2009/05/31

よーし、やるぞー!


もうチョコは一切食べねーぞ。
その他、甘いものもな。

大好きな砂糖たくさんのホットコーヒーもブラックでいくぞ。


とりあえず、6/28のレースが終わるまで。

.....ただし、明日からな。
ちょうど6月だし、月曜だし。

I am the race.
Read More

2009/05/22

ピットクルー 求む!

エストレヤ・パワーレーシングでは6/28(日)に筑波サーキットで開催される筑波ツーリスト・トロフィー in JUNEでピットクルーとして参加してくれるチーム員を募集しています。
レースについて詳しくは下記を。
http://www.jasc.or.jp/race/tourist/index.html

参加クラスはTrackerを予定していますが、場合によっては急遽GSX-R CUPに変更になる可能性があります。
エストレヤ・パワーレーシングにとってホームコースでのレースです。スタッフのモチベーションは高まっています。

【仕事内容】
1.マシンメンテ&モディファイ
場合によっては当日の朝になってもマシンが仕上がっていないこともあります。
そんなときはあなたがジェレミー・バージェスになってください。
2.荷物・マシン運び
車検時にマシンと装備一式(ツナギとかメットとか)や予選・決勝前にマシンやスタンドなどを運びます。
3.予選・決勝に向けてライダー(オレ)の気持ちを盛り上げる
4.決勝走行後にポディウムの頂点で待つ
Trackerクラスなら表彰台に上がる確率は99%以上です。
5.チームの勝利のために考えて行動する

.....だいたい、こんなところで、おもに雑用的なことが多いです。1.もそれぞれの分野で最高のスタッフがいるのであなたは特別に知識や技術は必要ありません。その場のノリや勢いも必要ですが何よりもジェレミー・バージェスになりきる気持ちが重要です。
ありがちな....ピットボードを出したり、ストップウォッチでタイムを計ったりする必要はありません。こんなことは三流チームやそのライダーのすることです。

【参加資格】
1.当日は7~8時くらいまでに筑波サーキットに来てピットクルー受付ができる人
解散は17時くらいを予定しています。
タイムスケジュールにより多少前後する可能性があります。
場合によってはトランポでピックアップして一緒にサーキット入りすることもできますが、できれば面倒なことは排除したいので自分で来て欲しい。
2.エストレヤ・パワーレーシングの一員なんだ...という誇りとプライドを持って言動ができる人
3.ピットクルー申込みに氏名、住所、電話番号、生年月日が必要なので教えてくれる人
4.年齢や性別は問いません
女性でも気持ちさえあれば立派に仕事はできますし、おじいちゃんだってたぶん大丈夫です。おばあちゃんはちょっと厳しいかもしれません。デブでも大丈夫です。(ただし動けるデブ限定)
5.できればピットクルーライセンスを持っている人
持っているに越したことは無いですが(オレが2000円払わずに済むので)、持っていなくても大丈夫です。大した違いはありませんがそれなりの危険もあるかもしれません。自己責任です。
6.サンダル以外を履いて来れる人
サンダルだとグリッドまで行けません。パドック内はいいんですけど。

.....こんなところです。
ライバルチームからの参加でも構いません。あなたの過去は関係ありません。今何をするかが大切です。今があなたの未来を作るのです。
エストレヤ・パワーレーシングでレースに対する姿勢を学びたいという人には大きく門戸を開いています。
チームの合い言葉は「決定力。これが僕たちの秘密兵器だ」

不明点があればお気軽に。
エントリー締め切りが5/28なので遅くても5/27までには連絡を。
まずはメールください。
Read More

2009/05/14

アクティブ ラップタイムモニターの発売時期と価格

エストレヤ・パワーレーシングのワークスレベルのラップタイムモニター選び
続きです。

問い合わせたところ....
現在のところ具体的な発売日は未定。
発売時期は夏を設定しているが正直遅れ気味。
価格はデジタルモニターシリーズを照準に頑張っている。
....とのことでした。

遅れ気味となると9/20の筑波TTころだろうか。
こう考えるとまだまだ先のような気がするけど、9月なんてあっという間に来るんだよなー。
悩むなー。
Read More

2009/05/13

エストレヤ・パワーレーシングのワークスレベルのラップタイムモニター選び

この前の東京モーターサイクルショーで話題(かどうかはわからないけれど)のラップモニターはこれのことなのか?



アクティブ デジタルモニターシリーズの新製品は「ラップタイムモニター」

トーシロライダーばかりの集まりにワークスライダーとしてゲスト参加したときの話では、確か13000円だか14000円くらいで6月ころ発売するとかで...。
どこのメーカーか...とか、全く聞いていなかったんで帰宅してから速攻調べたんだけども....誰かしら話題にしてもいいだろっと思うんですけどこれくらいしか見つけられず。
13000~14000円は安いけど、センサーとかなんだかんだ別売りで結局20000~30000円くらいしちゃうんじゃねーかという感じもあり....現在、値段と発売時期を問合せ中。


前から気になっているMYCHRON3 Club。
値下げされているとの情報をいただき調べてみると2月から値下げされてる...全然気付かなかった。
確か以前は水温センサーレスで36000円だか38000円だったのが直販サイトみたいなとこで33600円に。
他にもっと安くなってるところがあるだろうと(33600円が定価みたいなもんですからね)いろいろ探してみるも大半がまだ値下げ前の値段じゃねーのってくらいで売っていて....そんな中で見つけた最安値が30240円....もっと安いところがあっても良さそうなのに。
これを見つけたのは3月中旬で、まだ値下げしたことをどこも知らなくてこれからまだもっと安いところが出てくるだろうと思ってたんですけど5月中旬になった現在でもオンラインショップ界では大して状況は変わらず。


