2011/08/25

続・自作!レーシングハーネス。

気になるところを、あーだこーだと修正しながら何度か試すものの症状は一向に変わらず。
日中とはいえ、さすがに市街地でレーシングマフラーの音を響かせ続けるのも気が引ける。
サーキットって凄いよな....音なんて全然関係なしに吹かせられるもんなー。

で、なんか焦げ臭くて、コードを焼いちゃったかな...と、思ったら....



RUN R&Dのエキパイにタンクシュラウドがくっついてるっ!
Tシャツで拭き取ったら、何気にきれいになった。

整備マニュアルを見てたらフレームアースの場所が微妙に間違ってることを発見。
付ける場所はほとんど間違いがなくて、フレーム側じゃなくてボルトの頭側に付けるのが正解だった。
大して変わらなそうだけど。
で、やっぱ症状変わらず。

お手上げだぜーとか思いつつ、やるしかないんでキャブOHとガソリンをフレッシュなやつに交換。
OHついでにスローを40→42に変更。



何気に探すのに苦労した。
ケーヒン丸大だのなんだの....いろいろあり過ぎて分かりにくい。
これも店長日記からノーマルキャブの場合、スローは42、メインは85〜88という情報を得まして。
オレはノーマルマフラー時代から変わらず40のままだったので、もて北で50秒を切れないのは間違いなく「スローが40だからだ!」と思ってまして。

ちなみに。
メインは85が付いてたので、万が一次回も50秒を切れなかったら「メインが85だからだ!」という言い訳が成り立ちます。
一応88も用意しておこう。
(たぶん)ケーヒン丸型小でいいはず。

で、これでダメならホントお手上げだぜー。
つか、ノーマルハーネスのままで良かったんじゃね?
.....とか、思いながら、微かな期待を胸にキック開始。

すぐにエンジン始動!
アイドリングも安定してる!
普通に動いてる...感動!

ハーネスじゃなかったのか。
もっと自分のやることに自信を持てよ...オレ。

キャブかスロージェットかガソリンか。
今となっては原因は分かりませんが、ガソリンはタンクと携行缶の中にあったやつ約7リットルをステップワゴンに入れたので、これで調子が悪くなったらガソリンと判断できます。

でも、ガソリンが原因ならアイドリングだけダメ(吹かしてれば大丈夫)ってことはないよなー。
ってことは、やっぱキャブのスロー系が問題だったのかな。
我ながら、なんて理論派なんだ。

とりあえず時間がないので、走行に問題ない程度にハーネステープでまとめて完成。
しかし、バイクの整備って時間食うなー。
余裕があればタコメーターも付けようかと思ってたんだけども、全くそんな余裕なし。

今度の走行までには今日しかないので少しでも走れる形にしたい。
ノーマルのメーターステー(ステーというかメーターベース?黒い鉄板のやつ)を取っ払ったのでez-Lapの取り付け場所にあーだこーだと悩む。
つっても、時間がないのでハンドルバーに簡易的に付けるしかないんだけども。
うまくまとまらず....時間切れで終了。
ノーマルに代わるベースを作って、そこにタコメーターとez-Lapとニュートラルランプをカッコ良く取り付けたい。
やっぱ、常に視界に入るだけにやる気に関わってきますからねー。

さぁ、次のレースまでに間に合うんでしょうか。

0 コメント: