2012/03/06

筑波選手権@番外編

レースとレースの合間の時間が結構暇で。
プラプラしてたら、最終コーナー内側の貯水槽にて...

んっ!?...魚影かっ!

結構でかい。

「こ、こんにちは...汗」

二匹になった...。

黒いのも来た。

最終的にオレンジ3匹、黒2匹。

誰か飼ってんの?

  ーーーーーーー

個人的見解なんですけど、前からずっーと「筑波のレースクィーンより、もてぎエンジェルのほうが数倍かわいい!」と思ってまして。
(なのでレースやるなら絶対もてぎ!...ですよー。ショートコースにも来てくれるし)

たぶん毎年入れ替えがあると思うんだけど、毎年もてぎエンジェルのほうがかわいいんですよ...間違いなく。
(失礼ですけど)茨城という土地柄なのか...HONDAという知名度なのか...ずっと素朴な疑問を持ってまして。
今回間近で筑波のレースクィーンを見たときに、ついに一つの答えを導きだしました。

女性としてのかわいらしさというよりも「まずコスチュームがかわいくない」ということに気付きまして...今更だけど。
あのビニールっぽい感じのやつ....かわいくないですよねー。
もてぎエンジェルの写真は撮っても筑波のレースクィーンの写真は撮ろうなんて全く感じないもんなー。
オレの趣味の問題だけど...。
たぶんコスチュームをかわいいやつに替えるだけでレース参加者が1割くらい増えるんじゃないだろうか。

え?まさかって....男なんてそんなもんだって。

  ーーーーーーー

この真面目にメモを取る後ろ姿は...も、もしや...

や、やる気だな...。

今回は全国ゆっくり...なんちゃら(覚えにくい)にカメラマン&ヘルパーで参加してまして。
以前は「死ぬ気で行ってこい」とか「戦争だぞ。相手をぶっ殺してでも前に出ろ」とか....そんな気持ちでライダーを送り出してたんですけど。

最近は年のせいか「とにかく無事に終わってくれればそれでいい」っていう気持ちが強くて。
もちろん「少しでも上位に...」とか「ライダー自身が納得できる走りを...」とか....そういう気持ちも少しはあるけど、ホントちょっとしかなくて。
9割以上は無事に終われば結果はどうでもいい...みたいな感じで。

写真を撮りながらも大した順位じゃないということは分かっていたけど、レースが終わってコースから出てきたライダーを見た時が何よりうれしかったですねー。
年のせいなのかなー。

ただ大所帯のチームなら中にはこういう考えの人がいてもいいと思うんだけど、今回のようにオレも含めて3人という少数の場合、結果はどうでもいいなんて思ってる人はライダーの近くにいるべきじゃないのかもしれないなー。
.....と、翌朝ライダーさんのブログを見て思ったオレでした。

そのレースのために相当な労力を使ってるはずですから。
ライダーさんに対して失礼というか...あまり良い影響を与えないんじゃないかな...と。
やっぱ、その労力が報われるのは結果しかないでしょうから。
Read More

2012/03/03

2012 筑波ロードレース選手権シリーズ第1戦@2012/03/03

■予選
・予選...とか

■決勝
・TC400/TC250
・TC-mini
・ST250/ST150
・TC600/MASTERS
・J-GP3

えー、これにて写真は終了です。
こんなオレの写真でも楽しみにしてくれている人が少なからずいると思うのでホントすいません。

残り3レースを残してバッテリー切れ...というプロとしては致命的なミス。
通常、朝から晩まで6000枚ほど撮っても一つのバッテリーで大丈夫だったので、今回はそんなに撮らないだろうと2つしか持って行かなかったんです。
そしたら残1/3ほどあった1つ目が朝の早い段階で早々にアウト。
交換後のフル充電済みのバッテリーもST600のウォーミングアップランが終わって、さぁこれからってところでアウト。
気温の低さとバックモニターで画像をチェックし過ぎたのが原因かな....それにしても想定外の出来事でオレ自身ビックリ。

今回は1枚1枚を丁寧に撮ることを心掛けて1200枚くらいしか撮ってないけど、久々のサーキット写真にも関わらず今までのようにがむしゃらに連射するよりは全体的に仕上がりはいい感じがする。
今後もこのスタイルでいってみよう。

しかし今回は撮ってるときにちゃんと撮れているのか不安で不安でしかたなかったですね...。
ブレてないか...露出は大丈夫か....バックモニターでチェックしても正確には分からないので、PCで見るまではホントもう不安で。
いつも元気のいいD90のシャッター音も心なしか不安げでしたねー。

まー、とにかく。
レベルは着実にステップアップしてる...はず。
今度からはなにがあってもバッテリーは3つ持っていこう。

そういや、今回コース脇にカメラマンが大勢いたの気付きました?
GANREFで瀬谷正弘先生のレーシング写真ゼミ...というのがありまして。
GANREFメンバーはレベルが相当高いですから、枚数はそんなに多くないでしょうけどカッコいい写真がアップされると思うのでぜひチェックを。
Read More