2012/06/26

りおな in 幕張チャレンジトライアスロンフェスタ

日曜日に幕張海浜公園でトライアスロンを初観戦。

幕張チャレンジトライアスロンフェスタ

到着したのが昼頃だったので、メインのレースも終わり(バイクのレースと一緒で朝が早い!)キッズレースと参加者の少ないチームリレーしか見れなかったので、イマイチというか...かなり見応えは無かったけども。
なんとなく、バイクのレースと一緒でいい感じのローカル感が漂ってましたねー。

来年は一般スプリント(スイム750m バイク20km ラン5km)に出よっ。



奥に見える赤いネットが張ってあるところがスイムへと続くコースで、たまに選手が走って行くその横で砂遊び。

初めて海(というか、浜辺)まで来たけども、波打ち際で波が来る度に「怖いー」の連続で自分で歩こうともせず...「抱っこ!抱っこ!」の連続で。
波打ち際は引き潮で逃遅れたクラゲが点在していて(15cmくらい...結構でかい)これも怖いらしく、せっかく浜辺まで来たというのに近所の公園の砂場と変わらないような場所に落ち着いて砂遊び。
海には全く興味がない様子。

貝殻をシャベル代わりにバースデーケーキを作ってるところ。
バースデーケーキとはいっても大人から見れば、たんに山なだけなんだけど...。
この辺に着いていくにはイマジネーションが必要ですよ。

ちなみに。
2ヶ月くらい前かな...茶色く朽ち果てた落ち葉を手に取り「おじーちゃん」と、言ったときには、その感受性の高さ...溢れ出る表現力...に父親ながら舌を巻きましたねー。
とても、おじいちゃんの前では言えないけども。

場所を移して大会の拠点となっている、QVCマリンフィールド(マリンスタジアム)へ。



お約束の記念撮影。
パパに「りおな、1位ね...すごいじゃん!」と、言われて、意味は分からないけど喜んでる図。

ちなみに。
初詣でおみくじを引いたときも(りおなが自分で引いたら大吉が出たので)「りなお、大吉...すごいじゃん!」と言われたときも意味も分からず喜んでた。



意味が分からないので戸惑いながらも喜んでる風(ふう)なところがパパとしてはたまんないっすね。

「すごい」という言葉は、褒められているというか...いいことだ...特別なことだ...という感じで認識しているらしく、どんなときも「すごい」と言うと、少し照れつつも喜ぶところがかわいいっすね。



手前の黒いやつがBOMAの新型ですね...カッコいい。
(もっと、ちゃんと下まで撮ればよかった)
(最近自分の撮った写真を見返すと、つくづく構図がなってねーなーと反省する)
オレ今まで全然気付かなかったんですけど、自転車ってすげーカッコいいんですよね。
ホントにビックリするくらい。
特にエアロ形状のやつが、ちょーカッコいいんですよ。
戦闘的なルックスがたまんないっすね。
まー、値段もお高いんだけど。

BOMAのVIDE(ヴァイド)がいいなーと思ってたんだけども。
数ある自転車メーカーの中でもBOMAはコストパフォーマンスが高いらしいんだけども、それでもフレームだけで20万...ワォ!

今までママチャリ完成車で1万円の世界しか知らなかったので、フレームセットで30万...40万...50万...という金額を見ても始めは意味が分かわからず。
「何?フレームセットって...」
「えっ、まさかフレームだけの金額...じゃないよね...?」みたいな感じで。

少し経ってから、ロードバイクは全てのパーツが単品で売られていて、その中から好きなパーツをチョイスして自分だけの完成車を作る...ということを知りまして。
もちろん完成車も売ってるけども、それはお店がチョイスしたパーツを組んで完成車として売っているだけ。

で、これカッコいいなーと思うパーツをチョイスしていくと、軽く70万とか80万とか90万とかになるわけで。
うーむ...すごい世界だ。

というわけで。
まずは、初心者らしく...というか、身の丈にあった中古で10万くらい(できれば5万くらい)から物色しようと思います。
どなたか埃をかぶったロードバイクがありましたら、ぜひお声掛けをお願いします。
(身長182cmの8頭身。若干メタボ気味ですけど、やる気はあります!)
(え?まずは行動で見せろって...ごもっとも)

0 コメント: