2010/04/28

「XR100Motard-The Monster」のフォークオイルを交換(重大な問題が見つかったので結局交換はしてないけど)

第2戦が終了しオレのライディングスピードが向上するにつれてマシンのネガな部分が見つかったので早速メンテ&モディファイを行います。
そうです。
既にもてぎショートコース選手権第3戦に向けた戦いは始まっているのです。
まー、オレレベルになるとレース毎にマシンは全バラが基本ですね...。

で、ですね....スピードが上がるにつれて進入でフロントがタッタッタッと跳ねるようになってきまして。
特に顕著なのが3コーナーを抜けて4コーナーの進入で。
ここはよくコースアウトする苦手ポイントの一つでもあるし、この3〜4コーナーをいかにスピードを保ったまま抜けられるかがコースを攻略する上でも重要なポイントですし。
まー、今のレベルだと跳ねはそれほど気になるほどでもないといえばないんだけども、これから更にスピードが上がったときにもっと酷くなるだろうし。

.....ってことでですね、フォークのインナーが曲がってるだとか、アウターが曲がってるだとか、空気圧が低いだとか、諸説ありますがまずはフォークオイルの交換をしてみようと思いまして。

で、春のスーパーセール開催中でしかも全品表示価格より10%OFFつーことでナップスに向かいまして...開店10分前に到着し今日のモディファイに向け精神を集中します。

いろいろ買うものがあるんですが、まずはブーツコーナーへ。
事前にチラシを見たんですけど、他の商品は全て割引後の価格が表示されているのになぜかこのDIADRAエクストリームだけが表示されてなくて...相当安くなるのかな...と、思ってたんですね。



で、売り場に行ったら表示されている価格は通常の価格だったんで、いくらになるのか聞いてみたところ...な、なんと、1万円引きの27800円...と、衝撃の価格が提示されまして。

途中のコンビニで2万円を下ろしてきたので財布の中には2万ちょっとしかないことも忘れて、こりゃーもう買うしかねーと思いまして。

が、しかし、ちょうど合うサイズがなく他の店舗の在庫を確認してくれることになったんですが、な、なんと、この価格は足立店限定の価格で他店から取り寄せたら通常の10%OFFしか適用されないということが発覚。
じゃあ、メーカーから取り寄せで...ということになったんですが、な、なんと、この場合も通常の10%OFFしか適用されなということが発覚しまして。
足立店が在庫してる分しか衝撃価格は適用されないという非常に残念な結末を迎えまして...購入は断念。
どうやらDIADRAがブーツから撤退するので在庫をさばきたいそうです。
次のブーツはDIADRAエクストリームと決めていたのに手に入りにくくなりそうだなー残念。

で、フォークオイルとかいろいろ買いまして早速メンテの開始です。



まずフォーク単体にしてこのトップボルトを外します。



が、持っている工具の中で手当たり次第大きめの工具を試してみますが合いません。



これもダメです...。



これもダメです...。
な、なんてこった...これからというところなのに工具を買いに行かなければ行けないのか...。



もうダメかと諦めかけたところで一つだけありました。
このプライヤーというかなんというか。
あぶねー。
こんなときのために大きめのモンキーが必要だなー。

で、即席の廃油ポイでオイルを抜きます。



ヤ、ヤバいです...臭いが。
鼻にツーンとくる刺激臭。
色は限りなく黒に近い濃いグレー。

で、フォークを逆さまにしてインナーをストロークさせながらオイルを抜くじゃないですか。
そしたらインナーがびくともしない状態になっちゃいまして...汗
最初は何でこうなってしまったのか全く分からず...もうとにかく全くストロークせず上に引っ張ってもダメだし回すこともできないほどびくともしないんですよ。

で、ちょっと体重をかけて下に押し込んでみたら「グググ」というか「ギギギ」という嫌な手応えとともに少し下に動きまして...何かがどこかに当たっているというか引っかかっているのは間違いない様子。

で、メンテナンスグローブをつけてフルパワーで上に引っ張ったらなんとか出てきました。
やっぱどこかが曲がってるんだろうか。



見てください、この違いを。
短い右側がクラッチ側でこっちは問題なくてインナーを上に持ってきても自重で下がって一番下までコツンと下がった状態がこれです。
左のブレーキ側が自重で下がるのはここまででこんなに差があるんですよ。

ちなみに、クラッチ側はフルストロークで12.1cmなんですけど、ブレーキ側はわずか3.8cmしか自重ではストロークしません。
その3.8cmから「ギギギ」と無理矢理押し込んでも7.4cmしかストロークせず、明らかに問題ありという感じで。

こ、これが、甲斐田さんのいう引っ掛かりの原因なのか。
自分じゃ全然感じなかったけど...。

で、さすがにこのまま新しいオイルを入れる気にはならなかったので、オイルなしの状態で元に戻しときました。
早速ファクトリーに新品を発注....じゃなくて、現実的にはヤフオクで物色したのはいうまでもありません。
どうなる、エストレヤ☆パワーレーシング。
Read More

2010/04/25

こんなところに小さな新しい命を発見したよ。



こんなところといっても、きっとパッと見で分かるのはIさんくらいだと思うけど。

な、なんと、このこれはですね....エストレヤのマフラーエンドの中なんです。

何を隠そう前回の筑波TTは1コーナー立ち上がりで転倒!
エストレヤが回転しながらグラベルを転がりまして。
そのままエンジンがかからず終了。

で、Iさんに押されて車検場脇で洗車しようとしたらマフラーエンドいっぱいまで泥が詰まってるんですよ...。
なぜこんなに入る...ってくらい。

で、水掛けながらちょっとほじくってたんですけど、やっぱマフラー単体にしてからのほうがいいだろうと中途半端にほっといたんです。

で、そのまま今日までほっといたんですけど、約1ヶ月半経ち興味本位でカバーをチラリと上げてみたらこんな風になってたんですよ。



すごくないですか。
1ヶ月半の間、水なし日光なしでこんなに育つなんて。
生命の力ってすごいなー。

で、「XR100Motard-The Monster」のフォークオイルを交換(重大な問題が見つかったので結局交換はしてないけど)してる間はカバーを開けたままにして日光を浴びせてあげました。

で、整備終了とともに水をあげて、とりあえず次回カバーを開けたときを楽しみにそのままにしときました。

ああ、次回の筑波TTは一体どうなるんだろうか。
Read More

2010/04/24

【リポート】2010 もてぎショートコース選手権 第1戦@2010/03/21...2

さあ、レースウィーク...というか前日の特スポです。

今回は昨年ペアライダーを募集したときに応募してきてくれたFさんと新たにペアを組みます。
メールのやり取りはなんどかしてますが特スポの今日が初対面です。
いつも一体どんな人なんだろう...と、わくわくドキドキなんですが、もてぎに向かう車の中で話をした限りでは普通の人で...これで人間関係を心配すること無くレースに臨める...と、一安心しました。
いやだって、もしすげー変態とかだったら...いろいろと考えちゃうし面倒くせーじゃないっすか。



このアンダーカウルからチラリと見えるゼッケン4がカッコ良くないですか。
ちょうど1コーナーから2コーナーをバンクしてるときに写真に写るのを狙って付けたんですけど。

しかし自分で整備したマシンを初対面の人に乗ってもらうのは緊張しますねー。
大したモディファイはしていないとはいえ足回りとか外してますからね...ねじが緩んだりしねーかと心配で。
そんな感じで1本目はオレが乗って問題ないことを確認。

で、今までに1回しかもて北を走ったことの無いFさんのために、予定通りオレ2本、Fさん4本走って無事終了。

ちなみに。
今回のレースの目標は55秒を切ることだったけども、2本目であっさり(でもないけど...54秒93)更新してしまったので53秒台を出すことに上方修正。
あー、一体どこまでタイムが縮まるんだろうか...オレ。

なぜ55秒かというと去年レンタルクラスに出たときのベストタイムが57秒だったので、バックステップ分バンクできるようになって2秒縮まるだろうという予想だったんだけども、どうやら予想を上回るスピードでオレのライディングが進化してる様子。

つか、このレンタルクラスに出たときはノーマルタイヤ、ノーマルステップということもあってか全く満足の行く走りができず。せっかく2位でバトンを受けたのに1回の転倒と大小含め10回以上コースアウトして結局6位に...な、なんてこった。
マシンの鼓動とオレの鼓動が全くシンクロしませんでした。
同じレンタルマシンとはいえ今はそんなことは全然ないんだけども。
やっぱバックステップは重要だなー。

そんな感じで明日に向けオイル交換して終了。
そして厳正なるじゃんけんの結果、出走順は1番Fさん、2番がオレに決定。

しかし、この日はなんかうれしかったですねー。
ピットウォールで写真を撮り始めたんですけど、去年見たDE耐マシンとかが走ってるのを見たらまたこの場に戻って来れたことがうれしくなっちゃいましたねー。
しかも、自分のチームでフル参戦するんですからね...一体どうなるのかとわくわくドキドキで。

さあ、明日に向け早めに帰路につきます。
が、めちゃくちゃ高速が混んでました。
Read More

2010/04/22

【リポート】2010 もてぎショートコース選手権 第1戦@2010/03/21...1

えー、全5戦(mini耐を入れると6戦)で争われるもてぎショートコース選手権ですが、ついこの前第1戦が終わったばかりでそのうちブログのアップもしようと思ってたらあっという間に第2戦も終わってしまいまして。

・第3戦 7/11
・mini耐 9/12 (※)
・第4戦 10/3
・第5戦 11/7

※通常のシリーズ戦は60分だけど、mini耐は120分の予定。耐久のお祭りみたいなもんじゃないだろうか。シリーズ対象外。(つか、そもそもEnjoyDE耐!クラス自体がシリーズ対象外だけども)

第3戦まで約3ヶ月弱のブレイクがありますので、この間にシリーズフル参戦をするにあたりエストレヤ☆パワーレーシングがどのようにレースを迎えどう戦ったのか...オフシーズン〜前半戦を振り返っていこうと思います。

  ーーー

まずは第1戦(3/21)に向け今シーズンの主力マシン「XR100Motard-The Monster」の製作に取りかかります。
製作とはいっても前年のレンタルクラスから発展したEnjoyDE耐!クラスはモディファイできるところは限られてまして。
大きなところではマフラーくらい。

第42条 EnjoyDE耐!車両規定
~1)・車両
 ホンダ:Ape100、XRモタード、Ape100Dとする。
~2)・仕様
(1)・車体関係
~1)・Ape100にXRモタード、Ape100 TYPE-D の足回りの流用は可。
~2)・NSR50・NSRminiのホイール及びディスクローターの使用は可。
~3)・メーター類の改造・変更は可。(メーターを取り付ける為のステーの変更・加工・改造は可。)
~4)・フレームの改造は禁止。但し、シートレール以外の不要なステーの切断は可。
~5)・スプロケット及びドライブチェーンの変更は可。
 (但し、チェーンサイズの変更は不可。)
~6)・リヤフェンダーの変更及び取り外しは可。
~7)・ステップペダル等の変更は可。
 (但し、いかなる場合でも先端は丸みを帯びている物とする。)
~8)・フロントフォークにイニシャルカラーの長さの変更は可。
 (インナーパーツ・スプリングの交換は不可。)
~9)・ハンドルの変更は可。
 (ハンドルレバーの末端が露出している場合には、固形物質を詰めるかゴムのカバーでカバーされていなければならない。)
~10)・ブレーキレバー・クラッチレバーの変更は可。
~11)・ブレーキホース・ブレーキパッドの交換は可。
~12)・リヤクッションの変更は不可。
~13)・マスターガード及びキャリパーガードの取り付けは可。
~14)・アクスルガードの取り付けは可。
 (但し、アクスルシャフトの変更は不可。)
~15)・ハーネスの変更及び加工は可。(但し、イグニッションスイッチを外した場合にはキルスイッチを装着しなければならない。)
~16)・CDIの変更は可。
~17)・プラグキャップ及びスパークプラグの変更は可。
 (但し、イグニッションコイルの変更は不可。)
~18)・バッテリーの取り外し変更は可。
(2)・エンジン
~1)・使用可能エンジン及びエンジン部品は、Ape100、Ape100D、XR100モタード、CRF100、NSF100とする。
~2)・エンジンの改造・変更は不可とし、出荷時のものとする。
(3)・吸排気系
~1)・マフラーの変更は可。
~2)・キャブレターのジェット類・ニードル類の変更は可。
~3)・キャブレターとインレットパイプの間にあるインシュレーターはキャブレター径までの加工及び取り外しは可。
~4)・上記以外のボックスの改造・加工は不可とする。
~5)・エアクリーナーエレメントの取り外しは可。
~6)・エアクリーナーインレットダクトの取り外しは可。
<アンダーカウルの取り付け>
1・エンジン破損、故障時にエンジンオイルを保持する為に1リットル以上保持できる構造になっているアンダーカウルを取り付けなければならない。
2・アンダーカウルにはプラグ(水抜き)の穴を設けなければならない。この穴はドライコンディションの時は閉じられていなければならず、競技役員の指示があった場合のみ開けることができる。
<スプロケットガードの取り付け>
1・巻き込み防止の為にスプロケットガードを装着しなければならない。
→スイングアームに溶接可能、容易に外れないようにボルトで固定すること。
<ゼッケン>
~1)・Ape100/Ape100Dに関しては、フロントゼッケン・サイドゼッケンプレートを取り付けなければならない。
~2)・ゼッケンプレートサイズは横250mm×縦190mmとする。

「ワークスレベル」といわれるエストレヤ☆パワーレーシングにとって、通常モディファイできる箇所が少ない=マシンによるアドバンテージが減ることを意味しますが、このもてぎショートコース選手権に限っていえば参戦の目標がたんに勝つことではなく...人間力のアップ....すなわちライダーとして成長することを最大の目標として掲げているためこのレギュレーションは願ったり叶ったりといったところです。

「ワークスだから勝ってあたりまえ」
「あいつはワークスだから速い」
口には出さないけど、こう思っているライバルもいることでしょう。
そんなやつらに圧倒的な実力の差を見せつけて勝ちたいんです。

とにかく速さを身につけたい。
このご時世に来シーズンも今のシートが安泰している保証はどこにも無いし、いくらマシンが速くても乗り換えてしまったらそこで終わりだし。

そんな中厳選したパーツがこちら。

ハリケーン:BMコンチ1型(ハンドル)
カムイ八王子:MAXIMUS FRP製アンダーカウル
以下は全てダイレクト・ドットコム・レーシング
アクスルスライダー&アクスルナットスライダー
ez-Lap
ハンドルストッパー
レーシングバックステップ
ダストシールレスホイールカラー
シフトスピンドルカラー

第1戦の時点ではこれだけで他はノーマルです。
そういやインシュレーターと呼ばれるキャブとエンジンの間で吸気を50%も絞ってるやつを取っ払いました。
それとステムのグリスアップ、エンジンオイル交換をしたくらい。

あとはおしゃれポイントとして足下にチラリとゴールドを。
(ナップスで一目惚れして即買い)



60分の耐久レースということで時計も付けます。
(オメガ...コース上では1/100秒までの精度が求められますからね。信頼できるスイスの高級時計メーカーをチョイス)



基本30分交代になるんですけど30分つったら結構長いじゃないですか。
それに「10分経過」とか「残り10分」とかピットサインを出すのも面倒だし....サインを出すだけならいいんですけど時計を見ながら計測しているのが面倒くさい。
そんな感じで乗りながらにして「あ、あと10分か...もう一息がんばろう」的な感じを狙って付けたんですけど....第1戦(30分)、第2戦(40分)の計70分を走って走行中はいまだに一度も見たことがありません...。
どんだけ走りに集中してるんだろうか...オレ。
つか、たんに余裕が無いだけだろうか。

さあ、マシンは完成です。
あとは実走チェックでホームコースの京葉スピードランドへ。

レースに向けた最後の練習なので...この一日でマシンと走りをものにするぜっ...と、張り切り過ぎちゃって最初に1時間以上の連続走行をしたらその後急激に右腕が痛くなっちゃいまして。
その後もアクセルを開ける度に激痛が走りだましだまし走ってたんですけど、そしたら昼くらいから、な、なんと青山周平が現れまして

去年の日本GPの走りを見て以来めちゃくちゃファンなんで、もう走りそっちのけでチラチラ横見てマシンとツナギにサインしてもらうチャンスをうかがってたんですけど結局話しかける勇気が持てず。
あー、今思うとめちゃくちゃ後悔。
きっとサインをもらってたら第1戦も第2戦ももっと速く走れてたんじゃないだろうか。

まー、そうはいってもこっちもレース前ですからね。
いくら有名人が来たからっていつまでもチャラチャラしてるわけにはいかないんですよ。
かかってきなっ...周平!....とか、思いながら一緒のコースにコースインしまして。
オレは本気で向こうは流してるだけっぽい感じなのに最終コーナーでインをさされ終了。
....く、くそっ...この右腕の痛みさえ無かったら...。

そんな感じで激痛に耐えながら一日走って終了。
ベストは39秒いくつか。(正確にはもう忘れました)
ちなみに速い人は確か35秒とか36秒くらい..?
オレ的には前回のS-1GPのときと比べて結構分かってきてる感じがしてたのでそれなりの気分だったんですが、一緒に合同練習をしていた甲斐田さんからは案の定ダメ出しをくらいまして。
オレがペドロサだとすると、きっとアルベルト・プーチ監督はこういう人なんだろう。

そういや京葉スピードランドのように磁石の埋まっていないコースでもセンサーの位置を変えるだけで計測できるez-Lapですが、あろうことか帰りの高速で赤外線発信器をスタート地点に置き忘れてきたことに気付き....もうすぐ市川ってところで気付いたので今更引き返すのもバカらしいし....ってことで、その後何週間かあとに行ったらちゃんと保管しておいてくれました。
ありがとう、京葉スピードランド。

あとは以前ブログにコメントをくれたバイクショップ バードゲージでタイヤ交換。
(BT-601SSでFにソフト、Rにミディアムをチョイス)
格安で交換していただき、ありがとうございました。
筑波TTがんばってください。

これでやることは全てやりきりました。
さあ、レースウィークに突入です。

一体どんなレースになるんだろうか。
ゴ、ゴクリ...。
Read More

2010/04/18

2010 もてぎショートコース選手権 第2戦@2010/04/18

http://218.231.235.48/~masato/Documents/motegi_shortcourse/20100418/

とりあえず、写真をアップしました。

今回は自分のレースに集中するためにEnjoyDE耐が終わったあとの2つの耐久だけです。

というのはジョーダンで。
今回もFZ18なんですけど「Nikon D90じゃなきゃオレの撮りたい写真が撮れないんだよっ」みたいな気持ちが心の奥底ありまして....いまいち気分が乗らなかったからです。

あー、どなたか赤ちゃんの3ヶ月のお祝いにNikon D90(18-105レンズキット)と、サーキット用にNikon AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)をポッーンと買ってくれないだろうか。
Read More