2008/02/26

エントリーリスト出た。

やべー。
NS2のCBR150RとFT1のVoltyが光ってる!

しかもマエダさんもタカタさんも出るんだ。
やっぱ、オレも出れば良かった....と、ちょっと後悔。
チームFWSとの決着も付いてないしなー。

それにしても一番のビックリはFT1が5レース目の13時から決勝スタートですよっ。
やっぱ王者の一声は絶大な力があるなー。
Read More

筑波ファミリー走行@2/27(当日予約編)

雨っぽいのでキャンセルしたけども、大丈夫っぽいので当日予約で行ってこようと思います。

なんだかんだ今日の深夜(25時ころ)までしか降らないっぽい。
これもオレの日々の行いが良いせいだなー間違い無く。
風が強そうだけど。

昨日の夜に予約状況をチェックしたらL1〜L7まですべて空きありだったことも確認しているし、平日だし....それほど早く行かなくても大丈夫そうな予感。

ピットとって、1本か2本走って、整備しまくろう....いろいろ中途半端な状態なので。


とりあえず、キャブ問題出るなっ。
Read More

2008/02/25

ライセンス更新

ついに、MFJフレッシュマンと筑波ファミリー限定ライセンスの更新手続きをしました。

書類を読みながら、一瞬「スポーツA枠の小型クラスが走れる筑波ライセンスに変更しようか」と頭をよぎったけども、「いや、オレにはまだまだファミリーでやり残したことがあるぜっ」的な感じでファミリー継続です。
ホントは金銭的な理由(ファミリーは更新料9000円で筑波ライセンスは18000円)ですけど。
いっそのこと、30分の走行料金もファミリーは筑波ライセンスより500円安ければ最高なのに....つか、どっちも1000円づつ安くなれば最高なのに。
百歩譲って、冬期割引料金(平日2000円、休日2500円)を通常料金(平日2500円、休日3000円)にして欲しい。

....好き勝手なこと言ってますが。
決してそれほど貧乏な訳ではありません。
そこそこ貧乏なだけです...。
ガレージだって持ってるんです。
青空だけど...。

まぁ、なんだかんだ言いながらも自分が好きなことをやれるんだから、きっと世界の中で見ればかなり幸せなほうなんだろうなー。
オレなんかエストレヤのタイヤを年間3回も換えるし、シーズン中はエンジンオイルを4回くらい換えるし、その他いろんな自己満足カスタムをしたり....明日生きることができるかどうかも分からない人が大勢いるというのに。
....世界って一体なんなんすかね...マジで。
もっとどうにかできんじゃねーのか。

で、ライセンス更新。
なんだかんだメチャクチャめんどくせー。
MFJもJASCも。
まぁ、JASCはお世話になってるから許せるとしても、MFJはマジでふざけんなっと思う。

10月ころに「継続の案内」が届いて、まず証明写真を撮って(700円)、郵便局で申請料金(フレッシュマン8000円、ピットクルー2000円)を支払って(手数料120円)、コンビニで払込金受領証をコピーして(10円)、郵便局に戻って写真・申請書類・払込金受領証のコピーを郵送(80円)ですよ。

なんで郵便局に2回も足運ばなきゃなんねーんだボケがっ...アホかっ。
なんでこう競争相手がいないと全く進歩がねーんだろうか。
会員の満足度向上を事業計画にあげているならこういうところからなんとかしろよボケっ。
申請と支払いはwebからでもいいじゃんっ。
証明写真はしょうがねーとしても、そうすれば郵便かメール便で1カ所で済むのに。
せめて払込金受領証のコピーを不要にするか、コンビニ支払いも可能にしろよ。
どうせコピーの同封なんて自分たちの仕事を楽にするためだけのことだろー。だいたいライセンス関連以外で普段なんか仕事してんのか。少しは仕事しろよボケがっ。
どうせMFJなんてレース関係者とサーキット上級職員の天下り先ってだけの存在だろっ。

.....という感じで、貴重な休憩時間の大半を費やしたことで、めちゃくちゃムカついてます。

で、MFJって一体なんだよ....と思ってサイトを見てたら驚きというか興味深い事実を発見しました。
18年度の事業報告(PDF)から。

全体のライセンス取得者数:21713名
ライセンス発行枚数:31435枚

<内訳>
ロードレース:9200名
(フレッシュマン:2878、国内:5360、国際:921、ジュニア:41)
モトクロス:2865名
トライアル1756名
スノーモービル:244名
ドラッグレース:87名
ダートトラック:39名
スーパーモタード:545名
エンデューロ:100名
エンジョイ会員:5896名

えー、いまいちエンジョイ会員ってのがなんなのかよく分かりませんが。
このエンジョイ会員を除いた会員で、
1991年には20代が約60%、30歳以上が約20%であったが、2006年には20代15%、30歳以上は75%と高齢化している。
とのことです。
すごい急速な高齢化ですね。
これは日本の人口構造の高齢化と比例してるんだろうか....と、思ったけど、そんな訳ねーだろ。
もっと年代別で過去30年分くらいのデータがあったら推移が見れておもしろそうだなー。
確か80年代のバイクブーム(よく知らないけど)は1レースで予選が10組以上なんてころはどんな数だったんだろうか。
つか、今がこんな状況じゃなくてホント良かった☆
このころは組みの中で予選1位になってもタイムが悪ければ決勝に進めないとかあっただろうけど、オレなんかトップと1周15秒も違うのに嘆願書出せば決勝走れちゃうんすから。
あーマジで幸せだー。

驚きはダートが39名しかいないなんて....逆にトライアルが1756名もいるなんて。
ダートってもてぎしか(レースは)やって無いんすね...知らなかった。コース的には平地さえあればいいからもっといろんなところでやっててもいいんじゃねーかというイメージがあって、それこそトライアルやる場所に比べたら圧倒的に多いんじゃねーという気がしないでも無いですが。
Read More

2008/02/24

筑波ファミリー走行@2/27(予約編)

2/27は平日なので有休を取って3本予約していたけども、午前中は雨っぽいのですべてキャンセルしました。

微妙だけど「さすがにこの時期は雨の中走れねーだろー」という気持ちと、無料キャンセル期限が今日までなので。
様子を見て行けそうだったら当月予約し直そう....といっても、もう明日だけど。
まあ、でも無理っぽいな....気持ちも弱気だし...。

それにエストレヤはこの土日の強風で全然整備ができなかったので、走り出すまでに1時間くらいかかりそうな状態で。



整備性&カッコ良さUPを狙って、バッテリー搭載位置とかハーネスとかリヤ周りをどうにかしようといろいろ考えていて....2/27の走行前までにはとりあえずなんとかしようと思っていたけども、この土日は強風、先週はなかなか考えが決まらす、あーだこーだやっただけで終了。
半月ほどほぼこの状態でストップしてます。
Read More

2008/02/23

キャブ問題....解決への道のり 7

コックとキャップのOH続編です。

一応キャップを取付ける前にキーをさして動作チェックを行ったんですが、どうもツメ(可動する部分)の動きが渋く...。

「あれ?おかしいなー、組み方を間違えるほど複雑な構造じゃなかったしなー」と思いながら、鍵穴にラスペネ吹いたりしたけどキーの回りは良くなるもののツメの渋さは一向に変わらず。
「そういやキャップを開けるときも閉めるときも、ちょっとタンクに押し付けながらキーを回してたっけ」と思い出し、「この力が加わってないから渋いんだよー」と、ヒラメキながら早速取り付け。

.....てみたところ、全く変わりませんっ....渋いままです。

渋いまま....というか、えー、キャップが開きません..汗

タンクに押し付ける力を微妙に変えたりしながらいろいろ試してみるもののツメがタンクに引っ掛かって一向に開く気配無し。
メチャクチャ焦りました...。

最悪明日の練習走行はコックを取り外したところからホースとかで入れればいいか....と思いながらも、そういうわけにもいかねーだろーということで、いろいろチェックしたところ....



こんなところにちっちゃい棒があったので、ちょうどいい太さの六角レンチで押し抜いてみました。
すると、この抜いた部分が1cmほど上がるようになって隙間ができたんで、これでもかってくらいの力でひっぱってみたけどキャップが取れる気配無し....もうこの辺からは粉砕覚悟ですよ。
(1000万パワーでも敵わないとは...恐るべしツメの力)

で、最終的にどうしたかというと。
1cmほど開いた隙間に大きめのドライバーを突っ込んでテコの原理で無理矢理こじ開けました☆
人間は道具を使うことで進化してきたのだよ...どうだ参ったかっ....的な感じで、少しの間勝利に酔いしれました。
きっと、表彰台に立ったときの気持ちもこういう気持ちなんだろうなーとか予感しながら。
タンクに傷はついたけど...。

で、再度キャップをバラして原因を探るも....どう考えても間違えようがないんすよねー。
あーだこーだ、いろいろやってみて原因が分かるまで40〜50分..汗
結局問題のツメが逆に組んであったのが原因で...。
分かり難いよー、組み付け方向が決まってるなら分かるように目印とか付いてればいいのに。
もう二度と間違えねー。
Read More

2008/02/21

キャブ問題....解決への道のり 6

.....そんな感じで、1/31の練習走行ではキャブ問題で停まることは無かったけども、どう考えても直ってない感じがプンプンするので(スペシャルマシンビルダーの直感です)コックとタンクキャップをOHします。



えー、まずガソリンを抜きます。
適当なホースが無いので直結で。

ちなみに、マイガレージの換気性能はどこにも負けないと自負しています。
唯一の勝負ポイントです。

とりあえず、外して....いつもならそのままバラシに入るんですが、寒さと何も屋外でやることはないだろうという考えで、パラッとパーツクリーナー吹いてニオイを最小限にしてから屋内に持ち込みました。

マイガレージは温度調節ができないところが唯一のマイナスポイントです。



コック、キャップともに徹底的にバラして、徹底的にパーツクリーナー吹いて、徹底的につまようじで洗浄しましたよっ。
お湯で洗浄して一晩かけて乾かして、徹底的に組み上げました。



これでキャブ問題ともオサラバだぜっ....と、次の走行に向け期待が膨らみます。

そういやバラして分かったけども、コキコキして直った気がしていたところは、たぶん何の影響も無いということが分かりました...汗
Read More

2008/02/19

ガレージの掃除をしました。

エストレヤレーシングの本拠地(市川)にあるガレージの掃除をしました。
シーズン中はこの場所で日々勝利のために改良が加えられます。
一応、不便ですが電気も水も使える最新設備が整っています。
ちなみに溶接はいつも外注です。

唯一の問題は天候と日照時間に作業時間が影響されることですが、優れたチームスタッフたちの高いモチベーションの前では大した問題ではありません。



この隅っこに1週間から2週間でこれだけのごみが溜まります。
すべて市川に吹く潮風のせいです。



風の強い日はくつ下とか...が、飛ばされて来ます。

今までは「そんな人様が出したゴミなんか知ったことかっ」「自分さえ良けりゃいいんだよ」というアメリカンヤロー的な気持ちでいつもそのままにしていたんだけども。
やっぱ、いつも自分が使っている場所だし....なんだかんだ、オレもオイルこぼしたりして汚してるし....ということで、整備をするときに気付いたら掃除をすることにしました。



エストレヤ レーシングは環境に配慮した地球に優しいレーシングチームを目指しています。
Read More

2008/02/18

キャブ問題....解決への道のり 5

サーキット走行をした(する)日は、日がな一日サーキットに居たいと思うのはオレだけなのでしょうか。

この日(1/31)も12:30に走行終了したのに17:30ころまで居まして....大した整備もしていないのに。
なんかこう....走行後のちょっと安堵した気分とともに、マシンを眺めながら「次はあーしよう、こーしよう」とカスタムポイントを探るのが大好きで。
(まあ、この辺がスペシャルマシンビルダーといわれる所以だけど)

いや、もちろん、5時間も眺めているだけではないけども。
まあ、だいたいは整備をしながら次の構想を練る...という感じで。
それにやっぱサーキットだと(ピットが使えれば)電動工具(ドリルとかグラインダー)を思いっきり使えるし。
ちなみに自宅のマイガレージでは2階の窓から延長コードを3つ繋げて....かつ、近所を気にしながら使うことになり....こんな環境ではスペシャルマシンビルダーとしての才能をなかなか発揮することができません。

.....そんな感じで、練習をした日は大概帰るのは最後のほうなんです。(2輪の中では)

で、走行後にオレのように整備してる人ってあまり見かけなくて、だいたいの人がすぐ帰っちゃうと思うんだけど....一体いつ整備してるんだろうか。
だいたいのマシンがけっこうカスタムされてるしキレイだし、けっこう手を入れてると思うんだけど。
まあ、昔のオレがこれを読んだら「整備整備って一体何をそんなに整備してんだよー、いつもそんなに整備するとこ無いだろー」と思うこと必至だけど。
なぜか次から次へと出てくんすよねー。

で、今は整備というよりもキャブ問題の原因を探ることが一番の関心事で。



今までそんなに気にしていなかったけども、フロート関連とかキャブ本体が原因ではなくてそれ以外の問題じゃないかという気が凄いしてて....よくよく見るとこのピンク色のホースの先(ようはコック)が問題なんじゃないかと。

というより、一番の問題はキャブとかコックとかタンクがどう連携し合っているのかが分からないことで、これが分かればもっと論理的に原因を追及できるのに。
まあ、ようはオレの知識不足な訳ですが....でも、本とか見てもこの連携を書いてあるのってあまり無いですよね、キャブだけならいっぱいあるけども。
せめてサービスマニュアルはもっと倍くらいの内容が記載されててもいいと思うけどなー。
この辺は一般ユーザーからの要望もそれほど無いだろうから今後も改善されることは無いだろうけど。
つか、要望があったら改善されるのかってこと自体が疑問だけど。
まあ、分からなかったらバイク屋にお願いしてねということだろうけど、今まで何度もバイク屋で痛い思い(精神的にも金銭的にも)をしてきたオレは「そう簡単にお願いするか、こんちくしょう」「必ず自己解決してやるぜっ」的な気持ちでいっぱいで...。

「帰ったらまずはタンクキャップとコックをOHしてみよう」
「そうすりゃ絶対解決するはずだ」
「これで次回の練習は満塁ホームランだっ」
.....的な感じで帰路につきました。
Read More

2008/02/17

筑波ファミリー走行@1/31(番外編)



やっぱ、トランポにはチーム名が入ってないとねー。
一流チームの証です。

例えば、筑波にヨシムラのトランポが停まっているのを見たら、
「おっ、すげー、ヨシムラ来てんだ」
「篤の走り見れるじゃんっ」
.....と、なりますよね。

これと一緒でこのステッカーを見た人が、
「おっ、すげー、エストレヤ レーシング来てんだ」
「sumiの走り見れるじゃんっ」
.....と、なるわけですよ...フフッ。

やっぱ、プロは走りを見てもらってなんぼですからね...。
(プロフェッショナルの流儀)
Read More

2008/02/15

筑波ファミリー走行@1/31(L4編)

えー、ついに更新です....約半月遅れ。

L4です。

しばらくナラシラインを走って様子見。
L2で吹けきらねー感じだったのは見事に解消。
やっぱ、メインジェットが小さかったのが原因で間違い無し。
とりあえず、キャブ問題も大丈夫そうなんで通常のラインへ。

「あー久しぶりだなー、最終コーナー手前でこんなにスピードのってんの♪」とか思いながら....もう嬉しくて。

「速ぇーよー、この08仕様のエストレヤ♪」
「さすが、オレが手がけただけのことはあるぜっ」
「これならオレのライディング次第で18秒台は出んだろっ」

.....とか思いながら、久々に手動ラップショットをON!
しばらく計ってたけど、ボタンを押し間違えて正常に動いてないことに気付き...汗
とりあえず、23秒いくつかがでてることだけは1回見ていて分かっていたけども、ストレートが来るたびになんとかしようといろいろボタンを押してみるものの正常に動く気配無し。
今までのラップがすべてパーになるけども、しょうがねーんでリセットしようとしたけど....久々過ぎてリセットの仕方も忘れてました...汗
つか、変な設定モードみたいのになっていて結局そのまま1周も計れず。
まぁ、でも、23秒くらいで妥当な感じ。

18秒まであと5秒も縮めんのか....相当無理っぽいな...笑

.....という感じで、キャブ問題も出ること無く終了。

しかも嬉しいことに最終コーナーのチャタリングも出なくなってました。
やっぱ、すげーよー、トルクレンチ。
つか、規定トルク。
これからは大切(と思われるところ)は、なるべく規定トルクで締めるようにしよう。(プロの仕事)


<この日のオレのメモ>
・レギュラー167円、ハイオク183円....筑波サーキットのガススタ恐るべし。
・チャタリングが出なくなった。
・フロントブレーキ強過ぎ?....1ヘアでフロントに荷重がかかり過ぎてそろそろヤバいかもしれないと思った。つか、フォークを突き出したからかも。まあ、フロントの接地感が分かるようになっただけいっか。
・メインジェット140、パイロットジェット40をベースセッティングにする。(130だと高速域で全然足らない)
・手動スリッパークラッチを使う。
・1コーナーは防音壁を超えてから。
・2ヘアは左側に緑のラインが出てから。
・最終はたぶん全開でいける。
・2ヘアと1コーナーは出口でアウトに膨らみ過ぎ。
・クリッピングをしっかりとる。
Read More

2008/02/11

筑波ファミリー走行@1/31(L2編)

暖気場で様子見てたら時間がなくなって、体のアップもせずに若干あたふたしながら走行開始。

いつ症状が出るか怖いので、しばらくナラシラインを走行....「オレもしかしたら変な走りするかもしれないから気を付けてね♪」と周りへのアピールも兼ねて。

やっぱ、しばらくナラシラインを走ってる人がいると一緒に走ってて気になるというか目につきますもんねー。目立って注意を喚起するという身を守るための弱者なりの知恵です...笑
つか、ほとんどがスーパースポーツの中エストレヤで走っていると、普通に走っていてもそれだけで目立っていると思うんだけども。

で、ナラシラインを走りながらも、もうヤバい感じ満点で...。
バックストレートで、エンジンがプスプス....とまでは行かないけども、なんか吹けきらねーというか....あきらかにガソリン足りてねーだろー的な感じで。

でも、今までは「あーもうヤバい...」と思ったらすぐエンジンが停まっちゃっていたけども、この日は違ってて「ヤバい...」と感じながらも停まらなくて...。
違和感を感じながらも、とりあえず普通の走行ラインへ。

で、普通のラインで分かったけども、明らかに最高速がいつもより出てなくて...。
最初は全然攻めてないのに最終コーナーを全開で回れそうなくらいだったので、おかしいなーと思いながらも「あれっオレもしかして知らない間にすげーライディング向上してんじゃね?」と勘違いするくらい...笑
(まっいつも勘違いしていることは多いけど)

もう、どう考えても回ってねー感じ。

.....こんな感じで、とりあえず停まること無く終了。

良かったんだか悪かったんだか...。

走行後、新たな症状に戸惑いながらも....とりあえず停まらなかったってことは改善してきてる兆しじゃねーか....とか、コックを完全にOHすりゃ直るんじゃねーか....とか楽観的に思いながら、いろいろ考えた結果....前回のテスト走行でキャブをほとんどノーマルに戻していることを思い出し...。

「もしかして回らねーのはメインジェットが125のままだからじゃねーかっ」という結論に達し....メインを140、パイロットを30→40に変更。
ちなみに、このとき初めてキャブ本体を外さずにジェット類を交換できることに気付きました..汗

エアスクリューを微調整して、レーシングも暖気場でのテスト走行も上々な感じでL4に望みます。
Read More

2008/02/09

筑波ファミリー走行@2/11(予約編)

2/11のファミリー走行は、L1(9:00)、L6(11:30)の2本を予約済みだったけども。

無料キャンセル期限の昨夜の時点で、2/9の日中から2/10の日中まで雨か雪という予報なので....「雪が降った翌日の朝9時からはさすがに走れないだろう(気持ち的に)」ということで、L1をキャンセルしました。
(今見たら、2/10は朝から晴れに変わってた)

天気予報の動向によって当日予約で改めてもうちょっと遅い時間帯を予約し直そうという作戦です。
筑波の天気を見ると、この時期9時と12時では気温が3℃〜4℃も違うということが分かったので、やっぱ少しでも路面が暖まった状態で走りたいという理由で。
まぁ、気温が3℃〜4℃上がったら路面温度がどれだけ上がるのかは分からないけども。
つか、路面温度ってどうやって計るんだろうか。
温度計の一番下の部分をそのまま路面に当てればいいのか。

たぶんみんな同じ気持ちで....昨夜の時点で全て空きありになっているので、今日13時からの当月予約は激しい戦いになりそうです。

無事L3(10:00)を予約しました。
そんなに激しい戦いではなかった。
Read More

2008/02/07

筑波ファミリー走行@1/31(準備編)

さぁ、直ってんだか直ってないんだか微妙な感じですが....練習です。
答えはサーキットで出す....的な感じで。

L2(10:30)、L4(12:00)の2本。

微妙な時間に着いたらピットが空いてなかったので車検場前に停車。
テストコースを走るために付けた保安部品を外しながらも、やっぱまずは気になるコックへ。



テストコースではこの右側にある上を向いてるやつをコキコキやったら、とりあえず直ったんですよー。
(この日は何度も何度もコキコキやってました...笑)
(おまじないかっ)

で、タンクから外してバラしてみたんですけど....正確には途中でこれ以上バラしたら今日走れなくなるかも....と思い、何事も無かったことにして閉じて穴という穴すべてにパーツクリーナーを吹きかけてタンクに装着。

しかし、なんだかんだ保安部品外すのに20分くらいかかる....整備性が悪過ぎて。
特にリヤウィンカーが最悪....ここはなんとかしなきゃならねーなー。
まあ、今のところそんな攻めて走ってる訳ではないので、別に付いててもいいんだけども。万が一転倒したときに壊れるパーツは少なくしたいという理由からなるべく外すようにしてます。
Read More

エストレヤの整備日誌@トルクレンチ

用事で足立に行ったので、ついでにまたまたアストロプロダクツへ。


昨年1年間レースに参加して、自分なりにいろいろ整備して(大したことはしてないけども)....今のエストレヤはそこそこ...最低限のことはできているので(まだまだやりたいことはいっぱいあるけども)今年は整備性を上げるというのが一つの目標で...。

他の人のマシンを見てきて思ったんだけども、他の人は1やれば済むこともオレのマシンは2も3もやらなきゃならない感じだなーと。
やっぱ、レースの時はもちろん練習の時もサッと整備はできたほうがいいし、あたふたした感じで走り出してもいいこと無いし。
つか、最高なのはサーキットに着いた時点でもう何もやることねーよ...くらいな状態にもっていきたいけども。

しかし、思い返すと昨年3月のマシンの出来は酷かったな...笑
お世辞でも「かっこいいね♪」とか言われなかったもんな。
ま、オレだけはそこそこカッコイイ☆と思ってたんだけど。

それにしても、昨年1年間は良く整備したなー。
たかが年3戦(耐久いれて4戦)で、まさかこんなに自分で整備するなんて思いもしなかった...ホント。
街乗りとか、ちょっとツーリングとか、ちょっと走行会とか...のときは、気になるところがあっても「まっいいかっ」と妥協することが多かったけども、レースに出るようになってからは...しなきゃならないってわけじゃないけども...やっぱ、その時のベストな状態で走りたい(練習の時でさえも)という気持ちが根底にあって、これが整備に繋がってんだろうなー。

今回のレースはほぼ出ないと決めていたけども、後ろ髪を引かれる思いで規則書を読み直してみたら、最初に
<公示>から一部抜粋
本大会の基本的精神は、広くモータースポーツ部門における初級ライダーの育成を主眼とし、走行テクニックやマシン整備技術の向上を願うと同時に、日本のモータースポーツ振興の一端に貢献することを目的とするものである。
と記載されていて。
まさにこの文章のごとき1年でした。

ま、それはいいとして。

整備性向上のため、ダブルフレックスギアレンチを購入しました。



整備性といってもネジ回しが早くなるだけだけども...汗

ついでにトルクレンチの使い方を再度聞いたところ、
「規定トルクになるとカチッという音と共に手応えがある」
....ということで...。

えぇー、そうなの?
「なんどもやって体で覚えるんだよ」的な...もっと感覚的なことを言われると覚悟していたんだけども、こんな明確な回答とは。

半信半疑のまま早速マイガレージに戻って締め直しました。



....浮いてます...笑

で、全神経を集中して締めたところ....ちゃんとカチッと音と手応えがありました☆
どうやら前回は締めが足らなかった....あとほんのちょっとだけだけど。
あーすっきりした。
トルクレンチなんてこんな曖昧なもんか....と思っていたけども、やっぱちゃんとしてんすね。
ただ説明書は書き直したほうがいいんじゃねーかと思う。

これで次回のファミリー走行はホームランだっ。
.....的な感じで。
Read More

2008/02/05

キャブ問題....解決への道のり 4

.....まぁ、そんな感じで、こりゃ3月のレース(エントリー締め切りは2/8 2/7でした)は無理じゃねーか的な感じが漂いながらも....とりあえず、やれることはやってみようと。

【状況】
・最初に症状が出たのは9/16のファミリー走行
(こんなときにブログは役立ちますね、ちょっとしたセッティングノートとして)
・2回目はNS2耐久の特スポの11/9
・12/8、1/14の2日間はもう最悪だった
(10月のレースをまだアップしてなかったことに気付き....もしかしたら特スポで同じ症状が出てたかも....でも良く憶えていない)
・高回転、高速域でしか症状は出ない
(街乗りとかレーシングでは出たことが無い)
・PRI、ON、RESどれでも症状は出る
・症状が出てるときにタンクのキャップを開けても変わらない
・症状が出てるときにPRIにしてコックとキャブに繋がっているガソリンが流れるホースを外すとガソリンは勢い良く流れる
・フロート、フロートバルブ(クリップも)、フロートピン、コックとキャブに繋がっているガソリンが流れないホース(負圧のホース?)を交換したけど症状は変わらない
・ヤフオクで購入したキャブにしても症状は変わらない

.....という感じで。

しかし、キャブを交換しても変わらなかったときは正直ビビりました。
キャブじゃねーのか....と、思ったけども、よく考えると最初は30分の走行で1度くらいしか出ていなかったのに12月以降は何度も出てほとんどまともに走れないくらいなので、寒くなってきてから症状が悪化してるな....と。
もしかすると、ジェット類はほとんど換えていない(メインは135以上、パイロットは35か40)ので、冬用のセッティングが合っていないためじゃないかとか。
もしかして、ファンネルといってもエアクリボックスとキャブを繋ぐ純正のダクトが、エアクリボックスなしで使っていると悪いんじゃないかとか。

で、限りなく純正に近い状態で試してみようと。

といっても、エアクリボックスは捨ててしまってないのでファンネルはそのままで。
一応、キタコのファンネルとか工具をリュックに入れ、メインジェットを130(ノーマルは122だけどファンネルなので薄すぎるのも怖いな...と思って)、パイロットを30(ノーマル)にして(これでメインジェット以外は全てノーマル)再度テストコースに望みました。

結果....改善されず。

メインジェットを125にしても、ファンネルを換えても全く変わりなし。
あーなんてこった....全くの見当違いか。

なんだかんだAM1:30頃までいろいろ試してみたけどもセッティングパーツによる変化はなし。

けど、こりゃもうダメだ....レースは諦めよう....とか、いろいろ考えながら走ってたら全開にしてるのにしばらく症状が出ること無く走れて...。
あれ、改善された?
オレなにしたっけ?
.....と、考えてみたらガソリンコックの可動するところ(分かりにくいけど、ガソリンが流れるホースが繋がっているところ)を何度かコキコキとちょっと動かしたことを思い出し...。

もしかして、コックが原因なのか...?

と、思いながら30分くらい走ったけど問題なくて....あら直っちゃった?...かも...的な感じで帰宅。

まぁ、偶然一時的に直ってるだけっぽいけども。
でも、コックが原因なのかもしれないなー。

今度コックをOHしてみよう。
念のため。
51023-1385(I/X)タツプアツシ,フユ-エル
4,274円

でも、レースはほぼ諦めました。
Read More

2008/02/04

キャブ問題....解決への道のり 3

さあ、夜も更けたので行動開始です。

ちなみに、なぜ日中にいつものテストコース(ライコランドまでの道のり)を走らないかというと、キャブ問題の症状が出るのは最終コーナー手前とか2ヘア手前とかホームストレートなので高回転高速域で出ることが分かっていて....日中の一般道で車の流れ+αで走ったくらいじゃ今までも症状は出たことが無いので。

今回はエストレヤレーシング第二のテストコース(外環自動車道三郷南IC〜三郷IC下の国道298)を使用します。
普通乗用車も含めた2008シーズン初の合同練習です。

なるべく全開でテストしたいので他車の走行が少なくなる22時ころからスタート。
新しいキャブはメインジェットを145に変更して、他はそのまま(パイロット40)で。
エアスクリューは1 1/2。
一般道での高速テストなので何かあったらヤバいと思ってレーシングブーツ、レーシンググローブ、フルフェイスで望みます。

問題なくエンジンスタート。
アイドリングを調整して暖気も兼ねテストコースまでトコトコと。

298に入ってから全開走行開始。
乗用車はパラッといるだけなのでほとんど関係無いくらい。
信号はもちろん守って加減速を繰り返しサーキットと同様のシュミレーションを行い、停まるたびにシグナルスタートの練習が今日のメニューです。

そんな感じで10分ほど走行。
「あー良かった♪」
「キャブ交換したんだから、そりゃ直って当然だよね」

とか、安心してたら症状発生!
ハザード出してあわてて路肩に停めて、
「直って無いじゃん...」
「キャブじゃないってことか...」
とか、思いながらも路肩が50cmくらいしかないところで....数は少ないとはいえ通り過ぎる乗用車が怖過ぎで。
焦りながらもセルを回し続けてしばらくしてエンジン始動。

.....ってことを何度も繰り返し....結果、何も改善されてないことが分かり..(´_`。)

ヤベーマジでヤベー。
原因は何だろう。
失意のまま2時間ほどでテスト終了。

あーもうダメだな...。


しかし、一般道は怖いっすね。
交通量が少なくても、脇道から急に飛び出してくるんじゃねーかとか...
信号無視して飛び出してくんじゃねーかとか...
車やバイクや自転車以外でもイヌとかネコが飛び出してくんじゃねーかとか...
急に信号が変わるんじゃねーかとか...
警察が来るんじゃねーかとか...(悪いことしてれば当然ですね)

....こういうことが気になって気になって。

しかも、サーキットでは遅いエストレヤも一般道では凄い速く感じて。
もうこれ以上全開にできないよーしたくないよーってな感じでした..(^_^;

しかもしかも、症状がいつ出るか分からないので、路肩がほとんど無いようなところで停まっちゃうと後ろっから突っ込まれんじゃないかと気が気じゃなくて。

ということで、サーキットのほうが遥かに安全ということを再認識。
あと、レーシンググローブは全く保温性がないということを身を以て知りました。
Read More

2008/02/03

キャブ問題....解決への道のり 2



2500円のスペシャルパーツ。
外観はそれなりです...。
やっぱ、キャブは中身で勝負でしょう。

そうはいってもサンドブラスト行きてーなー。
エンジンまるごとやってみたいんですけど。



開けてビックリ。
状態は全然いいです。
固着も全然無いっぽい。
底に残ってたガソリンが緑色に変色してるくらいで。
しかもダイヤフラムの状態も今付けてるのより全然いい....ラッキー☆

