2010/03/05

2010筑波ツーリスト・トロフィー in March の特別スポーツ走行に行こうかどうしようか悩み中

特別スポーツ走行ってのはレース参戦者だけが走れる練習走行みたいなもんでレース前日の金曜日に開催されます。
社会人ならたとえ会社での立場が危うくなったとしても当然有給を取得するべき日です。

考えてもみてください。
日本だけでも会社なんて星の数ほどあります。転職だって星の数ほどできるんです。
気持ちさえあれば世界に出て働くこともできるし、自分で会社を作ることだってできるんです。
そうです、やる気さえあれば何だってできるんです。

まー、そうは言っても大人になるといろいろな事情がありまして。
例えば....

明日が特スポだというのにマシンが満足する仕上がりじゃなかったり。
満足する仕上がりというか....満足にエンジンもかからない状態だったり...という感じですが...汗

具体的にいうと、やっとこさ5ヶ月ぶりにエンジンがかかったと思ったらアイドリングが全然安定しなくて...。
最初は5ヶ月ぶりだからしょうがないと思ってたんだけども、10分くらい経って暖まってからもアクセルを開けてないとどんどん回転数が落ちてきて止まっちゃうし、たまに「パスン」と吹き返しが起こって明らかに何かがおかしい。

確か前回のレースの後は(原因が分かってからは)問題なくアイドリングしてたよなーと過去を振り返りながら、当然最初に疑うべきはイグニッションコイルとプラグコードの接点なんだけど...笑
ここは念には念を入れて修復したし火花も間違いなく飛んでいるから問題ないだろう。

5ヶ月前のガソリンの問題だろうかとか。
ここ数年度重なるキャブ問題で何度も何度も取り外しているキャブのせいでインマニ(エンジンとキャブを繋ぐゴムのパーツ)が緩くなって二次エアでも吸ってんだろうか....とか思いながらきつく閉め込んでみても症状はかわらず。

とりあえずキャブを交換。



こんなに錆び付いてるってのもあるし。
見た目的にもどうなのかと。



ケーヒンとの間に太いパイプを持つエストレヤ☆パワーレーシングだからこそできる別注品。
「CVK34 ブラックボディスペシャル」
高度にチューンドされた「Estrella-RR F10-The Revo」に最適化されたレーシングキャブです。
(10数ヶ所に及ぶリクエストを出し、純正キャブとは全くの別物に仕上がっています)

そういえば、話しかわりますけど。
今シーズンに向けてリアのトラクション向上とエンジンパフォーマンスの向上の2点をkawasakiにリクエストしていたんですが、motoGPチームが解散になって以来どうやら開発は止まっているようで...今シーズンは昨年の疾風レーシングみたいに年間を通してメーカーからのアップデートは無く終わりそうな感じです。
あー、メーカーとの何のパイプも持たないプライベーターは気楽でいいよなー。

で、話戻ってキャブを替えたらかなりアイドリングも安定するようになって(若干微妙な感じもあるけど)どうやら朽ち果てたキャブが問題だったようです。
(キャブの何が原因だったのかは不明だけど)

で、これで問題ないかのように見えたんだけども、このブラックボディスペシャルにはチョークが利かないという欠点がありまして。
(なぜかチョークのレバーがびくともしない...)
暖まりきった後だったので問題は無かったんだけども、冷えきった状態だといくらセルを回してもエンジンがかからないという事実が水曜日に発覚しまして。

1.エンジンはかかるけどアイドリングが安定しない(吹かしていても止まってしまうこともある)キャブでいくか
2.エンジンさえかかっちゃえばあとは(たぶん)問題ないけど、かなりエンジンがかからないキャブでいくか

.....という、2つの選択肢があるんだけど。
グリッドでエンジンがかからないのはもう懲り懲りだしなー笑
かといって、1.だと満足に走れる可能性はかなり低い。

まー、1と2を取っ替え引っ替えあーだこーだしてみよう。
あとはたぶん問題ない....と思う。

こんなマシン的な理由だったり....とか。



明日が特スポだというのに、こんな穴の空いたグローブしかなかったり...だとか。
いや、予定では昨日休みだったんでKUSHITANI 江東店に行ってGPR6を買おうと思ってたのに、な、なんと水曜日が定休になってて....じゃあ千葉店に行くかと思ったら千葉店も水曜が定休で、じゃあ水曜に営業している最寄り店はどこなんだよっと探したら川口店があったけど行くには微妙な距離で。
マシンも仕上がらず結局は行けずじまいで。

特スポは11:50〜と13:35〜の2本なので朝一の9時に江東店によれば間に合うか...と思ったら、な、なんと開店は11時からで。
じゃあ特スポが終わってから行くかーってな感じだけど、マシンが仕上がらず行けないかも的な感じもあり...。
レース当日にKUSHITANIのサービスで直してもらうというのもあるけど時間的に厳しそうだしな。

■決勝当日の時間割
7:15〜7:30 車検
8:20〜8:35 予選
9:45〜10:15 ブリーフィング
11:15〜 スタート前チェック
11:29〜 スタート進行
11:40〜 決勝レース

車検はいいとして予選までに直してもらえるだろうか...厳しいよなー。
やっぱ明日買いに行こう。

こんな装備品的な理由だったり...とか。

あとはですね、これが一番大きな理由かもしれないけれど。
せっかくの休日なんだから赤ちゃんと過ごしていたいという理由というか言い訳というか....が、大きくて。
マシン整備なんてしてられっかっみたいな感じで。
とにかくかわいいんですよ。



見てくださいよ。
この鼻くそを!



鼻くそがこんなにかわいいなんてありえますかっ。
し、しかも、唾をこんなに蓄えて。
反則だろー。

こんな親バカな理由だったり....とか。

まー、そんな感じで過去最大級なグダグダさ加減でレース当日を迎えそうです。
一体どうなるんだろうか。
自分でさえ全く予測がつかない。

2 コメント:

kai さんのコメント...

キャブの選択肢はチョークが効かない2.しか無いと思います。
完調のキャブを用意する必要があると思いますが、残された時間は少ないので。
プラグホールからシリンダー内にガソリンを数的垂らせばチョークの代わりになります。
暖気が十分なら再始動も問題なく出来ると思います。

sumi さんのコメント...

キャブは結局どっちもダメだなー。
あーだこーだしたけど、どっちも症状に代わりなし。
一体何が悪いのやら。

2のキャブでいって予選と決勝前は十分暖気をするよ。