2008/10/10

筑波ファミリー限定走行@9/25...その2

L1 8:30
L2 9:30

久々に朝からの走行なのに常磐道乗ったらすぐ渋滞で。
マジかよー。
先に煙がモクモク上がってるのが見えたけど、工場かどっかが燃えてんのかなーと思ってたら...

ETCの機械が燃えてましたよー。
こいつか渋滞の原因は。
通過後、渋滞は緩和され無事間に合いました。
今でも(10/8現在)このレーンは閉まったままですけど。

18インチにして初の走行に期待が高まります。
一体どうなるんだろうか。
もしかして楽に20秒切っちゃうんじゃねーか...とか。
(妄想とか予想は、いつも自分に都合のいいようにしかしないですね)

まず、ローターに付いているクリヤーのスプレーを除去するため暖気場で加速→減速を繰り返します。
.....これが最悪な結果に。

熱でスプレーが融けてネバネバ上のものがパッドとローターの穴にいっぱい付着しちゃって...。
走行前だというのに。

パッド外して掃除しようとしたら、めちゃくちゃ熱い!
(たぶん1300℃以上)

で、走って掃除して....を2回繰り返し、やっとまあいいだろうというレベルに。
 
ちなみにエストレヤのブレーキキャリパーは前後同じ(いや、厳密には同じではないんだけど。パッドは同じ)ということがサーキットでバレるとめちゃくちゃ面白トークのネタにされます。
(いや、オレもどうかと思うんですけどね...250TRのキャリパーでいいじゃんっと思うのはオレだけでしょうか)

で、走行。

えー、2本走って全く違いが分かりません。

なんかこう「足下がすげー軽い」とか想像してたんですけど....ヘアピンとかCXはカミソリのようなコーナーリングを予感してたんですけど...。
所詮オレごときの走りじゃ...。
ホント分かんなかった...。
80000円がっ...。
もうこれでマシンに金をかけるのはやめようと誓いました...。

でも、特にマイナスな感じは受けなかったので良しとしよう。
これからじっくり分かってくるかもしれないし。
最終でチャタリングも出なかったし...これが一番心配だった。
 
美しいー。
缶スプレーじゃこの色は出ませんね。
やっぱ、パウダーコーティング&アルマイト...ですよ。
 

美しいー。
見る者を圧倒するド迫力のリヤビュー。
18インチであることをさりげなく主張し、高度にチューニングされたレーサーであることを見る者全てに語りかけます。
このマシンの前では全てが周回遅れといっても過言ではない。
Estrella-RR生誕。

関係ないけどツーリスト・トロフィーにエントリーするときにマシン名を「Estrella-RR」とかで申込むと100%「Estrella」に直されますね...。
「エストレヤにRRなんて、そんなマシンねーだろっ」とかツッコミながら、きっと誰かがチェックしてんすね。
ちなみに正しい読みはエストレアじゃなくてエストレヤなんですよ。
Kawasaki正規取扱店でも値札にエストレアとか書いてあるのを見るとあほじゃねーかと思いますね。
経験上そんな店はろくなとこじゃないのでそこでは買わないほうが賢明ですよ....だって、それだけ細かいことを気にしてないということですからね。
まー、経験上バイク屋なんてろくなとこねーけど。

で、ついに終止符を打ちますよ。

こいつを外します。
こいつがリヤを硬くしてる原因じゃねーかと。
オーリンズの悪口を言う前にまず単体で試してみようと。
(いや、もう言ってるけど。つか、最初は単体でも試してあんすよ、やっぱ硬かったイメージしかなし)
(でも、モトブレイクでタイムは縮んだけど)
 
えー、静止状態でクリアランスが5mmしかありません。
まーいいや。オーリンズにはもう見切りをつけてあるんですよ。
早速サス交換です。

このジャッキを使用すると楽に交換できることを発見....フェンダー外すのが面倒だけど。

ファクトリーから届いた筑波スペシャルです。
パーツ全体に惜しげもなくパウダーコーティングしてあります....インナーロッドにさえ。
さすがファクトリー。
決してヤフオクのゼファー400純正(2000円)ではありません。

なんか見た感じ高さがちょうど良さそうなんですよ。

長年エストレヤに乗ってきたものとしてですね、この車体バランスはパーフェクトじゃないかと....そんな予感がするんですよ。
フッフッフ。

早速跨がって少しストロークさせてみたところ。
右側から速攻でオイルが漏れてきました。

オイル漏れくらいじゃ動じませんよ。
今回のレースはこれで勝負に出ます。
とりあえず、走ってみないとわからないけど。

つか、最近は走りで全然進歩が感じられないなー。
この日も走行後はため息しかでない感じですよ。
以前はゲート前に並んでるときに1000RRとか600RRを前にしても「絶対オレが1番速い!」と思って走り始めてたけど(まじめに。10周もすれば、「生意気言って、すいませんでした」みたいになるんですけど)今は並ぶことさえしないっすもんね...なぜか。自信のなさの現れか。

1本目はタイヤの皮むき&様子見つーこともあるけど、2本目は攻めて行こうと思ったんだけど....なんかビビって慎重にしか走れず。
しかも写真撮るのに夢中になってガソリン入れるの忘れてて、開始10分くらいでガス欠に。
1ヘア超えた辺りであれっと感じてそのままCXとバックストレートを結ぶショートカットで完全にストップ。
そこから押して帰りましたよ...こんなときに限って車検場に陣取ってて。
再スタートしたけど、すぐ終了。
はぁーー。
金の無駄だなー。

ただ走行中に一度だけ「おっ☆」っていう感じがあったんですけどね。
SRで速い人はCXの立上がり(2ヘアに向かって行くところ)はズルズルだよ...と、聞いていたんだけど、オレにはあんなところでタイヤが滑るなんて想像もつかなくて....滑る気配さえ全く無いですからね。
まー、1周で10秒も違えば相当なスピードの差があることは分かるんだけど、ここで滑るなんてどんだけの走りしてんだよーって感じで。
想像を絶することだったんですけど....オレも滑ったんですよ。
そうは言ってもオレの場合はズルズルじゃなくてフロントがダッダッダッという感じだったんですけどね。
走行中は「ついにオレもそのレベルまで来たのか☆」とか思ったんだけども、よくよく考えたらタイヤ新品だし、パターンは逆だし....これが原因か...みたいな。

0 コメント: