2011/07/31

2011 DE耐! 撮影中止のお知らせ

えー、残念ながら悪天候により撮影はキャンセル....予定を変更してりおなと遊ぶことにしました。

代わりにストーナーのカッコいい写真を見つけましたので、こちらでお楽しみください。
(なにげに、こういうワイドな比率もカッコいいなー)



少しくらいの雨でも、めちゃくちゃ行く気満々だったんですが....5時の時点で降水確率70%!!
(昨日の夜の時点では50%だったのに...上がってんじゃんっ)

予報ではそれほどの降水量は無いものの、もてぎオフィシャル歴数年の経験から予報に関係なくとんでもなく雨が降ることが多い(山の上ですから)ことを知っているのでかなり悩んだんですが...。

TVを見ると新潟で7万人に退避勧告が出てるっ!
で、その雨雲がそのままもてぎ方面に流れてきてるのを見たときに「こりゃ無理だ...」と判断しました。

雨の中撮影を決行するか、中止にしてダイレクト・ドットコム・レーシングの店長にグーでぶん殴られるか。
苦渋の決断です。

次回は8/6(土)の2011 筑波ロードレース選手権第3戦を予定しています。

エントリーリストを見たけど、どのクラスもすげー台数多いんですね。
TC-miniが楽しみだぜー。
今のところ天気予報はバッチシですね。
カンカンに晴れて欲しい。

恐らく顔に数カ所、青あざができていると思いますが....見かけてもそのことには触れないでください。
Category:
Read More

2011/07/30

マルチパワーバッテリーパック MB-D80

2011 DE耐!での撮影を目前に控え、買うなら今しかねーってことで....前から欲しかったMB-D80をついに購入!
プロ(カメラマン)としての初仕事になりますから....テクが無いぶん見た目重視でいこうと思いまして。



やべー、ちょーカッコいい...。
まるで、D3(Nikonのフラッグシップ機)みたいじゃないか。

何がいいかっつーとですね。
まず見た目でハッタリをかませます。
ちょっと遠目でこいつをぶら下げてるオレを見た時点で「こ、こいつ...で、できる!...」みたいな。
(カメラマン同士の場合、まずスカウターで相手の機材から戦力を数値ではじき出します)
カメラ素人の人たちには「あ、この人...プロなんだな...」と、パッと見で思わせることができます。

そういや、この前のもてぎで撮ってるときにオフィシャルの人から「メディアの方ですか?」って聞かれたときはちょっとうれしかったなー。
「えっ、そう見える?」
「普通の素人なんですけど...」みたいな。

つか、どうみても素人なんだけど....たんに一般の人は入っちゃダメで、メディアの人しか許されない場所(サービスロード)で撮ってたからそう言われただけで...汗
練習の日くらいいいだろ...と、思うんだけど。
コーナーの内側から撮ったら最高にカッコいいのが撮れると思うんですよね。
普通はどうしても外側からの写真ばかりになっちゃうじゃないですか。

.....で、ホントに何がいいかというと、縦位置撮影が楽になるんですねー。
縦位置での撮影ってカメラを90°回して撮るので脇が空いてしまうし安定性に欠けるでしょ。
それがこのMB-D80を付けると下にドッキングしたグリップにもシャッターボタンが付いているので持ち方さえ変えれば通常通りの構え方で縦位置撮影ができるんです。
な、なんということでしょう。

しかも、このグリップの中にバッテリーを2つも入れられるのでバッテリー交換のために大事なシャッターチャンスの逃しません。
それに万が一手持ちのバッテリーが切れたときでも単3電池6本で動かすことができます。
つか、一応バッテリーは3つ持ってるんだけど、オレの撮影スタイルだと1日交換なしで十分持ちます。
この前の6000枚のときもまだ1/3〜1/4くらいは残ってたから10000枚くらいはいけるんじゃないだろうか...撮り方にもよるけど。

ちょっと使って気付いた難点。
ストラップが邪魔。
ちょうど真上からストラップが垂れてくるのでファインダーが覗きにくい。
フォーカスポイントを選択するときに十字キーが押しにくい。
右手の親指だと距離があるし...左手だと馴れてないせいもあって、かなりもたつく。
グリップにも十字キーが付いてれば最高なのに。
※追記
[AE-L AF-L]ボタンを押しながらダイヤルを回すとフォーカスポイントが循環できることを発見。

まー、とにかく、見た目ですよ...。
あとはどれだけ自分がその気になれるか...ってのが大切でしょう。

.....ってな感じで。
しばらくは縦位置しか撮らねーぞ...みたいな。

つか、この1週間くらいでカメラというか写真の知識をかなり頭に詰め込みまして。
あとは実践で練習あるのみ。
Read More

Kenko PRO1D プロND4

2011 DE耐!での撮影を目前に控え、買うなら今しかねーってことで....前から欲しかったNDフィルター PRO1D プロND4をついに購入!
プロ(カメラマン)としての初仕事になりますから....プロとしての1枚にこだわりたい。



サーキットといえば、流し撮り。
流し撮りといえば、池之平昌信か、エストレヤ☆パワーレーシングのsumiか....的な感じで。

カメラ素人のために解説をすると...
流し撮りってのは、背景が流れてスピード感があるやつ。
(よく川とか滝の水が糸のようにサラッーと流れてるやつあるでしょ)

流すってことはシャッタースピード(カシャーンとか、パチリとか...っていうやつのスピード)を下げるんですけど、下げるってことはそれだけシャッターが開いてる時間が長くなるんですね。
ってことは、それだけ光を取り込む量が多くなって、いわゆる露出オーバー(全体的に白っぽくなっちゃう)になります。

ほら、そこでこのNDフィルターの出番ですよ。
こいつは光の量を減らすためだけに生まれてきたやつですから。
(ND2,4,8,16...と、兄弟がいて、数字が大きいほうが光の量も少なくできる。さすがお兄ちゃん。)
雲一つないピーカンのサーキットでも、こいつでちょーカッコいい流し撮りができるんです。
もちろん、テク次第ですけど。

つか、シャッタースピードが遅いとそれだけブレやすくなるんですけど、1/100以下だとめちゃくちゃ難しいですよ。
難しいというか...もうホント運次第ってレベル。
オレレベルだと、100枚撮っても1,2枚(....いや、1枚と言っておこう)しか成功しないくらい。
デジタルっていいですねー。
無料だもんなー。
フィルムだったら絶対やってないだろうなー....カメラ。

.....ってな感じで。
さー、あとは鍛錬あるのみ。



関係ないけど。
上の写真で左端に写っている何かが気になるそこのあなた。
着眼点が素晴らしい。



左手のパームレストがこんなことになってます...。
愛機MacBook Pro 15インチ(Mid2010)がっ...。
分かってんだろうなー、15万くらいすんだぞ。

まー、まだシールなら許そう....剥がせば済むことですから。
君(りおな)と違って大人なんでね。

....ただ、ボールペンで落書きされてるときがあるんですよ!
頼むから辞めてくれよー。
インクは落ちるけど傷が付いちゃうだろー。
君はまだ加減を知らないんだから。

しかし、アンパンマンはまだいいとしても、タツノオトシゴってなんだよっ...。
Read More

diagnal-Ninja Camera Strap

2011 DE耐!での撮影を目前に控え、買うなら今しかねーってことで....前から欲しかったdiagnal(ダイアグナル)Ninja Camera Strap(ニンジャカメラストラップ)をついに購入!
プロ(カメラマン)としての初仕事になりますから....一度きりのシャッターチャンスは逃せません。

これを見るのが一番分かりやすい。



そうです、ストラップを腕から通した状態からでも、すぐ撮影することができるんです!
な、なんということでしょう。

普通のストラップだと、首からぶら下げてるだけならすぐ撮影できるけど腕を通した状態からだと、まずは腕から外して...という動作が必要で、その間に一度しかないシャッターチャンスを逃してしまいます。
アマチュアなら許されてもプロでは許されません。
その一瞬を切り撮ることが出来るかどうかがプロとアマの違いですから。

じゃあ、いつも首からぶら下げてればいいじゃんって話なんですが....重いんですよ。
D90(620g)+VR 70-300(745g)=1365g
バッテリーを入れて、1.4kgですよ。
それを常に首に掛けておくというのも...

それに首に掛けた状態だと、かなりストラップがフリーな状態なので、しゃがんだときとか...ちょっと前屈みになったときに、よくぶつけちゃうんですよねー。
りおなの頭に何度もぶつけてる...ごめんね。

こいつはカメラ&チャリンコ好きのためにコロンビアで生まれてきたようなもんですから。(※)

想像してみてください。
もてぎのパドックをチャリで移動しているときに、もてぎエンジェルを発見したりだとか...給油中のマシンが爆発炎上したりだとか...のシャッターチャンスを逃すわけにはいかないじゃないですか...プロとして。
そんなときにチャリンコをキキーッと停めて瞬時に撮影に入る....な、なんてプロフェッショナルなんだ。

で、色がいろいろあって(だから、ダジャレじゃないって)丸1日悩んだあげく、Bonzaipaint別注のFredrik Packersコラボモデル38mm/charcoal grayにしました。

通常モデルとの違いは白いタグ(というのか)が付いていて、この部分がリフレクターになってて暗いところで光があたると反射する仕様になっている。
自転車を乗ってるときにちょうど背中に来るので安全に一役買う。
それとストラップをまとめる部分のマークがFredrik Packersのロゴになっていてちょっとカラフルになっている。
違いはこの2点。

charcoal gray...ってどんな色だよっと思ってかなり調べたんだけども、どれもこれも光の加減でよくわからず。
blackは当たり前過ぎるし、navyは若過ぎるし...と、ある意味賭けでcharcoal grayにしたけど正解でした。



すいません...これも光の加減で正確な色じゃないな...。
プロなのに。(言い訳をすると、動きもの専門ですから)

購入後に偶然見つけたんだけども、一番正確なのはここです。
BE-MELLOW | Ninja Camera Strap by diagnl×Bonzai Paint×Fredrik Packers
この人こそプロじゃないだろうか。

ちょろっと試してみたけど、動画のようにサッとはいかず。
何事もものにするには時間が掛かりますね。
布とか革のストラップと違ってプラスチックのバックルがあるので、これがレンズとかカメラにカチカチ当たって今までよりも持ち運びに気を使う。(ストラップを掛けてないときね)

ストラップでいろいろ調べてたら、結び方で「プロスト結び」というのがあって「ニコン巻き」とか「プロ巻き」ともいうらしいことを発見。
プロストというのはプロストラップの略だとか、Nikonでも上位機種の説明書にしかこの結び方は記載されていないとか...で。
プロという言葉に釣られて、オレもこれにするしかねーと思ってよくよく調べたらD90の説明書に載ってる結び方と同じだった...。





関係ないけど。
上の写真でスティッチに気付いた人は着眼点が素晴らしい。



ノートブックの顔ともいえる液晶背面がこの有様ですから。
だから、ボールペンで落書きだけは辞めてほしい。
(液晶面は当然保護フィルター装着済み)
Read More

2011/07/14

2011 DE耐! 第2回 公開練習会@2011/07/12

えー、正式名称「小さなBikeの大きなお祭り! 2011 誰でもエンジョイ耐久“DE耐!”」という100ccマシンの7時間耐久レースがツインリンクもてぎで7/30,31にありまして。

例によって「エース(ライダー)として参加してくれないか」と複数のチームからオファーを受けていたんだけども、もて北(もてぎショートコース選手権)に専念するために全て断りまして。

で、いつもお世話になっているダイレクト・ドットコム・レーシングが今年も参加することは知ってたんだけども、オレレベルだと相当金をかけなきゃ、そこそこのリザルトも望めないようなレースなので、レース自体にはこれっぽっちも興味は無かったんだけども。

ここ最近ジャイアンじゃなくて、ダイレクト・ドットコム・レーシングの店長から....

「今年は写真撮りに来るんだろうな...」
「わかってるよな...」
「草レーサー1人潰すくらい簡単に...」

.....的な、無言のプレッシャーを感じ取りまして。

7月は自分の走行は後回しにして、全てDE耐のスケジュールに合わせて休みを取りまして。
普通はレース当日だけでも撮りに行けば大抵は許されると思うんだけど、もてぎのロードコースでは写真を撮ったことが無いので、どこでどの程度撮れるのか...とか、いろいろと準備をしておかないと当日失敗しました。まともな写真が撮れてません...なんて言おうものなら間違いなくグーでぶん殴られますから。
(あとで気付いたけど、もて北は7月は7日も練習日があるのに8月は2日しかない...レース前だというのに)

そんな感じで7/12に行われた公開練習も無言のプレッシャーを感じつつ半強制的に参加となりまして。
りおなにバイバイを言うこともできない夜中の2:30にひっそりと出発。
5:00のゲートオープンからパドック入り。
12:10からの走行に備え撮影ポイントを探ります。
というのはジョーダンで。
車の中で寝たり...ベンチで寝たり...ウロチョロしたり...もてぎ初走行の参加者がコース案内を受けるバスに紛れ込んだり...。

炎天下の中ひたすらシャッターを切って6000枚超の写真を撮りまして。
日焼けで首の後ろがシャツの襟で擦れてヒリヒリしちゃって仕事に集中できねーってくらい赤くなっちゃいまして。
しかもずっとカメラを構えてたのでちょうど肘の内側だけ真っ白なままという変な焼け方で。

やっぱ、走行写真は久々に撮ると上手く行かないということを再認識。
全部合わせると5時間の走行時間なんだけど2時間を過ぎた辺りから目が付いて行くようになったというか...そんな感じがした。
歩留まりは上がってるはず。
つか、最初の2000枚はVR(手ぶれ補正)がOFFになっていることに気付かず撮っていたので結構ぶれてるかも....と、思ったけど、ちょろっと見た感じそうでもなかった。

もてぎロードコース雑感。
パドックに車入れなきゃ絶対無理。
フェンス越しでも結構撮れる。
晴天に助けられてそこそこ撮れた。曇りじゃこうはいかねーだろうなー。
まー、そうはいっても、あくまで真剣に走ってくれる人が居るからこそだけど。
コースが遠いのでやっぱ300mmだとポイントが結構限られる。
決勝までに今なら466000円引きになっているこれを買うしか無いか。
もて北でも今まで結構撮ってきたけど、初めてレンスが重いと思えるほど左腕が疲れた。

ってな感じで。
苦労の力作をどうぞ。
とはいっても、このブログの存在自体知らない人が多いだろうなー。
アップロードに時間が掛かるので随時アップしていきます。

つか、12日の夜にアップロードしたまま寝たら途中で接続が切れて途中で止まってる...泣
13日もアップロードしたまま会社に行って帰ってきたらまた接続が切れて途中で止まってる...泣
予定よりかなり遅れ。
心が折れる。

初心者走行
1本目
2本目..1
2本目..2
2本目..3
3本目..1
3本目..2
3本目..3
3本目..4
4本目..1
4本目..2
4本目..3

これにて終了です。
カッコいい走りをしてくれた方、ありがとうございました。
おかげさまでいい写真を撮ることが出来ました。
次回は、たぶん7/29(午前はショートコースを走るので午後のみ)と7/30です。
Category:
Read More