2011/09/30

2011/09/20

【リポート】2011 もてぎショートコース選手権 第3戦@2011/09/04...2

そろそろ記憶も薄れてきた...。

■9:10〜9:20 練習&予選..チャレンジ
さぁ、やってきました。
チャレンジクラス予選です。

DE耐ルーキーは小手調べ。
今回のメインはなんたってチャレンジですから...めちゃくちゃ意気込んでまして。
チャレンジ最速はこのオレだ!....的な感じで。

いや、最速ではないかもしれないけれど。
レースってのは速い人が勝つわけじゃなくて、最初にフィニッシュラインを通過した人が勝つわけだから。
勝つチャンスはある。

とにかく、予選。
予選が全て...とは言わないけども。
決勝のグリッドに着いた時点で8割方勝負はついているといっても過言ではない。
3列目なんて絶対勝てない。
最悪でも2列目。予選順位で7位まで。
2列目つっても、もしスタートに失敗して予選順位のまま7位で1コーナーを通過したら前に6台もいるんですよ。
よっぽどスピード差があるなら5周で6台抜けるかもしれないけれど。
チャレンジに出てくるトップ10辺りはそれほど差がないから、いくら抜きどころの多いもて北でも普通に走ったら抜くのは苦労するはず。

とにかく、予選で誰にも邪魔されたくない。
オレより速い人なんてそんなにいないはず。
エントリーは17台。
一度たりとも前につっかえたくない。
10分のうちに修正しなきゃならないポイントはあるし、抜くのに時間を費やしたり、前車との距離をあけるために無駄に時間を使ったり....なんて、まっぴらごめんだ。

コースイン一番乗りを目指して早めにコースインゲートへ。
この日は雨を懸念してタイスケより3,4分早めに進行していたので、それも見越して早めに行動。
で、入り口の1番ピットで待つこと数分。
「これからオンタイム(タイスケ通り)に戻します」と、言われ...。

ざけんなよっ!
こっちはもうウォーマー外してんだよっ!
そういう大切なことはもっと早く言えよっ...ボケッ!

.....とか、思いながら。
(思うだけですよ。言葉に出したらレギュレーション違反ですから)
(言動や行動は制限されても、オレの心だけは自由だぜ...みたいな感じで)
(アウトサイダー)

つか、アナウンスはしてたけど、オレが聞き逃しただけじゃね?
特にトイレ前はアナウンスがほとんど聞こえないし。
(これは改善してほしい)
(第1戦チャレンジクラスWinnerからの要望ならきっと聞き入れてくれるだろう...)
(何事も実績が大切)

で、そんな感じで平常心を取り戻し、そのままひたすら待ちます。
そうこうしてたらF村さんが2番手で来た。
うむむ、やる気だな。

いざ、コースイン。
完全ドライ。
1コーナーの白線はちょっと心配ではあるけども、この走行が始まる前にピットロードから見た限りでは大丈夫そうだった。
信じていくしかない。
2周目から全開。

とにかく、2周目か3周目に最速ラップを叩きだすことが目標...特に意味はないけど。
強いて言えば、エースとしてのこだわりってやつかな...。

くっ!...1,2コーナーが上手く抜けられない。
オフにするタイミングと開けるタイミングが分からない。
倒し込みもまだ遅い。

走り込み不足が露呈。
台風さえいなければレースまでにもっと完璧に近づけたのに...とか思いながら試行錯誤。
なかなか修正できない...汗
もっと速く加速していけるはずだけど見極めが難しい。
くっそー。
とりあえず3位以内には入ってるけど安心はできない。

で、修正しきれないままタイムアップ。
帰り際リーダーボードで3位を確認。
よし、OK!

グリッドはアウト側がよかったので、3位か4位がベスト。
(もちろんタイム的には1番を狙っていたんだけども)

規則書には、
・ポールポジションは左側として1列目は4台、2列目は3台。
・階段状グリッドを使用。
と、書いてあるんだけど、階段状グリッドって、たぶん同じ列でも1位より2位はちょっと下がってて3位は更にちょっと下がってって...というよくある斜めの列のことだと思うんだけど、実際のレースだと横一列なので1位も4位も差はなくて。
たんにインかアウトかの差だけ。
こうなると3位か4位がいいでしょ、好みの差だけど。

予選で間違いなくオレより速い人が一人いることは確認。
終盤に抜かれて付いていけなかった。

予選タイムは50.831。
WS字は少しよくなった。
1,2コーナーも修正できれば50秒は切れる。
まー、レースになったらインを閉めたりしてタイムは縮まらないかもしれないけれど。
この日、耐久に出てたら間違いなく50秒は切っただろうなー。

とにかく、オレには勝つための秘策がある。
この時点でオレの中の地球シミュレーターが優勝確率80%をはじき出します。
(マジでそう思ってた)
(思い上がり...というか、プラス思考)

次の走行に向けウォーマーを巻きつつ「絶対に優勝できる」と、更に謎の自信を深めるオレ。

つづく
Read More

2011/09/10

【リポート】2011 もてぎショートコース選手権 第3戦@2011/09/04

さぁ、やってきました第3戦、レース当日です。

今回は台風の影響により天気が悪そうだったので前日の特スポはキャンセル。
予報では回復に向かってるものの時間帯によっては降水量2~3mmの雨予報という微妙な天気。
そんな中、常磐道土浦北IC辺りでテントを積み忘れたことに気付く...。

とにかく、電気だけは取りたいのでゲート前一番乗りをゲット。
ゲートは6時オープンだからじっと我慢....してたんですけど、それは去年までの話で今年は早いもん勝ちで入っていいんだって。
(五百部さんの奥さんから直接聞いたので間違いないです)

ピットも取れるんだけど、あらかじめ耐久レースに出るチーム用に割り振られていて...スプリント組は別にどこのピットを使おうが勝手なんだけども、あとから来た人たちに「お前どけよっ」とか言われたら嫌なんでいつものトイレ前をゲット。
(第1戦チャレンジクラスWinnerなのに、なんて謙虚な姿勢なんだ)
(もて北キッズもこういうところを見習わなくちゃダメだぞ)

車検を受けられるように急いでビニールテープでゼッケンを作成。
カウルの表面がザラザラだからか剥がれやすい...。
いい加減なんとかしたい。

今回はなぜかゼッケン22。
今まで4だったのに...なぜ急に変わる?
特に同じクラス(チャレンジ、2ストルーキー、NSFルーキー)に4がいるわけでもないのに。
1戦欠場しただけで忘れられてしまったんだろうか。
今度は「ゼッケン9にしてください」って、ダメ元でエントリー用紙に書いてみよう。

いつも決勝前にはオイル交換をしていたのに、オイルを忘れたことに気付く。
これで4月くらいから交換してないんじゃないだろうか。
距離はそんなに走ってないけど。

今回はタイヤも中古。
決してやる気がないわけじゃなく、中古だろうがなんだろうが勝つ覚悟で来た。
勝つための新しい秘策もある。
走りで勝つ。
可能性は十分ある。
つか、優勝しかイメージできない。
ウィニングランのパフォーマンスも考えてある。

※スケジュール
8:29〜8:39 練習走行..DE耐ルーキー
9:10〜9:20 練習&予選..チャレンジ
9:34〜9:44 予選..DE耐ルーキー
10:18〜 決勝..チャレンジ
10:45〜 決勝..DE耐ルーキー

チャレンジに加え、DE耐ルーキーにもエントリー。
48秒を上回らないライダー向けクラスでチャレンジの一つ上的な感じ。
2ストルーキーとNSFルーキーと混走。
チャレンジクラスのエントリー用紙を記入してるときに偶然目に止まり....過去のルーキークラスのリザルトを見ると50秒程度でもビリ争いくらいはできそうだし、Wエントリーなら3000円だし....お得じゃんっ...みたいな感じで。
まー、決めては一人でもOKってところだけど。
(ホントはST耐久に出たいんだよ...)

そういや、スプリント同士のWエントリーは割引がないと後で判明。
耐久との組み合わせじゃないとダメなんですって。
(規則書をよく見ると書いてあった)

さぁ、久々のもて北でどうなるんでしょうか。
京葉をちょろっと走ってきたけど、いまいち調子が分からない。
もて北だと調子の善し悪しはすぐ分かるし、ラップタイマーがなくてもだいたいのタイムも分かるんだけども。

■8:29〜8:39 練習走行..DE耐ルーキー
まずはコース状況を確認。
1コーナー進入と2コーナー出口に水たまりがある。
1コーナーの白線はとてもじゃないけど踏めない感じ。
それ以外は問題ない。

2周目からとりあえず全開。
んっ!?....3コーナーの進入スピードが高い!
そのまま4コーナーへの繋がり...抜けもいい!
WS字の1つ目(左)もいい感じ。(スパッといける)

今までの経験から3,4コーナーはそれなりに走り込んでからじゃないとなかなかスピードを上げて行けなかったんだけども最初からこんなにいけるなんて。
WS字もスパッといけてるのでこれは体が動けてる証拠。

も、もしかして....
オレ、知らぬ間に大きく成長しちゃったんじゃね...?
(レース当日の大きな勘違い...いや、大きなプラス思考...と、言っておこう)

え!?...オレ、こんなにいけちゃうの!...的な感じを走りながら所々で感じつつ....
ただ久々ということでネガな部分もありタイムはまだまだ。

とにかく、1,2コーナーの水たまりが乾かないことには気になって気になって仕方ない。
いかんせん、毎周ラインが違うので、踏んじゃうんじゃないかと気になって。
ここは白線も含めて乾くのを待つしかないので今回はしょうがない。

あとはWS字。
1つ目の進入はいいけど、2つ目に向かう切り返しポイントがイマイチのようで、3つ目に向けて全開にするポイントが遅れてしまう。
新しい走りも意識はしてるけど、どうもここが難しい。
ここはベストのときの走りを眼に焼き付けておくというか頭に叩き込んでおく必要があるなー。

そんな感じでいくつかの修正ポイントを確認。
10分という短い時間では修正できませんでしたが、53.41の最速タイムを叩きだし終了。

タイムはイマイチだけど懸念していた走り自体は手応えを感じたので問題なし。
マシンも問題なし。
OHしたリヤブレーキがいい感じがする....気がする程度だけど、こういう気が大切でしょ。
体に擦れたのか、ビニールテープのゼッケンが少しめくれてる...。

次の走行に向けウォーマーを巻きつつ「今日は行ける」と、謎の自信を深めるオレ。

つづく
Read More

2011/09/06

2011 もてぎショートコース選手権第3戦@2011/09/04

Mini-MotoST
Mini-MotoST..2
DE耐
DE耐..2
DE耐..3
DE耐..4
DE耐..5
DE耐..6
DE耐..7
表彰式

これにて終了。

2ストの方、すいません。
決して嫌いじゃないんですけど....いや、むしろ好き。
マシンもカッコいいし、速い人が多いし。(絵になる)

午前中はWエントリーで全く時間なし。
午後は雨が降ったり止んだり、自暴自棄になったり...で。
Read More

2011/09/03

2011 もてぎショートコース選手権第3戦に向けて

えー、前回の第2戦を欠場したということもあり今回は気合を入れてレースウィークの火曜日から休みを取ってまして。

8/30...もてぎ
8/31...京葉
9/01...京葉
9/02...もてぎ
9/03...特スポ
9/04...レース

こんな感じで少しでも遅れを取り戻す&集中して走って新しい走りをものにするため「15時間は走りまくるぜっー」的なスケジュールを予定してたんですけど、雨予報に翻弄され....結局走ったのは8/31の京葉と9/2の京葉のみ。
今思えば8/30のもてぎは行っとくべきだったなー。

■8/31
9時からの走行に備え、10時京葉スピードランド着。
(いや、雨予報を睨みながら行こうか行くまいか...かなり悩みまして)

準備して11時から走行開始。
5/19ぶりの走行。
「オレの辞書にブランクという文字はない」と思い込んでいたんですけど、どうやらそうでもないようで。
まず、スピードが怖かったですね...マジで。
そんな大したスピードは出てないのに...「怖ぇー!」みたいな。
体重移動が全くできない...前後にも左右にも。
シートが滑らない。
タイヤがすげー硬く感じる...FR:1.63。

40分ほど経ったところでポツポツ雨が降ってきたなと思ったらザァーときてフルウェットで終了。
この日最速となる38秒25のタイムを叩きだします。



屋根付き、ベンチ付き、扇風機付きピット....最高!!

