2010/08/18

耐久茶屋に「100ccノーマルクラス」!....うーむ、気になる。

今までDE耐だとか...耐久茶屋だとか...は、エンジンとかキャブをいじらなきゃそれなりに戦えないだろうから...という理由でマイマシン「XR100Motard-The Monster」で参加しようとはこれっぽっちも考えたことは無かったんだけども。

筑波TTのスケジュールを確認しようと筑波サーキットのHPを久々に見たら今年の耐久茶屋には「100ccノーマルクラス」があるんだとかで。

レギュレーションを見るとかなりもてぎショートコース選手権のEnjoyDE耐クラスに近いんですよっ!
な、なんですと〜!!

これならそれなりに戦えるんじゃねーかと思いまして。
(.....いや、もちろんライダー次第ですけど)

そうはいっても、今のノーマルマフラーだとさすがに本コースでは不利だろう(...いや、わかんねーけど)つーことで、RUN R&Dセンター出しマフラーのデビュー戦にするのもいいかと思いまして。
(2009 鈴鹿ミニモトSTクラスでファステストラップを記録したマフラーのアップタイプ)
(今年の2月に購入してまだ一度も使っていない)
(なんて忍耐強いんだろうか..オレ)

今シーズンは封印すると決めていたけれど、11月28日だからきっと今年最後のレースだろうし...まぁいいだろうと。

4 コメント:

DCR さんのコメント...

残念~
先日から厳しくなったマフラーの音量規制に引っかかります(多分)。
だから早く使いなさいと言ったじゃないですか~。あ~一度も使わないで終わりか~

sumi さんのコメント...

ええー、と思って調べてみたら、

・レギュレーション:99dB/5,500rpm
・RUN R&D:99dB以下/4,000rpm

微妙ー。
というか、アウトですかね...。
まー、レース後は3dbの誤差が認められますから何とかなるでしょう。

DCR さんのコメント...

そういう問題ではないのですが・・・

sumi さんのコメント...

それじゃあー、

きっと音量測定されるほどの順位でゴールはできないから大丈夫でしょう。

.....というのは、どうですかね...。