最近気になるez-Lap
エストレヤの自作バックステップ作製でアドバイスをいただいているDIRECT.COM.RACING(ダイレクト・ドットコム・レーシング)....カッコイイ。オレもいつかはsumimac.net.Racingにしてみようか....あ、ダメだ、15文字以上だ。(筑波TTのレースはそれ以上はカットされてしまう。つか、英数字を全角で表記するのはやめて欲しい...めちゃくちゃださくないですかあれ。英数字は半角にして半角は20文字までOKとかになればいいのに)
家からもけっこう近い...いや、まだ1回しか行ったことないけど。

磁石だけじゃなく赤外線も付いて20000円。なので磁石が埋まっていないとこ...近所の原っぱとか...でも計測可能...夢が膨らみます。赤外線トランスミッタが不要なら17000円...この金額はそそる。
どうやら最近リアルタイム表示(センサー検知後15秒間はラップタイム表示、それ以降はストップウォッチのようにどんどん進んでいくあれ)ができるようになった(どちらか選べるようになった)ようだぞ。
まー、オレの場合いまのところ走行中に手動ラップショットを見る余裕はほとんど無いけども。
付けた当初は一番長いバックストレートでしか押す余裕が無かったけども、今ではちゃんとホームストレートで押せるようにはなってるけどね。(底なしに進化する自分のライディングスキルがたまに怖い....なぜかタイムは進化しないけど)

これでエンジン回転数が分かったら最高だったのに。
いや、たぶん走行中は見る余裕が無いんだろうけど、ちょっと見てみたいんですよね....どんな感じになっているのか。
何か気付くことがあるかも知れないし....そういう点ではMYCHRON3はバーグラフで表示されるので視覚的に分かりやすくて良さそうだ。

.....と、まーこんな感じで3点で悩み中。
アクティブのやつがまだ不透明なところがあるんでそれがはっきりしたらまた考えよう。

それまではこの手動ラップショットで頑張ります。



Jokerさん、いつか必ず世界に出ます...。

世界で手動の人っているんだろうか....いないよなー。
今度の筑波選手権で手動のマシンがあるかチェックしよう。
Read More

2009/05/12

SETI@home



久々にSETI@homeに参加。
記録によると2003年1月に開始して今までに合計13,313時間。
いつころ止めたのか全く思い出せなかったけど、Please rejoinと書かれたメールによると昨日の時点で止めてから387日だったらしい....1年くらいだったっけ...もっと3~4年くらい前かと思った。

どうせiBookはいつも起動したままだし。
せっかくのPowerPC G4 1.42GHzがもったいないし。
地球外知的生命体の存在が気になるし。
またしばらく続けてみよう。
Category:
Read More

2009/05/09

RIDING SPORTS(ライディングスポーツ)

というレース雑誌の中に「GPサーカス Ⅱ(いちまいの写真のものがたり)」という好きなコーナーがあるんですけど、その中で面白ネタを発見しましたよ。

遠藤智というジャーナリストがライダーと飯を食ったときの話などが書かれているんだけども、今回は青山博一27歳、小山知良26歳、高橋裕紀24歳、富沢祥也18歳、中上貴晶17歳と飯を食ったときの話。

この日、場を盛り上げたのは、コヤマックスだった。次々にいろんな話題を提供して笑いを取る。すかさず突っ込むのは裕紀の役目。ヒロシは、この二人の前ではどちらかといえば聞き役に回る。何事にもホワーンとした感じで受け答えしているのがおもしろい。祥也は、このテストで同じコーナーで2回も転倒していたので、先輩たちに散々突っ込まれていた。貴晶は、あまりでしゃばらず、先輩たちの聞き役に回る。
この5人に共通しているのは千葉北サーキットでポケバイを始め、桶川でミニバイクを経験してきた選手たちだということだ。そういう点では、先輩、後輩の位置づけがしっかりしているので、面倒がない。千葉出身が3人。裕紀は埼玉だが千葉に隣接している。「オレだけ神奈川・・・」とコヤマックス。「オレ、子供のころ、親父もお袋も車で送ってもらえないとき電車で行ったんですよね。子供だからツナギとかヘルメット重たくて持てないじゃないですか。だから、知良、お前着ていけって言われて、ツナギ来て電車乗ってたんだよね」と、この日の笑いを締めくくっていた。
楽しい時間は、いつでもあっという間に過ぎていくものだ。この日、誰からともなく、毎戦こうしてみんなでご飯を食べにいこうということが決まり、早速、カタールGPではそれが実現した。これからも続くかどうかは、自然とリーダーの座に収まったコヤマックスの手腕にかかっているのかも知れない。

子供のときからツナギ隊...って凄いですね...。
電車で...ですよ...笑
こうやって世界にでてきたんだなー。

草レース界隈でも5人も集まれば、誰かが突っ込んだり...誰かがいじられたり...聞き役がいたりと、同じような状態になるところはどのレベルになっても同じなんですね。
.....ということは、筑波TTでもMotoGPでもこの辺は一緒なんだなー。
Read More

2009/05/01