2008/08/10

不二製作所のタイムレンタルを利用したぜっ。

えー、なにかっつーと、サンドブラストの時間貸しです。

前々から行こうと思ってたんですけどね....平日しかやってないんでなかなか日程が合わず。
6日は練習に行こうと休みを取ってあったけど、エストレヤが完全な状態じゃなきゃ走っても無駄だ...という考えで、急遽サンドブラストに変更。
ただ、Lクラスは6日を外すと次が17日...と、前回の練習から半月も開いてしまうのですごい悩んだんですけど....それに17日はまだ1本も予約は取れていないし、L1~L6まであって今のところ全部△だけど、休日だし当月予約は激しい戦いになるだろうし...1本しかとれない予感。(当月予約はだいたいが1本とって2本目とろうとしたら全部×になってますよね)

で、10:00から予約してあったんですけど、当日の朝になってブレーキキャリパーを外したり...ガレージの中を物色したり...エンジンをまるごと持っていこうか悩んだり...してたらすっかり遅くなっちゃいまして....11:45到着。
遅れる連絡を入れたときに「12:00〜13:00はお昼休憩なのでこの時間は来てもダメですよ」とのことでした。



こいつらをブラストします。
結局エンジンはやめまして(外すだけで相当時間がかかりそうだし)、とりあえず、ホイールのハブとキャブとキャリパーさえできれば良いや的な感じで。
ガレージから出てきたエストレヤ純正リヤサスペンションはこの時点でめちゃくちゃオイルが漏れてることが判明したので4秒ほど悩んで結局廃棄することに。(使ってるときは全然漏れてなかったのにな...たぶん。使わずに保管してるだけってのもあまり良くないんだろうか)
それと、決してブレーキディスクマニアじゃありません。たんにヤフオクでスペアホイールを買ったら付いてきたので、ついでってことで。

まずは失敗しても良いような小物類からかけたところ....その威力にビックリ。
まるで缶スプレー吹いてるみたいに汚れとか塗装が剥がれてくんですよ。
始める前に「このくらいの物だったら威力は弱いけどこれで十分ですよ」と勧められたサンドブラストのマシンだったんで、大したことねーだろうと勝手に思ってたんですけどね....ほんと十分です。
全部終わって(1時間ちょい)最後にサインをするんですけど、微妙に右手が震えてましたもん。



ファクトリーのスペシャルキャブです。
CVに見せかけて実はVMです。
強制開閉です....気持ちだけですけど。

どっちも同じような状態だったんですけど....こんな感じになります。
なんつーか、金属の地肌がでるという感じ。
メッキでサビがでてたところはなぜかピンク色っぽくなってます。
担当の人の話では「業者さんとかキャブの中までかける人もいますよ」って話なんですけど、中までかけたらざらざらになって吸入速度が下がるんじゃないかと思ってやめときました。

で、ほぼほぼ終了したところでまだ時間が余ってたんで(余ってるというか30分単位でまだ1時間に達してなかった)ヤフオクで買ったゼファー400のリアサスをかけてみることに。
「サスをまるごとかける人はいませんね、自分で分解できる人ならいるかもしれないですけど」「今日は初めてなのでサンドブラストとはどういうものかということが分かってからまた次回にかければいいんじゃないですか」という話だったんで悩んだんですが....決心は、成り行きの上のハンコなり。....的な感じで勢いでかけちまいました...。
オレには回り道をしている時間なんて無いんです....的な感じで。



白くなったのは良いとしても、せめてロッド部分にはマスキングするべきだったと激しく後悔しました。
やっぱ、何事も勢いだけでやるのは危険ですね....走りも整備もクレバーにいきたいです。
まあ、せっかくなんで、今度はこれを付けて走ってみよう。
つか、今付けてるSR用のオーリンズが硬いんで、純正の400用がどの程度なのか知りたいんですよねー。

で、1時間30分(実質は1時間10分)で4988円。

ガラスビーズをかけたほうが腐食の進行が遅くなるということだけど、そのまま使うか塗装しようか悩み中なので結局かけるのはやめときました。
でも、やっぱりかければ良かったとあとで後悔。

次回エンジンをかけるときはガラスビーズもやろう。
放熱効果がすごい高まりそうだなー。

今日はこれから整備三昧だぜっ。

0 コメント: