2008/11/11

2008 筑波ツーリスト・トロフィー in october(10/12)...2

えー、そんな感じで予選です。

今まではタイヤが暖まるまでの数周はタラーッと走って4周目くらいから上げていく....という感じだったんだけども。
今回はもう最初から全開で行くと決めて望みましたよ!
もちろん最初の数周は転倒に気をつけなきゃいけないので走り的には全開ではないんだけども、気持ちだけは全開で行こうと。最初から。
それに特スポの2本目はなんとなくイイ感じで終われていたので、予選もそのまま勢いに乗って更にイイ感じになるんじゃないかと内心思ってまして。
もしかしてもしかすると....なんて思ったりもしてまして。

で、走行開始。
3周くらいしてから(本気になってから)ホームストレートを通るたびにタワーに表示される順位を見てたんですけど....本気で走ってんのに4位とか5位で....その後も数周本気走りしてんのに順位は変らず。めちゃくちゃ焦りました。

(これです)
(ちなみに、6位までしか表示できません)
(もてぎみたいに高くなったら見上げるの大変だろうなー)
自分のタイムも分からないもんだから「一体トップは何秒で走ってんだよっ」的な感じで焦る焦る。
まー、走りながら自分自身大した走りが出来ていないのはよく分かってるんで、だいたい21〜22秒くらいかなーと予想はしてたんですけど。
今となっては速い人の後ろに付いてみれば良かった...とか思うんだけども、そのときはもう完全に単独走行で。とにかく、順位が上がらないことと攻める走りが出来ないことでもう冷静さを欠いてましたよ。
オレとしたことが。

で、終了。

で、4位。
....といえばすごいんだけど。
8台中の....ですからね。

まー、なにはともあれ、セカンドグリッドですよ。
予選自己最高位ですよ。
で、タイムは1'22.278ですよ...。

なんとも微妙な結果ですけど、トップが1'21.343と1秒も離れてないんですよ。
どんだけ速ぇーんだよっ....と思ってたんで内心この差なら行ける!と思いましたね。
決勝がドライになればまくれると。
(いや、予選もめちゃくちゃドライでしたけど...)

そんな感じでポジティブシンキングな気分で、午後の決勝レースに挑みます。。
決勝はロケットスタートを決めるぜっ的な感じで。

0 コメント: