2008/07/29

スペシャルパーツ投入

そういえば。
7/20のファミリー限定走行からスペシャルパーツを投入したので報告します。



「スペシャル・ソフトクーラーボックス」です。

あまりの熱さにコンビニで買ったおにぎりが傷んじゃうんじゃないかと思いまして。
クーラボックスをコーナンまで買いにいったんですよ。

そしたらよくあるハードタイプは何気に高く(といっても、3000円くらいだけど。1500円くらいで買えるんじゃないかと思ってたんですよね)....そしたらソフトタイプが780円で売ってまして。
ハードタイプはかさ張るし、ソフトで十分だろってことでソフトタイプを購入。

当日、7:30ころにコンビニでおにぎりとかパンとかアイスを買いまして(みんなが「あちぃーあちぃー」言ってるときに涼しい顔でアイスを食ってやろうと思いまして)

で、おにぎりは午前中に食べちゃったけど、あまりの保冷っぷりに「まだまだいけるな♪」と思ってたらその後すっかり忘れちゃいまして....結局16:00ころ食べようとしたら固形の部分が一切ないんじゃないかってくらいとけてまして。

で、捨てるのもなんなんで家に帰って凍らせて食べたら...めちゃくちゃマズかったです。
一回とけたモナカは最悪ですね。

この酷暑の中でも3〜4時間なら大丈夫そうなので(たぶん)次回も試してみよう。
新しいパーツはセッティングが出るまでは大変ですね。
Read More

2008/07/28

筑波ファミリー限定走行@7/24(整備編)

走行後はピットに移動して整備タイムです。
8/2の筑波ロードレース選手権に向けてやることが山積みです。


まず、握り込んでいくと渋くなるフロントブレーキレバーをバラします。

.....バラします....というか、バラそうとしたんですが、肝心なとこのネジがどうしてもうんともすんとも言いません。
めちゃくちゃ頑固です。
もっとでかいマイナスドライバーがないとこれ以上は無理だと思って断念。
ラスペネ吹いてコキコキやってたら多少は良くなったんで、ま、いーか。
それにですね、ついにブレンボ社からスポンサーを受けることになりまして、再来週にはラジアルマスターがファクトリーから到着予定なんでそれまでの辛抱です。


次は本家エストレヤ レーシングのファクトリーから届いたハイスロを装着します。

これでアクセルの開けあけ度がアップするとともに早くオフにもすることができて一石二鳥です。
コーナーリング中にオフになりきらないときってないすか....オレだけか。

一体どんな感じになるんだろうか。
これだけで1~2秒縮まるんじゃないかという期待とともに、ビビって余計ジワッーと開けるようになったりしないかと不安もあり。ハイスロにしたことを忘れて今まで通りのれれば良いなー。

ちなみに、エストレヤ レーシングの優秀なスタッフたちは夏休み中なので一人で整備してたら、ハイスロと薄型のスイッチボックスを取付けただけなのに(まだスイッチボックスの配線が未着手だけど)かなり遅くなっちゃいまして。
つっても、今日は気合いを入れて22~23時くらいまではやるつもりだったけど、守衛さんに「20時までにして下さいね」とか言われ....今まで遅くまでやっても何も言われたことがなかったので何時でもいいのかと思ってたけども、どうやら違うみたいだぞ。
青空ガレージのおれにとっては天候と日没に影響されないピットは集中して整備できる場所なのに。


20時までと言われてもあと20分しかないしとても終わらない状況で結局21時。

ホントはもっとやりたかったけど、さすがにこれ以上はマズいなと思って撤収。
さあ帰るかとステップワゴンのエンジンをかけようとしたらバッテリー上がってました...。
たぶん室内灯を点けっぱなしだったのが原因かと。

周りは誰もいないんで入口の守衛所行って事情を説明してブースターケーブル繋いで無事エンジン始動。
1時間も遅くなった上にこんな迷惑までかけたのに、最後は「お疲れ様でしたー」と笑顔で送り出してくれました。
守衛さんは良い人だなー。
Read More

2008/07/26

筑波ファミリー限定走行@7/24(走行編)

生まれて初めて1日3本走ったぜっ。

L3 10:00
L6 12:00

この2本を予約してあったんだけど、L3を走り終わって一息ついて10:40。
前回(20日)のときよりはマシになった感はあるものの未だなんかおかしな状態で....「走り足りねーぜっ」感がいっぱいで。
11:00からもLクラスがあるんじゃねーかとコントロールタワーに当日予約しに行ったんですよ(平日は最高ですね。コースもパドックもガラガラで)

そしたら「11:00からはAクラスです」とか言われ...。
(今度から筑波に行くときはスケジュール表を持っていこう)

オレ
「エエッ!そうなのっ?(心の中)」
「11:30からは?」

事務員
「Lクラスで空いてますよ」

オレ
「11:30ってことは終了が12:00。そしたらすぐL6だもんなー(心の中)」
「それにこの暑さの中、1時間走れるのか、タイヤにも酷だぜ...(心の中)」
「そういや、あのヤローも昔は30分一人タイムアタックとかって言ってたなー(心の中)」
「こうなったらオレはその上をいく1時間だぜっ(心の中)」
「じゃ、それでお願いします」

.....ってな感じで。
欲求を止めることが出来ませんでしたね。
心が渇いてしょうがねーぜっ....的な感じで。

で、2本目のL5。
クリッピングにしっかりつく(なるべく奥で)...ってことだけを目標に走行。
これが良かったですね。
だいぶ以前の感覚に戻ってきたぜっーって感じが走っててすごいしましたね。
1コーナーなんかすごいいい感じで回れたのが何度かありましたよー♪
これからも走りを見失ったらクリッピングをしっかりとるようにしよう。

そうはいっても1ヘアはスピード落としてるのになかなかクリッピングにつけなかったり、2ヘアなんかどこをクリッピングにすれば良いのかさえよく分からず。
ダンロップ〜CXは徐々に戻ってきた感じだけど、シークレットラインを通るとなぜか以前より車体が跳ねる気がする....気のせいだろうか。

で、3本目のL6。
さすがにL5が終わってから10分ほど休憩してから走り出しました。
今回もクリッピングをしっかりとることだけに集中。
.....のはずっだったけど、途中からブレーキを弱めにかけて進入スピードを増すってことに意識がいっちゃって。

もう右手とタイヤのグリップに全神経を集中ですよ....そしたらシフトダウンミスが頻発しました...。
1コーナーと1ヘア、2ヘアは5→3速にシフトダウンするんだけど、なぜか3速に入らないときがあり。
こんなことが接戦のレースであったら致命傷だぞ。ちょっとしたミスで20mくらいすぐ離されますもんね。

そんなことしてたら1コーナーでシフトミスしてスピードが殺せず....ダートにツッコミました。
まあ、天性のバランス感覚で転倒は免れましたけど。

しかしあれですね。
一回集中力が切れるとなかなか戻らないですね....こういうあとは。
マシンチェックも兼ねてピットイン。
水分補給して再び走り出すけどなかなか集中できず。
ダラーッと走ってちょっと気合い入れたところでガス欠に。
ちょうどバックストレートだったんでそのままピットイン。
「まさかキャブ問題か!」と嫌な感じがしたけど、ガスがほとんど残ってなかったし、あとでガス入れたらかかったんで正真正銘ガス欠だろう。

そんなこんなで終了。

走り終わった後はステップワゴンのリヤゲートに腰掛けて30分くらいボーッとしてたけど、まだ渇くぜっ心がっ....的な感じで、1時間後くらいにもう1本走りたかったくらい。

とにかく渇くんですよ心が...。


<この日のメモ>
■1コーナー
・防音壁を過ぎてからシフトダウン&ブレーキング
・かなり奥が深い
・ブレーキングポイントはそんなに奥じゃなくてもいいから、とにかくそんなに減速しすぎない
・理想はそのコーナーを曲がれる最大のスピードで進入すること
・L5,L6とクリッピングをしっかりとることに集中したらラインがかなり良くなった
・出口は開けあけで(小山風)
■1ヘア
・かなり減速してるのになぜかクリッピングにつけない
・一応、ミドル−ミドル−イン−ミドルのような感じで回りたいけども、全部ミドルになってしまう
・次はもっと減速して試してみよう
・きっとバンクを利用してギュンッと回る方法があるはず
■ダンロップ〜CX
・いまいち進入ラインが確定せず
・ブレーキをかけるかアクセルオフだけでいくか微妙
・あまり良い目標物がない気がする
・もっとスピードに乗ったままいけるはず
・できるだけコンパクトに
■CX
・シークレットラインが微妙
・縁石にのると以前より車体が跳ねる気がする
・出口は開けあけで(小山風)
・目線を先(奥)に
■2ヘア
・ラインが全く分からず
・クリッピングをどの辺でとればいいのかもよく分からない(イメージできない)
・速い人の走りをもっと近くで見たいので、今度どこかにシークレットな観戦ポイントがないか探検してみよう
・今まで立上がり重視と思っていたけども、そんなのエストレヤじゃ関係なし
・コーナーリングスピードこそ命
■最終コーナー
・全開で全然いけない
・ラインはもっとインに、出口でクリッピングをしっかりとる
・先、先を見る
・とにかく、開けあけで(小山風)
・なんか最終手前ですごいのびる(もっと手前から伸びてくれればいいのに)
■全体
・もっと体重移動をしてあまり寝かせない→この気持ちがふくらむ原因かも
・フロントサスが柔らか過ぎる
・フロントブレーキマスターの動きが渋い

Read More

2008/07/24

筑波ファミリー走行@7/20

5ヶ月ぶり。
どんだけわくわくドキドキするんだろうか....と、思ってたけども、正直なところ前日から気分は全く乗らず。
仕事だからしょうがねーか....的な感じで。
(職業=レーシングライダー)

14:30からのL1の一本だけだけど、いろいろ不安があるので8時ころ筑波着。
早速エンジンがかかるかチェックをしようと何度かセルを回したところでバッテリーが上がり...。
あまりの暑さで押しがけする気にもなれず、ステップワゴンからブースターケーブルを繋ぐもかかる気配はあるものの一向にかからず...。

今日は無理か...的な嫌な感じが頭をよぎりながらも、火花は飛んでるっぽい感じだったのでキャブを開けてみたところ....組み方間違ってました...。
ニードルジェットとその上に付くタコ足のようなプラスチックの部品が逆に組んであって...。

組み直して無事エンジン始動。
オイル交換してなんだかんだ2時間前になったところで暖気場で様子みっかと走り出そうとギヤを入れたらエンジンストップ。
前日にクラッチマスターをバラしたから遊びが狂っていてエンストしたのかと思ったけども、何度試してもギヤを入れるとエンストで。
こりゃ今日は無理か...と再度思いながらもサービスマニュアルで配線図をチェックするも、サイドスタンドスイッチ(配線は以前から撤去済み)くらいしか原因は思い当たらず。

クラッチのスイッチじゃないかと言われたけどもエストレヤにはそんなもの付いてない....けど、よくよく見るとクラッチ側のスイッチボックスを撤去してからは乗ってなかった気がするなーと、微かな記憶を思い出し。
つっても、このスイッチボックスはホーン、ウインカー、ハザードくらいしか付いてなかったはずと思い再度配線図を見るとスターターロックアウトスイッチというどんな機能があるのかは知らないけど原因らしきものに繋がってることが分かり....しかもご丁寧になぜかそれに繋がるハーネスだけぶった切られていて(他はカプラーに繋がってるので問題無し)5ヶ月前のオレが何をしたかったのか全く分かりませんが、たぶんエンジンは始動するから切っても問題ないと思ったんだろうなー。次回からはちゃんとギヤも入るか確認してから切断しよう。
ネジネジして結線して試したところ問題解決。
とりあえずビニールテープ巻いて終了。
ハーネスは今度一回全てを見直そう。

暖気場で久々にエストレヤの全開サウンドを聴いたときは熱くなりましたねー。
戻ってきたぜー的な感じで。

で、ぐるぐる回ってブレーキディスクのサビと虹色にテカったタイヤの皮むきをして走行1時間前に準備終了。
この時点でかなり安堵感が出ましたね....やっと走れる...ホッ...みたいな。

で、走行開始。
さすがに期間が空き過ぎていて何があるか怖いので(人間的にもマシン的にも)しばらくはナラシラインを走行。
6~7周くらい回ってマシンチェックと水分補給でピットイン(つっても、芝生エリアのほうだけど)

そろそろ行ってみっかとレコードラインに移ろうとしたけどタイミングを逃しもう1周ナラシライン。
そして満を持してレコードラインに。

走行前はイマイチ気が乗らなかったけども、コースを走り出せばきっと、楽しくて、気持ち良くて、嬉しくて、メットの中でにやけちゃったりすんだろうなーとか思ってたんだけど、そんな感じ全然なかった...。
正直つまんなかった....いや、つまんないってほどではないけど明らかに楽しくはなかったな。
(普段から楽しいなんて思うときはそうそう無いけど)

全然思い通りのラインに持ってけず....まあ、いつものことだけど、いつも以上にひどかった。
ダンロップからCXなんて一番好きなポイントなんだけど、めちゃくちゃだったもんなー。
それにエストレヤもいまいち遅い感じがしたなー。
(つか、オレが遅いからってことだけど)

.....そんな感じで終了。
なんだかすごい微妙な感じで終了しましたが、とりあえず今日は25~26秒くらいで無事走れればOKくらいに思ってたのでまぁいいや。タイムは23秒くらい(今シーズンのベストの1秒落ち)だったとかで少し驚きですが。
(エストレヤ レーシングくらいのビッグチームになると練習走行ってだけでもライバルチームにマークされ、タイムをチェックされます)

なんやかんや言うとりますが、一つだけ良かった(嬉しかった)ことがあって、ちょうど最終コーナーを回ってるときに、なんだかこれなら18秒....いや、17秒を狙っていけるって感じがしたんですよねー。きっと応えてくれるマシンだって感じが...。

そんな感じでこれからが楽しみになってきましたね。
Read More

2008/07/21

体温が5℃は上がったぜっ!


青空整備で。

ついに、3/23以来バイクカバーを開けました。
何かの死体が出て来るんじゃないかと怖々だったけど、クモの巣があちこちと張ってるくらいでした。
それにしてもカバーの中に巣を張って獲物は来るんだろうか。

5ヶ月前は何をしてたっけ...と、写真集をチェックしてみると、リヤフェンダーを外して磨いたり、ガソリンコックを新品に交換したり、バッテリー搭載位置を変えたり(マスの集中化を狙って)、オリジナルフレームを作製(といっても、たんに穴開けたり削ったりして軽量化してるだけだけど)したり、フロントフォークの突き出しを9mm→20mmにしたり....してました。

カバーを開けた瞬間、ハンドルの左スイッチボックスが無くなっていたので一瞬「盗難かっ...」と思ったけども、エストレヤの左スイッチボックスだけ盗ってくやつがいるんだろうかと冷静に考えてみると「そういや自分で外したような....記憶が...」なぜ外したかは全く覚えてないけど....やっぱ軽量化かな...。

で、久々なんでやっぱキャブだろうと清掃開始。もう目をつぶってでもバラせて組めますね...たぶん。
開けたら5ヶ月ぶりなのに全然きれいでしたよ....このまま使えんじゃねーかと思ったけども、こんなことでまた何かあったら最悪なのでバラしてキャブクリーナーに漬け置き。

ちなみにタンクの中はガソリンが空だったけど、5ヶ月くらいじゃサビが発生しないことが分かりました。(目に見える範囲で)

で、いろいろあーだこーだ整備して終了。
結局ガソリンがないので火入れは翌日に持ち越しで、一抹の不安は残るものの「やれることはやったぜっ、楽しみは明日にとっておくか」的な感じで。
Read More

2008/07/06

オレの 2008 筑波ツーリストトロフィー in July @ リザルト


いつものノリで「速さを貪欲に吸収するぜっ」とか思ってたけども。

そんなのすげーちっぽけなことだと思った。
もっと大切なことあるよな...。

人間って素晴らしいな。


正直こんな草レースだけど...最後は目頭が熱くなったぜっ。
Read More

2008/07/02

オレの 2008 筑波ツーリストトロフィー in July


今回もクルーとして参加です。

オランダGP終了後、7/13のドイツGPに向けて王者ガボール・タルマクシのいるアスパルチームから「アドバイザーとして参加してくれないか」と誘いを受けていたんだけど、「まだ日本でやり残したことがある」という理由で断って「マエダレーシング&奈良で頑張れ」というへんてこなチーム名のチーフクルーとして参加します。

チーム名はへんてこですが、ライダーは一流です。
(人間としてはどうかと思う面が多々ありますが...)

FT1に君臨する王者です。
ここ数年はその圧倒的な速さでNS1にも参戦しています。(今回も)
NS1っつったらSZR660とかGOOSE350ですよ....それにターミ(ネーターズ)と混走だからYZ450とかDRZ400とかフサベルのFS650とか....と走るんですよ....SRで。
やばいっす...。

まー、なんにせよ晴れて欲しいなー。
今のところ降水確率は土曜が60%で日曜が40%....大丈夫そうな気がしないでもないけど微妙。
曇りでも良いんだけど雨だけはやめて欲しい。
「ドライでの100%の走りを見せてみろやー」的な感じで。
やっぱ見るなら1ヘアスタンドかな....最上段なら最終コーナーも見えるし。

そんな感じで、クルー業務そっちのけで観戦しようと思います。
Read More