2009/01/16

筑波ファミリー限定走行@2009/01/12...2

L4 10:30

オイル交換をしてたらかなり出遅れた....というより、次の次の走行と思っていて、言われなければ一本無駄にするとこだった。
AMS OILという用品店ではあまり置いていないオイルを愛用してるんですけど(それの0W-40の柔らかいやつ)この柔らかさでフリクションが減るのはいいんですけど(どんだけ速くなってるかは分からないけど)へたりが早い気がする。結構すぐギヤの入りが悪くなるんですよね。
まー、安いしそれほど不満は無いんですけど。

残り15分。
タイムを出すにはタイム(時間)が無さ過ぎるぜー。(ダジャレじゃないっすよ)

最初から飛ばして行く。
相変わらず1ヘアが酷い。
立上がりでフロントが滑る気がして慎重になってしまいバンクできずめちゃくちゃ遅い....なのにふくらむ。
左コーナー(1ヘアとCX立上がり)はバンクするよりアウト側の腕を伸ばすイメージで体をインに。
1ヘア以外は結構いい感じで終了。
で、タイムは1分20秒88。

L6 11:30

この日は朝は寒かったけど日が昇ってからは曇ることも無く結構暖かい....いや、寒くはない。
オレの場合、同日で同じ条件でも曇りより太陽の光を浴びてるほうが気分的に速く走れるということが分かっているのでこれは最高のシチュエーション。

最初から飛ばして行く。
.....やっぱり1ヘアが...。
手動ラップショットが操作ミスで変なモードに入ってしまい...5周くらいストレート毎にいろいろボタンを押してみるもののリセットできず。
とりあえず、もうタイムはいいやとひたすら全力で走ってみることに。

2ヘアの苦手意識はかなり減った...もっと突っ込んでいける、1コーナーも。
最終もかなりイイ...進入であとちょっとの勇気が必要。

で、何台か抜いたりしてたらそのうち調子に乗ってしまい....気付いたら1ヘアも攻めていけてる!(まだイマイチだけど)
やっぱ先を見るようにしたのが良かったのかも。コーナーのちょうど半分くらいで無理にでもダンロップコーナーのほうを見るようにしたんですよ。
それかもしかすると、ただもう速く走ることだけ...もう余計なことは考えずに、ただ前にいるやつに追い付く...抜かす...ことだけしか頭に無いときが解き放てているのかもしれないな。

そんな感じで調子に乗ってたら残り5分くらいで転倒...。
やっぱりというかなんというか....1ヘア立上がりで。
クリッピングを過ぎて開けてったところでリヤが滑ったのが分かって....ここからはスローモーションのように...次の瞬間にはハンドルのバーエンドが路面にガリガリ擦ってて、「あーもうダメだ」ガシャーン。

(イメージ)
駒のようにエストレヤが回転しながら滑っていくのを見ながら「後続車が来ませんように」とか思ってたら1台がエストレヤにラインを塞がれて....危なく避けてくれた。どうもすいませんでした。

エストレヤがアウト側ギリギリのコース上に残ってしまったので速攻駆け寄って起こそうとしたら左ハンドルがあらぬ方向に向かってて「あちゃー大破か...」とか思いながらグラベルに脱出。
コースを見たらオイルは無かったけど、なんか分からないけど結構大きな落下物があって「頼む、それを踏んで転ばないで」とか思いながら終了を待ちましたよ。
終了して拾いにいったらフロントスプロケガードだった...なぜここが折れる?みたいなところから折れていて。

で、ピットに戻ったらもう既に次の4輪の人たちが準備を始めていて...悲しみに打ちひしがれる間も無く荷物をまとめましたよ...。
写真も一枚も撮らなかった。
まー、見た感じそんなに壊れてないっぽい。
スプロケガード、ステップ、ハンドル、タンク....いや、結構壊れてんじゃん。
つか、重傷では無さそうという感じ。

結局20秒は切れなかったけど、転倒もしたけど、それほど悲しみとか落ち込みはなし。
20秒を切ってもおかしくないくらいの走りはできているから。
それに調子に乗ってからは結構楽しかったなー。
路面温度が低いなんて関係ない。
確かに今回が夏だったら転倒はしなかったかもしれないけれど、ホント今の走りじゃ関係ない。全然出せるタイム。(出せてないけどねっ!)
今出せるようになれば暖かくなったとき更に進化しそうだし。
今がちょうどいろいろ吸収する時期なんだと思う。
今どれだけやるかによってこの先が変る...みたいな。
やっぱ、1日3本くらい走るのがいいのかも。

0 コメント: