2010/06/10

【練習日誌】もてぎ北ショートコース@2010/06/08

さあ、もて北です。

10時から1本目があるもののやることは山積みなので最初の2,3本は諦めます。
つか、早めに行って準備をしようかと思ったけども何時にゲートオープンするのかがwebを調べた限りわからず。
営業時間では9:30〜になってるんだけど...まさかな...。
券売(走行券の)開始が9:15〜なので少なくともこの時間には開いてるんだろうけども。

たぶん8時か9時オープンなんだろうなーと思って5時起床....二度寝して改めて6時起床。
(7時くらいに着いてゲート前で整備を開始するという案も考えたけど、オープンしたらまたトランポに荷物を積んで...というのが面倒くさいので却下)
荷物はほぼほぼ積み込み済みだったので6:30発....で、9:00もてぎ着。

第3戦の戦いは始まっているというのにピットには5台くらいしかいない。

早速、仕事を開始します。
まずは本締めしたかどうか不安だったフロントアクスルシャフトを規定トルクで...ついでにキャリパーボルトも....プロの仕事です。
センサーが粉砕されたez-Lapは前日に触るもの全てを磁石にかえるというマグネタイザーで試してみたものの反応はなく、赤外線も反応がなかった(発信機のランプがかなり弱かったので電池切れの可能性もあったけど)のでほぼほぼ諦めかけていたんですが、販売元のダイレクト・ドットコム・レーシングの甲斐田さんがチェックしてくれたら磁石、赤外線ともに問題なく動作しました....購入後のアフターサービスです。
耐久性バッチシですね。
像に踏まれても大丈夫...みたいなキャッチコピーで売ったらいいんじゃないだろうか。

前から気になっていたチェーンアジャスタのボルトとナットが部分的に手では回せないくらいなめてるので修正。
当たり前のことだけど、こういう部分が手で軽くクルクル回ると気持ちいいですね。
リヤのアクスルシャフトに若干傷というか段付きがあったので1000番の耐水ペーパーで磨いてみたけどあまり変わらず...まー、そんなに神
経質になるほどのもんじゃないだろう。

リヤのスプロケを純正33→32に変更...さあ、どうなる。



ちなみに。
スプロケを3枚も持っています...プロフェッショナルの証です。
純正とアルミは重さが圧倒的に違いますね。
かなり期待。

チェーンを例の420クラス最軽量チェーンを付けて....いつものことだけどチェーンの調整にいつも手間取る...。
なかなか左右均等にできない...。
できたと思ってアクスルシャフトを閉めたらチェーンがかなり緩くなってたり。
何かやり方が違うんだろうか。

さあ、ここからはエンジンです。
まずは忘れないうちにエンジンオイル(ホンダ純正G1...捨てオイル)を1リットル注入。
キックスターターを取り付け....いざ、スイッチ(キー)ON!
さあ、キックします。
緊張の一瞬です....ゴ、ゴクリ...。

何度目かのキックで火が入りました。
レーシングサウンドがもてぎの山に響き渡ります。
(いや、実際にはノーマルマフラーなんで回りに比べてかなり静かなんだけども)
(イメージですよ、イメージ)

変な異音もなく問題なさそうです。
どこからともなく煙が出始めたので排気漏れかと思って強く閉め込んだらフランジが曲がっちゃいまして。
その時は交換すりゃいいかと思ったけども、フランジ単品は無いんですね...構造上仕方ないか。
どうやら付着したオイルが原因っぽい。
そのうち消えました。

アイドリングとレーシングを5分ほどで一旦止めます。
冷えたらもう一度5分ほどレーシング。
カムチェーンの調整。

空気圧をF:1.49、R:1.52にセットして準備完了...12:20。

マシンは完璧です...たぶん。

シフトダウンは丁寧に...シフトアップは早めに。
何千回転までとか...そういうことは気にせず(そもそもタコメーターが付いてないっ)丁寧に走ることだけを心掛け13:30〜の走行に備えます。

0 コメント: