2011/08/08

2011 筑波ロードレース選手権シリーズ第3戦@2011/08/06

■予選
TC400/TC250
TC400/TC250_2
TC-mini
TC600/MASTERS
J-GP3
ST600(N)
JSB1000/TC-Formura/ST600(I)
S80

■決勝
TC400/TC250
TC400/TC250_2
TC-mini
TC600/MASTERS
J-GP3
ST600(N)
JSB1000/TC-Formura/ST600(I)
S80

えー、日曜日に行われた筑波選手権の写真です。
今回は事前にかなり知識を頭に詰め込んで、あとは実践あるのみって感じで臨んだんだけど。
現場では余裕がなくて悠長にあれこれ試すことができず。
失敗しちゃいけないとか、全レースがスプリントだからチャンスが少ないとか、多くの人を撮ろうと思って迷っちゃったりだとか....で、(心に)余裕がなくて。
シャッタースピード、露出、絞りを自在に操るぜーとか思ってたんですけど全く操れず...。

あとは日の丸構図(写真の真ん中に被写体が来ちゃってるやつ)を止めるってのが一つの目標で。
D90はファインダー(覗き窓のこと)に11点のフォーカスポイント(ピントが合うポイント)が菱形に配置されているんだけど、ど真ん中のポイントだけワイドにすることができるので「ピントの合う範囲が広がる」と思ってだいたいこれで撮ってまして。
必然的に被写体がど真ん中に来て日の丸構図になってしまい。
別に全ての日の丸構図が悪いとは思わないけど、なんだかもうありきたりだし...いろいろ変えてみようと思ってまして。

今回は被写体(マシン)が進行方向に対して少し後ろになるように(進む方向にスペースが空く感じ)ポイントを持ってきまして。
まー、そこそこは意図通り撮れたけど、マシンの先っぽしか写ってないとか...そんな写真が増えた。
縦位置だと更に難しい。
普段撮ってないだけにどういう構図がカッコいいのか悩んでしまう。

それと普段ミニバイクばっかなので、600とか1000とか250もストレートがちょー速くて!!
フォーカスポイントで捉えきれない。
つか、焦点距離によってはファインダー内で捉えることさえ難しくて...。
1日が終わるころにやっと馴れてきた感じ。

って感じで。
最後のJSB1000/TC-Formura/ST600(I)とかS80あたりでカッコいいやつが撮れてます。
もちろん失敗も多くあるけど。

基本的に撮ったやつは全部アップしているんですけど今回はあまりにも酷いのがあったのでそれだけ削除。
つか、今回は例のニンジャストラップを使ったんですけど、カメラを脇腹辺りにぶら下げて自転車で移動してたら、どうやら体に擦れてモードダイヤルが勝手に回っちゃってるときが多々あって。
普段ほぼPで撮ってるので撮るときにモードは確認しないんだけども、いつのまにかMとかAとかになっていて気付かず撮って、あとで気付いたら真っ黒とか真っ白になっていて...というプロカメラマン失格ともいえる失敗が多くあり...。
走行写真の1枚や2枚なら別に問題はないけども、グリッドでの記念写真とか、みんなで集まって撮ったときの写真とかがそんなことになってるとかなり凹むー。
次から気をつけよう。

今回は全体的にダメだったなー。
あれこれしようとし過ぎたかなー。

とにかく、一番悔しかったのはドラえもんを捉えきれなかったことですねー。



これをもっとドラえもんをアップでガツーンッと捉えたかった...。
くっそー。

まー、でも、筑波選手権は面白い。
金を払って見る価値があるねー。
次回リベンジするので駐車券とピットクルーパスの手配よろしくねー。
ちゃんと金は払うから。

2 コメント:

toshi さんのコメント...

検索したら引っかかりまして、ST600の写真を何枚か頂きました。

撮っていただきありがとうございました

sumi さんのコメント...

いえいえ、大した写真じゃないですから...。
次回も頑張ってください。