特に渋い感じはしないけど、ずっと気になっていたリヤブレーキフルードを交換。
購入以来、唯一手付かずの箇所についに着手します!



麦茶かよっ!

ついでにキャリパーをOH。
ピストンとか、ゴムとか、パッドピンを交換。
パッドは社外に換えたいけども、まだまだ厚みがある...一体いつ無くなるんだろうか。

スペアのハンドルバーにスロットルフォルダーのピンを入れる穴開けたり、ez-Lapをマジックテープで脱着できるようにしたり、ハーネスの取り回しを修正したり....あーだこーだしてこの日は終了。
やっぱ、作業環境がいいとやる気になりますね。

しかし、メタボだと汗がすげー出る...。


■9/2
この日はもてぎでスポーツ走行があるけども、予報とにらめっこして京葉スピードランドに変更。
道中2回ほど局地的豪雨に遭い、一抹の不安を感じながらも....9時からの走行に備え、11時ちょい前に京葉着。

昨日よりはマシになってる。
やっと通常のオレに戻った様子。
若干のぎこちなさを感じつつもスピードを上げていったところ、最終コーナー立ち上がりでリヤがズリズリッときて...そのまま何もできないまま転倒。
体重移動せずにバンク角だけ深くしたのが原因。
マシンのダメージを最小限にするためハンドルから手を離さずにいたら、そのままスポンジバリアに突っ込んで体がバウンドした...。

マシンを起こしたら...ステップ周りがすげー壊れてる!

 

今までで最大の壊れ具合....ショック。
全然最小限になってねー。
βピンを抜くのに15分ほど費やす...。
ブレーキマスターは問題ない様子。
スペアに交換して終了。



エストレヤ☆パワーレーシング専用の洗車場にて。
ホース大活躍!
サーキット初心者はタイヤウォーマー買う前にホース(2m以上)買っとけ。



午後の走行に備えツナギを掃除してたら穴が開いてるじゃないですか!
なんてこった...大した転倒じゃなかったのに。
メタボだからだろうか。

もて北は問題ないけど、今度出ることになった富士のショートコースで行われるミニ6は装備車検が確かあったような気が...。
(帰宅後に調べたらやっぱありました...汗)
つか、持ち物にお弁当って書いてある。
それにしても6時間を3人で走るって....なんてMな人たちなんだ。
気軽にOKしてしまったけど、相当厳しそうな気がする。
せめて動ける体にしとかないと、今度こそマジでグーでぶん殴られるな。
(肝心な走りもなんとかしないと...だけど)

で、午後から走行再開。
2ヘアを過ぎたあとの左コーナーが2つ連続するところでフロントタイヤがダダダッと暴れてたけど前荷重を強めると収まることを発見。
最終コーナーに向けてより開けていけるようになった。
やっぱ前荷重は大切だなー。
(鋭い洞察力)

ときどき雨がぱらついて(路面が黒づく程度)は休んで、乾いたら走ってを繰り返し走行時間は正味2時間くらいかな。
3時ごろにザァーと来てフルウェット。
雲の切れ目も少なくなって乾きそうもないんで終了。



最速タイムは38秒55を叩きだします。
(昨日より遅せー)
(どうなってんだよっ)
(間違いなく今日のほうがよく走れてたはず)

.....ってな感じで、メンテもせず早々に終了。
スペアパーツ購入にダイレクト・ドットコム・レーシングに向かいます。

しかし、もて北チャレンジクラスWinnerがこんなタイムでいいんだろうか。
京葉って難しいよなー。
攻めきれない...気持ち的に。
解決の糸口が見えない。

Read More