2008/07/28

筑波ファミリー限定走行@7/24(整備編)

走行後はピットに移動して整備タイムです。
8/2の筑波ロードレース選手権に向けてやることが山積みです。


まず、握り込んでいくと渋くなるフロントブレーキレバーをバラします。

.....バラします....というか、バラそうとしたんですが、肝心なとこのネジがどうしてもうんともすんとも言いません。
めちゃくちゃ頑固です。
もっとでかいマイナスドライバーがないとこれ以上は無理だと思って断念。
ラスペネ吹いてコキコキやってたら多少は良くなったんで、ま、いーか。
それにですね、ついにブレンボ社からスポンサーを受けることになりまして、再来週にはラジアルマスターがファクトリーから到着予定なんでそれまでの辛抱です。


次は本家エストレヤ レーシングのファクトリーから届いたハイスロを装着します。

これでアクセルの開けあけ度がアップするとともに早くオフにもすることができて一石二鳥です。
コーナーリング中にオフになりきらないときってないすか....オレだけか。

一体どんな感じになるんだろうか。
これだけで1~2秒縮まるんじゃないかという期待とともに、ビビって余計ジワッーと開けるようになったりしないかと不安もあり。ハイスロにしたことを忘れて今まで通りのれれば良いなー。

ちなみに、エストレヤ レーシングの優秀なスタッフたちは夏休み中なので一人で整備してたら、ハイスロと薄型のスイッチボックスを取付けただけなのに(まだスイッチボックスの配線が未着手だけど)かなり遅くなっちゃいまして。
つっても、今日は気合いを入れて22~23時くらいまではやるつもりだったけど、守衛さんに「20時までにして下さいね」とか言われ....今まで遅くまでやっても何も言われたことがなかったので何時でもいいのかと思ってたけども、どうやら違うみたいだぞ。
青空ガレージのおれにとっては天候と日没に影響されないピットは集中して整備できる場所なのに。


20時までと言われてもあと20分しかないしとても終わらない状況で結局21時。

ホントはもっとやりたかったけど、さすがにこれ以上はマズいなと思って撤収。
さあ帰るかとステップワゴンのエンジンをかけようとしたらバッテリー上がってました...。
たぶん室内灯を点けっぱなしだったのが原因かと。

周りは誰もいないんで入口の守衛所行って事情を説明してブースターケーブル繋いで無事エンジン始動。
1時間も遅くなった上にこんな迷惑までかけたのに、最後は「お疲れ様でしたー」と笑顔で送り出してくれました。
守衛さんは良い人だなー。

0 コメント: