2008/04/09

今週のオレ

えー、月曜日から新しい仕事が始まりまして。

各部署選抜の精鋭!15人ほどが駅前に集まって、クライアント先で研修をするんですよ....1ヶ月くらい。
で、前日の日曜日にこっちの会社の人間だけで研修があって、みんなはすでに顔見知りなんだけど....でも、オレは用事があったので欠席したんで、オレだけはみんなが分からないし、逆にみんなはオレのことだけ知らなくて。

とりあえず、まとめ役みたいな人の携帯番号だけ教えてもらっていたので、集合時間10分くらい前に電話したら「あー、sumiくん。こっちこっち。」と、言われたほうに行ってみたらすでに13人くらい集まっていて。

で、みんな(男も女も)バリバリスーツで。

オレは前の週に「服装はビジネスカジュアルで」と言われていたので、とりあえず襟付きシャツを着て他は普段着みたいな格好で行ったんですよ....服装はラフでも仕事はバリバリこなしますよ...的な感じで。

「えぇー、スーツかよ...聞いてねーよー」とか心で思いながらも軽く挨拶して...。
もう、なんか、みんな「ドン引きーっ」...ってな感じで、声には出さないけど「え?あんた普段着で来ちゃったの!」....的な視線が集中して。
しかも、誰かしら知っている人がいればいいけど、全員初対面ですよ....泣ける...。

思わず初めてエストレヤで筑波のファミリー走行に行って開始前にゲートの前で並んでるときに「えぇー、それ(エストレヤ)で走んの?」的な視線を四方八方から感じた瞬間がオーバーラップしました。

で、歩いてクライアント先に付くまでの10分間、結局挨拶以外は誰とも話すこともなく....「こんなマシン...じゃなくて、服装ですいません」的な、いたたまれない感がいっぱいで。

で、クライアント先に着いて担当者を持っているときに初めて話しかけられた言葉が「ハーフですか?」...です...。

最初の言葉がそれかよっ。
何じゃそりゃっ。

.....とか、心の中でツッコミ入れときました。

でも、今考えると、一人普段着で来てしまったオレに何と話しかけようか悩みに悩み抜いて出た言葉だったのかも....と、思えてきた。

で、まとめ役の人と二人になったときがあったので、しれっと聞いてみたら前日に急遽「初日だからスーツで」ってことに変わったらしい。
「あれ?伝わってなかった?でも、気にしないでいいから♪」とか言われ....「普通、気にするだろっ」と、心の中で言いながら、早速このまとめ役には「こいつ仕事できねーやつ」....のレッテルを貼っときました。

で、二日目の今日は「全員ビジネスカジュアル」と確認をしていたので安心していたんだけども。
雨だったので相当早く家を出たんだけどもバスがすごい渋滞で。
いつもは自転車なんだけど風も強かったのでバスを選んだのが失敗で....もう、バス停で待ってる時点でヒザ下はびしょ濡れ。結局自転車で行っても変わらないくらいじゃないかってくらい濡れたのに時間はいつもの5倍くらいかかって。

で、品川に着いた時点でもう間に合わねーことが確定したので遅刻の連絡を入れたんですよ。
結構いろんな路線が遅延していたので、みんなも1/3くらいは遅刻なんじゃねーかと思いながら研修室のドアを開けたら....みんな揃ってて...。

オレだけかよ....とか、心の中で思いながら、もう二度とバスには乗らねーと誓いました。
それにオレ、一番前の席ですよ...。

今のところ一番目立ってることだけは間違い無し。
とりあえず、だんたんみんなとも打ち解けてきたし....いや、打ち解ける...というほどではないけども。
「ハーフですか?」と声をかけてきた人とは一番仲良くなった....お互い「顔が濃い」という理由で。
いや、席が隣同士だから。

サーフィンが大好きらしく、将来はサーフィンだけやって暮らしたいんだとか。
なんでも、サーフィンをやってると(海に入っていると)おおらかな気持ちというか性格に変わってくるんだとか。なんか、いろんなとき(例えば、ただ海にプカプカ浮いてるだけ)で、すげー幸せだーって感じるときとかがあるとか、アメリカの大統領こそサーフィンをやるべきだとか、戦争と差別が大嫌いだとか、今日のように低気圧のときはいい波になるとか(今日は風が強過ぎてダメらしい。なんでも低気圧の来る前と去って行くときが一番いいんだとか。その彼は去って行くときの波の次第にエネルギーが弱まって行く何ともはかない感じがいいんだとか)、そういうときの波は何が違うのか聞いたところ、エネルギーが凄いらしい、人間のちっぽけさを思い知らされるんだとか、温泉よりも何かが濃縮されていて風とか病気をしないとか、サーフィンを4時間やったとしたら3時間はパドリングだとか。

....いろいろ教えてもらい。

オレも今年はサーフィンやるんですよ☆...と、言ったところ「絶対やったほうがいいですよ!人生変わりますよ」と言われ...。

一瞬、そこまで?....と、思ったけども、人生なんてホントどこで変わるか分からない。
オレだってサーキットを走らなければ、きっと違った人生だっただろうし...たぶん。
いや、まだ1年しか走ってないけど(茂原ツインサーキットを入れれば、3年くらいか)たぶんこれからも、そこそこは走り続けて行くだろうしなー。
予定では来年は筑波選手権で再来年は全日本だし...3年後にはSBKかな...。
いや、どうなるかは分からないけど。


そういや、この前モーターサイクルショーでいろんなメーカーのカタログをもらってきたのでオフィシャルの合間に見ていたんだけども、その中でモリワキのカタログに胸を打ついい言葉が記載されていましたよー。

未来のGPライダー達へ
1985年7月に発行された「THE MORIWAKI BOOK」。森脇がレースを目指す人たちに、より良い練習を、安全で充実したレースをしてもらいたいとこの本を製作しました。
昨年のカタログで内容を少し紹介させていただいたのですが、発刊直後より「是非読んでみたい。」「昔読んだことがある。もう一度見たい」という声を沢山頂きました。現在は廃刊になっている為、お客様へ販売させて頂くことは出来ませんでしたが、数回に分けて本誌で紹介させていただきたいと思います。


.....という、紹介の言葉で始まり、本文は「君たちに不可能はない」という見出しで始まり、

これを読み始めた君たちは、すでに当事者だ。何の当事者かというと、すべての物事に対して何でも出来る可能性を持ってスタートした当事者だ。
オートバイに乗るという事、レースに出るという事、マシンをチューニングするという事、仲間が出来るという事、勉強するという事、人間として成長するという事。すべてに可能性を持った素晴らしい人間。それが今の君だ。走るという事、工具を持つという事、考えるという事。オートバイに乗った瞬間から、レースに出た日から、君は確実に成長している。刻々と一日一日。昨日の君と、今日の君は違う。君は、鈴鹿のコースレコードを作れる。君は、世界チャンピオンになれる。もう少し正確にいうと、その可能性を持っている。可能か不可能か。不可能と言った瞬間に、君に世界チャンピオンになる可能性は無くなる。可能だといったら本当に可能性は、ある。夢ではなく現実に可能性は、ある。今の君には出来ないかもしれない。しかし、5年後、10年後は誰も知らない。だからこそ、君に可能性はある。いつチャンピオンになれるのか、可能性は何%なのかという質問に答える必要は無い。その質問自体が間違っている。君はただ目標に向かって努力を続ければいい。結果を急いではいけない。何かトライしたからといって、すぐに結果が出るとは限らない。明日分かるかもしれない。1年後、10年後かもしれない。レースであれば、レースをやめた後にその答えが分かるかもしれない。

君には時間がある。努力をする、トライをする、考える、時間がある。君はまだ若いから可能性を持って物事を行うだけの時間がある。レースだけではない。勉強だけではない。全てに対して大切なのは「考え方」だ。そして、どうしたら可能になるか、出来るようになるかを考える事だ。オートバイという乗り物、レースという世界、そしてそれらを取り巻く素晴らしい自然は、君を成長させてくれる。楽しむという事、苦しむという事、行動するという事、好きだという事、若いという事。
「君に、そして君たちに不可能はない」

.....という、感じで続きます。

いいなー、モリワキ。

今まで....というか、サーキットを走るようになってライスポを読むようになるまでは、別に何とも思っていなかった(もちろん名前だけは知っていたけど、マフラーメーカーでしょくらいに)んだけども、だんだんレースというかレース業界を知るようになってからは見方がガラッと変わりましたね。

なんてたって、真剣ですよ。モリワキは。
GP-MONOマシンは作っちゃうし....真剣ってのがすげー伝わってくる。
この人はホントに不可能はないと思ってるよ絶対。オレみたいに口だけじゃなく。
なので、今回のモテギはすげー応援しましたよ....心の中で。
頑張れ、モオリワキクラブ。

10 コメント:

うら さんのコメント...

サトシさんも同じような事をよく言います。
「出来ない事はない」とか「自信を持つ事が大事」とか。
そういう話を聞くだけで、自分に自信が持てたりしますよね。実は私も激激遅グループから脱出できた(のか?)のも、その話を聞いた影響が大きいです。

ていうか、今年はサーフィンもやるんですか!全日本に向けてのトレーニングって感じ?

sumi さんのコメント...

エッ....?

もしかして、自分で脱出できたと思っちゃってんの?
ずいぶん....おめでたいやつだな...。
┐(´ー`)┌

ま、確かに脱出できる可能性はあるよ、可能性はね。
ただ、オレにいわせりゃ筑波で20秒切らなきゃ激遅もいいとこだけどね..フッ。

ま、今年の夏は(というか、今度のMCFAJが一段落したら)パインレーシング・ジャパンとエストレヤ・レーシングが合同でサマートレーニングを開くから、OGURA R&Dも参加して少しは腕を磨けば。
やっぱ、地球のエネルギーをググッと足裏で感じてさー、それをコーナーリングで活かすんだよー。じゃなきゃ速くはなれないよー。

うら さんのコメント...

あれ?そんな激遅のうらさんより雨では遅いスミさんはどうなっちゃうのかな?
鬼遅??ぷぷー。

自分らは地球のエネルギーは林道走ってまぁ、十分感じているので、サマートレーニングはスミさんが溺れないように見守る程度にしておきますよ。フッ。

こばけん さんのコメント...

合同サマートレーニングかぁ、、。
そういえばそんな話をしていたなぁ、、。
なんだかだんだん気が重くなってきたけど、梅雨明けした頃に決行します!
海に入るとミネラルが体に吸収されて健康にいいんだよ。。
冬の海に入ると皮膚が丈夫になって風邪ひかなくなるし。
オイラなんかここ何年も風邪なんかひいてねぇっスよ!!
ついでに海水で鼻うがいできるから花粉症にもならねぇっス。。
とりあえず最初は茅ヶ崎海水浴場からエボシ岩まで、
約5kmのパドル特訓からスタートです。
海をなめているとリアルで大きな事故になります。
覚悟してからサマートレーニングに参加してください。

sumi さんのコメント...

あ,雨なんか、ど...どうでもいいんだよっ。
オレが目指してるのはバーミューレンじゃなくて、もっと高いレベルにあるんだよ。

それにオレ、まだ雨では本気で走ってないからね。
そのうち圧倒的なレベルの違いってやつを思い知らせてやるよ...フッ。

sumi さんのコメント...

あ、あのー、だんだん気が重くなってきたのは、こんなトーシロを相手にしなきゃならないからでしょうか。

こんなオレですが、愛読書はNALUですよ。
一番の得意技はドルフィンスルーです。
冬はおでこがキンキンになります。

.....いや、ウソですけど。

クロールはできるので泳げない怖さはないんすけど(でも、オープンウォーターじゃ分からないけど)、昔(中学生のとき)佐渡でサザエを獲ってたんですよ、素潜りで。
テトラポッドの内側で波もなくて深くても2,3mくらいの場所だったんで、水もきれいで透明度が高かったのに急に目の前が真っ暗になったときがあって。

もうそんとき凄い焦っちゃって(なんか分からないけど、急に目の前が真っ暗になったんですよ...錯覚かも)....もがきながら海面に出たら別に何ともなくて....という、体験をしてからは海恐怖症気味なので、怖さは分かっていないけど少なくともなめてかかることはありません。

そんな訳でエボシ岩がどこにあるか分からないけど、それに5kmもパドリングはできないので、砂浜でボードを持って記念撮影をしたり、つねに陸の見えるところでパドリング練習ができればそれで結構満足なんですけど。

こばけん さんのコメント...

え~っとですね、、。オイラの気が重くなっているのは、始めてサーフィン体験をするエストレヤレーシング御一行様方がいかにして楽しんでサーフィンをしてもらえるのか、日夜思案中なわけでして、、。
やっぱり最初がかんじんですからね、、。
これでスミくんが気に入ってもらえたら、そのまま湘南永住の方向で考えてください。

最初は足の付く浅瀬の波の小さな場所で立ち乗りしましょう、、。
サーキット走行に例えるならば、先導付きのビギナー走行です、、。スミくんには不本位でしょうが、、。
ロングだったら二時間で必ず立てるようにします!!

sumi さんのコメント...

エストレヤ・レーシングはスタッフとその家族も含めると、総勢30名ほどになるんですけど大丈夫ですかね。
※決してオレ一人じゃありません。

そういえば、確か二十歳くらいのときに男三人で一つのボードを交代しながら遊んだなー。
今思えばボードはサーフボードではなくてボディボードで....(いや、もちろんその当時も違いは分かっていたけども)ただ、三人ともボディボードもサーフィンのようにボードの上に立って遊ぶもんだと思ってたんですよ....埼玉育ちだけに。

で、一日試したけど誰一人一度も立つことなく失意のまま終了。「あー、オレよっぽどセンスねーんだ。もう二度とやらねー」と思ったのを思い出した。
まさか、再びボードを手にするときが来ようとは。

先導付き走行でも危なそうなんで、まずは座学でイロハから教えて下さいよー。
あとは砂浜の上でボードに立つ練習とか。
陸8:海2...くらな感じで。

rACE_CAFE さんのコメント...

サーフィンする人によく言われるんですよね。
『サーフィンやったらバイクなんてやらなくなるよ~』って・・・。
両方やってます!って言いたいところですが、会話が面倒臭くなるからサーフィンを知らない振りをしてます(笑)
でも、サーフィンは楽しい!!
朝早いところや、現場に近づくにつれてそれらしい車が増えてくる所は、筑波に似てるかもっって思います。
因みに、ウェークボードも楽しいですよ~

sumi さんのコメント...

そういやrace_cafeさんもサーフィンやるんですよね☆
どうっすか、WABMも合同サマートレーニングに参加しないっすか。

それらしい車...ってのは凄く分かりますよー。
筑波近辺でバンを見たら「おっコイツもトランポか」って思っちゃいますもんねー。