2009/10/18

つ、ついに、XR100モタードを手に入れたぞっ...!!


※写真はもてぎショートコース選手権 第3戦のEnjoyワンメイクに出場したときのレンタル車輌ですが、ゼッケン以外は何も変わりません。

そうです。
あのレンタル車輌を手に入れたんです!

sumiBLOG: もて北(もてぎ北ショートコース)XR100モタード販売情報

希望者は申込み用紙に名前とか住所を記入して事前にFAXか当日15時までに提出することになっていまして。
第3戦のEnjoyワンメイクに一緒に参加した安部さんに権利は譲ってもらっていたので自分の分と合わせて2つ権利を持っていたんだけど、「なんとかなんべー」と自分の分しか申込みをしていなかったけど現場でかなりの申込みがあることを知りまして....焦って安部さんの分も申込んどきました。

そして第5戦の表彰式終了後に厳正な抽選が行われます。
申込み用紙を大きな段ボール箱に入れてレースクィーンが無作為に一枚ずつ引いて行くという方法です。
オレ自身、そして見守るダイレクト・ドットコム・レーシングの甲斐田さんもレースより緊張したのはいうまでもありません。
ゴ、ゴクリ...。

20台のマシンに対し応募は70枚近い数です。
絶対に当たる...とは思っていたものの、いくら幸運のオレとはいえ当たる保証はどこにもありません。
1枚1枚名前が読み上げられて行きます。
ゴ、ゴクリ...。

オレのように一人で2つ3つ申込みをしている人も多いようで既に当たった人は2台目をゲットすることなく「キャンセル!」と声を上げます。
なんというスポーツマンシップでしょう。
オレを含めまだ当たっていない周りの人からは歓声とともに自然と拍手が沸き起こります。
こ、これが、もて北マインドなのか...。

さあ、残り10台を過ぎたところで焦りが加速します....ダ、ダメなのか...。
頼むよレースクィーン、オレか安部さんを引いてくれ!

流れ的にはレースクィーンが用紙を引いてそれをライディングハートの事務の人が「市川市のsumiさん」と読み上げる方式で、名前より先に市区町村を読み上げるのでオレの「市川市」と安部さんの「横浜市」に全神経を集中します....いや、集中してもどうにもなんねーけど。
横浜市は何度か読み上げられその都度「おっ!」と思うんだけど名前が安部さんじゃなくて...既に残りは5台を切ります。
ダ、ダメなのか...。
ゴ、ゴクリ...。

そして運命の16台目。
レースクィーンが1枚の用紙を引き抜く。
用紙が事務員に手渡され読み上げられる。
事務員「横浜市の・・・」
オレ「オッ!...ゴ、ゴクリ...。」
事務員「安部さん」
オレ「キタッー!」



ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長日記: もて北最終戦お疲れ様でした

16台目でついにゲット。
あー、びびった。
マジでダメかと思った。

そして残り4台。
自分の名前が呼ばれたらキャンセルと言おうと思ってたけども結局呼ばれること無く終了。
安部さん譲ってくれてホントにありがとう。

123,500円をキャッシュでポーンと支払い正式にマシンをゲットするとともに、こうして来シーズンのシートも自力でゲットしたのでした。
Read More

2009/10/07

Iさん、写真があったよ!

Iさん、そして全国ゆっくり協会のみなさん。
この前の選手権の写真があったんですよ!

PCで認識されてこなかったんで、てっきり消失したとばかり思っていたんですが、カメラでプレビューをしたらちゃんと残ってることを発見!
ただどうやってもPCではそのデータだけ認識できなくて...パナソニックお客様相談センターに連絡してもお手上げと言われ...笑
カメラが原因なんじゃないかと(いつもカメラとPCをUSBで直結している)カードリーダーを買って来てPCに繋いでも状況は変わらず。
こりゃダメかと思ったけども、お蔵入りにするにはおもしろ写真が多いのでもったいない。

で、いろいろとあーだこーだした結果。
カメラ本体に内蔵メモリがあることに気付きまして。
データが入っているSDHCカードからはどうやっても取り出せない。
でも、カードから内蔵メモリにコピーが出来ることを発見したんですね!

....ただですね、300枚以上あるのに1枚ずつしかコピーできないんですよ...。
しかも内蔵メモリの容量が27MBしかなくて。

1.なので1枚ずつ必要な写真を内蔵メモリにコピーしていって...
2.だいたい18枚コピーすると内蔵メモリがいっぱいになるので...
3.そしたら内蔵メモリから今度はSDHCカードにコピーし直して...
(内蔵メモリからはPCに取り込めないので)
4.そのSDHCカードにコピーし直した18枚をPCに繋いで取り込んで...
(この方法なら正常に認識される)
5.SDHCカードをカメラから取り出して...
6.内蔵メモリを消去して...
(SDHCカードが入ったままだと内蔵メモリを消去できない)
7.SDHCカードを挿入して...
8.1に戻る

.....という作業を延々繰り返しまして...笑

つ、ついに日の目を見ます...。

http://218.33.219.144/~sumi/Documents/tsukuba/20091003/


今思うと電池交換した前後で正常に認識されるかどうかが分かれ目になっているっぽい。
今までは別に大丈夫だったんだけどなー。
なにかタイミングが悪かったんだろうか。
これから電池交換するときはカードを抜いてからにしよう。
もう二度としたくない。
Read More

2009/10/06

2009 筑波耐久ロードレース "耐久茶屋" 第2回公開練習会@2009/09/29

えー、筑波選手権ネタを書こうと思っていたのですが、写真データ消失というプロカメラマンとして取り返しのつかないミスを犯してしまったので、一応筑波繋がりということで代わりに耐久茶屋ネタでも書こうと思います...。

エストレヤ・パワーレーシングファンのみなさん、決勝はマシントラブルでスタートすること無くリタイヤ...と、苦汁を舐めた筑波T.Tで今シーズンが終わったわけではありません。
11/28(土)に筑波サーキットで行われる耐久茶屋に参戦することが決定しました。
100ccマシンで5時間の耐久レースです。

参戦するといってもエストレヤ・パワーレーシングとしてではなく、ワークスレベルといわれるチーム力を捨て、一人の人間sumiとしてDIRECT.COM.RACINGに参加させていただきます。
気持ちの中ではエースライダーとしての参加ですが、残念ながら実力的にはサードライダーです...。

で、この日は雨がパラッと降るかも...といった微妙な天気予報で。
ライダー全員が顔を合わせての練習初日ですからね...いろいろとあーだこーだすることを考えるとどうしてもピットは取りたい。テントだとどうしてもスペースが限られますしね。それにやっぱピットを取るにはサードライダーのオレが取るべきだよなー的な感じで。(サードライダーに出来るチームへの配慮)
6:00集合にはなっていたものの、この時間でピットはとれるだろうかと不安に思いまして。
平日だから大丈夫だろう...という思いと、いやいや本気印の奴らはきっと前日の夜から並んでるぜ...という思いがオレの中で激しくぶつかり合い...。
今まで興味が無かったので、耐久茶屋の熱(本気印のやつがどれだけいるか)がよく分からないもんですから。

で、激しくぶつかり合った結果...5:20筑波着。
(自分に対してもう一切の妥協はしねーみたいな)

えー、まだサーキット入口の門さえ空いておらず。
守衛さんに開けてもらって、どのくらいいるんだよっとドキドキでゲートをくぐったら、な、なんと2番目でした。
なにげにいつも思うんですけど、早朝のサーキットってのは気持ちがいいんですよね...なぜか。
なんつーか、日中の喧騒がウソのような静寂の中で鳥のさえずりが聞こえたり...なんか自然を感じるんですよねー。
山の中にあるサーキットなら分かるんですけど、筑波サーキットなんてホントその辺の畑とか家があるところにポンとあるといったところで周りは自然なんて全然ないんですけど。
そういや今年の春から夏にかけて筑波サーキットに生息する様々な生物を撮影することに成功したので近々アップしようと思います。

で、気持ちいいんですけど、残念ながら雨なんですね...。
しかも結構しっかり降ってまして。



ダンロップからMCの路面の張り替えを確認しようと久々にコースチェックに行こうと思っていたのに。
雨脚は弱まったものの最初の1,2本目は間違いなくウェットだな...まー、オレは3本目(13:00〜)だからきっとドライだろ♪...的な感じだったんですが、2本目を走るはずのヘッポコT太郎(仮名 21歳)が遅刻しやがって...結局オレが2本目を走ることに...。

これから11/28のレースに向けてチーム一丸となって盛り上げて行こうという練習初日に遅刻です...。
しかも、到着が9:00過ぎです...何様のつもりなんでしょうか...。
しかもしかも、来たら来たで今日は彼女の誕生日でどーのこーの...と...。
そのヘッポコさ加減にいい加減呆れましたね。
なんでこんなやつと同じチームで走らなきゃいけないんだよっ...的な感じで。

まー、こんなことは放っておいて自分のやるべき仕事に集中します。
既に路面は8〜9割方ドライです。
普段履き慣れた18インチのTT900GPから12インチタイヤのラウンド形状の違いに戸惑いながらも精力的に周回を重ねマシンとタイヤの理解に努めます。

こ、これが、DIRECT.COM.RACINGのエイプ100なのかっ...みたいな。
ゴ、ゴクリ...。

100ccのミニバイクはここのところもてぎ北ショートコースで何度か乗ったので最初に乗ったときほどの衝撃は無かったんですが、とにかくすげー速く感じましたねー。筑波が久々だったということもあるかもしれないけど。
エストレヤに比べて全然レーシーですね...吹け上がりとか。
シフト操作とタイヤの硬さに若干の違和感を感じながらもこの回は余裕を持った走りでベストは1分30秒ほど。
なんか自分が走行中に速いと思ってる感覚とタイムが全然リンクしてないのでちょっとビックリでしたが。
1本目を走った後に甲斐田さんが変更してくれたファイナルも今のところ問題は無さそうです。



本気印のチームの証としてスプロケをこんなに持っています。
北は宮城県のSUGOから南は三重県鈴鹿サーキットまで、今年は残りのレースも含めると年間12戦になるそうです。
そのため3人の子供がいる家庭は崩壊の危機に瀕しています。
失うものは大きいですが、レースに犠牲はつきものです。
もう後戻りは出来ません。
レースを本気でするということはつまりそれ以外のことは全て犠牲にする覚悟が必要ということです。
生半可な気持ちではレースを続けることは出来ません。

方や隣の隣のピットにいるTEAMウタシロのヤングライオンたち。



初走行になるマシンでセッティングを出しているようです。
あーだーこーだしてます。



またピットインです。
セッティング....というよりはトラブルのようです。



またまたピットインです。
完全にトラブルです。
あーだこーだしてます。

フフッ...詰めが甘いな...ヤングライオンたちよ。

ちなみにこのヤングライオンのライダーは確か「ヨコスカシャーン」という別名を持っていて、なぜかというと名前は「ヨコスカ」だけどすぐ「カシャーン」と転ぶからだとかオグラくんから聞いた覚えがある。

このヤングライオンチームが決勝までにどこまで仕上げてくるのか目が離せません。

ちなみにそのオグラくんの別名は「浜野の暴君」です。
※浜野=千葉県千葉市にある浜野町のこと
Read More

2009/10/03

2009 筑波ロードレース選手権 第4戦@2009/10/03

全国ゆっくり協会のみなさん、今日は雨の中お疲れ様でした。

レイン→ドライ→レイン...と、2回もタイヤを入れ替える微妙な天気の中、デビュー戦にしては上出来だったのではないでしょうか。
なんたってポイントもゲットしたし...!
小さなトラブルから大きなハプニングまで...いろいろ起きることを期待していたオレは少し物足りなさ感を感じながら帰路につきましたが....まー、次回に期待したいと思います。

ちなみに。
この「全国ゆっくり協会」というのは以前このブログでピットクルーを募集した時に応募して来て以来いつも手伝ってくれるあのIさんのチームで...。

2009 筑波ツーリスト・トロフィー in JUNE の参加受理書が届きましたよ!

デビューレース(初レース)が選手権です...ヤバいです。
ファミリーからいきなり選手権に出るなんて。
トップクラスは2秒台を出すTC250にドノーマルTZRで出るなんて。
しかも社外のチャンバーを持ってるのになぜ純正のまま。
まー、とにかく...変態です...。

いや、パッと見はエストレヤ・パワーレーシングだとかパインなんちゃらだとかには似合わない好青年なんですけど。
オレもその変態度数を今まで計りかねていたんですけど、今日いろいろと観察をして確信しましたね....間違いなくドノーマル...じゃなくてド変態です。

うーむ、ロードレース界で将来のあるオレはそろそろIさんとは距離を置く時期が来たのかもしれないなー。

で、予選17位。決勝12位....で、たぶん4ポイントゲット。
予選、決勝ともにウェットで。
履き慣れたドライタイヤとは異なるレインタイヤの「ラウンド形状の違い」に走りに戸惑いが見受けられましたが、そんな中でもこのリザルトは見事としか言いようが無いでしょう。

で、そんなIさんの晴れ舞台を記録に残そうと雨の中たぶん200〜300枚くらいの写真を撮ったんですけど、家に帰っていざPCに取り込もうとしたらなぜか34枚しかなくて...汗
どうやら最後に撮ったGP125/GP-MONOの写真しか無いんですよ...マジで。
自転車のハンドルとかにぶつけて衝撃でデータが飛んでしまったのだろうか。

ということで。
Iさん、ごめんねー。せっかくの晴れ舞台なのにIさんが写ってる写真が一枚も無いんですよっ。
走行後のIさんの勇姿だとか...を、いろいろと撮ったのに。



こんな写真も20枚くらい撮ったのに。
とにかく、食ってばっかなんですよ...笑
Read More