メインジェットが135でパイロットジェットが40になってるから、前の持ち主もカスタムしてたんすね。



1時間おきくらいに穴という穴にキャブクリーナーを吹きかけて。
こんなことを最近はしょっちゅうやってます。
いつもエアースクリューのワッシャとリングを忘れやすいので注意すること。



で、完成。
サビもワイヤーブラシとボンスターでかなり落ちました。
これくらいならいいんじゃないでしょうか。

この状態で筑波に行っても直っていない可能性は十分あるので、夜を待ってテストコースを試走します。
Read More

2008/02/02

キャブ問題....解決への道のり 1

ということで。

2連続で練習を無駄にした(4本で約10000円)
貴重な時間..2日間(プライスレス)
フロートバルブとか原因と思われる部品を交換して「今度は絶対大丈夫だろう」と思って望んだのに、ほとんどまともに走れなかった。

.....ことで、最近はめっぽう凹んでます。

それにマシンは問題なかったとしても昨シーズンの10月くらいからへなちょこ走りしかできてないんで....これが輪をかけて...。
こう書くと各方面から「今までもそんな大した走りして無いじゃん」とツッコミが入りそうだけども。
まあ....確かにそうなんですけど...。
やっぱ、自分の走りができないと辛いじゃないすか...。
10年のレース人生の中で一番凹むなー。

とにかく、「これは早急にどげんかせんといかん...キャブ自体というかキャブボディに問題があるとしか思えねー」と思ってパーツリストをチェックするけどキャブボディ単品ではパーツが出てないみたいで。

Kawasakiお客様相談室みたいなところに電話して、
「エストレヤなんですけど」
「キャブボディ単品で出してないんですかっ」
「何で出さないんですかっ」
「ケーヒンでも手に入んないんですかっ」

と聞いたところ、
「まずファクトリーが先だっ」
「サテライトは二の次だっ」

.....的な対応だったので、すごすごと引っ込みました。
サテライトチームの辛いところです。

キャブ丸ごとで29085円かー。
でも、このまま原因が分からないまま、あーだこーだやって今までと同じように練習を無駄にするのはこれ以上嫌だし。

.....と、思ってヤフオクへ。
ここならファクトリーもサテライトも関係ねーぜっ...フフッ...。
金を持ってるやつが勝つのさっ。

.....という感じで。
2500円でキャブ丸ごとをゲット。
Read More

2008/02/01

筑波ファミリー走行@1/14(ピットで整備編)

えー、まだ続きます。

これで12/8に続き2回連続でまともな練習(どころか走行)ができなかったので、走行後はもうため息しか出なかったけど。

人生と一緒でいつまでも下を向いてばかりはいられないんで早速整備開始です...。
(ホントは午後から4輪なのでそれまでにピットを明け渡さないといけないだけだけど)
(2輪は朝早く来なきゃピットはとれないのに4輪は他の人よりちょっと早く来るだけでとれるんだから不公平だ)

しかし、なんでいつも2輪は午前で4輪は午後なんだろうか。
2輪だってたまには朝ゆっくりしたいし、特に冬は少しでも路面が暖まる日中に走りたいのに。
4輪のほうがライセンス料金とか走行料金が高い(かどうかは知らないけれど)という理由だろうか。
それともたんに4輪走行後は大きなタイヤカスが出て2輪走行には向かない....とかいう理由だろうか。

ま、今のオレにとっては、例え午後に走ったとしてもキャブ問題が解決される訳じゃないのでどうでもいいことだけど。



これをどうにかしたいと思います。

ちょっと前にバトルファクトリーのステップバー(通常の商品より10mm短くしましたっていうミニバイク用のやつ)だけはナップスで購入済みだけど、今付いてるこれも削ればまだまだ使えるな....つか、転倒して削れちゃったらその都度削って短くしてけばいいんじゃないか....という、金太郎飴的な考えで。



とりあえず切断....何事も成り行きが大切です。



反対側も....成り行きです。
(こっち側はもっと酷くてぐちゃぐちゃだった)



グラインダーで削って....
もうこれでいいんじゃねーか....くらいな感じですが。



最後は熟練した職人の手で仕上げます....プロの仕事です。

そんな感じでピットエリアは4輪だらけになったのでそそくさと退散。

帰りにD'sでステップバーのエンドキャップを成り行きで買ったら後にサイズが合わないことが判明。
(ホントはちゃんと内径を計っていったんだけども、ピッタリのサイズが無かったので少しだけ小さなやつをテープを巻けばいいやと買ったけど、大幅に小さかった)

まあ、そんな感じで今回もまた悲しみ...というか情けなさいっぱいで帰路につきました。
Read More