2008/12/28

ワークスレベルマシン「Estrella-RR F09」

部品は「栽培」、竹製フレームの自転車

これを見て来シーズン使用するマシン「Estrella-RR F09」の方向が閃いてきましたね。
やっぱ、竹だよっ...竹。

「金属より強く、衝撃吸収力も非常に高い」とCalfee氏が言っていますよ。
竹はたいていの金属よりも丈夫で軽く、路面の振動をはるかによく吸収する....んですって。
程よいしなりでギャップを吸収してコーナーリングに最適な荷重を生み出す....みたいな。

ちなみに。
2009年のエストレヤレーシングのキャッチコピーは「エコ&オーガニック」です。
そして、エストレヤのパワーをアピールするためチーム名を「エストレヤ・パワーレーシング」に変更します。

今年は我慢のシーズンでしたが、先のことを思えば決して無駄な1年ではありませんでした。
来年は竹のようにビヨーンと伸びる年にしたいと思っています。
今年1年応援ありがとうございました。
来年も応援よろしくお願いします。


日本の、いや、世界のロードレース界においてエコを牽引するチーム「パインレーシング・ジャパン」は既に燃料にバイオエタノールを使用しています。

他チームより10年先を行っていますね。

4 コメント:

コバケン さんのコメント...

すいません。嘘をついていました、、。
燃料は筑波のガススタでハイオクを購入しています。
ちなみに当方ブログの内容も8割はネタ、2割は嘘なので、どうか真面目に見ないでください、、。

3月のTTってトラッカークラスやるのかなぁ?ボルティ対エストレヤで勝負だっ!

sumi さんのコメント...

えぇー、バイオエタノールじゃないんですか...。
筑波のガススタは高過ぎですよね...市価より15円は高いんじゃないだろうか。
エストレヤレーシングはガソリンは一切使用せず、純粋に速さを追求して化学化合物の液体を使用しています。
燃料代だけで年間150万ほどかかりますが、タイムには替えられませんからね...。

3月はトラッカーは無いんじゃないですかね...たぶん、寂しいですけど。
最近、複数のチームから「ウチのGSX-R600でNMを走りませんか?」とオファーを受けているので、年明け早々には何かしら発表したいと考えています。

竹燃料 ペレットストーブD2縦型 さんのコメント...

20年前、「石炭ストーブ」として生まれた竹を燃やせるほど頑丈で、かなり安くて珍しいペレットストーブD2縦型(70,000円)を見つけました。
竹を燃料にできれば一番安いですね
ダッチウエスト(FA225)だと30万以上するうえに、2~3年の使用でかなり高い消耗品の交換が必要になりますが、ペレットストーブD2縦型は7万円で二次燃焼室と三次燃焼用の空気取入れ口までついている上に、単純な構造なので消耗品の交換がなくても10年以上使用できるそうです。薪ストーブの購入を、検討されている方がいたら是非教えて上げて下さい。

竹の生木チップも燃料に出来そうなペレットストーブD2縦型
http://blogs.yahoo.co.jp/itventurecapitalcoltd/21527934.html
おそるべし二次燃焼システム
http://plaza.rakuten.co.jp/shirotori/diary/?ctgy=2

sumi さんのコメント...

いや、一応竹つながりとはいえ、いきなりストーブの話をされましても...ここは一応バイクのレーシングチームのブログですから...。

確かに冬のピットで1台あれば最高だとは思いますけど。
1ヘアのスタンド下とか、車検場付近とか。
いつかマイガレージを持ったときには導入を検討してもいいですけど...今はそんなお金を出すなら絶対GSX-R600を買いますよ。

でも、間違い無く2009年は竹が来ますね!!