2008/10/08

筑波ファミリー限定走行@9/21...その2

リヤは硬いけどフロントは柔らか過ぎる現状にいい加減終止符を打とうと...ずっと思ってまして。
これを改善すれば楽に19秒を切れるんじゃないかという妄想と共に。

リヤはSR用のYA952E 36Eを付けてるんですけど、正直エストレヤには全く合わないですね...硬くて。
正直クソです...エストレヤに付けるってことでは。新品でも10000円の価値もないっす。新品で5000円くらいだったら試してみてもいいか...程度のものですよ。
オーリンズなんて小排気量じゃろくなものねーし。
今となってはオーリンズという名前だけで買ってしまった(確か定価で70000円はした)ことを激しく後悔してます。

フロントはWPのスプリングにしてあって、替えた当初はすげー硬いと思ったんだけど、いつの間にかすげー柔らかい...に変ってしまって。

.....とにかく、終止符を打ちたいんですよ。

で、ちょうど2年前にフロントのOHをしたきりでいい加減へたってるんじゃねーかと思い、さすがにOHは自分では出来る自信がないのでオイルだけでも硬いものに替えてみようと思い。
硬いものといっても2年前はバイク屋さんにお願いしたのでどんなオイルが入っているのか分からず。
調べた結果、エストレヤ用のWPのスプリングに付いてくるオイルは10番ということが分かり、たぶんこれが入ってるだろうから、じゃあ15番入れてみっかと思ったのですが。

更に調べるとオイルには番数以外に粘度というものがありこれが各メーカーによって違うんだとか。
なので、メーカーを変える場合たんに番数だけで判断するのは危険ということで。
フォークオイル 粘度 とかで検索するといろいろ出てきます。

で、WPの10番は動粘度48.1。
これを基準にいろいろ悩みまして。
・硬くしたいけど、あまり硬くし過ぎない程度にしたい...硬いと回らなくなると聞いたので。
・2年前はすげー硬く感じた。ということは、今はオイルがへたってる(スプリングも?)から柔らかく感じてる訳で、WPの10番程度のものにしたら、また硬く感じないだろうか。
・硬くなり過ぎるのを恐れるあまり柔らかいオイルを入れて症状が改善されなかったら最悪だ。

.....ということで、悩んでKawasakiの15番(動粘度47.2)にしました。
これで柔らかかったら油面上げたり、カラーを入れてみようかと。
ちなみに、エストレヤ純正はサービスデータを見るとSS-8と記載されているので、SHOWAのSS-8で動粘度35.2ではないかと。

L1 14:00

この日はフォークオイル交換して...時間があったらホイールもアルミに替えて走ってみようという計画で。

久々にフロントスタンドを使ったら、いつもより3cmくらい車体が高く上がるようになった....なぜか....成長してるんだろうか。
初フォークオイル交換なので緊張です。
メカ(オグラくん)に確認をとりながらの作業です。
でも、簡単ですね。
フォーク単体にして→スプリング抜いてオイル出して→逆さにしてしばらく放置して→新しいオイル入れて→ストロークさせたりしてエアを抜いて→油面計って終了。
今回はとりあえず闇雲に20mm油面を高くしてみました。(エストレヤ規定は150mm)
どんな感じになるのか...期待が高まります。

えー、文章にするとすぐなんですけどね....実際はなんだかんだ作業が進まず。
業を煮やしたコバケンさんがニューアルミホイールとタイヤを持ってダンロップのタイヤサービスに持っていってくれまして。
ありがとうございます。

で、1時間以上経ってから引き取りに行ったんですよ。
そしたら、な、なんと、まだ作業してないんですよ。台車の上に持ち込んだときのままの状態で置いてあって。
「これどうしたの?」と聞いてみると、なんでもチェンジャーを交換してからはちょうどこのサイズのチューブは組めなくなってしまったとかで。
フロントはなんとかできるかもしれないけど、リムに傷がつく可能性大。リヤは絶対無理つーことで。

.....ふざけんじゃねーと。

お前らタイヤメーカーだろ。
タイヤ交換できなくてどうすんだ、ボケがっ。
お前らたこ焼き屋かっ。

.....という感じでですね、こんなやる気のねータイヤメーカーとはその場でスポンサー契約を破棄してやりましたよ!
ま、向こうもひたすら下手に出て謝ってたんで許してやりましたけどね....上司に伝えときます...とか。

で、しょうがねーんで、そのまま2軒隣りのブリヂストンに持ち込みまして「エストレヤレーシングのsumiさんですか!ぜひスポンサー契約を!」という感じで迎えてくれまして、その場で今シーズンの残りの契約を済ませました。
ペドロサがミシュランからブリヂストン....みたいな。

で、ニューアルミホイールにタイヤも付いたんですが、スプロケとかも付け替えなきゃいけないし...走行時間までに間に合わない可能性もあるんじゃねーかと思って、とりあえず以前のホイールを付けて走行に備えます。
フロントフォークはストロークさせた限りでは全く変化が分からず。
この時点では予想以上に硬くはなってない...ということだけは分かりました。
もっと油面を上げてみようかと思ったけど、とりあえず走行をしてからにしようかと。

で、この日は17時くらいから雨予報だったんだけど、昼くらいからパラッと降ってきまして....なんとも微妙な感じ。
そのうち完全ウェットになってこの時点で今日の走行は断念しました。
しかも、全周に渡ってオイルが出たとかで。

こんなのを見ちゃうと全く走る気が起きません。

この日は数チーム合同でBBQ大会なども開催されていたんですけどね、終わったあとも一人残って作業は続きます。
みんなと同じことだけをやっていても上には行けないんだよっ...的な感じで。

早速ニューアルミホイールに取りかかります。
 
美しいー。
フロントのローターも程度のいいやつに替えました。
パッドが当たる部分にもクリヤースプレーがかけてあるので若干の不安はありますけど。
このままちょっと走ればすぐ地肌が剥き出しになるんじゃないかと。

で、フロントを組んでるときにですね、あれ?と気付きまして....な、なんと、タイヤが逆に組んであるんですよ...泣
逆ってパターンがですよ。
なにやってんだよ、ブリヂストン。
つか、受け取ったときに気付けよっオレ。

どうやってやるのか興味津々でしばらくタイヤサービスで作業を見てたんですけどね....「どっちが前になるの?」とか聞かれなかったけど、どうやって回転方向を判断しているんだろうか。
リムには回転方向の矢印は付いてないし。
ローターには確か付いてたかもしれないけど、ローターも付けてない状態で持ち込んだんですね....これがいけなかったか。
つか、分からない状態だったら聞けよっ、何勝手に判断してんだよって感じですけどね。
つか、オレがちゃんとチェックしていれば...。
これでタイヤ交換時のチェックリストが一つ増えたぞ。
タイヤとリムに傷がないか....はチェックしたんですけどね。

で、当然タイヤサービスは閉まってるんで、とりあえずこのまま付けちゃいます。
次回の走行のことを考えると、元のタイヤに戻したほうがいいかな...とも思ったんですが、早く18インチの感触を確かめたいし、レースまでに走りをアジャストする必要がありますからね...。
それにフロントのパターンが逆になってるくらい大して影響はねーだろうという考えで。

そういや、この日は19:30くらいに守衛さんが見回りに来まして。
文章だとあっという間なんですけど前後入れ替えするだけでも結構な時間がかかってまして(なんだかんだあってフロントなんか3回も付けたり外したり...)ちょうど、てんやわんやな状態で。
「何時くらいに終わりますか?」と聞かれ....20時までなのは分かってるけど正直終わりの見えない状況で「あと1時間くらい...いいっすか」と言ったら、「べつに何時でもいいんですけどね。終わるまでやっててもらって」

え、そうなの?いいの?やったー♪....みたいな。
この日は街灯も点けてくれてて(いつもは真っ暗なんですよ)なんだか暖かみを感じましたね....なんつーか、守衛さんからの無言のエール....みたいな。

で、とりあえず完成。
 
 
やべー。カッコイイ。

4 コメント:

オグラ さんのコメント...

確かにカッコいいっすね!
今までとだいぶイメージが変わった。
ついでにタンクも塗装してみては??

…でも来期に向けて今月25日にステップアップクラス用のテストマシンを用意してますけどね。
このテスト後に契約話が動くとゆー噂もあるとかないとか(?)

タイヤが逆さまなのは個人的に不安だなあ…
パターンだけじゃなく内部のカーカスの向きとかもあるんじゃない??
変な動きしなきゃいいけど…(--;)

sumi さんのコメント...

でしょ。
タンクはどうでもいいんだよね。
「走りに関係のない部分はどうでもいい」というのがエストレヤ レーシングの基本理念なので。

25日まだ予約とってねーや。
土曜だから当月予約は激しそうだなー。
つか、今予定見たら出勤になってるよ...有給とろうかな。

タイヤは昨日ブリヂストンに持ち込んで直してもらったから大丈夫。
それよりも走りが問題だよ。
改めてウェットでのへなちょこぶりを再認識。
あまりのへなちょこさに走ってて恥ずかしくなった...。
レース当日は晴れて欲しい。

J さんのコメント...

私は、タイヤが組まれていないホイール単体で持ち込む時には、回転方向を指示しますね。

「ローターが付くほうが右です」とか言うとそのように組んでくれます。

筑波だと、右コーナーが多いから、タイヤ片べりするので、エコな観点から逆組みしている人も居ますね。

トラクションのかかり方とかで、逆組みが好きな人もいますから、逆に組んでいるからって、「貧乏クセ~~」とかって馬鹿にすると痛い目にあいます。

サスの硬さは、スプリングレートとイニシャルと油面が関係しています。

スタンドが成長したのは、ステムの下に差し込む時にきちんと差し込んでいるかで、結構違うと思います。
前にsumi君のバイクを耐久時にみたらテキトーに差しててグラグラして怖かったので、差しなおしたら成長しました。

リアサスは、丸々かえるとお金掛かるからスプリングだけ換えてみては?

sumi さんのコメント...

へぇー、あえて逆に組んでる人もいるんですねー。
ということは、やっぱそれほど問題はないってことなんですね。

スプリング交換は思いつかなかったなー。
でも、結構高い(20000円くらい)ですね。
悩みどころだ。
とりあえず、ゼファー400用で様子見てみます。