2012/11/18

感謝の言葉

7年前、茂原ツインサーキットの走行イベント「モトブレイク」でサーキットデビュー。
ツーリングがメインながらも、その後1〜2年で10回ほど走行。

この頃はホントに酷くて、アンダーカウルが無かったり、ゼッケンが段ボールだったり、MFJ公認なんて知らずにヤフオクで買った全くプロテクターの付いてないツナギだったり...。
当然トランポも無いので転倒した日は、そりゃもう大変な思いをしながら自走で帰ったことも今となってはいい思い出...かな。

今思えば、ここで辞めておけばよかったものを(笑)
この後、急激にツーリングからサーキット指向に。

2007年、筑波ツーリスト・トロフィー Frontier1クラスで本コースデビュー。
そして伝説の「エストレヤ・レーシング」始動。
(この頃はまだ「パワー」が付いていない)

シングルエンジン、鉄フレーム、2本サスなら、なんでもOKみたいなクラス。
確かこの年はライセンスも不要で二輪免許さえあればOKだったけど、レース直前に急遽MFJフレッシュマンライセンス、筑波ファミリー限定ライセンスを取得。
なんとか1回だけ練習して、いざデビュー戦!

だったんですが…..
予選120%ルールで衝撃の予選落ち。
(トップから120%以内のタイムじゃないと出直してこい!…みたいなルール)

その後も数年サーキットを走ってるけど、このときほどレースって、甘くねーなーと思ったことはなかったです。
決勝は嘆願書を出して、走らせてもらったんだけども。
※「なんとか走らせてください!なんでもしますから...お願いします!」みたいな書類

ちなみに、このときのトップが今回支払いをしてくれたクォリティーワークスのヤマシタシンさん。
うーむ、どこで繋がるか分からないですねー。

そして、ここから始まる快進撃はみなさんご存知の通り。

・ ・ ・

ちょうどこの頃、サーキットの走行写真がwebにアップされていることを知りました。
その中で自分の写真を見つけたときは、めちゃくちゃうれしかったのを覚えています。走ったあとは写真がアップされるのを毎回楽しみに待っていました。
写真が無いと、そりゃもう、がっかりしたもんです。
同じような人がいっぱいいると思うんですよね...きっと。
この辺が写真を撮るときのベースになっていることは間違いないんです。

最初に、俺達のサーキット、サーキットの食卓の二人に感謝します。
こんなへっぽこ走りのオレを撮っていただき、ありがとうございます。
もし二人の写真の中に自分の写真が無かったら、撮る側になったオレの写真も無かったです。
こんな写真があるんだ...ということを知り、撮る側になるきっかけを作ってくれました。

そして、今回支払いをしてくれた18人の素晴らしき人たち。
一人ひとりに本当に感謝しています。
ですが、それぞれ名前を出すのは差し控えた方がいいかな...と思い省略させていただきます。
もちろん、エントリーリストからクラス、ゼッケン、名前はチェック済みです。
筑波選手権に出ていない人も数人いて、耐久茶屋に出ている人、ピットクルー、ダイレクト・ドットコム・レーシング。

ただ、一人だけ分からない人がいまして。
セブン銀行に入金してくれたアキミツ(すいません、名前間違ってました)さん。
この1年のエントリーリストからは見つけられませんでした。
よろしければ、どのレースに出ているのか教えてください。

正直に言うと、選手権1日でライダーが250人くらいでしょ。
(こんな数をチェックしている時点でいやらしいんですけど)
どれだけの人がこのブログを知っているか分からないけどレース後のアクセス数から勘案して、20〜30人くらいは入金してくれるんじゃないかと捕らぬ狸の皮算用をしていました。
それも、少なくても20〜30人...と。

18人という人数は本音で言うと、この程度なのか...という人数です。
もちろん、18/250というわけではなく、ブログを知っている人が100人なのか50人なのか、それとも18/30なのか...で、受け取り方は変わってくるんだけど。
それにしても、少ねーだろ...と。
金を払う価値はない=別に写真が無くても構わない...という人が多数なのは間違いないわけですから。

実力不足、宣伝不足、人間的魅力の不足...事実だから仕方が無い。
今後の課題。
まだまだ伸び代はいっぱいあります。

それに今の時点で少なくとも18人は金を払う価値があると思ってくれている人たちがいるのも事実。
これは結構すごいことですよ。
素人ながらも1年間頑張って、価値を作り出したわけですから。
(1年間というと大層な話に聞こえるけど、言い換えると5日間ともいう)

価値というのは、価値と認められて初めて価値になるわけでしょう。
今回だってこの18人がいなければ、あれだけ頑張って20000枚以上のゴミを量産していただけ...ということになりますから。
価値と認めてくれたことに感謝します。
トータルに集まった金額は予想を遥かに超える金額でした。
(ホント、遥かに超える金額!)
集まったお金は全額赤十字へ寄付...じゃなくて、写真力向上のために使わせていただきます。

そして、筑波選手権を走っている全てのライダーに感謝します。
「コンマ1秒でも速く!」という一人ひとりの気持ち(走り)が、オレのハートに火をつけて「カッコいい写真を撮る!」という情熱となります。

オレ、最終コーナーの立ち上がりが好きなんですよ。
あそこはみんな気合入るでしょう。
その一瞬を切り取りたいんですよね。
その気持ちが表れるような写真を。

そしてサーキットを走る遥か以前、マジェスティからいきなりBMW(RT1000だったかな)に乗り換えて、当時バイクさえ乗っていなかったオレに再び乗るきっかけを作ってくれたはままっつあん、超不人気車エリミネーターに乗るアッキー、この二人の会社の同僚がいなければサーキットを走るどころかバイクさえ乗っていなかったはず。
アッキー繋がりで知り合ったオグラ君とウラちゃん、二人がいなければモトブレイクを走ることも無く、街乗り、ツーリングだけで終わっていたはず。
今思えば、良くも悪くもバイクという趣味の世界に足を踏み入れることになるきっかけをありがとう。

最後に愛娘りおな。
もうすぐ3歳。
成長記録、思い出をより良く残したい...そんなパパ心が写真、カメラに興味を抱かせてくれました。
りおながいなければ今のレベルには到底及ばない写真しか撮れなかったのは間違いないよ。
まだまだ...だけどね。
これからも一緒に成長していこう。

今のパパがこれからのりおなに一番伝えたいこと。
その歳ではまだ分からないだろうけど、人生は短いんだ。
やるべきことはたくさんある。
ぼやぼやしてると、あっという間におじさん、おばさんの仲間入り。
それに明日がどうなるかなんて誰にも予測できないことなんだ。
朝日の上らない夜も無いけどね。

時は金なり。
時間はお金と違って生まれたときから誰もが平等に持っているものだけど、使い方によってはお金よりもよっぽど貴重で大切なものになる。
人生は短い。
立ち止まってる暇はないんだ。
オフシーズンは、おじいちゃん、おばあちゃんになってからでも遅くはないよ...きっと。
さぁ、今すぐ....start your engines!

4 コメント:

DCR店長 さんのコメント...

昨日は強風の中、お疲れ様でした~

sumi さんのコメント...

お疲れ様です。
強風でしたねー。
風でレンズが暴れまくりでした。

匿名 さんのコメント...

私が「アキミツ」です(汗)同じ名前の方がいたら恥ずかしいのですが、TC250に参加していましたゼッケン1番(2012年は)です。サーキット経験の全く無い素人が、6年間走り続けて参りましたが、資金も運も底をついてしまったため、残念ですが来年は充電期間といたします。また撮影して頂ける日を目標にがんばります。ありがとう御座いました。

sumi さんのコメント...

アキミツさん
すいません、完全に確認ミスでした。
エントリーリストで確認しました。
本当に入金ありがとうございます。

凄いですね、いきなり選手権に出るなんて。
もしよければ、ミニバイクなんてどうですか。(大きなお世話ですけど...すみません)
本コースよりお金をかけずに思いっきり走れますよ!
今ならダイレクトドットコムレーシングというお店にレンタルマシンがありますから気軽に試せます。
オレもレンタルしようと思ってますから...笑

P.S.
運が底をついたと思ったときは、そろそろ良いことが起きることが多いんですって。
時期的に年末ジャンボとか...笑