戦ってきた人の言葉の重さを感じました。
きっとオレだったら転倒してたんじゃないかと...バンク中に追突されるなんて...でもレース前に再び転倒しなくて良かったですね♪
オレもこれからの走行は転倒に気を付けようと思います....そうはいっても無理だけど。
もし転倒してステップが壊れたら....部品によってはもう参戦不可になりますよ...。


【その2】
走行後にプラグを見たら、今度は濃い感じで...。
アドバイスを元にメインジェットはそのまま(140)でパイロットジェットを元に戻そうと思います。
話していて気付いたんだけども、開けた時のダルさはきっとK&Nのパワーフィルターを付けているとはいえ直キャブ状態には変わりなく....吸い込む空気が整流されていない....流速が遅い....ことが原因だと思います。
つか、間違いなく。

しかも今付けているパワーフィルターはブリーザー還元タイプではなくて...車検通らないじゃん。
つか、他の人のオイルキャッチタンクをよくよく見て違いに気付いたんだけども。

こうなったらやっぱファンネルしかないっす。
流速が上がれば更にタイムが上がること間違いないっす。

で、ここ最近エストレヤ純正キャブ(口径54~55mm)に合うファンネルを探してるんですが、なかなか見つからなくて...。
で、2つほど見つかったんですが....

WM アルミファンネル ネット付き CR大型用 → 約4cm
キタコ ビッグエアファンネル → 45.5mm

長さが4cmとか...4.5cmで。
CVキャブは短いとセッティングが出難いということなので、とせめて7cmくらいは欲しいと思ってるんだけどもそんなファンネル見つかりません。

まあ、無いよりは流速がアップすると思うのでキタコのを付けてみようかと思ってるんだけども。
それか純正のエアクリーナーボックスとキャブを繋ぐゴムのダクトにしようかと....捨てなければ良かった。



このボックスの奥にある丸いやつです。
こう見るとちゃんとカールファンネルみたいな形になってるんですね。
ちなみにあのカールファンネルの形状が一番吸入効率が高いってどこかのサイトに書いてありましたよ。
14073-1274 ダクト,#2,#4 872円

【その4】
筑波の食堂で。
予選落ちした人には無料走行券3枚とか...1万円キャッシュバックとか...新しいレギュレーションとして筑波サーキットに提案する為の意見を出し合いました....主にタカさんとオレで。
Read More

2007/06/13

筑波ファミリー走行@6/9(L4編)

1時間30分もあればキャブ弄っても時間的には余裕だろうと思ってたら....あっという間に走行時間が来て。

プラグを新品に換えて。



イリジウムです。
勝つ為の選択です...。

走行10分前くらいになったらポツッと雨が降ってきて....ウェットになるほどじゃないけれど。

「頼むから走り終わるまでもってくれ」
「パワーモリモリになってますように」
(ジェットを換えたので)

.....と、祈りながら走行開始。

走り出したらこんなことやシルバン・ギュントーリになることも忘れちゃうんだけども。
ただキャブの違いは全く分からず....ただもう開けがダルイだけで...。

途中、赤旗が出たり...
黄旗に気付かず2台ほど追い越しちゃったり...
タカさんが2ヘアでコースアウトしてるのを見たり...
最終コーナーでハッシーさんに大外から抜かれたり...

.....しながら走行した結果。

出ました、1分20秒87☆

出ちゃいました....20秒台がっ!
ホントかっ?...って感じですが...。
もう21秒台は完全にものにしたといっても過言ではありません、きっと...。

いや、でも、今回は何かが分かってきた気がする・・・
というか、分かり始めて来た気がする・・・

走行中に「そういやtetsutaroさんはフロントブレーキしか使わないって言ってたっけ」と思い出し...忠実に真似を試みます。
今まではできるだけ奥まで突っ込む→「ガツンッ」とフロントとリアでブレーキをかける→クルッと回る....というイメージで走っていて、1コーナー、1ヘア、2ヘアをそんな感じで突っ込んでいたんだけども。

シフトダウンをミスしてリヤがロックしたり、減速し過ぎちゃったり....ということが良くあり、どうもイメージ通りに行かなかったんです。
この減速し過ぎちゃうってのはいつも改善項目のトップランクにあって頭の中では分かってはいても、いざ突っ込みをするとビビリなのか...なかなか今まで以上の速度で突っ込んで行くということが出来なくて。

でも、フロントしか使わないようにしたら制動力が落ちて当然その分突っ込みの速度が上がって....と思わぬ効果が☆
しかもラフにシフトダウンしてもロックしないことにも気付いて...今までロックしてたのはリヤを踏み過ぎだからだったのか...と今更ながら気付きました...。

最初は「やべぇ、突っ込みすぎだ..汗」とか「ウォォー..汗」とかなってたんだけども慣れてくるとなんかすげーイイ感じになってきて....何回かすげーイイ感じで回れたんです。(オレなりに)

で、「これだよっ、こういうイメージだよっ」と分かり始めてきたんです...突っ込みが。(オレなりに)

.....といっても、まだ暗闇の中のすげー先に光がちょっと見えた....というくらいなんだけども。

マジでなんかすげー収穫があった気分♪
(悲壮感はどこへ行ったんだ・・?)

それと赤旗が出たときにピットロードでハッシーさんに最終コーナーの突っ込みについて聞いたら、「スポンジバリヤの色が変わってるところ目掛けて全開」とか言われ...言われた時は色が変わってるところってどこだろう?と分からなかったけども、いざ走行して確認したら「すげー奥」で...。

今までは50m看板を目安にしていたんだけども更にその50m先くらい....というか、「もうコーナーに入ってんじゃんっ」とツッコミを入れたくなるような場所に色の変わるスポンジがあり...。
いや、オレもうあそこまで行ったら...ポストまで行っちゃいますよと泣き言を言いながら回ってました...。
とても真似できなくて。

でも前回の走行よりも更に全開区間が多く回れるようになったことだけは確かです。
全開で最終コーナーを回れるようになる日も近いんじゃないかと予感してます。



.....ということでタイムが上がったんじゃないかと。
Read More

2007/06/12

筑波ファミリー走行@6/9(L2編)

この日は午後から雨予報だったのでトランポ(という名のサンバーバン)を借りて筑波まで。
なんだかんだトランポ代(12時間6300円)がモッタイナイ....2本も走れるじゃん。

ゲートをくぐったら「あれ?」なんか見たことある人がと思ったらタカ&トシ....タカさんとハッシーさんで。

タカさんは予約を持ってない状態で、朝並んで取ったんだとか(雨が降るかもしれないのに)....気合入ってます。
聞くと前回の走行で転倒、フロント周りを自分で修理してその様子見だとかで。

当然話はフロンティアのエントリー台数のことになり、タカさんとオレはうっすらと悲壮感が漂い....これから走行だというのに。
(この時点ではまだ別走になることは知らなかったんです)

暖気場をブンブン走り回るハッシーさんを見て、
「予選落ちに関係ない人はいいよな・・」
.....と、タカさんの一言に「ウンウン」と心の中でうなずくオレでした...。

いや、きっとハッシーさんはハッシーさんでFT1を背負って立つ人なのでクラス優勝はもちろんのこと総合優勝に向けリベンジに燃えてることと思うんだけど。
いや、プレッシャーをかけるつもりは全くないんですけど...。
頑張って欲しいです。
(つか、オマエ(オレ)が頑張れよって話ですけど)

そういやハッシーさんのマシンを始めて見たけどもすげーキレイで...やっぱ速い人のマシンはキレイだなーと改めて実感。(ちょっと例外もあるけれど)
しかも、またまた見たことがないメーター(計測器)が装着されていて...MYCHRON3と似ていてちょっと気になりました。
そういやなんだかんだで忙しくてマシンの写真撮り忘れた...。


で、走行....うっすら悲壮感が漂いながらも。

実は今回は「こうなったらスーパーラップを叩き出してやるぜ!」と心に秘めた思いもあり、出たタイムによっては「本番はどうなるか分からないぜっ」的な感じでもあり....。

要約すると、
「ニッキー・ヘイデンになるのは無理でもシルバン・ギュントーリくらいにはなってやるぜ」....です。

で、シルバン・ギュントーリ目指して頑張った結果。

出ました、1分21秒台がっ。(2回も)

まあ、携帯で計ってもらっていたので多少の誤差はあるだろうけど。
いや、まあ、前回の走行で21〜22秒台が出ることは想定していたんだけども実際に出るとうれしいもんです。
つか、本心はホントにそんなタイムが出ているのか心配で...。
(ファミリー走行の時も計測器をレンタルしてくれればいいのに)

で、走行後にプラグを見てもらったら「ヤバイくらい薄い」と言われて...。
次のL4まで1時間30分あるのでジェットを変更。
・メインジェット:135→140
・パイロットジェット:35→40

それと開けた時のダルさが改善されないのでスプリングをほんのちょっとだけ切断。
そしてスロットルバルブを削って軽量化すればもっとレスポンスが良くなるんじゃねーか?....と、新たなカスタム方法を思いつきましたが次回のお楽しみとしました....なんだかんだ時間が無くて。

最近気付いたことが一つ。
キャブを弄って一般道で試走すると、その時は「すげー」と感じるんだけども、同じ状態で筑波を走ると「ダルイ」と感じることが分かり...オレの場合一般道での試走は役に立たないことが判明しました。
Read More

2007/06/11

えー、奇跡が起きました...。

Frontier(フロンティア)クラスは、エントリー多数につき、フロンティア1(FT1)とフロンティア2(FT2)クラスを別走といたします。
これで、見た目の順位のわかりやすさも、クラスとしての地位も上昇?これからのFrontierクラスに乞うご期待!


.....ということです☆


フロンティアって地位低いんだ...(^_^;)
まあ、ライセンスが不要だったりエントリー費が安かったり....という点から見ればそうなのかもしれないけれど。

地位の高いクラスって何なんだ。
Takumi....?
ハッキリ言って台数が少なくて全然つまらねー、乗ってる人たちは速いんだろうけど。

つか、オレの知る限り(...あまり知らないけれど)レースをする人はきっとどのクラスの人もその人なりにお金や時間や労力を注いでいて....購入してすぐレースに出れるSSとは違って、特にVTなんて古いマシンはきっとレースに出れるようにするまでも結構大変だろうし。(SRも古いけど....現行モデルもあるし、パーツもあるし)

エストレヤだってエストレヤなりに結構大変で...(^_^;)

で、何が言いたいかっていうと、走ってる当人は少しでもタイムを上げたり、「アイツ速えー」と言われ(思われ)たかったり、ライバル(という名の知人)に勝ちたかったり、追いつきたかったり....という一心で。
クラスの地位なんて関係ないしそんなこと思ってもいないんじゃないか....ということで....。


.....と、言いながらも。

筑波サーキットの人達はそんなことは当然分かっていて、だからオレのように予選落ち(ほぼ)確定の人のことを考えてくれてFT1とFT2を別走にしてくれたんだと思う。(きっとオレの為だけに..♪)
いや、ぜんぜん違う理由かもしれないけれど...。

正直ここまでFT2が増えると9月のツーリストトロフィーは別になればいいなー(今回は無理だろうけど)と思っていたんだけども、まさか今回から別になるとは思ってもみなかった。
柔軟な筑波サーキットの人達に感謝です。

中には打倒VT(SR)に燃えていて混走の方がいいと言う人もいるだろうけども。

いやーしかし、ホント良かった☆

実は今回のツーリストトロフィーの目標は「自力で決勝に進出する☆」だったんだけども、事前に情報筋から今回は台数が増えると聞いていたので、(言葉は悪いけども...)

「予選は死ぬ気で走ろう」
「予選で決勝に残るタイムを出せればその後に転倒して決勝走れなくなってもいいや」

.....くらいの気持ちというか決意でいたんだけども、
41台(さらに増える可能性あり)と分かってからは「こりゃ死ぬ気で行っても無理か・・・」と、ちょっと悲壮感が漂ったり....。

で、別走と分かってからは、

「FT1が15台だから予選落ちないんだ♪」
「タイム出す前に転倒とかしなければ決勝走れるんだ♪♪」
「もう死ぬ気にならなくてもいいんだ♪♪♪」

.....と、一安心してます。
このまま行くと予選は腑抜けた走りになるかも....。
新たな目標を見つけなくては。

もしかするとすげー速い人(1分5秒くらい)が出てきてまた120%落ち...という可能性もあるけど、きっとそんな人はいないだろう。
たぶんトップは11秒とか12秒くらいだと思うので今回は大丈夫だろう、タイム的にも。

この二日間はストップ安からストップ高...みたいに激しい感じでしたが、落ち着いた今となっては、

「15台か...少ねーなー」
「あと10台くらい増えねーかなー」

とか、生意気なこと考えちゃってます...。
フルグリッド(32台)までなら全然ウェルカムですよっ♪
Read More

2007/06/09

怒濤のパワーにタイヤがついて来れなくて...。

5/4のファミリー走行の翌日。

あまりのフケなさ加減に「こりゃヤバいだろう」ってことでキャブを開けて、
メインジェット交換したり...
パイロットジェット交換したり...
エアスクリュー回したり...
というのを何度も繰り返してやっとまともに走れそうになったので試走。
まだまだダルいところはあるんだけどなんかパワーが凄い出てる感じがして....こ、これがエストレヤ本来の加速なのかって感じで。

で、調子の乗って近所をバンバン乗りまくった結果。



.....リヤタイヤがパンクしました。

きっと怒濤の加速力に真ん中だけすり減ったタイヤが保たなかったんだと思います..(^_^;)

ちょうどTT900GPに交換しようと思ってたとこだっただけど、この状態でどうやって行きつけのバイク屋(片道20分くらい)まで行くかが問題で。

空気圧を2.5くらい入れると5分くらい保つことは分かったんでこの時間内に行けるバイク屋2店舗に行ったけど体よく断られ...やっぱチューブタイヤのパンク修理なんてメンドクサイんすね。
(タイヤ交換自体は行きつけのバイク屋でハブベアリングとかダンパーとかも一緒に交換してもらおうと思ってたので、とりあえずパンク修理だけお願いしてみた)

で、その内の1店舗が「それならホルツのパンク修理剤(自動車用)を使うと良いよ、オートバックスに売ってるから」と細かく教えてくれて。

そっか。
それならパンク修理より安く済むしってことでタイヤに空気入れてもらって自宅に戻り車でオートバックスまで。



「軽自動車〜1800ccクラスまで」と記載されています。
エストレヤは250ccだからこれで十分だろってことで..(^_^;)



「空気が完全に抜けた状態で使用して下さい。液状ゴムと一緒にガスも入ります」と記載されていて、初めて使うのでドキドキだったけど赤いレバーをひねるだけで結構瞬時にパンパンに入りました。

「直ちに低速で走行を開始してください」と記載されていたので速攻行きつけのバイク屋に向かいます。
低速と言われてもフツーに流れに乗るくらいの速度で走行したところ、15分くらいで完全に空気が抜け....。

で、惰性で止まったところに偶然バイク屋が..(^_^;)
事情を説明し空気だけ入れてもらって祈るように行きつけのバイク屋を目指しました。

で、無事行きつけのバイク屋に辿り着き今のTT900GPになったという訳です。
Read More

2007/06/08

41

SBKの芳賀選手じゃありません。

な、なんとフロンティアの現在のエントリー台数です。

じょーかーさんところで知ったんだけども、FT1が15台、FT2が26台!

FT2が急増...まさかここまで増えるとは。
VTって結構人気あるんすね。

いや、いや、そんなこと言ってる場合じゃないっす。
ヤバいっす。

フルグリッド32台ですよ。
9台も予選落ちですよ....NS2かっ。

ということは、すなわち、

オレ、ほぼ予選落ち確定...(´_`。)

なにか奇跡が起きない限り...。

はぁー
フロンティアチャレンジとか出来ないかな...
Read More

2007/06/07

筑波ファミリー走行@6/9(予約編)

えー、本日当月予約で6/9のL2を予約しました。


L4は既に予約済みだったので「せっかく筑波行くんだから1本はないだろう」ってことで。
13時からの開始に照準を合わせていたんだけども、ちょっと気を抜いたところ仕事に集中してしまい....気付いたら13:13!

「なにやってんだよ、バカやろう」
「土曜の予約なんだから気抜くなよ」

.....と、思いながら速攻アクセスすると、

な、なんと、L1〜L4まで全て○(空きあり)になってるじゃないですかっ。

あれ?おかしいなーと思いながらもL2予約完了。

「やった、ラッキー☆」

....と、思いながらも冷静に考えると、

「土曜にこんな空きがあるなんておかしい」
「はっ、もしかして天気が悪いのか?」

で、天気予報をチェックしたところ、

曇り時々雨 降水確率60%

.....。

「やっぱり....こういうことか...」
「みんなちゃんと計画的に予約してんだな...」

.....と、突っ走ってしまったことをちょっと後悔。

まぁでも時々雨だから降らない可能性もあるし....せめて午前中だけでも持ってくれ。
それに今のオレは走りに飢えてるからな...これはこれで良しとしよう...(^_^;)

とりあえず、レンタカーを予約しました...。
Read More

2007/06/06

MYCHRON3 Club に惚れた♪

この前(5/31)に筑波に行った時、速い人のバイクに見たこと無いようなメーターが付いていて....あまりにもカッコいいので聞いてみたら AIM というメーカーの商品と教えてくれて。
無粋にも値段を聞いてみたら4万くらいというので....これしかねーと思いました☆



このバイクはメーターステーを始めあらゆるステーが削りだしで自作されていたりと相当な出来映えでした。

で、調べたところ MYCHRON3 Club と判明。

お気に入りポイント。
・回転数が測れる。
・ラップタイムが測れる。
・単4乾電池2本で動作する。

タコメーターもラップショットも無く、これ以上配線を増やしたくないオレのエストレヤにピッタリ☆
ちなみに今まではこれが欲しかったんですけど。
Read More

2007/06/03

筑波ファミリー走行@5/31(番外編)


ピットで。
フロンティアで一番速い SR と一番遅いエストレヤ。

リヤは5cm上げただけなのに....なんかタイヤとフェンダーの隙間がすごいなー。



トランポで。
フロンティアで一番速い SR と一番遅いエストレヤ。

帰りは送ってもらってありがとうございました。
オレもいつかはステップワゴンを...。



タイヤは TT900GP にしました。
全然バンクさせてないのに結構端まで使ってます....なんでだろう。
TT100GP の時はかなり無理をしないと端まで使えなかったのに。

サイズはフロント:90/90、リヤ:100/80です。
エストレヤのノーマルはリヤ:110/90なんですが TT900GP にはこのサイズが無くて....100か120なんだけど、NS2 に出ているSRX とか見ると 100 の人が多くて。
聞くと「100も120もグリップは変わらない」とか「100のほうが寝かし込みが鋭くなる」とか「100のほうが直線が速い」と言うので...オレも「100しかねー」と思って。
昔のオレなら迷わず120を選択してたと思うけど...やっぱリヤは太い方がカッコいいじゃないですか。

で、走った感じは寝かし込みがどう...とか言えるほどの走りをまだしていないので違いはよく分からないけども、とにかく安心感だけは大きくなりました....気持ちの問題ですけど♪

それとダンロップのタイヤカタログに
WGPを戦うダンロップのレーシングテクノロジーをフル注入。
と記載されている謳い文句を見て更に安心度が加速しました。(玉田頑張れ☆)

今回タイヤ交換はバイク屋でお願いしたんだけども、
・フロント:12099円(2割引)
・リヤ:10629円(2割引)
・工賃:8400円
....と、結構な金額がして。
まぁ工賃はあらかじめ提示されているので知ってたんだけどもタイヤがこんなに高いとは...知らなかった。
そもそも定価さえ知らないんだけども(オープンプライス?)、量販店(例えばナップス)だとフロント8641円、リヤ7591円でどこもこんなもんかなーと思ってたのが大きな間違いでした...。

そして今回 tetsutaro さんが筑波のダンロップサービスで1本500円(バランス含めて1000円?)でタイヤ交換しているのを見て凄い損した気分になりました...(^_^;)
次回からはオレも....と思ったんですが、いまだホイールを自分で外したことが無いのでちょっと躊躇しそうです。
(ホイールごと外して持って行かなくてはならない)
ま、最悪は誰か居る時に見てもらいながらやればいいや...。



ファミレスでツナギ隊...。

隊といってもオレ一人だけど。
( tetsutaro さんは私服)

決して革ジャンじゃありません。
下はもちろんブーツです。

入口で「いらっしゃいませ、何名様ですか」というウェイトレスの目線が、先頭にいる tetsutaro さんではなく後ろにいるオレに釘付けになっているのを見逃しませんでした..(^_^;)

次はスーパーでヘルメットをカートの中に入れて試してみたいと思います...。

「ツナギはライダーの正装だ」
(ライダーズクラブ)
Read More

2007/06/02

筑波ファミリー走行@5/31(L2編)

ピットに戻ると tetsutaro さんの SR がマフラーとかエキパイとか付いてなくて....この状態でホントに9:00から走るつもりだったのかと改めて大物ぶりに驚かされて...。

いや、そんな人のことはいいから次のL2まで1時間30分あるのでまずはキャブを。
最初に比べれば全然良いんだけどもまだフケきらないというかダルさがあって。
ちなみに今はメインジェットを122→135にしてあるだけで後はノーマルです。
それとエアスクリューを適当に回しているけど、もうどこがノーマルだったかさえ分からずに...。



とりあえず開けます。
前回の走行(5/4)の翌日にパイロットジェットをノーマルの35→40にしたらまともにアイドリングも出来なくて、にっちもさっちもいかなくなった苦い思い出があるので悩んだあげくパイロットジェットはノーマルのままで行くことに。



上側を開けるとこんなスプリングが出てきます。
こいつが今回の主役です。



二大巨匠の意見を参考にちょこっと切断。
これで負圧の力が小さくてもスロットルバルブが上がりやすくなって全開になりやすいって訳です☆

決して「これは厳密に言えばレギュレーション違反なんじゃないか」とか「スプリングの力が弱まるということは逆を言うと下がる力も弱くなるのだからアクセルをオフにしても回転の落ちが悪くなるんじゃないか」とか小せーことを気にしちゃいけません...。

さ、さ、次行きます。



ジェットニードル。
キャブセッティングで検索するとよくクリップを下げると濃くなって...と記載されているけれど、これじゃ下げようが無いので薄いスペーサーを入れて若干下げ気味になるよう狙ってみました。
(ピンぼけで分かり難いけども)

これで低中速からパワーモリモリを期待したんですが...。

なんだかんだであっという間に1時間30分が過ぎて...走り出したところなんかフケなくなってます。。汗
せっかく完全にドライになったのに。
さすがに再度キャブを開けたら走行時間が無くなるのでこのまま行くことに。
で、ドライになったのになぜかビビリが継続してて...そういや空気圧チェックしてなかったと再度気付いてピットインして前後1.5に。(リヤが2.2も入ってましたよ)

で、走り出したらやっと落ち着いて来て...でもなんかシフトアップポイントとかも全然違っちゃってリズムに乗れず。
しょうがねぇと思いながら最終コーナーにアタック。
今のところ50m看板過ぎたら1速落としてちょっとオフ気味で突っ込んでたんだけども、落とさないで5速のまま突っ込んでみたらなんか結構行けそうで♪
もちろん全開のままは行けないんだけど、オフにしてる時間もそれほど変わらないし、立ち上がりもそんなにダルい訳じゃなかったのでやっぱ最終は5速のまま行った方が良いのかも☆
後は全開区間を徐々に多くして行って最終的には全開で回れるようになれば結構タイムも違ってくるはず。

この前までタイムを縮めるには2ヘア立上がりから1コーナーツッコミまでをいかに速くするかと思ってたんだけど、この日走ってる時になにげに1コーナー抜けてから1ヘアまでも結構全開区間が続くなーと思って1コーナーもいかに速く抜けるかも重要だということに気付きました。
ま、そんなこと言ったら全てのコーナーがそうなんだけども。

とは言いながら、1コーナーのツッコミは全然イメージ通りにいかず...

.....終了。

とりあえず、チェッカーを見落とさなくなったので、この点だけは間違いなく向上していると実感出来ました..(^_^;)

しかし、1日2本じゃ全然走り足りないっす。
午前2本、午後2本くらい走りたい。
集中して走らないとなかなか進展しないっすよね。
前回は5/4と約1ヶ月も空いてるし。
せめて1週間に1度は走れれば最高だけど、なかなかそういう訳にも行かないし。


<次回(6/9)の課題>
1.ぐだぐだ言わずにとにかく速く走る。
Read More

2007/06/01

筑波ファミリー走行@5/31(L1編)

前日の予報では朝から雨は降らない予報だったのに、起きたら降ったりやんだりで....自走で行くのはどうかと思ったので悩んだ末に近場のレンタカー何軒かに問い合わせをしたけども軽バンと軽トラは空きが無くて....結局自走で。

なんだかんだしてたら時間が結構過ぎてしまって筑波に着いたのが9:30。

L1は9:30からなのに...
せっかく当日予約で予約したのに...

雨で自走でピット無しは嫌だなーと思いながら、ピットをぱらっと見ても知り合いは居なそうだったのでそのまま奥に進むと空いてるピットがあったのでゲットして一安心♪

まずはチケットを買いに行こうとタワーに走り出したところで tetsutaro さんも来て....11:00からと言っていたけどよくよく聞くと9:00からも予約してたとかで....1本ブッチギったところで全く動じないところに大物っぷりを感じました。

で、保安部品外したりテーピングして....コースインゲートの時計が9:48でした...。

残り12分。
雨は降ってないけど路面は完全にウェットで、走ってる人もほとんど居なくて...とりあえず、タイヤが新品なので(自走で来たので完全に新品ではないけども)コースの右側をずっと走ってこの回は終わらそうかと...。

右側を走って気付いたのは1へアとかってなにげにコース幅あるなーとか、インベタで最終コーナーに突っ込んで行くのは怖いなーとか。

何周か普通のラインで走ったらダンロップでリアが何回か滑ったり、シフトダウンでリヤがロックして滑ったりして....これが氷上の格闘技かぁ・・・とか、心の余裕を見せながら....いや、ホントはニッキーへイデンになりきるどころか実際は初めて補助輪を外した自転車に乗ってる男の子・・・くらいビビりました...(^_^;)

それにタイヤ交換をバイク屋でお願いしてその後に空気圧のチェックをしてないことに気付いて....これが輪をかけてビビリ度を加速させました。
空気圧が分からずに走るってホント怖いっすね...。

無事(というか、若干自信喪失気味)に1本目終了。
チャンピオンへの道のりは遥か遠くです。
Read More