2007/12/30

筑波ファミリー走行@12/8(その後編)

まぁ、そんな感じで....この日ばかりはかなり凹みました。

これでオレの今シーズンは終わりか....的な感じで。
リベンジと言いながら、まともに1周することもできず....前回より更に悪い結果に終わりました。

しかし、マジ凹んだなー。
帰りの車内でもすっと凹んでましたよ...。



この悔しさを忘れないため....ブラックです。
無糖です。

で、その後ろにあるのが「THE GLUGLU(レザースーツ用汚れ落とし・保護・艶出し剤)」です。
ツーリストトロフィーの最終戦とこの前のNS2耐久で2度もずぶ濡れになったので(転倒もしたし)この1年の労をねぎらいツナギとブーツの掃除をしました。
(家にいるとなかなかこういうことはやらないすからね)
(つか、なんか、すぐ帰りたくなかったんですよね)

これはいいです☆
かなり汚れが落ちます....さすがダートトラッカーの必需品。
謳い文句通り、艶も出ますよ☆

たぶん一人じゃ一生かかってもとても使い切らないと思うので、使いたい人は声をかけて下さい。
容量半分くらいでいいんじゃねーか....と思う。



事件です。
ブーツ清掃中にオレの激しいライディング&ステップワークでネジが外れていることに気付きました...。
たまにはブーツも増締めが必要ですね...(^_^;
帰宅してからブーツの備品にネジの予備が無いかと探したけども、そもそも備品自体が見つかりませんでした。

で、エストレヤをちょっと掃除して記念撮影(何の?)



お気に入りビューです。
やっぱ普通に見るとリヤが小さいから大きく見せるといいですね♪
か、かっこいい。

しかしキャブは何が悪いんだろうなー。



ファンネルからガソリンが漏れて来てます....何でこうなるんだろうか。
なんかもうOHしても変わらなそうなんでそのままで。
とりあえず、フロートとフロートバルブを交換してみよう。


そういや、コースインする時に「ゼッケンが付いたままでは走行不可」と「リヤストップランプが付いていないと走行不可」ってことを来年から厳しくチェックするので気を付けて下さい....って言われたので普段スポーツの人は気を付けて下さい。
ファミリーを走るたびにコースインゲートでゼッケンカウルを叩き割ってちゃコストがバカにならないですからね..^_^;

ちなみに。
ゼッケンシールが付いているとダメだけど、とりあえずゼッケンカウルだけなら良いそうです。
(なので、ゼッケンシールの上からガムテープを張って隠そうかと)
(といっても、人によってこの辺は変わるだろうから始めから取っておいたほうが無難だけど)
ストップランプはちゃんと連動して点灯しなきゃいけないそうです。
(まあ、当たり前と言えば当たり前だけど)

しかしなんでゼッケンが付いてちゃいけないんだろうか。
たかがシールですよ....何の影響も無いと思うけどなー。

.....と、思って車両規定のページをチェックしたら、
ゼッケンナンバーの貼付は競技(レーサー)車両と間違いやすいのでご遠慮ください。
と書いてあって....「何で間違っちゃいけないんだよー」と思いながら更にチェックしてたら、
レース参戦目的の方は、スポーツ走行クラスをご利用ください。
レース用に改造されていると思われる車両は走行できません。
と書いてあって....早い話がファミリー走行はレーサー(市販車をベースにしたレーサーも含む)は走っちゃいけないってことだったんですね....し,知らなかった...。
つか、誰かに話は聞いたことがあったかもしれないけど特に気にしてなかった。

まあ、レースに出る人(レースといってもいろいろあるし)、参戦目的の人はスポーツ走行を....というのは分からなくもないけども。
ただ、週末だけ月2くらいでサーキット走れればいいんだ☆....なんてお年寄りのゲートボール....みたいな人はそんなにいないと思うけどなー。

絶対走ってればタイムが気になるし....速くなってくればレースにも出たくなるだろう。
そもそもサーキット走行する人は、人と争うこと....じゃなくて、競うことが好きな人たちだと思うから、レース参戦目的かどうかで線引きするのは難しいんじゃないかと思うけどなー。

せめてツーリストトロフィー....つか、せめてFTとグラトラくらいは大目に見て欲しい..^_^;
レース....つってもホント底辺の底辺じゃないですか。

まあ、いろんな人がいろんな速さでいろんなマシンで走るんだから全員が満足するようなクラス分けはできないだろうけど、せめて自分が好きなようにカスタムしたマシンで走らせて欲しい。
そりゃ安全上問題があるようなのは論外だけども、シールくらいいいだろう。
Read More

筑波ファミリー走行@12/8(走行編)

行ってきました。
今更ですけど、12/8のファミリー走行。

前回のリベンジです。


L4(11:30)一本に賭けます。
気合いを入れて前泊しようか悩んだけども、11:30から一本だし(9:00とかなら...また考えるけど)、ピットとっても意味ないし、それにやっぱ車の中で寝るとあまり熟睡できないし....130%の力を出すため万全の体調で望もう....ということで、当日8:00頃に筑波着。

いつもの1ヘアに停めようとと思ったけども、ちょっと一人で集中しようと周りをシャットアウトするため更に奥の芝生広場くらいに停車..(^_^;
この辺は静かでいいですね♪

とりあえず、マシン整備はそれほどやることはないけども、耐久レース後2週間で死んでしまったバッテリーを交換してもらったので再装着。



これで1kgの軽量化。

そんでいまいち信用できない(使用している期間が短いという意味で)TRエンジンに何かあるとヤバいのでアンダーカウルも装着。



最近のお気に入りポイント。
手動ラップショット。
決してストップウォッチじゃありません....ただ単に手動なだけです。
ちなみにラップポイントはバックストレート右手にあるポストです。
(ホームストレートだと余裕が無くて)

で、いつも(レースの時も練習の時も)走行直前まで余裕は無いけども、この日は1時間前から準備運動を開始。ちょこっとジョギングもして体のアップは万全です。

そんで走行前に少しでもタイヤを暖めようと10分くらい暖気場をくるくる回って....いざっ走行開始。

で、2周目の最終コーナー直前で急にボコ付きガス欠の症状が....ピットロードに入るには間に合わなくて、そのままインを回ってホームストレートでエンジンストップ....惰性で1コーナー手前のピットロード出口からピットイン..(^_^;

見たらまたキャブにガソリンが流れてなくて...。

「なんだよー」
「何も今出ることはねーだろー」

.....とか思いながらも、ホースの繋ぎ目とかチェックするけど問題なくて。
原因は分からないけど(つか、キャブの中であることは間違い無いはず)耐久の特スポの時もしばらく吹かしたりしたら治まったので、今回もひたすら吹かしてたら直ったんで再スタート。

そしたらまたすぐ同じ症状が...。
今度はちゃんとピットロード入口からピットイン。

で、しばらく吹かして様子見たら直ったんで再スタート。

で、また何周か走って同じ症状が出て....今度はピットロード入口手前でストップ。
コース脇で吹かして直ってそのままピットイン。
大丈夫そうなんで(大丈夫じゃないけど、どうしても走りたかった)再スタート。

で、しばらくしてチェッカー。

.....ということで、まともに走ること無く終了。
.....(´_`。)

タイムは1周も計ってません。
Read More

2007/12/21

2007 FT1 年間チャンピオン

今、筑波のサイトを見て気付いたんですけど。

トップページに写真がいろいろ切り替わる箇所がありますよね。
そこの写真がなんかいつもと違うなーと思って見てたら、な、なんと、

ハッシーさんを見つけましたっ..(^_^;

さすが、2007 FT1 年間チャンピオン。
トップページを飾るなんて。

思ったんすけど、年間チャンピオンになったら「翌年のエントリー費無料!」とかあったら良くねーっすか。
かなり盛り上がるんだろうなー、つか、盛り上がり過ぎて怖そうだなー。
3戦全部じゃなくてもせめて1戦だけでもいいですよね。
もしくは、タイヤ1シーズン無料(上限5セットまで)とか。

まあ、オレには縁のない話ですけど。
つか、年間戦でもないんだけど。

「優勝してもろくな商品がもらえねー」と、確か夢の無いことを聞いた覚えがあるので、現実的にはこの辺からなんとかして欲しいです。
せめてタイヤ1セットとか練習走行無料券5枚とか。

まあ、これもオレには縁のない話ですけど。

 

かなり完成度高いです☆
とても素人DIYとは思えない仕上がり。
やっぱ、速いバイクは美しいー。
Read More

2007/12/19

2007/12/07

筑波ファミリー走行@12/8(予約編)

どーにもこーにも納得いかねーんで...。

明日(12/8)1本(L4)走ってきます。


ホントは12/1が最後の予定だったけども急遽予定変更。

無料キャンセル期間が過ぎてからはL1~L4まで全て空きありになっていたので、2本くらい走れんじゃねーかと朝から仕事そっちのけで6日の当月予約(13:00から)に望んだところ....最初にL4をゲット....次にL2を取ろうとしたら空きなしで、L1しか空いてねーんでどうしようか悩んでたら13:01になる前に完売になりました...。

12月のファミリー走行はあと14,19,26日とあるけれど、オレのいる部署の唯一の繁忙期ということで12月は有給取得が禁じられているのでこれが本当に最後です。
周りが忙しいだけでオレ(ともう一人)は忙しくないんだけども。
正確にいうと、忙しい人の仕事がまわってきて....少し忙しい。

まあ、そういうことで。
心を解き放てればいいなー。
Read More

2007/12/06

2007/12/04

筑波ファミリー走行@12/1(7人の悪魔超人編)

えー、まあ....そんな感じで....

オレの中では「17秒台を出すか死か」....的な感じで望んだけども。

よくよく考えたら、死んだら最終目標である16秒台が出せないじゃんっ....という考えに至り....でも、17秒台が出せるなら....代償としてちょっとくらい怪我しても....骨の1本や2本くらい....と思っていて。

そんな感じで....
ここまで追い込んで...走ったのに....

1'22"67....ですよ..(´_`。)

しかも、ほとんどが初参加の3月の決勝レースと同じくらいのタイム....なんてことがありえるのか。

おかげで「コース外では大口を叩く男度」が更に上がり....つか、上がりっ放し。

そういや、コバケンさんと今後の筑波走行クラスについて真剣に話し合った結果、スポーツ走行・ファミリー走行に次ぐ走行クラスとして「ビックマウス走行(クラス)」を新設するのがいいんじゃないか....という結論に達しました。

このクラスのターゲットは「言うことはいっちょまえだけど大した走りはできない」ライダーです...(^_^;
(要は大口を叩くけど、へなちょこ走りをするやつです)
スポーツかファミリーライセンスを持っていればライセンスは不要。
基準タイムは1分20秒前後。
走行中に速過ぎると判断されたライダーはその場で黒旗を出され走行中止になります。
卒業基準タイムは1'19"300です。
1周でもこのタイムを超えた場合はファミリー走行をご利用ください。
走行可能車両は一般市販車両ベースの競技用車両 500ccまでと登録車両です。
ビックマウス....なだけに音量規制はありません。
走行クラスコードはBigMouthから「BM」です。

そしてこのクラスのもっとも特徴的なところは「走行予約時にいっちょまえのことを記入しなくてはならない」ということです。
通常の予約では日時と走行クラス(L1など)を入れるだけですが、プラス「ぜってー17秒台を出すぜっ」とか、「かかって来いやー雑魚どもっ」とか....何かしらいっちょまえのことを入れないと予約が出来ません。
JASCにいっちょまえじゃないと判断された場合は自動的に予約が取り消されます。
(例えば「精一杯頑張ります」などのありきたりな言葉は即刻取り消されます)

.....まあ、走行クラスはいいとして。

百歩譲ってタイムもいいとしよう。
混雑してたから....ということもあるし。
(言い訳は無限にあります..(^_^;)

ただ、ここまで追い込んで望んだのに....心を解き放つことが出来なかったことに納得いかねーというかくやしくて。

走行中に「ヤバいかも...」とビビっちまった...。
こんなんじゃ、いざレースになっても解き放てないだろー。

まあ、でもしょうがねー。
これがオレの今の実力だ....間違い無く。

7/1、2戦目の筑波TTで当初の目標だった20秒は切っちゃうし、予選で8位にもなっちゃって....こんな程度か...といい気になってた...。
バカじゃねーか、オレ。

そう簡単に差は埋まらねーし、追いつけねーぞ。
マジで。
速い人たちはホント速ぇーよ。
圧倒的な差がある。

これからはもっと真剣に取り組もう。

......といっても、大したことは出来ないけど。

まずはこの2ヶ月間何もしていなかったトレーニングを再開しよう。

たかが2本走っただけで上腕と肩というか背中が筋肉痛に...。
しかも2本目の途中からは体力も無くなって集中力も切れ...。
なぜかよだれとちょっと鼻水たらしながら走ってました...。

情けねー。
アホか、オレ。

ぜってー速くなってやる。
速い人たちとガチンコバトルができるくらい。

悪魔に魂....じゃなかった。
悪魔に血を売ってでも速くなってやる。

ちなみに。
愛読書はキン肉マン 7人の悪魔超人編です。
好きな超人はバッファローマンです。
尊敬する人はミノワマンです。

何もなければ、来シーズンの筑波TTは「チーム名:エストレヤマン」で出よう☆
マンを付ければ超人のように速く走れるはずだ。
Read More

2007/12/01

筑波ファミリー走行@12/1

珍しく当日アップ...(^_^;


久々に筑波ファミリー走行。

NS2耐久とか、9/30のツーリストトロフィーのレースではなく、純粋なファミリー走行は9/16以来....と、かなり久々。(もっと走れよっオレ)
で、この2つのレースはウェットだったから、ドライで走るのも9/16以来....いや、正確にはNS2耐久の特スポがドライだったけども、この時は様子見でタラッーと走っただけだったので。

いやー、やっぱドライっていいっすよっ。
適当でもそれなりに(オレなりに)走れるし♪....つか、ドライのときからもっと一つ一つの動作に神経を使って普段からスムーズな走りができるように練習しないからウェットでえらい目に合うんだよ...っていうようなことを誰かが言ってた....ホントそう思う。

まあ、とにかく。
ロードレースは(ロードレースじゃなくても)やっぱドライっすよー。
参加する人にとっても、観戦する人にとっても....みんなにとって。
「オレ、ウェットでもいいけど」なんていうやつアホじゃねーか....と思う。

で、今日は今シーズン最後の走りになるので、2週間くらい前から「ぜってー17秒台を出すっ!」と行き込んでいて。
今のところ7/1のツーリストトロフィーの予選で出した1'19"500がベストだけど、自分の走り次第で2~3秒は縮められると思っていて....なんとしても今シーズン中に17秒台を出しておきたかった。
(なんでかっていうと、「エストレヤで17秒」を手みやげに、来シーズンは有名チームに移籍するためです...。)

3月までレースは無いし....転倒してもいいからとにかく全開で走ろうと決めてた。

今までは、
自走だから転倒したらヤバい...。
特スポで転倒したらレースが台無しだ...。
予選で転倒したら決勝走れないじゃん...。
レースはチェッカーを受けなきゃ...。
.....と、言い訳と言うか、自分に言い聞かせて、どこかセーブしたところがあってぶっちゃけ全開で走ったことがなかった....つか、走れないのかもしれないけれど。

そんなこんなで、今回のテーマは、

「心を解き放って17秒台を出す」

.....です。

まあ、とにかく。
ぐだぐだ言わずに速えータイムを出す....ってことです。

19秒とか20秒くらいだと、そこそこって感じだけども、エストレヤとかボルティクラスで17秒台ともなれば筑波の草レース界ではきっと「すげーじゃんっ」と思われるはずだし....いや、分からないけど。
つか、速い人たちはこういうマシンを乗らないからイマイチどのタイムがどのレベルで...ってことがよく分からなくて....もし速い人が乗ったらもっとすげータイムが出るんだろうけども。

