2010/03/06

特別スポーツ走行に行くのは止めて、代わりに京葉スピードランドへ

いやだって、特スポは20分を2本だけですよ。
しかも時間も決められてるし。
今のマシンの状態だと満足に走れる可能性はかなり低い。

だいたい2本走って満足するほど心が潤ってねーんだよっ。
心が渇いてしょうがねーぜっ。

.....そんな感じで。

午前中にKUSHITANI江東店に寄ってGPR6を買って、いざ京葉スピードランドへ。

13時に着いて速攻メンテナンスを開始。
メンテナンスといってもエンジンがかかるか...の一点だけだけど。
フレッシュなガソリンに替えてみたり、キャブの内部パーツを取っ替え引っ替えしてみたり....したけど効果なし。
ブラックボディのチョークレバーは引けるようになったけど(今まではびくともしなかった)半袖でも過ごせるくらいの気温なのに相変わらずエンジンはかからないし。
チョークとしての機能は全く働いていないない感じ。
どっちもキャブボディ自体に問題があるんだろうか。

あーだこーだして....やっとこさ走れるようになったかな(まだ信頼性には欠けるけど)...というのが16時で...汗
時計を見てビビりましたね....もう16時かよーみたいな。
いやだって京葉スピードランドは午後の部が13時〜16時だったはず....というのを覚えていて。
ダメ元でもうダメですかと聞いてみたところ、な、なんと17時まで走らせてくれることに!
しかも1000円で。
最高だよっ、京葉スピードランド。

で、肝心の走行は....そりゃもうひでーもんで...。
全然問題ない(体が覚えている)と思ってた逆チェンジはミスしまくり。(XR100Mは正チェンジでエストレヤが逆チェンジ)どうやらそんな器用なライダーじゃないようだ。
何もかもがひっちゃかめっちゃかで走りながらなんだか初めてXRで走ったときの思い出が蘇ってきた。

エストレヤ自体はいいのか悪いのか全く分からず。
エストレヤでコース2000以外を走るのは久しぶりだったけど相変わらずバンクができない病というかコーナーが怖い状態が続いている。どうやら筑波だけの症状じゃないみたいだ。
全くマシン(とタイヤ)が信頼できない。
とにかく走り込みが必要だけど、状態は全くよくなることなくチェッカー。

マシンと走りの両方に不安を抱えたまま....赤ちゃんが待っているので帰路につきます。
明日は一体どうなるんだろうか。
ゴ、ゴクリ...。

0 コメント: