2007/08/31

エストレヤのバックステップ@COERCE(コワース)

どうも。
市川のタイソン・ゲイことsumiです。

そして全国17万4500人のエストレヤ乗りの皆さん。
吉報です。

えー、本日会社帰りの電車の中でライディングスポーツを読んでいたところ、新商品の紹介ページ(P.104)で、とある商品を発見しました。

ESTRELLA COERCE FIXED RACING STEP

そうです、エストレヤ用のバックステップです!
しかも、レーシングステップ....ですよ....この響きがたまりません。

今までBEETとWMの独壇場だったエストレヤのバックステップ市場にコワースが参入です。
今日は祝い酒ですよ....いや....つか、飲めません、オレ。

もうエストレヤだからって仕方なしにしょぼいバックステップを付けなくても済むんですよ。
なんたって、ステップ位置が193mmバック、80mmアップですよ。
まさにレーシング。

もう、これしかねーっ....て感じです。
オレのために作られたと言っても過言はありません。
きっと、筑波TTでのオレの熱い走りを見たダックスコーポレーションの人が「エストレヤにもバックステップが必要だな」と思って商品化されたんだと思います。

ちなみに、BEETは92mm/58mm
WMは160mm/30mm

つか、WMって30mmしかアップじゃなかったんだ....知らなかった。
高さはBEETと同じくらいと思ってた...。
BEETのは絶対前過ぎるんですよね....これは絶対改善したほうが売れると思う。
せめてWMと同じ160mmくらいにしたほうがいいんじゃねーかと。

で、コワースですが。
まだ、webにもアップされていないので....しかもライディングスポーツにも「写真は試作品のため、実際の商品は多少の変更がある」と記載されているので、発売はいつになるのか分かりませんが。
写真を見るとトップページに出ているW400用(?)のバックステップとかなり似た感じっぽいです....詳細が出るまではこれで妄想を膨らませて下さい。

値段は31500円だけど、ステップバーが3種類から選べて別売りです。
オレは迷わずNEW MFJレーシング(6300円)です。
Read More

2007/08/24

欲しいものリスト@KUSHITANI

KUSHITANIのGPR5 です。

何かのカタログを見ていて....「次はこれしかねーっ」と思いました。

なんてったって10年以上前から進化が続いているんですよ。
そんなグローブってあんまないんじゃないかな....やっぱ安全が第一ですよね。
KUSHITANIのGPR5は限定された工場でしか作れない逸品。様々なグローブが発売されていますがこのグローブに関しては一箇所の決められた工場のラインでしか作れません。
それは複雑なパターンと100ピース近くにもおよぶパーツ点数のせいで縫える職人が限られてしまうためです。

そしてこの一文からKUSHITANIの中でもスペシャルな製品であることが伺えます。

ちなみに今使っている SPIDI SPORTCOMPOSITE の黒モデルなんだけど、これはこれでお気に入りです☆
結構カッコいいんですよ....これがまた..(^_^;

つか、やっぱ身に付けるものはお気に入りのものじゃないと速く走れないっすよね....気分的に...というか。
それにグローブは一番最後に身に付けるものだから、余計にお気に入りじゃないと気分が乗らないと思う。

まあ、何もなければ後2〜3年は問題なく使えそうだけど。
その頃はGPR6かGPR7になってそうな...。
(何も無いってことはあり得ないけど)
(転けるのは嫌だけど、転けなきゃ速くならないような気が)


********


DIADORA XTEREME 、ブーツです。

これも何かのカタログか雑誌で見て....「次はこれしかねーっ」と思いました。
もちろんカラーは白です。

ちなみに今履いている SIDI B2 は(もちろんこれもお気に入り)乗り方がおかしかったために、つま先の外側が凄いすり減っていて....何もなくてもきっと後1年持たないと思います。
なんかバンクさせた時につま先で路面を探らないと不安だったんですよね...その結果、寿命を縮めました...。
もちろんプロテクターは交換できるんだけど、既にその下地まで来ているのでヤバい感じです。
きっと、DIADORA はプロテクターがチタンになっているのでそう簡単には削れないと思います。

といっても、KUSHITANI 製ではないけども。
DIADORA って有名らしいですよ、ヨーロッパとかじゃ....サッカーシューズとか。
オレは全く知らなかったけど。


********


今着ているツナギはアレンネスの黒モデルで、もちろんこれも気に入ってるんだけど....サーキットの村人に聞くと結構評判は良くないみたいです。
なにがってカンガルー革が。
牛革に比べて薄いので転けると破れやすいそうです。

毎レース新品ツナギで戦えるライダーならいいけど、普通買ったらボロボロになるまで使いますよね....そのボロボロになるのが早いってことです。
まあ、薄くて軽いってのは良いと思うけど。

ちなみにこれは、ボスコ・モト 御殿場アウトレット店で今年の1/2に買ったんだけども、ツナギ専門店だと思って大きな期待を抱いて行ったら....凄い期待はずれで...。
ナップスやライコランドの方がよっぽど種類も在庫も多かったです。
まあ、行ったのが1/2だったからかもしれないけれど。
アレンネスかベリックしか眼中にない....という人には良いんじゃないでしょうか。

で、サーキットの村人たちの話を聞くと、「ヘタクソほど安全に気を配れ」ということなので、次にツナギを買う時はフルオーダーにしようと決めています....いざ、その時が来たらどうなるか分からないけど。
やっぱ既製品だと、どこか合わない部分があったりするとそれが原因で怪我になる可能性も高くなるし、ちょっとケチっただけでそれ以上の治療代を払うのもアホらしいし。
それに結構フルオーダーでも安いんですよ....まあ、安いといってもあくまでイメージより安いということですけど。

そんで、グローブとブーツをチェックするために KUSHITANI のサイトをチェックしてたら工場見学があって。

これを見てツナギも KUSHITANI しかねーなーっと...(^_^;

プラス1万円でイージーオーダーシステムというのがあって12サイズから選べて、カラーも選べるんですよ。
フルオーダーもあるけど、ちょっと高そうだなー。

デザインはこんな感じがいいかと。

といっても、今のツナギもまだまだ(数年は)着れそうだけど....何も無ければ。
アレンネスってアフターサービスはどうなってるんだろうか....あまり期待出来ないけど。
その点 KUSHITANI はバッチシです....1年間は転け放題ですよっ..(^_^;
Read More

2007/08/19

オフィシャル@もて耐

もて耐行ってきました、オフィシャルで。

土曜日が4耐、日曜が7耐。
土曜日は小雨→曇りだったけど、この時期2日連続で丸一日屋外にいるなんて....しかも場所によっては日陰さえ無いんですよ....危なくコース脇で落ちるところでした...。

ハッキリ言って耐久レースは見るもんじゃなくて参加するもんですね。
見ててもなんかメリハリが無いというか、熱いバトルも無く。
ちなみに鈴鹿8耐も全く興味はありません。

でも、自分が出たら絶対楽しいと思うので(ライダー交代する時に「後は頼んだぜっ」的なのをやってみたいじゃないですか)NS2耐久は絶対出たいと思います....2時間だけだけども。
(3人で走ったら1人30分か...練習1本分じゃん。30分交代で走ったとしても2回は走りたいので4時間になれば良いのに)
(つか、きっと参加台数は多く見込めると思うので年2回になればいいのに)

ちなみにレギュレーション上はエストレヤでももて耐に出れるんです....国内ライセンスが必要なので人間的にNGだけど。
でも、エストレヤでモテギを走ってもあまり楽しくないかも、コースがデカ過ぎて....というか、パワーが無さ過ぎて。
7耐でAR125という125ccのマシンが走ってだけど....でも、そんなに遅さは感じなかったな...。
しかし125で7耐に出るという根性が凄いですね....ジョーダンでなら言えるけど、いざ出るとしたらエストレヤでFT1に出るのとは比べものにならないくらい相当な気合いが必要だろうなー。

今年からレギュレーションが変わって、こういういろんなバイクが走れるようになって正解だと思います。
それの方が見ていても楽しいし、門戸も広がるだろうし。

Read More

2007/08/17

筑波ファミリー走行@8/17(整備編)

早めに行ったけども(といっても8:30頃着)やっぱり空きはなくて....しょうがなく1本走ってきました。
結構混んでました、トランポがいっぱいで....平日だからと淡い期待を抱いていたんですが。

日陰が無いのでどうしようかと思ったけど、どこに停めても同じなので定番の1ヘア外側にマイトランポ(レンタカー)を停車。
トランポで日陰ができたけども、きっと自走だったら死んでいたと思います...。

で、走行前にキャブ清掃。
そしてメインジェットを145→150に....もうこれ以上大きなサイズは持ってませんよ。
スプリングをまたちょこっと切断。
パイロットスクリューを調整。

実は前回(7/25)の帰りの途中(自走)から急にアイドリングが不安定になって....吹かしていないと止まっちゃうようになってたんです。
アイドリングを高く設定すると、スロットルをオフにしても回転がなかなか落ちてこない状態になって....仕方なく止まるたびにちょっと吹かした状態にしてたんです。
走り出しちゃえば問題ないんですけど。

サーキットでは問題なかったので、セッティングが街乗りには合ってないんだなーとか思ってたんですけど....今思えばアイドリングにサーキットも街乗りも関係ないだろって感じですが...。

で、きっとパイロットスクリューを調整すれば改善されると思ってたんですが....全く改善されません...。
サービスデータの戻し回数は2 1/4なので全閉から3回転くらいのところでいろいろ試したけども、特に回転数の違いが分からなくて....どこが一番高くなるのかが見つけられず...。

とりあえず、アイドリングの設定もオフにした時の回転の落ちに違和感がないくらいの一番高いところに設定してだましながら走っときました。

で、走った感じメインジェットの違いは全く感じられず...(^_^;)
なんだろう、普通違いって分かるもんなんですか。
まあ、きっとキャブ設定自体がちゃんとなっていないので違いも分からないんだろうけど。



しかも走行後にチェックしたら、こんなに薄いんですよっ!
前から中心電極が白かったので高回転域が薄いと思っていて今回メインジェットを上げたんだけど....まだこんなに白いなんて....しかもヤバい感じに薄いですよね?...こんなものだろうか。

パイロットスクリューを調整するにしても、もうにっちもさっちもいかない感じだし...。
そんな感じでサービスマニュアルを見ていたら、今日バラした時には無かったパーツが記載されているのを発見しました☆

92055-1002 リング(0),パイロツト アジヤスト 158円
92022-1003 ワツシヤ,プレ-ン 158円

図を見るとパイロットスクリューに差す小さいOリングとワッシャだと思うんだけど、これなかったもんなー。
きっと、初めてバラしときに気付かずにどこかに落としてしまって、それ以降は無いものと思っていた状態です...(^_^;)
これは影響あるだろ....やっぱ、これが原因だろ....つか、そう願いたい。

これできっとパイロットスクリューの調整の違いも分かるはず。
アイドリングが安定しないのもこれが原因なんじゃねーか....わからないけど。
あと関係あるか分からないけど、バルブクリアランスを走行後に調整しようと思ってたけども、なんだかんだ時間がなくて次回に持ち越しです。
それとブレーキパッド交換&キャリパー清掃(気持ち)をしました。
Read More

2007/08/16

筑波ファミリー走行@8/17(前日編)

明日は久々の練習です。
1本(L3)だけだけど....あと1本くらい当月予約をしようとしてたけども、夏休み中なのですっかり忘れてました。
とりあえず早めに行ってみようと思うけど、今チェックしたらファミリー走行は全て空き無しとなっているので絶望的です...。

いろいろやりたいことがあるんだけど。
といっても、今回もまたフォーム重視...(^_^;)
前回から3週間も空いちゃったから感覚を忘れちゃうよ....効率が悪過ぎる。
まあ、この辺はオレのセンスでカバーするしかないけど...。

で、フォームを重視しながら、この前見つけたオレと秋吉しか分からないシークレットラインを試そうと思います...フフフッ♪

そんで最後の一つ。
最終コーナーを全開で抜ける。
.....何度も言ってるけど....明日こそは。
もうイケイケで突っ込もうと思います....転倒覚悟で。
(今ならまだ転倒しても本番までには修理も出来るし、ものにするなら今がベスト....って感じです)

でも、今回は決して根性だけではないんです。
ちょっと秘策があって...。

7/28の筑波選手権でオフィシャルをやったんです。
それもちょうど最終コーナーの突っ込みのところで。

各クラスの突っ込みをじっくり観察してたんですけど(ポストの上からだとラインとかアクセルとかクラッチ操作がよく分かるんです)、S80のラインがエストレヤにとっても理想のラインで間違い無いことを確信しました☆

つか、S80ってすげー熱いクラスで、一番面白かった....というより、あいつらの走りがホント凄くて、マジでビビりました...。
なんつーか、もう....走りが神の領域というか....見ててマイケル・ジョーダンとかフレディ・スペンサーを連想しました。
マジ惚れた...。
いつかはMotoGP....じゃなくて、いつかはS80、でもいいやと思えるほど。

『筑波サーキット技術仕様』に合致していれば、エンジンの排気量(2ストローク:85cc以下4ストローク:170cc以下)以外の制限はない。完全なオリジナルマシンでの参加が可能な、まさに“スペシャル”なクラス。小排気量であるがゆえ、1周2,070mと比較的小さな筑波サーキットならではのクラスともいえる。GP125マシンのフレームに、85ccのモトクロッサーエンジンを搭載するのが一般的なようだが、個人の好みで一からマシンを製作する楽しみも味わえる。

S80って良く知らなかったので見たらこんなクラスでした。
マシンを自分で作らなくちゃいけないのはオレにとっては厳しいけど、自分で製作したマシンで戦うのは最高に楽しいだろうなー。
しかも、マシンの名前を好き勝手に決められるっぽくて「なまら85」「悪魔のYZ」とか付いてるんですよっ。

ちなみにオレはもう名前だけは決めていて。
「走る火薬庫」
.....で行こうと思います。

いや、べつに走りが熱かったからマネしようという訳じゃないんだけど(それもあるけど)、見ててエストレヤには一番効率的な回り方だと思ったんです。
だいたいダブルクリップなんてパワーのあるマシンのラインで、エストレヤにとっては無駄でしかない....と思う。

<気付いたこと>
1.最終コーナーは奥が深い。
進行方向の逆から見て初めてこんなに深いんだと気付いた。
今までなんて手前からストットルをオフにしてたんだろう....全然もっと奥まで行ける。
2.インに早く付きすぎない。
今までは特にこれという目標もなく、そろそろ寄ってく....的な感じでインに寄ってたんだけども。
インが早いと当然アウトが辛くなる....中盤から後半のラインの自由度が低くなる。

<試すこと>
1.スポンジバリアが始まったらインに寄って行き、グレーのスポンジ辺りでスロットルオフ。
(今までは白のスポンジを目指していたけども更に奥に)
腰をずらしてスパッと倒し込み、一定のR、一定のリーンで出口まで。
2.1が出来るようになったらラインは同じでスロットルは全開で。
Read More

2007/08/15

オフィシャル@富士サタデーロードレース第2戦

えー、初めて富士スピードウェイまで行ってきました。

8/11 AM3:00頃に家を出て....4:30頃なのにもう帰省ラッシュとか事故とかで渋滞で....着いたのが7:00頃。
恐るべし帰省ラッシュ。
(車で乗っけてってもらったので寝ているだけだったけども)

もしかして、ブログには初登場かもしれないけれど、ちょうど1年くらい前からオフィシャル(よくコースの脇にいるオレンジ色のツナギを来た人たち)を週末にたまにやってまして。
(何を隠そう昨年のモテギmotoGPで最終ラップの90°コーナーで中野選手が転倒した際にZX-RRを撤去したのはこのオレです..(^_^;))

普段はモテギでやってるんだけど、とりあえずF1が始まる前にやっておかなきゃダメだろうってことで....まあ、意味不明ですが、ようは人手不足ってことで。
前々から声は掛けてもらっていたけども、日程が合わなかったり....なんか遠そうで....尻込みしてたんですが、とりあえず行ってみたかったし。

つーことで。



お約束、富士山...ドーン。

1コーナーから見たところ。
レース中じゃないっすよ、ちゃんと休憩中ですよっ。

富士はいいっすねー♪
なんか自然の中にあって。
モテギも山の中にあるけれど、富士は富士山が見えるからか凄い自然を感じますね。
こんな環境で思いっきり飛ばせたらライダーはすげー気持ちいいだろうなー。エストレヤではコースレイアウト的にかなり厳しいけれど....レースじゃなく走行会ならきっとかなり気持ちいいんじゃないかと。
サーキットの施設も新しいし広いし、コースも新しいし。

で、そのコースはけっこう高低差があって(今まで知らなかった)、平面のコース図を見て想像してたのよりよっぽど難しそうな感じ。1コーナーとか凄い下ってるんですよ。
しかも直線が凄い長くて....これは見たまんまだけど。



予選の合間に移動のためマーシャルカーに乗せてもらったんだけど、最終コーナー立ち上がって加速して....加速して....まだ加速して....って感じで、なかなか1コーナーが見えてこなくて。
で、やっと1コーナー来たと思ったら回ってすぐ下りが始まって....という感じ。
こりゃ600とか1000だったら気持ちいいというより相当な度胸が試されるなーって思いました。

ポスト(コース上でオフシャルが常駐している場所(箱)のことです)は1コーナー立上がりでやってたんだけども、600で転倒した人に聞いたら、「600で260km/h、1000では300km/h超える」って言ってましたよ...。
こんな速度からフルブレーキングして鋭角な下りに突っ込んで行くなんて....変態じゃなきゃできないっすね。
(かなり次元は違うけども)オレも勇気を出して筑波の最終コーナーに全開のまま突っ込んでみようと決心しました。

それと、さすがF1開催を目指しただけあってランオフエリアが凄い広かった。
モテギとか筑波だとランオフエリア=グラベル(あの砂利のとこっす)なんだけど、富士はランオフエリアもほとんどがアスファルトで....4輪はもちろんバイクも転倒さえしなければコースアウトしても無傷で(タイムは遅くなるけども)復帰できます。
そのかわり転倒したら滑走距離が凄く長くなりそうだけど....ツナギには優しくないコースですね...。

レースの合間に走行会があって、ZZR1400が5回くらいオーバースピードで突っ込んでコースアウトしてたけどもこのランオフエリアのおかげで無事復帰してました....見ているこっちはドキドキで。
これがモテギだったら間違い無くグラベルの中で転倒、筑波だったらクラッシュパッドに突っ込んでますよ。

で、肝心のレースですが、正直あまり見応えは無く(燃えるものが無かった)
まあ、台数が少なかったのでしょうがないかもしれないけれど。

富士サタデーロードレースってどんなレースか知らなかったんだけど、富士の選手権と東日本のエリア選をのことを合わせてそう読んでいるみたいです。

で、なんとエリアの600が6台、125が7台、富士の125(ST250、GP-monoも入れて)が7台....ですよっ、少なくないですか。
エリア600は富士の600(22台)と混走、125もエリアと富士が混走で4レースで15時前に終了。
なんかRS125とNSR250が一緒に走っているのが新鮮で。

普通エリア選ってもっと台数いますよね....時期的にお盆だからだろうか、それとも富士という場所柄なのか。
筑波のエリア選の結果を見たらやっぱもっといました。

やっぱ、集団で順位を入れ替えながらバトル....こんなレースをコース脇で見られるってのがオフィシャルにとっても最高ですよね。

次は9/16にMCFAJのレースがあってサイドカーもあって一見の価値あり....ということらしいけど、筑波のファミリー走行日と重なっているので残念ながら行けそうも無いです。
レース前だし。
Read More

2007/08/11

2007/08/09

2007/08/08

エストレヤの整備日誌@NASSERT TRAD-II..その2

全国8万3千のエストレヤ乗りの皆さん、そしてその中の1万1千のNASSERT TRAD-IIユーザーの皆さん。

えー、BEETに確認したところ。

NASSERT専用のガスケットが必要....とのことです。

し、知らなかった...。
きっと、製品に同梱されている説明書には記載があったと思うけど....すっかり忘れてました。
つか、ガスケットが必要になる頃には説明書がどこにあるか分からなくなってる人が多数じゃないかと。

しかし、BEETは対応が早いですね。
メール送って半日くらいで帰ってきましたよ..♪

資料も頂きました。
estrella-NT2-pl.gif

コードNO:8310-K49-10
ジョイントガスケット ESTRELLA


しかし....2000円もするなんて....プラス送料が700円もかかるなんて。
ちなみに純正ガスケットがいくらするのか確認をしたら1070円でした。
まあ、でも、こういうリプレイス品は純正より金が掛かってしょうがないのかな...。
きっと、あのガスケットの中にはチタンの粉末が含まれてるんだと思います....マフラー自体はステンだけど...。

エストレヤ用のマフラーも純粋に走りの性能だけを追求した商品が出ないかなー。
メーカーはきっとバイクがクラシカルだからマフラーもクラシカル....という認識だと思うんですけど、「違うんですよ」どんなバイクに乗っていてもユーザーは走りに徹した「本物」が欲しいんですよっ。
決してとりあえず出しとけ的な偽物は欲しくないんですよ。
エストレヤ乗りだって...。
いるんですよコアなユーザーが。
つか、オレの知る限り、エストレヤ乗りでいろいろカスタムするような人はほぼ走りを意識していると思う。
あー、チタンが欲しい...。


しかし、FAXで注文するのは大変だなー。
用品店とかバイク屋でも注文出来るって記載されてるけど。
Read More

2007/08/07

エストレヤの整備日誌@NASSERT TRAD-II



この前カバーで焦がしちまったエキパイ。
やっぱ、焦ってる時はろくなことが無いな...。

とりあえず、アイドリングして暖めて....柔らかくなったところで割り箸で削り取ったけど、らちがあかないのでバラしてみました。

ピカールにラスペネ混ぜて、スポンジ状のやすり(木材用?)とか布切れで磨くこと数時間...たぶん...。
ちなみにフツーの焼けもピカールで取れることをこれで発見しました。



やっとマシになってきたけども、まだまだ酷いところが落ちなくて。

倍倶人のモニター読者プレゼントで頂いたこのNASSERT TRAD-IIをこんな中途半端はまま装着する訳にはいかねーぜ....ってことで、流しで耐水ペーパーで磨いたところかなりきれいになりました☆
傷が心配だったけども(ピカールで磨いてる時点でダメだろって感じですが)そんな気になるほどではなかったです....よく見りゃ細かい傷は入ってるけども。
オレの場合はマフラー部分が擦れて傷だらけなので、それに比べりゃ何でもねーや...くらいな感じです。


で、きれいになったところでそのまま装着すれば良かったものを、特スポ当日に付けようとしたのが大きな間違いでした...。
これからは事前に出来ることはなんでもやっておこうと思います。

つか、サーキットに来たら...もうそのまま走れるくらいにしとかなきゃダメってことです....マシンのことは事前に完璧にしといて当日は走りのことだけ考える...ってのがベストだと思います。
いや、間違い無く。

そうはいってもフツーに生活してたらそれは難しくて...。
たとえばキャブのセッティングなんて住宅街でバンバン吹かしたりできないし....アイドリングでさえ気が引けるのに。
今度(17日)は筑波で思いっきりバンバンやってこようと思います。


そういやエキパイとマフラーを繋げる部分のガスケットがエストレヤ純正だとサイズが合わなくて。
BEETに聞いてみようと思ってたけど忘れてた...確認しよう。
Read More

2007/08/05

4スト400ccレプリカが欲しい☆

小排気量カテゴリー4ストローク化への動きと意見

オレの中でちょうどタイムリーな記事だったので。

実は最近「いつからこんなでかいバイク(600,1000)でしかレースが出来なくなっちゃったんだろう」と思ってたことがあって。

いや、もちろん他の排気量でも、エストレヤでも出来るんだけど、ちゃんとやろうと思ったらやっぱ600か1000になっちゃうと思う。
もちろん2ストから4ストになってパワーが無い分排気量で...という流れは分かるんだけども。
ただでさえレースは金が掛かるのに新車買うのに100万も出さなきゃならないなんて。(レースベース車はもっと安いだろうけども)
まあ昔の2ストレプリカも高いのは70万くらいしたと思うので、一概に600や1000が高いとは言えないけども。

でも、そろそろ小排気量のレプリカが出て来てもいいんじゃないでしょうか。
400とか500とか....ここまで来ると600とあまり変わらないかもしれないけれど。
メーカーの進歩でもう400でも十分速いバイクを作れるだろう....値段も抑えて...つか、排気量と値段が比例する理由がよく分からないけども。

600のレースを見てもどう考えても速過ぎると思うし、フツーの人はあんな走り出来ねーだろうと思うし....400くらいがちょうどいいんじゃねーかと。
レースに参加する台数もきっと増えるんじゃないかなー。
GPmonoもあれはあれで良いとは思うんだけど(マシンもカッコいいしね)、フツーの街乗りライダーがいきなりあのマシン買ってレースしよう....とは思わないだろう、きっと。
あくまで今までレースをやって来た人用って感じがする。
やっぱ取っ付きやすさで市販車じゃないと。

どうも今の状況はメーカーとか(MFJ?)に踊らせれているような気がして好きになれません。
まあ、いつの時代もそんなもんかもしれないけども。

求む!
Estrella400RRとか...。
KX450のエンジンを積んだロードバイクとか...カッコイイと思うんだけどなー。
(いや、シングルじゃなくても良いんだけど)
(いや、べつにKawasaki党ではないんだけど)
Read More

備忘録@やることリスト

・ピストンリング交換(13008-1169 リングセツト(ピストン),STD)
・負圧穴拡大(0.1mmくらい)
スプリングカット(1巻きくらい)
 →終了
メインジェットを1つ大きく
 →終了
パイロットエアスクリュー調整
 →終了
リヤフェンダーステー撤去(軽量化)
 →7割終了→終了
フロントブレーキパッド交換(&キャリパー清掃)
 →終了
・リヤキャリパーサポート肉抜き(軽量化)
・バッテリー小型化(再チャレンジ)
・スロットルケーブル交換
・(何か良い案があれば)ステップをどうにかする
・リヤスプロケットガード取付け
・フロントスプロケットガード軽量化
・サイドゼッケン小型化
・アンダーカウル小型化
イグニッションステー肉抜き(軽量化)
 →終了☆
・リヤを柔らかく、フロントを硬く
Read More

2007/08/04

エストレヤの整備日誌@SplitFire & Dspark



プラグコードが劣化して来てたので。
いや、正直それほどでもないけども、やっぱ火花は大切だろうってことで。
レース前になると藁をもつかみたくなるじゃないですか....少しでも...0.01秒でも速くしたい...つーことで。

「ツインコアで点火電力15倍!」のコピーに惹かれて今回もSpritFireを選択。
一応プラグキャップの色を黄色から黒にしました。

ついでにDsparkというアースも購入。
バッテリーの−に付けるだけです。



で、装着。
例によって違いは全く分かりません。
「元気のいい火花が飛んでるぜっ」という気持ちの問題です。

もう....こういうちょこまかしたのは買うのよそうかな....と、思いつつ買っちゃうんですよ...不思議と。

そもそもこれを付けたからと言ってどれだけ筑波のタイムが速くなるんだろうか....きっと、ほとんど変わらないだろう。
それならこの金で練習を1本走った方がよっぽど良かった。
今のオレのレベルならエストレヤを速くするより、自分の走りを速くした方がよっぽど伸び率が高いんだから。

まあ、そうはいっても50ccくらいボアアップしたい。
Read More

2007/08/02

筑波ファミリー走行@8/1(キャンセル)

昨日は結局全てキャンセルしました。

最初はL1(8:00),L2(8:30)の2本走ってから出勤しようと思ってたけども、よくよく考えたらL1を走って即帰らないと間に合わないような感じだったのでかなり悩んだけも辞めときました。

なんか焦って走ってもあまり良いことは無いかな...と思って。

次は8/17です。
L3しか取れていないのでどなたかキャンセルするならL1とL2を譲って下さい。


トスランドがTECH3と来期契約だそうですよ。

ホンダじゃないんだ...。
しかもワークス待遇...。

今時の若いもんは....いきなりワークスなんて贅沢ですね....サテライトはどうなる。

しかし、玉田とダンロップはどうなるんでしょうか。
TT900GPユーザーだけに気になります。

次回はエストレヤレーシングとダンロップが共同開発したスペシャルコンパウンドを持ち込みたいと思います。
予定としては9/28の特スポでコンパウンドを決定して、9/30に工場から直送したタイヤ(もちろん予選用と決勝用あり)を使用予定です。
Read More