なので、一度tetsutaroさんに乗って欲しい。
しかし、この人は黄土色の作業着を着てると、金正日...風なおっさんなんだけども、ツナギを着てSRに跨がっているときはなぜかカッコいいんだよなー(^_^;
hit-airもそこら辺の人が付けてたら「なんじゃそりゃ?」的に思えるかもしれないけど、この人が付けてるとなんかカッコいいもんなー。
不思議だ...。
これが王者の風格....ってやつですかね。
(決してお世辞じゃありません)

まあ、そんな感じで今までで一番(レースも含めて)気合いを入れてた。
で、ぜってー出せると思ってた。
(相変わらず根拠の無い自信だけど)

マシン的には転倒後なのでちょっと不安もあるけども(公道でチェック済みだけど....やっぱ速度が全然違うし)あとはタイヤ交換をしてからずっと出ているフロントのチャタリングが出ないことを祈るのみ。
(耐久のときにオグラくんが締め直してくれたけども、様子を見る前に転倒してしまい....転倒後はそんなスピードも出せず終わってしまっていて)

つか、ロッシのようにタイヤのせいにしてダンロップからブリヂストンに換えようと思ってBT-39SSをチェックしてみたけども、フロントに合うサイズが無くて。

そんでエンジンは前のよりイイ感じだし、気温も低くてパワーももっと出るはずだし....路面温度が低いのは気になるけど。

で、前のエンジンではダメだったけど、パイロットジェットをノーマル35→40に変更。
(これは正解でした☆)
エンジンオイルをAMSに交換。
保安部品も取って必勝態勢で望みました。

1本目は「とりあえず自己ベストくらい出しとくか♪」くらい思ってたけども、走行前になったら何気に時間がなくて....ストップウォッチを取付ける余裕がなく...。

で、それなりに頑張って走行したけどもタイムは全く分からず。
まあ、でも乗った感じ全体的にそんなに悪くはないけども、最終コーナーが最悪。
今までは最終コーナーは好きなコーナーで調子がいいときは進入でちょっとだけオフにしてまた全開で走れてたけども、ウェットでへなちょこ走りばかりしていたせいか...ちょっとどころか半分くらいまでオフ(というか、パーシャル)じゃなきゃ走れなくて。
もしくはエンジンを換えたことによってバックストレートの速度が上がってるからなのか。
(事実、コーナー立上がりはぜってー速くなってる....あくまで、気がする程度だけど)

それとインを開け過ぎ。
クリッピングでも縁せきとは1mくらい空きがあるくらい。
(どのコーナーでも)
すげー無駄な走りしてた。
意識してもなかなかインに付けなくて...なんでだろう。
突っ込み過ぎなのか....それかもっと出口(遠く)に目線を置いてないからか。

あとはあまりバンクできない。
まあ、これはなるべくバンクさせないように心がけているのでいいと言えばいいんだけど。
抑えているというよりは怖くて出来ない感じ。

まあ、こんな感じで。
全体的に悪いじゃん....ってな感じですが。
でも、なんか乗ってる感じはそんなに悪くないんですよね。
何かが進化しているというか。

で、2本目の走行前に、心を解き放つためにステッカーチューンをしました。



おなじみパインレーシング・ジャパンのステッカーです。
ちょうど丸型ということで。
あのイラストは松の木でしょうか。
「SHONAN-CHIGASAKI」がイイですね....海って感じで。

ちなみに、エストレヤレーシングがやると。
「SOYA-ICHIKAWA」となります....どこだよっそれっ....ってな感じです。



で、もう一枚。
転倒も辞さない覚悟だったので、お守りの意味を込めてヤモリです。
ちなみに、英文の意味は「ウソも方便」....です。
特に意味はありません...(^_^;

で、気合いを入れるために、最近レンタルしてお気に入りのThe Prodigy(プロディジー)のTheir LawのLiveバージョンを音量を最大・リピートにiPodを設定してノリノリ♪で走りました。

.....そんな感じで。

えー、本日の驚愕のベストタイム。

1'22"67....です..(´_`。)

えっ、マジ?....的な感じですが...。

つか、ストップウォッチなので多少の誤差はあるだろうけども、22秒台と23秒台が1周ずつで、あとはだいたい25秒前後で....改めて「マジかっ!」ってな感じです...。

まあ、こんな感じで。
Read More