2011/06/17

【練習日誌】もてぎショートコース@2011/05/19...2

えー、どうやら2本目以降のオレのタイムが気になっている人が多いようなので、りおなと遊ぶ時間を削って更新です...泣。

というのはジョーダンで。
21時には寝ちゃうので自分の時間はたっぷりあるんだけども。
まー、面倒くさいというのが更新が滞る一番の理由かな。

で、チャレンジクラスで優勝してからというもの俄然ライダーとしての注目度が上がってますから...今一番ホットなライダーと言えばピニャーレスかエストレヤ☆パワーレーシングのsumiか...的な感じで。
もて北第2戦を来週の日曜に控え、ライバルたちがオレの仕上がりを気にするのも無理ないか...。
きっと当日は今まで以上にマークがキツくなるんだろうな...。
ゴ、ゴクリ...。

つか、最近(ここ2,3日)で思ったんですけど。
自分の実力は棚に上げて恥ずかしげもなく「速くなりてー」とか言ってますけど、普通に考えりゃ速くなんてなれるわけないんだよな...可能性はほぼ0%...マジで。
だいたい月に1,2回とか2,3回とか...多く見積もって3,4回コースを走ったくらいで速くなんてなれる訳無いんだよな。
せいぜいホント素人に毛が生えた程度になれるくらいだろう...それも何年も掛けて。
そりゃ、3歳から月3回コース走ってます....とかっていうなら話は変わってくるけども。
いい歳したおっさんが速くなれるわけねーんだよ。

一般的な趣味に置き換えて客観的に考えるとよくわかるんですけど、例えばピアノとかゴルフとか、一輪車だったり英会話だったり。
月3回の練習で(それも1回が2時間程度)人からすげーと言われるほどにはならないでしょう。
多少は上達するだろうけども。
所詮その程度なんだよな。

ほら、これを読んだそこのあなたも自分の行く末が分かったでしょう。
所詮いくら頑張ったってその程度のレベルなんですよ。
いや、べつに誰かを批判してるとか、そんなんじゃなくて100%自分に対して思ってるんですけど。

諦めなければ...とか、継続は...とか、とてもじゃないけど自分に対してこんな言葉は使えない。
正直ヘドが出る。
こんな言葉が使えるのはもっとホントに頑張ってる人...給料は全てレース資金とか、レース(速くなるため)だけに生きてますとか、そういう人たちの言葉でしょう。

おっさんが月3回で速くなりてーなんて、速い人に言わせりゃ「なに寝言言ってんだよボケッ」「お前どんだけの才能の持ち主なんだよっ」って話なんだよなー。
恥ずかしながら今更気付いた。

まー、だからといってモチベーションが下がってるとか、次のレースは諦めたとか....そんな気持ちは全然なくて。
たんに自分は速くはなれない...と、客観的に理解しただけ。
とにかく、もっと速くなりたい。

.....なんなんだよ、速くはなれないと分かっているのに。

無駄なことを。
家族だっているのに。
これからも無駄に労力とか、お金を使うのか。
アホだなー。
その分を家族に使ったほうがよっぽどいいのに。


で、2本目。

1Lap 52.28
2Lap 51.58
3Lap 51.31
4Lap 51.09

よーし、順調にタイムは縮まってきてる。
ただ新しい走りは全然うまくいかない。
気合いが足りないのか....まー、それもあるだろう。
ただもっと根本的な何かの問題な気がする。

前回のレースとそれほど変わらないタイムなのに、なぜこうもいいフィーリングが得られないんだろうか。
上半身にすげー力が入ってる...ガチガチ...固まった紙粘土みてー。
左腕がすげー痛てー。よっぽど変に力が入ってるんだろうな。
イン側の足がすげー邪魔になる...足が長過ぎて。
と、ネガな面ばかりが気になる。

しかも、4Lap以降タイムが切り替わらない。
(ずっと51.09のまま)

計測器の故障だろうか。
つか、4周で壊れてもオレのせいとは言い切れないだろう...。
でも、ez-Lapも壊れちゃったしな...なんかオレのマシンはめちゃくちゃ強烈なノイズが出てるとかなんだろうか。
壊れた場合は確か保証金が5万円とかだったよなー。
つか、計測器は問題なくて施設側の問題なんじゃねーの。

とか、思いつつ2本目もほとんどいいフィーリングが感じられないまま終了。
ピットロードでチェッカーフラッグを振ってくれた人がいたので「途中からタイムが全然更新されないんですけど」と聞いてみたら、どうやらベストタイムだけを表示する仕様らしい。
(毎Lapのタイムを表示することもできるんですけど、それだと電光掲示板が気になってふらついちゃって危ないからベストタイムだけ表示してるんですって)

オレはそんなことも知らずに毎Lapのタイムが表示されると思ってたんですねー。
(4周目までは毎Lap更新されていったので)

それなのに「全然更新されないんですけど」とか聞いて恥ずかしい。
たんに4周目から更新できていないなんて。



まー、ストーナーを見習って早い段階からタイムを出すことは狙ってるのでそれはいいんだけども。
あれだけ頑張ってこれかよ(更新できてなかったのかよ)
凹む...。

つか、計測器が壊れてなくてよかった。
Read More

2011/06/02

【練習日誌】もてぎショートコース@2011/05/19

前回のレースが終わってから、今すぐ走りたい気持ちでいっぱいで。

表彰台に上がったことよりも、走り方の方向が見えたことのほうがうれしかった。
まだまだもっと速くなれると思った。
帰りの車の中ではコロンパッ(視聴できます)が頭の中で延々流れてましたねー。

で、やっと19日。
一体どれだけ進化するんだろうか。
50秒切りは当たり前、もしかすると49秒前半くらいの走りができるんじゃねーの。
いや、ビタッと決まれば48秒台が出ちゃうくらいの走りができちゃうんじゃねーの....的な、かなりの妄想を膨らませながらピクニック気分でもてぎに向かいまして。

前回のレースでは30分間新しい走りを試し、今までにない確かな手応えを感じましたから。
それの再確認。
方向に間違いはないのか。
更なる理解のために。
ものにできればかなりのレベルアップができるはず。
生意気なこというけども。

この日は1本目が13:00からという通常はあまりないスケジュールで計4本。
この半端なスケジュールが影響したのか、この日はなんとオレ一人....完全なプライベートテスト。
映画Fasterの冒頭の「歓声もなく女たちやスポンサーもいない」の1シーンが頭の中で流れてましたねー。

で、ちょっと弱きに1本目と3本目を購入。
走行前ブリーフィングも当然一人。
ささっと終わらせてくれた。

で、1本目。
右手に呼応してRUN R&Dマフラーが静寂を切り裂く。
最高だ....気持ちが高揚する。
じっくり行け....時間はたっぷりある。

今気付いたけど、高揚するという点で意外とマフラーとカメラ(D90)は共通点があるかもしれないなー。
カメラとか写真に興味ない人にとっては全く理解できないだろうけど。

で、早速新しい走りを試してみる。

.....な、なんか、バリバリ違和感を感じる...。
.....つか、どうやって乗るんだっけ???

あれ?こうだっけ....的な感じで、レースのときの良かった感覚を呼び覚まそうと試してみるも一向に良いフィーリングが感じられない...汗
まだスピードが遅いからなのか。
この日は調子の悪いez-Lapは置いてきてしまったのでタイムは分からないんだけども、少なくとも52〜53秒くらいで走ってるはず。
(この日はホントにタイムなんてどうでもいいと思ってて)

何度か「あー、確かこんな感じ♪」というのはあったものの....なんじゃこりゃ的な感じで1本目終了。
全くの予想もしなかった状況に焦るオレ。
トランポに腰掛けながら一息しつつ、ちょっと悩んで2本目を購入に走る。

で、チケットを買ってるときに「会員は計測器無料」の文字を発見!
(今まで1000円だと思ってた)
無料なら...やっぱタイムも分かったほうが一つの目安にもなるし...ってことでレンタル。

計測器を装着。
5分ほど遅れて2本目コースイン。
さぁ、どうなる...オレ。
Read More