2009/09/10

2009 筑波ツーリスト・トロフィー in SEPTEMBER に向けて...「勝利のために」...7

ちょっと話は前後しますが...。

あの歴史的大敗を喫した2009 筑波ツーリスト・トロフィー in JUNE(6/28)から1ヶ月経った8/1。
リベンジに向けエストレヤ・パワーレーシングが動き出します!

まー、大敗の原因は自分なりにいくつか思い付くところがあるんですが、一つは「外装のモディファイにばかり時間をかけてしまい肝心な動力部分のメンテナンスをおろそかにした」という点が上げられます。
その反省を生かし今回の全バラに至ったわけですが...。
レースから1ヶ月ぶりにマシンを前にすると何から手を付けようか...と、正直思案してしまいまして。

で、リベンジに向けたファーストモディファイは何をしたかというと、



えー、軽量化を兼ねた不要な配線の撤去です。

レースに参戦するようになって早3年目なんですけど、いまだにウインカーリレーとかが付いてまして...街乗りなんか一切しないのに。
よくサーキット野郎たちに「必要な配線だけ残して後は全部撤去しちゃえばいいじゃんっ」て言われるんですけど....その度に同じ言葉を返すんですよ...「その必要な配線が分からないんですよっ」と。
だいたい必要な配線とか電装パーツが分かったら今頃世界に出てるっつーの。



そして次はリヤブレーキマスターのタンクをどうにかします。
.....えー、そうです。
とりあえず目についたところからやっていきます。

せっかくバックステップを作っていただいたのにこの純正タンクはねーだろう...と、ずっと思ってまして。
いかにも、とりあえずある物を付けました...みたいな感じがありありですし。



で、軽量化も兼ねて今流行のタンクレスにしました。
このチューブの路面との水平っぷりも新しいんじゃないかと。
一応チューブの中の気泡がどこにあるかでマシンが前下がりなのか後ろ下がりなのか判断するセンサーの役目も兼ねています。
(革新的モディファイ)

ただもしなんかあった時にブーツで踏んづけちゃったりしたら嫌だなーと思い...



最終的にはありきたりな感じに落ち着きました。

あー、今思えばこの頃から腰上OHとか全バラにしてたら今頃すげー完成度で仕上がってたはず....まー、いつものことだけど。

0 コメント: